21622755 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


20年01月期


20年04月期


20年07月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


NHKドラマ2020年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


SPドラマなど2020


映画感想


お気に入りブログ

星屑リベンジャーズ… New! はまゆう315さん

宇宙人は 数年内に … New! 鹿児島UFOさん

Blu-ray「search/サ… New! BROOKさん

植田が申告敬遠され… New! 虎党団塊ジュニアさん

こんな36>『エール… ひじゅにさん

明日は8/8で思い出し… 俵のねずみさん

うがい薬でコロナ感… ショコラ425さん

「幸せの黄色いハン… クルマでEco!さん

制作中です シュージローさん

無題 やめたい人さん
2016年01月24日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想

「策略」

内容
武田家が滅び、昌幸(草刈正雄)は、織田家へくだることを決断する。
その後、一族を率い、真田の里へ。
昌幸の決断を聞き、弟・信尹(栗原英雄)は疑問を呈したものの、
その覚悟に信尹だけでなく、叔父・矢沢頼綱(綾田俊樹)も得心するのだった。
早速、昌幸は、織田家へおりる方策として、
里のある信州国衆懐柔の策を重臣・高梨内記(中原丈雄)と練りはじめる。

そのころ家康(内野聖陽)は、
本多正信(近藤正臣)本多忠勝(藤岡弘、)と戦の後始末に追われていた。

そして昌幸、信幸(大泉洋)は、織田家へおりるため一丸となるべきと
信濃の国衆・室賀正武(西村和彦)出浦昌相(寺島進)らと話し合うが、
上手くいかず。そこで。。。。昌幸は、信幸に書状を手渡し。。。。

一方、信繁(堺雅人)は、
想いを寄せる地侍・堀田作兵衛(藤本隆宏)の妹・梅(黒木華)に
土産を届けるのだが。同じく幼なじみで、高梨の娘・きり(長澤まさみ)は
その様子が面白くない。
そんな折、真田の里の者と、室賀の里の者がもめていると知る。

敬称略


こう言っちゃなんだけど。

ホントの意味で、信繁に役割が与えられるのは、もう少し先の話。

たとえ、今作が“真田家”の物語だということで、

昌幸、信幸が、メインで描かれたとしても。

やはり主人公は、真田信繁なのである。


だから、何かを描かなくてはならない。

そうなると。。。。やはり、半分は、今回みたいな物語になると言う事だ。

メインで、昌幸、信幸を使い“真田家”を描きながら、

人物紹介も、キャラ見せも兼ねて、信繁の物語を描くということ。

その中にあっても、シッカリと昌幸、信幸、信繁のキャラで魅せる。


今のところ、結構、良い感じのバランスですね。

特に、真田兄弟は、最後まで描かなければなりませんから。

まあ。。。ちょっと信繁は、描きすぎかもしれませんけど。

仕方あるまい。主人公ですし。


あとは、この描きすぎの部分を、

どれだけ、鼻につく描き方にしないか?ってだけかな。。

実は、それこそが、今作の一番頭が痛くなる部分。

やはり、脚本家が脚本家なので、どうしても好みがあるのだ。

色濃く描きすぎれば。。。。。

すでに、作品の分岐点がはじまっているかな。

初めに力を入れすぎると、後半。。。。失速するし。。。

1年、長いですから!




TBは以下のミラーへお願いします
http://blog.goo.ne.jp/maxexp99/e/ec23f8d375de5491c23a7808b288f3a3






最終更新日  2016年01月24日 18時43分23秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事


カレンダー

バックナンバー

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.