19055689 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

冷静に>『なつぞら… New! ひじゅにさん

新作映画「X-MA… New! 鹿児島UFOさん

グレイズアナトミー… New! はまゆう315さん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

SDGsとESG時代の生物… New! クルマでEco!さん

夏ドラマ視聴率一覧… ショコラ425さん

料理研究家の程一彦… みやさとver.さん

日向坂46「ドレミソ… BROOKさん

小柳ルミ子さんなつ… 俵のねずみさん

お散歩 うさこ(^o^)さん

2016年04月05日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想

第一話「あだ討ち」
「あだ討ち~つつもたせの美少女と元同心が危険な密偵!!背の刺青が鍵!?」

内容
廻船問屋“近江屋”に押し込みが入る。
背中に龍の彫り物の男は、次々と人を殺めていき。。。。
残されたのは、お里(山下夏生)と妹・おとし(梅村結衣)の2人だけ。
だがついに、隠れている部屋に、男が現れたことで、
お里は、おとしを救おうと、男の前に出て行き斬られてしまう。

ひとり生き残った、おとしは、町で入れ墨の男を見かけては、声をかけていた。
そして彫り物を確かめるため、男を誘い。。。。

その日も、お竹(黒坂真美)金助(河西健司)の茶屋へ。
偶然、騒ぎを聞きつけた流れ者の浪人・水島亮三郎(永井大)が、おとしを救う。
話を聞けば、龍の彫り物の男を捜しているという。
仇を討つため、力を貸して欲しいとおとしは、懇願。
すると水島は、百両なら引き受けてやると言い始める。
その話を聞いていたお竹、金助は、辞めておくようおとしに勧めるが、
おとしは、七両を差し出し、仕事を依頼するのだった。残りも後日払うと。

一方で、水島は、同心の佐々木正之介(浜田学)に事件を聞きつつ、
同心に戻れと諭されていた。

そんななか、店に戻ると、お竹、金助が、おとしに化粧をしていた。
つつもたせをすれば、すぐに金は集まるだろうと。

そのころ、藤蔵(いしだ壱成)は、茶屋のおよね(東加奈子)から、
自身が持つ櫛のいわれを聞かされていた。対になっているはずだと。。。。

敬称略


脚本は、三國月々子さん

監督、新村良二さん


今回から、新シリーズ

今シリーズから、ミステリー作家の多岐川恭さんの作品。

昨年4月に始まった、この枠。

変則的では、あるが。

《松本清張ミステリー時代劇》《山本周五郎人情時代劇》に続く第3弾の今作。

話の内容や、脚本、演出、俳優などについては、

横に置いておくが。

この新シリーズになって、感じたことは1つ。

今までで、一番仕上がりが良いってコトですね。

雑な部分が、ほぼ無くなり。

丁寧な作り込みが見えますね。

まあ、そのあたりは、前シリーズ《山本周五郎》から、そういう感じでしたが。


きっと、スタッフ全員が“時代劇”に慣れてきたのでしょう。

細かいところまで、目が行き届いているのが、ほんとに良く分かります。

実際、俳優も、本当に育ってきましたしね。


で。ふと思ったんだけど。

同じ系列で、毎年作られる“新春時代劇”

長時間使って1つの物語にするんじゃ無く、短編集にしたら良いんじゃ?

ほんとは、1つが良いんだけど。

どういう力が働くのか分かりませんが、無茶をしすぎなんですよね。

この枠のスタッフに全てを。。一任すれば、復活すると思いますよ。


ほんと、完成度を上げてきたね。

話も凄く良かったです。

脚本、演出、俳優が、本当に噛み合っていますね。

原作が良いってのもあるのかな。

ちょっと、驚いたのは、梅村結衣さん。

まだ、粗いけど、良いですね。

使えるね。







最終更新日  2016年04月05日 21時52分57秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.