22119414 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


20年01月期


20年04月期


20年07月期


20年10月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


NHKドラマ2020年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


SPドラマなど2020


映画感想


お気に入りブログ

UFO真相検証ファイル… New! 鹿児島UFOさん

クリミナルマインド… New! はまゆう315さん

「どん底」の久志>… New! ひじゅにさん

Uru「振り子/Break… New! BROOKさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

Sa To 虎くる… New! 虎党団塊ジュニアさん

帰ってきましたあ~… 俵のねずみさん

予約受付中 「♪ピン… クルマでEco!さん

【エール】第20週(10… ショコラ425さん

制作中です シュージローさん

2020年09月22日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
内容
兵庫県警組織犯罪対策課の伊達直哉(安藤政信)は、
張り込みにより、暴力団員による薬物の取引現場を押さえ、関係者を逮捕。
だが、車を運転する男をひとり。。。取り逃がしてしまうのだった。

翌日、組織対策課の鏡光一(正名僕蔵)課長らが、記者会見を行い、満足げ。
その直後、鏡と伊達は、阿久津洋子(りょう)本部長の怒りを買うことに。
取り逃がした男が、主犯だったら、どうするのだと。

同じ頃、青木駿という男が、
ヤミ金の海藤武史((杉本哲太)らに、追いつめられていた。金を返せと。
なんとか上手くやり、海藤から“仕事”をもらった青木は、
闇医者の皆本麗子(片瀬那奈)に指の治療をしてもらい、“仕事”へ。
特殊詐欺。。。で、人を騙して金を手に入れた青木は、
その後も次々と。。。。詐欺を行い、海藤に気に入られるのだった。

2週間後。伊達たち組織犯罪対策課が、
タレコミがあった特殊詐欺の現場を張り込んでいた。
受け子の木嶋の身柄を確保しようとしたとき、
バイクの男が現れ、逃げられてしまうのだった。
周辺の防犯カメラ映像も、すでに消去されていると、阿久津に報告する。

青木は、何者かのタレコミにより、窮地に陥ったことを海藤に報告。
すると海藤が思わぬ事を告げる。自分が行ったと。テストをしたという。
警察の犬が入る込むことがあるためだという。
青木を信用した海藤は、階級を上げてやると、
柏田義之(浜田学)という男を、青木に紹介するのだった。

そして。。。。闇に紛れて、廃ビルにやって来た青木。
そこには、通称“D班”。。兵庫県警潜入捜査課D班の面々がいた。
青木を治療した闇医者の皆本麗子。
防犯カメラ映像などのデータを消去したホワイトハッカー宮永壮一(浜野謙太)
。。。。2人は、青木。。。黒沢兵悟(福士蒼汰)が、
ターゲットの本丸に潜入できたことを喜ぶ。
特殊詐欺グループの柏田たちを一網打尽にするのが目的だった。
少しして、伊達が怒鳴り込んで来て、黒沢につかみかかる。
黒沢の動きにより、刑事が負傷したと。
だが、黒沢は、何食わぬ顔で、状況の説明を始める。
表向きは経営コンサルタントの柏田の手口。
そして、まだ“上”に、誰かがいるようだと。

敬称略


原作は未読。

脚本は、宇田学さん

演出は、宝来忠昭さん



簡単に言えば、潜入捜査モノ。。。ではあるが。

そのメンバーが、一癖も二癖もある。。。と言うことのようだ。


キャスティングは好みなので、横に置いておく


内容自体は、基本的に“どこかで見たような”感じではあるのだが。

全体の話の構成や見せ方が良い感じのため、

そういう部分も含めて、“らしさ”が生み出されている感じ。


この“火9ドラマ”枠に、ちょうど良い感じ雰囲気ですね。


ただし。気になる部分が1つ。

それは。。。阿久津の存在。

見せ方の雰囲気からすると、重要人物のハズなのだが。

そこが、少し甘い。

もちろん、隠している。。という演出なのだけど。

結果的に、“D班”のキャスティングに重さが無いため、

軽めの雰囲気になっていることだ。

ま、おかげで、ゲストが際立っているんだけどね!

このあたりは、脳内補完するから“次”は違和感が無くなるだろうと思うが。

それでも、やはり、阿久津だけは、もう少し強調した方が良いかもね。


TBは以下のミラーへお願いします
http://maxexp999.blog100.fc2.com/blog-entry-6127.html






最終更新日  2020年09月22日 22時08分46秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事


カレンダー

バックナンバー

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.