6994213 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

動物たちの未来のために

PR

カレンダー

プロフィール


xxゆみxx

カテゴリ

フリーページ

バックナンバー

ランキング市場

お気に入りブログ

元気になった?(;´Д… New! Fugu-chanさん

夢中♥♥♥ New! ぴぃ1122さん

大満足♪ CoCoのんさん

全1件 (1件中 1-1件目)

1

犬猫リスペクト介護法

2019年07月29日
XML
カメ先生の記事をアップした際、

同じくハンデのある犬猫を

保護している方々から、

リハビリメニュー、信念、きっかけ、資格等々…

ご質問やご相談を数件頂きました。

ありがとうございますm(__)m



私都合で大変申し訳ございません…

個人的にお返事すべきなのですが、

私は時間の使い方が大変下手で、

コンスタントに返信出来る自信もなく…

実は、同じように疑問をお持ちの方が

多いのではないかな…?そう思い、

ブログで数回に分けて
​​​​​
書き綴らせて頂きます。



「リハビリをはじめたきっかけ」

「なぜ無料でカウンセリングしてるのか」

今回は、この二点に絞ります。

またその中で質問等ありましたら、

山下由美個人のFacebookにて

メッセンジャーでご質問下さい。

後日ブログでお答えさせて頂きます。
​(全部はできないかもですが…)​




​​​​◆リハビリをはじめたきっかけ

「介護」「看取り」「リハビリ」は、

独学で学びましたが、

私の先生は、目の前の犬猫たちでした。

​​​

​カメ先生同様全身麻痺だった猫​



リハビリ開始の一ヶ月後には、

上半身を起こせるようになり、

歩き、走り、高所の移動も

出来るようになりました。



​​​​自分で排尿できないため、

圧迫排尿でのコントロールが要るものの

一年後には神経機能がすっかり戻りました。

(カフェ嫌いなのでバックヤードに居るたっつん)

​​​​

​内臓器官が未完成のまま産まれた子猫

生存率わずか1%…。
1匹が命を落としました。


死亡率99%=生存率1%

私たちは1%の奇跡を信じました。

2~3時間おきのカテーテル授乳。

ミルクを胃に​​​​​
直で流し込み、

24時間体制での温度調整を続けた結果…



未完成だった内臓器官は、

徐々に形成されていき…



たくましい青年へと成長しました。
​(保護猫カフェオレンジルームのウィズです)​


​​​​斜頸の子犬​​​

強度の斜頸だったため、
立つ事も、歩く事も、食事や給水も、
補助が無いと出来ませんでした。

検査の結果…原因不明。



​​左眼球も衰退しかけていました。

東京の某動物病院ならば、

完治するかは分からないが、

脳の手術も可能だと

動物病院で紹介してもらいましたが…

手術代その他諸々で100万円との事。

手術の決心がつかないまま

リハビリを続けていると…


​​


斜頸の角度が日に日に

緩やかになっている事に気付きました。

わずか一ヶ月で、普通の子犬になったんです。



生後3ヶ月位になると、

若干の斜頸はあるものの

測らないと斜頸だと気付かない位!



その後、無事に良縁があり、

幸せを掴むことが出来ました。
​(旧姓・ナナちゃん)​



​​
「なぜ完治したのか…医学的に証明できない」

そう言われたのは、

この仔達だけではありませんでした。

様々な子がリハビリを経て再起しました。

障害のある仔にリハビリは「かわいそう」だと

​批判されたこともありましたが、

私はこう思うんです。

その子の可能性を信じてあげる事が

一番大切なんじゃないかって…。

本当の意味での「尊重」なのかな…って。



​​
​​
介護、看取り、リハビリ。

学ぼうと思って学んだわけではありません。




重ねてきた経験が、知識と知恵と技術に


いつの間にか繋がってた…というだけです。



簡潔にまとめてしまうと…

リハビリで一番大切なのは、

「その子にリハビリは必要なのか?」

「その仔が楽しんでリハビリ受けてるのか?」

この二つだと思うんです。

犬猫はリハビリの意味が分かりません。

犬猫は常に「今」を生きてるから。

「その仔に合ったリハビリ方法」

それをみつけてあげる…ただそれだけだと、

保護家の「先生」達から、そう学びました。





​​​​◆なぜ無料でカウンセリングするのか​

私は、動物に関する資格は何もありません。

ご相談をお受けしても、

飼い主さんや保護主さんから

「報酬」を頂いたことは一度もありません。



もちろん、無資格であっても

金額提示、金銭の授受は出来ますが、

苦しんでいる飼主さんと犬猫が、

悲しい結末を迎えないよう

出来る限りサポートしていくことが、

私自身の使命だと思っています。



「この仔と飼主さんを助けたい」


という理由でお受けしてる目的が、

謝礼金を頂くことにより、

いつしか目的が「お金」にならないか…?

自分が変わってしまう事への

恐怖心があるんです。

それは・・・

そうやって変わった大勢の人達を、

何度も目の当たりにしてきたから…。



「私はあの人たちと違う」

「私はそうならない」

私自身、そう言い切れません。

自分がどんな人間かは、

自分が一番良く分かってるから…。

私の心を「大地」に例えるならば…

地中に「悪い根っこ」が埋まってます。



その根っこが地上に出ないように、

​​水(欲)も肥料(金)も与えてはいけない!
​​

自分が勘違いしそうな報酬は

絶対に受け取ってはいけない!

そういう信念なんです。

私の敵は私自身なんです。

常に私は私を監視してます。

根っこはそういう人間なんです(^^;



その代わり・・・

「私の時間を誰かのために使う」

イコール、

「施設の仔達の時間が奪われる」

そんな不公平な関係性にならないよう

対策を取り入れています。



​相談者さんから「支援金」という形で​

頂くようになりました。

その名の通り、私の報酬金ではありません。
「寄付」として会計に計上し、

当施設の犬猫の医療費や維持費に

全額を充てさせて頂いてます。



強制ではなく「お心添え」なので、

生活が苦しい方でも安心して

ご相談できるような形にしています。



だから…私たちの保護施設運営は

いつも崖っぷちなのでしょうかね…

今回、ご質問にお答えしていく事によって、

自分を振り返るきっかけにもなりました。

とても良い機会を与えて頂き、

メッセージ下さった皆様に感謝しております。

現在「いのちのはうす保護家」は

緊迫した状況にあり、

今後の運営のために何か秘策はないかと

あちこち走り回っております。



とにかく「いのちのはうす保護家」を

守っていかなければと…。







どうか、ご協力をお願い致します…。

▼宮崎銀行 加納支店 普通口座104601
  動物たちの未来のために代表山下 由美

▼郵便貯金 17310-434961
  口座名義:イノチノハウスホゴヤ

▼〒880-1222
宮崎県東諸県郡大字国富町八代北俣2581
いのちのはうす保護家

090-4484-5165(9:30~22:00 担当フジイ)

▼「いのちのはうす保護家」HP
▼「ハンデのある猫達の保護猫カフェ HOGOYA」HP
▼「いのちのはうす保護家」公式ブログ
▼「いのちのはうす保護家」Facebook
▼保護猫カフェ「HOGOYA」Facebook
▼山下由美代表Facebook
▼犬猫介護アドバイザー
  &犬猫看取りコミュニケーターInstagram
▼保護猫カフェ「HOGOYA」Instagram

お問合せ先は、
HP内の「お問合せフォーム」からお願いします。 


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ








​​






最終更新日  2019年07月29日 01時41分09秒
このブログでよく読まれている記事

全1件 (1件中 1-1件目)

1


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.