010668 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

あむ日よむ日あくる日

PR

プロフィール


天然風

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

富久道義@ Re:金時山は百名山の一つ(12/31) こんばんは。久しぶりで大晦日の夜に失礼…
富久道義@ Re:駒井家住宅(11/30) またまた気になり、失礼致します! 個人…
富久道義@ Re:教林坊(11/22) 追伸 いきなり間違えまして、失礼致しま…
富久道義@ Re:教林坊(11/22) 突然に失礼致します。<m(__)m> 個…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2022.01.20
XML
カテゴリ:open to public
2022/01/19/水曜日/思ったより寒くはない晴天

白井晟一といえば、飯倉交差点にあるNOAビル。学生時代この建物に遭遇した時のことを思い出す。明らかに周囲の建物と異なる存在感。求道的というか殆ど宗教的。ゴツゴツした重さ、アメリカではなくヨーロッパ志向。などなど。

考えてみれば不思議な経歴の方だ。京都の現工芸繊維大学を出た後、ドイツでヤスパースの元、哲学を学んだという。

その留学、帯殴時代に林芙美子と交友を持ったことが会場で紹介されている。なんと。先週林芙美子邸を訪ねたばかり。

彼女の住宅は素晴らしいものだった。山口文象設計と言い状、実際は旺盛な建築学習欲で芙美子の方が彼を圧倒していたのではないかと想像される住まいだ。彼女の伴侶は彫刻家であり、彼女自身、画家を夢見たという。

さて当初は建物見たさの松濤、まさかの白井晟一展でドンピシャ。渋谷駅から道玄坂を登り神泉辺りのヤバヤバな隘路に紛れ込み、つつつと斜め急ぎ。ちょっと気位の高い松濤へ。

竣工当時は建物が美術、とささやかれていたような

小さな入り口から入館すると右手で受付。左手にホワイエ、ロッカー、資料展示など。入り口からまっすぐ、オープンな渡り廊下。地下2階と地上2階の真ん中、この演出はお寺の、俗世を離れるお太鼓橋でもあろうか。
芸術に身を投ぜよ、と。


階段というのはそもそも劇場的だけれど、それをよく心得た抑えた構成だと思う。静謐で穏やかだ。館内に二つの大小オーバルタイプの周り階段。仕上げは同じだけど、小さい方は円形プランから生じたニッチな空間が面白い。
こんな所に展示があっても良いのに。


2階のギャラリー、サロンミューゼは、リッチなマンションの居間にでも迷い込んだかのよう。竣工当時、白井晟一は私有物で展示の具合を確認したらしく、その様子を再現したインスタレーションだとか。
館内のあちこちに置かれた鏡は当初から。
何故鏡か。哲学するためか。

正面に飾られた旧約聖書からキリストの受難のタピストリーが私には垂涎の逸品だった。


サロンミューゼ隣接の小さな展示室には書をよくしたという白井晟一の作品と共に道具類の展示も。地下二階のお茶室は今回初公開だとか。ただし一度もここでお茶会がもたれたことはないとの事。

週末実施の職員による建築ツアーは全て満席。
展示を廃して、建物を見せる。ちょっと意表をつく展覧会ではあったが、ささやかに村田勝四郎のダックスフンドの像などがエレベーターホールにあったのはご愛嬌

実はここから、和菓子の岬やさんまで遠くない。ここの最中は他所で見当たらないくらい私には美味しい。
眼福の後は口福、帰宅の愉しみ喜び







最終更新日  2022.01.20 07:49:42
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.