37995136 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

h+and   ~ I want to throw away ~

PR

X

全75件 (75件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 8 >

捨て部

2021.09.22
XML
カテゴリ:捨て部
パンのある暮らし。

たくさんのパンを並べて眺める。









16時間断食をゆるく続けながら、

最近は、週に2回くらい朝食を摂っています。

ときに朝食を摂ったり、

ちゃんと16時間空けて胃腸を休めたりたりしながら

ちょうど今くらいの身体の状態を自然に維持できるところ、

「わたしの着地点」というのを探り中、です。













わが家のグラスを これに買い替えました。











色の濃いドリンクを注ぐと、はっきりと浮かび上がる文字。


DEAN&DELUCAのカフェには、去年の秋から行けてないけれど、

家で、アイスコーヒーや、アーモンドミルクラテや、

時に「いちごミルク」を、こうして楽しむ。









このグラスでいただいたなら、

ずっと行けてない恋しさも、半分和らぐ不思議 ( ´▽`)

お水さえも、いつもよりも美味しく感じる不思議。



 ***************************************


なぜ、グラスを買い替えたのか。


わが家のグラスは これまでは、


デュラレックスの「ピカルディ」でした。











これは、ちょっと多くの方に知って欲しい。


あなたさまのご家庭でも活躍しているかもしれないグラス。

おしゃれなカフェでも使っておられる、

ライフスタイル界隈なら、これをご存知ない人はもはやおられないかもしれないくらい、


そのくらいに有名であろう、このグラス。



 ****************************************



ある朝のことです。

ちょうどおとーさんもお休みの日で。


ゆっくりめの朝食の支度に、さあ取り掛かろうかな、と


シンクの前に立った瞬間・・・・




「ぱぁんっ!!」 と申しましょうか、

「ぴしゃーん!!」 と申しましょうか、


人生の中で聞いたことのない種類の「乾いた破裂音」に驚くと、


目の前には、粉々になった・・・ 氷の山? 


なにこれ ? (゜∀。)


これ何だ? 上から降ってきた!? 




衝撃の割れ方をしました。 

何が起こったかわからなかった。





目の前に置いてあったデュラレックス(ピカルディ)が


割れた、というか「爆発したのだ」と理解するまでに 


しばしの時間が必要でした。




 **************************************




落としたわけでもない。 

重ねるなどの衝撃を与えたわけでも、

急激な温度差を与えたわけでもない。


ただそこにそっと置いてあっただけなのに「自爆」したのです。


シンクの作業台での出来事でした。



ここまで飛んでるぞ! うわ、あそこにも!

     かーちゃん、そこ動くな! 踏むぞ!!




少し離れた床でウォーキング後のストレッチをしていたおとーさんのすぐ近くまで

半径1mくらいの広い範囲に、

粉々に砕け散ったブロック状の破片が。

ちょうど細かい氷「クラッシュアイス」みたいな?

いや、氷砂糖のような格好した破片が、

激しく飛び散ったのでした。



ぱかっと割れたとかじゃなくて、まさに「爆発」。

もともとが何だったのかもわからないほどの「粉砕」。

破裂したかのような木っ端微塵の

ガラスの破片の飛び散りかた (;_;)



 **************************************



家族がケガしないように、急いで片付けたため、

爆発直後の惨事の様子を写真に収める余裕が全くなかったのですが(← ブロガー失格もいいとこよ)


後からネットで調べると、たくさんの画像や、

とてもわかりやすく説明されたYouTube動画などもありました。


同じような恐怖を味わった先輩方が 多くおられることを知りました。


デュラレックスがどう、ということではなく、

「全面強化ガラス」の食器類には、

こういう爆発のような割れ方をする危険が もともとあるのだそう。





買出し前の冷蔵庫。今週に持ち越されたパン(とコーヒー豆)だけがおさまった野菜室 ( ´▽`)





デュラレックスは 耐熱温度差が130℃。
冷たいものも、熱いものも、
電子レンジも、そして食洗機だって全然OK。

とにかく丈夫で、スタッキングもしやすい。

お洒落なフランス製なのに、落としても割れにくい。

そして、安価。


日常使いにぴったりの、素敵なグラスです。


30年くらい使ってきた気がしますが、こんなことは初めてでした。


強化ガラスというのは、
一般のガラスに圧力をかけて強化されたもの。
中でも「全面(物理)強化ガラス」のグラス(デュラレックス)は、
製品の表面全体が強化加工されているそうです。

外側(表面)の耐久性を保つため、
内側(ガラス内部)には張りつめたような圧が常にかかった状態となっており、

目には見えないような小さなキズなどをきっかけに

張りつめていた圧が一気に解放され「破裂」する。

ふつうのガラスとは「割れる理由」が異なるのです。


常にずっと我慢や抑圧を強いられてきた人が、
触れてはいけない心のキズを刺激されたのを発端に、
突然ぶちギレて爆発するかのような?



これ、わたしはシンク前に立った状態での破裂だったからよかったですが、


食卓だったら、悲惨です。


夕飯を並べ終えた瞬間や 

もしも「食べてる最中」の爆発だったら、と思うと (;_;)


ガラスの飛び散ったお料理はもちろん全て台無しだったでしょうし、

飛んだ破片は顔に当たったり

椅子に座った高さなら目に入ったかもしれないし、


ブロック状に粉砕した、けがをしにくい形状の破片だったとはいえ、

一歩間違えば、それは「大事故」。


家庭の大惨事になるところだったのです。













最初はね、朝からグラスが爆発するなんて、

もう!なんて日だ!!

なんて 腹たてていたのですが、


そう思ったら、

朝食を作ろうかな、という、あのシンクの前に立ったタイミング。


何もないシンク。 


あの瞬間を「選んで」割れてくれたことの奇跡に、ハッとしました。


やおよろずの神やご先祖さま各位に、感謝しました。


目には見えない何かの力に、わたしは守られた、と。



幸運だった、と。





 *************************************



グラスを買って。

たとえば30年間も使っているグラスを買い替えたとして。

説明書をその都度読むようなことは一度もなかったのです。


仮に読んでいたとしても、

割れることがあります、破損する恐れがあります、とあったとしても、

「落とした瞬間」でも「ぶつけた後」でも「手荒く重ねたとき」でもなく、


一見何のキズもなく、ただそこにあったものが

こんな風な突然な、激しい割れかたするなんて、

ちょっと想像できたかどうか。



同じような目に遭われた方のブログを拝読していたら



 狙撃されたかと思った!




まさに! ヽ(;▽;)ノ




  これは破損のレベルじゃない。

「いつか爆発します」 と書いておいてくれないと。





ほんと、そういうレベル! (;_;)



それぞれの思いを綴っておられました。



みなさまの、おっしゃる通りよ  (;_;)




「突然爆発することもあります」「要・覚悟」と、


外箱に、日本語で大きく書いて欲しいと思ってしまうレベルの、


想像をはるかに超えた「破損」でした。






買い替えてから、まだ1年ちょっとのグラス。

もっと長く使ってしまったことも 過去にはなんどもありました。

これまで一度も割れなかったから知らなかっただけで、


強い分だけ、うんと強化されている分だけ、


「全面物理強化ガラス」というのは、割れるときはものすごいのですね (;_;)


「ガラスが割れる」のは当たり前なことなのですけれど、


「割れる」という表現よりも、


あれはやはり「爆発」だったよ (;_;)











3個あったうちの1個が爆発。 


残りの2個は、安全なうちに手放します。


よくよく見れば、小キズ的なものははたくさんある。




今回、とにかく幸運だったのは、


家族の誰もケガをしなかったこと。


飲みもの注いで、口につけてまさに「飲む瞬間」とかだったら


本当に。 


本当に怖かったよ。 





 *********************************




だから、怖かったけれど、わたしは、今回は、守られた。



グラスを、強化ガラスではないグラスに買い替えました。


全面強化ガラスの食器を使うなら、

いつかこうなるかもしれないことを知った上で使うことが大切で、

使い続けて、次にもしも同じことが起こったら、

それはもうグラスのせいなのではなく、自己責任だ。

そういう有り難い「お知らせ」だったのだと思って、

すぐに使うことをやめました。






DEAN&DELUCA のこのグラスは、耐熱でも強化ガラスでもない「ソーダガラス」。
急激な温度変化や衝撃には弱くても・・・むしろそれでいい。 ふつうに割れる方がいい。



 *********************************



ポルターガイストかと思うような、強化ガラスの割れかた。


食洗機の中で爆発した、とか、

夜中のキッチンで勝手に爆発した、とか そんなお話もあって、

何ごとか!と 寝ぼけて駆けつけたなら、

暗闇の中、裸足で、破片を踏んでしまうこともあったかも。



明るい時間に、腰の高さで、すぐに片付けられる状態の、食べ物のないところで割れた。



わたしのデュラレックスに もしも心があったなら、


もうだめだ。 
多分、俺はそろそろ爆発する。
目には見えないほどの小キズに、
この家の人々が気づくことは難しいだろう。

ああもう時間の問題だ! みんな気づいてくれ!


俺に触るな!! 

かーさん、とーさん、にーちゃん、俺に近寄るな!!


晩御飯の時も、注がれたお水に耐えて、耐えて、耐え抜いて、

晩酌の酎ハイの、氷や炭酸の刺激にも耐え抜いて、

わたしがあなたを洗っている時も耐え抜いて、

夜中では危ないし、

寝てるみんなをびっくりさせちゃうからと彼はこらえて、

こらえて、こらえて、ああもうだめだ!となった時。


いちばんわたしの困らない、

お弁当作りの時間にも影響のない、

もっとも被害の少ないであろう絶妙なタイミングを選んで、


「もう限界!さらば!後の始末をお頼みします!」と 


休日のあの朝、爆発したのだと思う。



あの子は、本当に。 武士でした。



最後の最後まで、立派な子でした。







                                  おわり
  





今日もお読みくださって ありがとう。




↓ 「そういうこともある」を。 あなたに知って欲しくて、今日の日記を書きました。

にほんブログ村 ファッションブログ ナチュラル系へ
にほんブログ村

 あなたと、あなたの大切なご家族が、危険な目に遭うことが どうかありませんように。

  いつも「読んだよ」とポチッとしてくださって、ありがとう。





フォローをしてくださっている1292名ものみなさま・・・

h + and ~  I want to throw away  ~ - にほんブログ村

更新を楽しみに待っていて下さるお気持ちを、ありがとうございます りんご
















最終更新日  2021.09.22 20:26:04


2021.05.25
カテゴリ:捨て部
4着とも好きなんだけれど。










4着のワンピースの中の、


好きな順番の「第4位」だなあ、と思ったら、


充分に楽しんだなあ、と思ったら、


手放したくなりました。




【 第4位 タックボリュームワンピース /DRESSTERIOR(ドレステリア )】









ワンピース3着で、

またしばらくわたしは暮らします。

そのうちの1着は、ちょっと「えこひいき」の黒なので、

実際にはこの2着での「かわりばんこライフ」になりそう。












ワンピース2着で不安に感じる時には、

ブラウスの腕まくり+ パンツ or サロペット or ティアードスカートで OKだ!



一番暑くなる「真夏」に向けて、

よりもっと軽く涼しい「まっしろ」な1着を、

新しく追加できたなら、それもまたいいな。




 **************************************:



とっても嬉しかった aikaさんのブログ →

aikaさん、ありがとう。
わたしの本を持っていてくださったのですね (;_;) 
ワンピースミニマルライフのお仲間が
楽天ブログ、そしてミニマリストカテゴリにいてくださることにある日気づいた時、
すずひがどんなに嬉しかったことか!

本部役員さん2年、がんばって!  

aikaさんならきっと大丈夫!

遠くから そっと応援しています ( ´▽`)



  時には一緒に心配したり応援したり、

  幸せも喜びも感じることができると思ってます。





優しいお気持ちとお言葉を、本当にありがとう。












このワンピースは、
こうして「黒」と合わせたり、
1着だけで見ていると「まっしろ」なのですが、

本当にまっしろな服の中に並ぶと
ほんのちょっとだけ「生成り」だったのでした。

これ。

ほんのちょっとしたことなのだけれど・・・








わかるかな? 


 *************************************



そして 先週これを着て鏡の前に立った時。

ふと「身幅」を大きく感じてしまった事実。

「がばがば」に感じたのです。

こういう違和感というのは、全く予想がつかないです。 

ある日、ある朝、ある瞬間からの「突然」なのです。



はっ! Σ(゚д゚lll)

これって、もしやすずひに

「16時間」と「HANDCLAP 」の効果があらわれつつあるのでしょうか!?




大好きだけれど「4位」と感じたことの、


これが、「第一感情」としての、理由。




 *************************************



カタチもデザインも大好きでした。

「生成りっぽさ」を補ってなお余りある大好きさがあった。

嫌いになったわけではなくても、

何かと一緒にふっと手放す気持ちになる、ということは、

やはり 何かしらの理由があるのですね。


まる1年。 春、夏、秋、冬、そして春。

とくに冬によく着ました。

コロナ禍の日々を、共に歩んでくれた。

久しぶりの「冬の白ワンピ」。楽しかったなあ ( ´▽`)




このまま持っていてもよかったのだけれど、


ちょっと今、世の中の閉塞感がすごいので、



なんだか、ぱーっと手放してみたくなりました。




  **************************************



さあ、「どこどこどこ・・・」のお時間です ( ´▽`)ノ




パジャマにしてきたオーチバルのワンピース ×2。


まずはとにかくこれを


梅雨前には手放してしまいたい気持ちでいたのです。












そこに併せて まさかの「白ワンピース」。


こういう連鎖は悪くない。 全く嫌いではない(笑)



さあ! 発表です! 



どこどこどこどこどこ・・・・



この日の買い取り合計額!!


 じゃじゃん!! 















白ワンピ、オーチバル×2、

そして家庭内の不用品1の 合計4点で・・・


   「8400円 也」  ( ´▽`)ノ



20%アップが大きかった!

5000円くらいいけたらすごいぞ!と思っていましたから、

とってもありがたく、もう、すずひ大満足です。 


買い取りショップさん、


いつも丁寧に査定してくださってありがとう。






溜まっていたポイントで、家族にアイスを買って帰りました。ほうじ茶のソフトクリーム。




 **************************************




現状をちょっと変えてみた。


この夏はこのままのワンピース4着で、と、

ついこの間までそう思っていたし、

実際そのままでもよかったのだけれど・・・


あえて、あえて、 手放した。


なんて言ったらいいんだろう、この気持ち。



 **************************************



今、世の中はなにも変えられないけれど、


わたしのクローゼットやワードローブは、


わたしの「思い」と「行動」ひとつで、いつだって、変えられる。



さっき 第一感情のお話させていただいたけれど、


うまく説明のできない、謎の第二感情が、


「あえて手放したい!」「変えたい!」というのが、


なんだかもう、突如として発動しちゃった!!











閉塞感に負けそうになることが、あるのです。


もうブログ書けない、と思うこともあります。


きっと今、どなたさまにおかれましても、

ふとした時に、そんな、

「今までにはならなかったような感情」や

「ちょっとネガティブな気持ち」になってしまうことが

あるのではないかな。


読者さまのみなさまは、いかがですか? (;_;)












何かを手放すことは、何かを突破すること。


コロナ禍の、先の見えない閉塞感を、突破したい。
 


いつもとはちょっと違う、


そんな気持ちで手放した、ワンピースのお話。




わたしの服は「9着」に なります。








                                    おわり







今日もお読みくださって ありがとう。




↓ すずひ、読んだよ、と、ポチッとしてくださるお気持ちを

にほんブログ村 ファッションブログへ
にほんブログ村

 今日も、いつも、本当にありがとう。






フォローをしてくださっている1202名ものみなさま・・・

h + and ~  I want to throw away  ~ - にほんブログ村

更新を楽しみに待っていて下さること、ありがとうございます ( ´▽`)


















最終更新日  2021.05.27 14:04:06
2021.04.10
カテゴリ:捨て部
これは今シーズン限りで手放そう。










年齢を重ねるたび
「軽い服」がどんどん好きになり、
ちょっとでも重いことが、
着ていて、動いていて、気になってしまう。






「サロペット」と「マリメッコ」・・・どちらの呼び名も、なんか可愛い ( ´▽`)




 ***************************************



いいや、やっぱりもう少し手元にあってほしい。

本当に好きなデザインだし、
まだまだ状態も良くきれいだし、

とにかくこの大好きなサロペットとも、

とってもよく似合うのだし。











見知らぬ可愛い女性から

「似合う!」と褒めてもらえたこのコーディネートに・・・









あのうれしく幸せな気持ちに・・・(



すずひは、まだまだ、できることならしがみつきたい!  ← 本音!




 *************************************




けれど。


やっぱり手放そう。


もこもこニットとコートを片付けたあとの、


春特有の少し肌寒い日に、


とても重宝していた、このニット。










去年は気にならなかったのに、

この春から、急にこのニットの「チクチク感」が気になるようになったのは・・・


気になるを超え、もはや「耐えられない」のレベルに達したのは。


わたしの肌における、

「敏感肌化」が進んでいる、ということなのでしょうか。


それとも、アレルギー(花粉)の季節だったからでしょうか。


肌の水分量やバリア機能が年々低下している、ということなのでしょうか、



いや 違うんだろうな。


もう、これは。


ひとえに 「老化」 ということなのでしょう。




わかってるよ!!



うううっ・・・ (;_;)






マイバッグは、こうしてポケットにイン。毎回洗って玄関の白いバケツの中にスタンバイ、です。









柔らかくて軽いニットしか着られない体になってしまいました。



4月に入ってから

意外と「寒の戻り」「風の冷たい日」が多くありましたね。

そんな中、

これをうれしく5〜6回ほど着たのですが、










インナー(ヒートテック)の届かない首まわり、
鎖骨あたり、そして袖口の「チクチク感」に・・・
日ごと耐えられなくなりました。


夏の衣類では、
そういう「肌と合わなくなった」という理由でもって
ある日(好きでも気に入っていても)着られなくなってしまったものが、
過去、いくつかあったのですが・・・


ああ、春もかー (;_;)



 **************************************




ちょうどいいタイミングだと、そう思いましょう。

これから寒くなる時期だったらとても困ったけれど。

GWが過ぎた頃には、来月のいま頃には


毎年この国は、もうほぼ「夏」だ。










美しい新緑を、


スタバからの帰り道、自転車こぎこぎ見上げ、決心をする。


きちんと洗って、お手入れして。


春の日に、手放そう。










おとーさんの手放すパンツと合わせて、


春の手放しの準備です。


こういうことを始めると、

多くの場合、手放しは、


家庭内はもちろん、自分自身の中でさえも連鎖します。



連鎖しました。 ↓










シーズン後半「室内用」として活躍したストール。

外出用はグレーの1枚で「足りる」」ことが

この冬、改めてはっきりしてしまいました。

ほとんど出かけられない冬でしたからね。

ストール2色持って気分を変えてみたくなったのは、

2019年の秋のことで。

その秋というのは「コロナの前」で。

たくさん巻いてお出かけをしたかったし、

実際、秋は、お出かけできたのです (;_;)


ところが一転。


2020年の冬も、2021年の冬も、

ストール2枚持っていることが、

かえって切なく感じてしまうような、


「とても特殊な冬」と、なったのでした。










ならば、1枚でいい。


ネイビーのストール、手放そう。


今の季節に片付けて、

今度の秋に出してくるときには、


2022年の冬の世の中が、たとえどうであったとしても、


きっとわたしは。


ストールは1枚でいいと感じている気がする。




 *************************************




このニットの手放しで、


わたしの服は、ふたたび「10着」になりました。


こないだビルケン手放しましたから、

わたしの靴は、いま「4足」です。


この春のわたしの服・靴の手放しは、これにて完了!


査定の結果が出たなら・・・・



また、「どこどこどこ・・・」のご報告を、



どうかここで、させてくださいね ( ´▽`)ノ




 *************************************




今日は最後に、


この日の朝のお話を聞いてください。




家族を朝早く、

お仕事へ、学校へ「行ってらっしゃい!」と送り出し、

てきぱきと家事を片付け、

午前中のうちから一人でスタバに行くんだ!という、

テイクアウトではなく、

お店のソファーでいただくんだ!という、


1年数ヶ月以上越しの、小さな願いを叶えました。











初めての「アーモンドミルクラテ」。


お店はとっても空いていて、

レジの待ちもゼロ人で、

一人でいらしているお客さんばかりが、ぽつん、ぽつん、と。



ああ、こんな朝の時間を、


こんな気持ちで過ごすことができたのは、


いつぶりだろう。




トールサイズを一気に飲み干したなら

このあとわたしは。

なんと、夕方まで何にも食べないままで過ごせました。


アーモンドミルクって、

もしかしてお腹もちがいいのかな?


お腹いっぱい、


そして胸いっぱいになった、春の朝のできごとでした。








                                  おわり




                 


今日もお読みくださって ありがとう。




↓ ポチッとしてくださるお気持ち、いつも、ありがとう ( ´▽`)ノ

にほんブログ村 ファッションブログへ
にほんブログ村

アーモンドミルクラテ、とってもおいしかった! ラテの中でいちばん好きになりました。

この席でブログを書くことに、ブロガーとしてはひそかに憧れちゃうのだけれど・・・

なんだか恥ずかしくて、まだ1度も試してみたことがありません(笑)




フォローをしてくださっている1143名ものみなさま・・・

h + and ~  I want to throw away  ~ - にほんブログ村

あなたとあなたの大切な人が。

今日もどうぞお健やかに、そして微笑みいっぱいの1日をお過ごしになれますように・・・ りんご
















最終更新日  2021.04.11 09:30:29
2021.04.04
カテゴリ:捨て部
服や持ち物を手放すときの手段や、方法。

どんな「手放しかた」が、

あなたは一番お好きですか ( ´▽`)?



「捨てる」「ゆずる」「売る」



大きくは、この3本柱・・・ なのかな? ( ´▽`)














それぞれの手放し方に、

それぞれいいところがありますね。


だから「いつもこれ!」と決めることをせず、


手放すものの「種類」や「量」。

そして「状態」や「気分」「体力」によって

その時その時の最適な方法を選びましょう、というのが、


もっとも気持ちの良い手放し方、なのかもしれません ( ´▽`)










この日の格好( H )+ お財布+ Mr.CHEESE CAKE ワッフルコーン カカオラズベリー


        ※ 2021 わたしの最新ワードローブ一覧の日記はこちらです →


 **************************************




さあ! どこどこどこ・・・の時間です!


査定額の発表のお時間です。












しばらく前から手放しの決心をしていた「ビルケン」を、


ぽかぽかのお日和に、自転車に乗って、


途中、満開の桜景色をあちらこちらで楽しみながら、


ひとりでのんびり行ってまいりました。






桜に見送られる我がビルケンシュトック・マドリッド。本当に長い長いおつきあいでしたね。



 **************************************



この日は、わたしの「ビルケン」と合わせて、

おとーさんの8ヶ月以上履いたadidasのウォーキングスニーカー。

お子の手放した、4年半使った PORTERの長財布。

3点のお持ち込みです ( ´▽`) ♪




すずひの予想は・・・ どこどこ・・・


・PORTER 財布 350円 ← かなりボロボロよ
・adidas スニーカー 100円 ← 本気のボロボロ
・ビルケンシュトック 300円 ← このくらいだろよ

   合計 良くて まあ 750円くらい? 



わたしなりの、
精一杯の感謝を込めたお手入れをしたあと、
リサイクルのお店に持ち込みました。


さあ、実際の査定額の発表です!!!


読者さまは、どのくらいと踏まれますか!?!?



どこどこどこどこどこどこどこどこどこ・・・・・ (長いぞ!)




・PORTER 財布 1500円 ← まじか!!!
・adidas スニーカー 1000円 ← 思ってたのの10倍!!
・ビルケンシュトック 500円 ← ちょっとマシだった!


        合計 3000円!! (*゚▽゚*) やーん




やーん、なんて言って 

やーんな訳があるものですか。

ただただうれしいのが、わたしです。

本当にうれしい。 

御ありがとうございますーっ ヽ(;▽;)ノ


まさか紙幣戻ってきてくれるとは思わなかったものー ヽ(;▽;)ノ











うれしさ爆発の表情で、


さらには手を合わせてお金をいただいて参りました。











やっぱり、捨てられないや。


春の暖かな日差しの下、自転車こぎこぎ帰路につく。

この日は、汗ばむような陽気で、

そうだ、このお金で家族にアイスを買おう!

いつも売り切れていて買えなかったアイスが、

この日、ちゃんと3つ買うことができました。







セブンイレブン 「Mr.CHEESE CAKE (ミスチ)」コラボのソフト。
同じくぷにぷにのかたちがかわいい「金のソフト」の売り場近くにありました。



 ***************************************




このブログを始めてから、
「服をゴミ袋に捨てる」という行為を、
わたしは本当にしなくなったように思います。

ボロボロの、価値なきところまで着て、


ゴミ袋に捨てたのは、


ここ何年かでも、この1着(  )だけ、でした。



 ***************************************



しっかり悩んで、しっかり選んで、買って。

ちゃんと気に入って、たくさんたくさん着て。

十分な満足を迎え、ある日、手放す。


丁寧にお手入れをして、なるだけ美しく、査定に送り出す。



このブログを始めさせていただいてからの手放しを、

ざっと振り返ってみたのです。

全てではありませんし、
ちょっと記憶違いもあるかもですが、

わたしが「売る」という方法で手放したものの

買取査定額(手にした金額)の・・・記録。


【2017年ころ】
 
スタンスミス            2160円
Deuxieme classe ペンシルスカート 2300円
Deuxieme classe ニット      8050円
失敗しちゃったグレーニット    11000円
ドレステリア スカート        4000円
初代 お財布           14300円
L'Appartement
   Deuxieme classe ニット  11270円
ガウチョパンツ          6500円
Deuxieme classeコート     9500円
Tシャツ類 色々         5000円


【2018年ころ】

Deuxieme classe ブラウス   3500円
CELINE ラゲージ      120750円
CELINE トリオ        51750円 

【2019年ころ】

Deuxieme classe 薄いコート  6900円
MM6 小さいお財布     9850円
REALITY STUDIO コート   17600円
Plage ストライプブラウス    1200円
Plage ホワイトブラウス     1200円
BEAMS スカート        1500円
Deuxieme classe ワンピース 10900円
チノ ニット       11000円
トリッペンサンダル    11000円
IENAワンピース グレー   4000円  
        ブラック   4800円
2代目お財布ポシェット    20700円
ステラマッカートニーファラベラ  23000円
マーレット ワンピース    13200円


【2020年ころ】 

ポケット無しDeuxieme classeスカート5500円
ドレステリア 黒ブラウス       2500円
USEDで買ったしましまスカート   4950円
パンプス 200円くらいを3回   600円


【2021年になってから】 

ギャルリーヴィーニット     3300円
ビルケンシュトック       500円


だいたいの総額・・・

きれいに使って、満足を迎えて、

最後の最後に買い取っていただくことのできた金額・・・


実に およそ 40万5000円。


お小遣いどころではない、もはや「財」です。



捨ててしまえば「ゴミ」でした。













やっぱりわたし、捨てられないや ( ´▽`)


お金が戻ってきてくれて とてもうれしい。








帰り道に地元のお店を応援すべくパスタをいただいて、

アイスをうれしく3つ買って、

それでも、まだまだお釣りがありました ( ´▽`)




 ****************************************





お金が戻ってきて悲しい人は、きっといない。

とっても素直に わたしはうれしいです。

わたしの手放した服や靴が、

わたしの知らないところで次の持ち主さんに出会い、

わたしの知らない第2、第3の人生を歩んでる。


わたしもうれしくて、
リサイクルのお店にも僅かながらの利益を生んで、
パスタのお店を応援することもできて、
わたしは久々のこのお店の味がうれしくて、
リサイクルショップの店頭に並んだ暁には、
新品よりもうんとお値打ちに手に入れることのできたどなたかが
とっても喜んでくれて・・・

そういう全てを含めて、たまらなくうれしい。



やっぱり、捨てられないや。


捨ててしまったら、このどれもが叶わないのだもの。




 ***************************************




どんな服も、どなたもが、いつかは手放すのだと思う。


あの世にまで持って行ける服は、1着もない。



あなたが最期の日まで持っていたものは、
生きている人に、残された人に、
身近な大切な家族に、その「片付け」を。
「とてもツラい最後の後始末」を、させることになる。

ものでも、服でも、お皿でも、なんでも。

残った家族にそれをさせて平気か。

「あたり前!」と思うか。

それとも とても心が痛むか。

ツラいことさせて、しんどいことさせて申し訳ない、と思えるか。





 人間、死ぬ時まで持っていたモノは、

 生きている人に処分してもらうということになるわけです。

               中川淳一郎さん 





ならば、自分でできることを、


生きてるうちから、コツコツと。


きれいに手放したいから、きれいに扱う。


ただそれだけ。


これがわたしには、とてもいい。


誰も見ていなくても、


服やものを、


自然と、とても大切にできるようになりました。



少ないもので、暮らせるようになりました。












本当に食べ方の美しい人、というのは、
誰も見ていない時も、
家でたった一人きりの食事の時であっても、
食事に対する姿勢が、
いつも「きれい」なのだそうです。

それって、なかなか簡単なことではありませんね。

服や暮らしのことも、

けれどもしかすると、これは同じなのかもしれません。


外で着るときや、
誰かと一緒にいるときや、
世間や周り(や、SNS!)にお披露目するときだけ
大切に、きれいにするんじゃなくて。


家で1人で居るときも。


きれいに暮らす。


いつも大切に着る。


だだくさに扱うのではなく、心を込めて扱う。


こうして丁寧にハンガーにかける。








脱ぎ捨てるようにではなく、丁寧に脱ぐ。


心を込めて、お洗濯をする。


過ごす部屋の掃除をする。


服も、ものも、この世での住まいも。



いつか、必ず、手放す時がくるのだから。




 ************************************




手放すその日のために大切にしているのか。

それとも、

大切にした結果として、最後きれいに手放すことができているのか。



わたしは、その両方なのだと思います ( ´▽`)



それが自然にできるようになって、

それが ほぼ「あたりまえ」になって、

それが「ふつう」のことになって、今がある。



いろんな人に、それぞれの「ふつう」があるように。



これが、今の、



50歳のわたしにとっての「ふつう」なんだな。



毎回「わくわく」楽しい、

毎回「どこどこ」楽しい、



そして毎回 ほんわか幸せな・・・


とってもうれしい「わたしのふつう」なのだと思います。






                                    おわり








今日もお読みくださって ありがとう。





↓ いつもポチッと応援してくださるお気持ちを・・・

にほんブログ村 ファッションブログへ
にほんブログ村

たくさん、たくさんのお気持ちを・・・ 本当にありがとうございます ( ´▽`)



登録をして更新を待ってくださっている1133名もの読者さま・・・

h + and ~  I want to throw away  ~ - にほんブログ村

あなたとあなたの大切な人が。

今日もどうぞお健やかに、微笑みいっぱいの1日をお過ごしになれますように・・・ りんご
















最終更新日  2021.04.04 15:23:09
2021.03.05
カテゴリ:捨て部
2021年の春は。

雑誌でも、ショップのWEBページでも、

「白のワンピース」をよく見かけるような気がします。
















そしてこの春もまた「ぽわん」とした袖の

甘めブラウスがたくさん出回っていますね ( ´▽`)









ぽわん袖はもちろん
全体がティアードになったような、
甘めを超えてくる「激甘ブラウス」も、
今年は大人気のようです。


白いワンピース。

「袖ぽわん」のブラウス。

この春 着たいなあ ( ´▽`) と思うものが、

もう、この家にある不思議。

なぜなのでしょう。
服を50着も100着ももっていた頃には、
春になると 毎年着るものがなくて。

いえ、あるんですけれど、
「着たい!」と思えるものがなくて
その年の流行のものを
慌てて買いに走ったりしたものです。


これは何も春に限ったことではなく
夏も、秋も、もちろん冬だってそうで、
年がら年中そういうことを
性懲りも無くわたしは繰り返していたんですけれど。











どんなにたくさんあってもいつも 
「足りない」「何か足したい!」と感じてしまって、

季節の変わり目には 
いくらお金があっても足らない!という感じでした。

実際本当にお金が足らなくなって、
それならもう買うことをよしたらいいのに
そうすると今度はプチプラに走って。


服が足りない! 靴が足りない!

お金も足りない!

足りない!の連鎖の泥沼に
いつもいつもズブズブにはまっていたのに。


それだけ買っていてもまた次の春には


「着るものがない!」って必ず慌てていたはずなのに。



 ****************************************




こんなに少ない服で暮らすようになってからの方が

「足りている」ということの不思議。

本当に 不思議 (;_;)


いいえ、

昔していたことの方がよっぽど不思議ですね。

なぜあれ程いつも「足りない!」「足りない!」と

不足や不安や焦燥を感じてばかりいたのか。












200年以上も続いた「地の時代」は

昨年末に終わりを告げ、

新しい「風の時代」が、もう始まっています。

この春は 「風の時代・最初の春」 ですね。

ふわりと風に揺れるようなデザインや素材が人気なのも・・・ 

なるほどなるほど、わかるような気がします。




 ****************************************



「ない」の方にばかり注目し、不安になり、

埋め尽くすことを生きがいにし、

(人よりも)多く持ったぞ! → 幸せ!! 


という意識が「地の時代」の、古い価値観なら。



「ある」の方に意識が向き、安心し、

心の余裕や空間の余白に暮らしやすさを感じ、


軽やかに手放せたぞ! → 幸せ!!!!



まるで逆の価値観。 新しい時代の価値観。


風の時代の心地よさというのは・・・


断然にこちらのほう!という気がわたしはしています。











ふわりと、このビルケンシュトックを、

わたしはこの春、手放します。

これを履くようになったのは
お子が生まれた2000年ころからだったように思います。
抱っこしたまますぐに履くことのできる靴。

なんども 買い直しながら、
とくにこの「マドリッド」は5回は買い直したかな?
約20年間、何らかのビルケンを履き続けました。


嫌いになったこともない。

気に入らないこともない。


最後まで好きで、

最後の1足も十分に履いて、もう本当に大満足。



けれど次また買い直すのはもういいかな? と 


初めてそう感じた 2021・春。


50歳の、春。












このパンプスのおかげかもなのしれません。


この足元よりも








こちらの足元のほうが、









いまのわたしらしいですし、

いまのわたしの持ち物にも合いますし、好きです。



このパンプスは この通り、
もともとかかとをどうぞ踏んで下さいね、
というような構造、仕立てになっており・・・










かかとをこうすれば、

手を添えることなくすっと脱ぎ履きのできる・・・

今後ビルケンに成り代わる「玄関用つっかけ」にも。










久々に感じた

「もう1足買っておけばよかった!」という後悔の。


大・大・大後悔の靴、です。



 








昔のわたしの後悔といえば。

わたしのお買い物におけるおよそ大抵の後悔は。

「ああ、買わなければよかった!」
「また同じ失敗をしてしまった!!」(;_;)
「なんか全然似合ってない気がする!」
「1回も履く前からSALEになってる!」(;_;)
「この靴じゃなくてあの靴にすればよかった!」


そういう「あっち側」の後悔ばかりでしたから・・・







5月になれば、わたしは半年間くらい「素足の人」。 
素朴なビルケンを素足で履くことに対し、もう色々と足的に自信がない、というのも・・・
読者さまのあなたさまだけに打ち明ける、50歳の正直な気持ちです。


↓ 今年も大活躍の予定の「大満足」の帽子です。 AthenaNewYork「SHIHO」。



↓ オールブラックとグレーリボンは、ユナイテッドアローズだけの限定デザインなのだそう!






 **************************************



「もう1足買っておいたらよかった」。


同じ後悔でも「こっち側」の後悔はとても幸せですね。


そのくらい買ってよかった、

そのくらい気に入ってしまったがゆえの「後悔」。


幸せな後悔って、ああ、あるんだな ( ´▽`)


この後悔というのは、これはもはや「満足の仲間」だ。


後悔してるのはずなのに、

真逆であるはずの「大満足」と、

今、わたしの心が全く同じ状態にあることに 

静かに気づいてしまった・・・ 


2021・春の朝のできごとだったのでした。 









                                   おわり








今日もお読みくださって ありがとう。


↓ 「読んだよ」とポチッとしてくださったあなたの1日が・・・

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ
にほんブログ村

↓ 「裸足ビルケン自信なくなるのわかるよ」とポチッとしてくださったあなたの1日が・・・

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村


↓ お健やかな、穏やかな、

にほんブログ村 ファッションブログ 50代女性ファッションへ
にほんブログ村

微笑みいっぱいの佳き1日となりますように ( ´▽`)ノ





読者登録をしてくださっている1111名もの皆さま・・・

h + and ~  I want to throw away  ~ - にほんブログ村

なんて素敵な、記念すべき「ぞろ目」ヽ(;▽;)ノ

更新を楽しみにしてくださるお気持ちを、いつも本当にありがとうございます。






     ***  スーパーセール・すずひ買いまわり計画  ***


↓ こめびつ。お米の保存をもっと簡単にしてゆこうと思いたった50歳・春 ( ´▽`)



↓ この春リニューアルされるボタニストは絶対! ボトルも新しくなるようで楽しみ!





↓ 20% offクーポンをぬかることなく使って、包丁いらずの「海鮮丼」。 
 うにを少し残しておき「うにクリームパスタ」にするのが、わたしの密かな楽しみ ( ´▽`)



↓ うなぎは「うなぎの寝床」と決めています! SALE & クーポンでてる (*゚▽゚*)



↓ そしてからの定番「御ビール」 ( ´▽`)ビールきらきら




5のつく日に5つ買いまわって、おわりー ( ´▽`)















最終更新日  2021.03.05 19:24:18
2021.01.18
カテゴリ:捨て部
この冬は、いえ、この冬も。


ここから先はもう、

ずっとほとんどわたしは、

もうどこにも「素敵なお出かけ」をすることはないのだろう。











生活に関する用事で、近所のお店に、

ささっと出かけて、ささっと帰る。


わが県で暮らしてゆく以上。


2021年・春までは、ずっとそうなのだろう。




悲観しているのではなく。

少なくともこの冬いっぱいはそうなのだろうなと、

ただ、そう思うだけ。



初めてではないから、もうびっくりしないし、
覚悟していたから、がっかりもしないし、
仕方のないことに嘆いても仕方ないし、
大変な思いをされている方がたくさんある中、
怒りがわくなんてとんでもないし、

ああやはりこうなってしまったか。

ただ、そう思うだけ。










ここからの「究極的にどこへも行かない冬」。
この状況となってしまったからには、
ここから先の「冬の生活の服」として、
ニットは3枚も必要ないな、と思いました。

さしあたって、2枚あれば、わたしは十分だ。













この冬いっぱい着つくしてから、
3月になったら手放す予定でしたけれど。

どこへも出かけないのなら、今も3月も、もう同じです。


「気をつけながら、ちょっとはお出かけできるかな?」

という楽しみのある冬の暮らしなら

このまま春まで3枚持っていたかったですけれど・・・


そうでないなら、2枚あれば わたしには十分 ( ´▽`)



2019の秋から所有して。

とってもたくさん着た、ギャルリーヴィーのクルーネック。












昨年、新型ウイルスの騒動が始まるまでのお出かけの全ておいて、

このニットをうれしく着たことを覚えています。













好きだったコーディネートもスマホに残っています。









ちょっとお別れが繰り上がってしまいましたけれど、


とても満足しています。



 **************************************




さあ、査定額!!



わたし自身、とっても興味がありました。



28000円(税抜き)で購入して。

2019年・2020年(そして2021年も少々)

48歳の冬、49歳の冬をしっかり楽しんで。


わたしの(ものすごい)頻度で着用して、

家で洗って。


そうしたニットの、最終的な「価値」とは如何に。


わたしの思う「大好き!」とか
「まだ十分にいい状態でしょう?」とか
「28000円もしたよ!」(笑)とかいうのは

どこまでも わたしだけの主観ですからね ( ´▽`)


自分の服に関して、わたしは。
いつもどれも「わが子」を見るようで、
なかなか客観的になれないのです。


読者さまは、どのくらいだとご想像されますか?


1500円くらいかな?


いやいや800円くらいでしょ? と?  ( ´▽`)




 ****************************************




どこどこどこどこどこどこどこどこ・・・


発表します!!


じゃん!!!










もう、感動してしまった。


それがどうしたの、という話なのかもしれませんが、

わたしはいつも、最終的にここで「学ぶ」のです。

わたしの買い物が間違っていたのか、

それともそうでなかったのかを。



もうこういう買い方はよそう、と思うか、

よし!これからもこういうもの選びをしてゆこう!と思えるか。


ここは、本当に大切なところ。


 **************************************


購入して、手にしたとき、うれしくて。

初めて着た日、うれしくてうれしくて。

着る日はいつも楽しみで。

これを着ている自分のことがとても好きで。


きちんと洗って、春に一旦、片付けて。


次の冬に出してきたときも、うれしくて。(ここ大切!!)


1シーズン目とはまた違ったうれしさが、2シーズン目にはありました。


こなれた、体に馴染んだ感じで着られるのです。




とくに今シーズンは同じ色の型違いを買いましたから、








その「違い」が、とてもよくわかったのです。





Vネックは、まだそんなに馴染んでない。小慣れていない。 青く、若い(笑)








 ***************************************




この冬も、
2シーズン目のあなたをうれしく着て、
そして感謝して手放した。


そしたら3300円も戻ってきてくれた。


3300円追加で払っても惜しくないくらい、


本当に満足して手放したのに! (´;Д;`)



そしてこのニットには。

なんと「次の人生」がある。


ここで終わりではなく、経済をもう一度小さく動かす。


リユース、サスティナブル、限られた資源・・・


という考え方と同時に。


浪漫(ロマン)やストーリーさえ感じる。


あなたが次の持ち主さんと出会うことで始まる・・・


わたしの知らない「第二章」そして「第三章」。






 ***************************************



わたしにとっては、ここまでが、お買い物。


買ってすぐは、始まったばかり。


着ている間は、まだまだ途中経過。


さいごに手放すとき、その服の「真価」を知る。



ただの「ゴミ」になっちゃうのか。



そうではないのか、を。




 *************************************



このシリーズのニットをまた次回に買おうとするとき。


この経験は、わたしだけの「宝」です。


お買い物に、自信を持てるのです。


「買い物の自信」って・・・・ どんな自信?




これ買っても着るかな?(着ますよ!めっちゃ!)

これ家で洗っても大丈夫だろうか?(めっちゃ大丈夫よ!)

これ、すぐに飽きたりするかな?(飽きないよ!)

これ1シーズンでダメになっちゃうかな?(ならないよ!)

すごい毛玉になるかな?(そんなことないよ!)

着ていて疲れるニットかな?(軽くて快適だよ!)

家事、できるかな?(できるよ!めっちゃ!)

この型・・・わたしに似合うかな?(似合う!間違いない!)


そして。


2シーズン着て手放す時は・・・「ゴミ」(;_;)?


「違う!ゴミじゃない!」  (`・ω・´)







これが「買う前」にわかったらどんなにいいだろう、と。


わたしはずっと思っていたんですけれど。


ああ、初めからわかる方法は、あったんだな。








    ※ 2021 わたしの最新ワードローブ一覧の日記はこちらです →








わたしが買って。

わたしが着て、わたしが知る。

わたしのわかったことを 次に繋げてゆく。


失敗にも、だから同じくらいの価値がある。


だからこそ、


成功した時のうれしさは・・・本当に「人生の宝」!


今度買う時には、

どんな不確かな情報にすがることもなく、

自分を信じて、自信を持って買えるのですから。



こういう服の買い方が、わたしはしたかった。



できるようになりたかった。




少しずつ。 少しずつ。



できるようになっている気がします。




わたしの服は、「9着」になりました。








                                    おわり







今日もお読みくださって ありがとう。




↓ ニットの2段お布団が「1段」になってしまったクマに・・・ポチッとありがとう!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村


世の中が変わってしまって、できなくなってしまったこともあるけれど。

「手放し」や「片付け」は、どんな時も。 むしろこんな時こそできることの一つですね。

より現実的に。そして、他者を意識し過ぎることを手放した徹底的な「自分目線」で。

なんでもなかった時よりも、むしろ正確に向き合うことができるようになった気がします。





読者登録をしてくださっている1008名ものみなさま・・・いつもありがとう。

h + and ~  I want to throw away  ~ - にほんブログ村

あなたとあなたの大切な人が、今日も安全に、そしてお健やかにお過ごしになれますように りんご
















最終更新日  2021.01.18 17:58:20
2021.01.16
カテゴリ:捨て部
「本当に好きなこと」や、

「それをするとわたしの心は喜ぶよ!」

「これをしていると、とっても嬉しいよ!」


というような「何か」って・・・


どなたさまにも、きっとおありだと思います ( ´▽`)ノ







ゆっくり起きた日のブランチ。 大好きな「SURIPU」のキッシュです。




****************************************




けれども。


その「嬉しい!」をそのまま自分に与えることについては、


なぜかとても制限したり、躊躇したり、


やりたい気持ちを打ち消して やらなかったり、


逆にやりたくない気持ちを打ち消して やってしまったり。



「本心と行動を一致させられないでいる方」というのは、



自覚のある方、そうでない方も含めて・・・



とてもたくさんいらっしゃるのではないかな (;_;)


と、すずひは思うのです。









200℃ のオーブンで、じっくり焼きました。  ゆっくり過ごす休日の醍醐味です。




 **************************************




いらっしゃるのではないかな (;_;) と



すずひの顔が、泣いているのは。



「本心と行動を一致させられないでいること」



それがとても「苦しいこと」だと



知っているからです。







食べることのできる葉っぱの中で、わたしがいちばん好きなのは「ルッコラ」です。



 **************************************




自分の本心を大切にする。  ということ。


これを苦手とする大人は、多いです。


いい人ほど、上手に押し殺してしまう。


押し殺し上手(泣)


押すのも、殺すのも、もう、やめてゆきませんか?



自分の心を喜ばせるのが上手な・・・・


「押し殺し下手」の、「喜ばせ上手!!」を・・・


今日から目指してみませんか ( ´▽`)?













自分のことだと、なかなか難しいよ。

そんなことしていいんかな? と遠慮してしまう。



もしもそんな時は、


「自分にとって大切な人がどっちだったら嬉しいか」を、


ちょっと頑張って想像してみてください。





たとえば、お子さん。


あなたのお子さんが、
ご自分のことを好きで、
ちゃんと自分の良いところを知っていて、
自分自身を大切に思っていて、
自分を喜ばせることが上手だったなら。


反対に、ご自分のことを嫌っていたり、
誰か他の人を羨んでばかりいたり、
嫌なことを嫌だとも言えず、
いつも自分の気持ちを押し殺していたなら。


たとえば 人の言葉の通じない「わんこ」だって。


あなたのわんこが、とっても満足して暮らしていたら。

反対に、不満だらけで、
よそのわんこを羨やみ、ストレスにまみれていたなら。




その苦しみを取り除いてあげたい!って 思うでしょう?



うんと愛されていることを知ってほしい。

どうか 幸せに生きて欲しいって・・・



そう思うでしょう?




 *************************************




それを、「大切な自分」に、まずさせるんです。


お子さんも、わんこも大切だけれど、


一番大切なのは「あなた自身」なのだから。



あなたが満たされていないと、


誰を満たすこともできない。




 ***************************************




ちゃんと自分を満たしてゆく、という行動が。

ここのところ加速しています。



そうするとね、どんどん元気が出てきます。



済んだできごとに執着して、
今目の前にある幸せな時間を台無しにするような人生はもったいない。

あなたがあなたらしく生きることで、

もしも誰かから嫌われたなら、

それはもう、嫌われてしまった方がいいのです。

嫌われた方が幸せ、なのです。

無理に関わっても、辛い思いをするのはあなたです。



あなたらしく生きるあなたを 

そのままで大好きだと言ってくれる人は、必ずいます。




自分の心を、自分で。 守っていきましょう ( ´▽`)





 コロナ禍の悩みで人が苦しむ理由は、

 結局は「対人関係」であって、

 コロナが原因ではありません。





あるとき見かけたこの言葉に、ハッとしました。

新型ウイルスは、
わたしたちの暮らしに大きな影響を及ぼす、
確かに「脅威」ではあるけれど、

わたしたちは あまりにも、

今起こっていることの全ての不都合を、

「コロナ」のせいにし過ぎているところがあるのかもしれません。



できなくなってしまったこともあるけれど、


今できることも、たくさんありますものね。



受験生のみなさんは、まさに今、ご自分自身と戦っている。


コロナのせいにして逃げることをせず、


目標に向かって、自分の全てを懸けて、一生懸命だ。  













できないことよりも、できることを意識するだけで、


眼に映る景色は・・・ まるで違って見える。



のんびり、ゆったり過ごす、家族揃っての休日。


みんな揃って、10時近くまで寝ていました。


前日から準備していた「家族の不用品」を手放しました。



1円も使わない日に、


「5830円」もの収入があったことの幸せよ ヽ(;▽;)ノ


捨ててしまえば、この 5830円は「ゴミ」でした。



こんな休日が、とても楽しいです。


家で過ごすことがほとんどとなった毎日の中、


暮らしが整ってゆくことは、嬉しいこと。



あ!わたしの心・・・今、すごく喜んでる!! って。



ふっと気づいて・・・ うれしくなるのです。






                                    おわり








今日もお読みくださって ありがとう ( ´▽`)


ものがたくさんある頃は・・・「あ!わたしの心、またイラついてる!」って。

そんな気づきばかりのわたしでした。




↓ 自分を喜ばせるのは苦手だな、と思っておられるかもしれないあなたが・・・

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

今日もポチっとしてくださった 大切あなたが・・・

今この瞬間から「誰よりもあなたを喜ばせる達人」となってゆかれますように・・・!




読者登録をしてくださっている1005名もの皆さま・・・

h + and ~  I want to throw away  ~ - にほんブログ村

いつも更新を楽しみに待ってくださって、本当にありがとう  ( ´▽`)ノ りんご


















最終更新日  2021.01.17 11:16:21
2021.01.15
カテゴリ:捨て部
「新旧交代」の儀、でございます。









そう。

総入れ替えしたのは「ハンガー」です。


2015年のことでした。


「旧」のハンガーを買い揃えたのは。









6年ほど使ったIKEAの木製ハンガーは、
こんな風になりました。

数が少ないことで傷みが加速してしまうのは、
服も、ハンガーも、同じなのですね。

ハンガーの方が、むしろ、
服よりももっと「休みなく」、
365日24時間、働き続けていたんだな。









12月の初めころのことです。
いつも通りにワンピースをかけたところ、
「がりっ」っていう嫌な手応えが。
ハンガーの角っこが、
繊維にひっかかってしまう事件がありました。

繊細な薄い生地のワンピースだったなら、
がっつり裂けてしまっていたかもしれません。


「ひ!」 と小さく悲鳴をあげ、

おそるおそる患部を確認すると・・・

幸いなことに、その時は無事だったのでした ヽ(;▽;)ノ



ああ、けれどもうこれは。

積もり積もった「傷みの証」なのだわ。

買い替えサインの「お知らせ」なのだわ。

すずひは悟ったのでした。



 *********************************



「優しい人が怒るとき」というのに、

これはとても似ていますね。

日ごろ優しい人が怒るときも、

「積もり積もったこと」があるとき、なのです。

温厚で優しい人というのは、
通常、怒るまでの我慢の期間が
一般的な人よりもうんと長いことが特徴ですね。

1回や2回どころではなく
ずっと我慢してくれていたことにいつまでも気がつかないでいると、
ある日「我慢の限界に達しました」という形で、
その関係は、突然終わってしまうこともある。

優しい人は、
「もう楽になりたい」という一心で、
そっと離れてゆきますから。

もっと我慢できたんじゃないか、と、
そんな自分を、それでもなおも深く責めながら。


ずっと我慢してくれているのを、
ふつうの態度なのだと勘違いして、
そのことに気がつかなかった人が
「急に怒った!」とか「裏切られた!」と言うことがあるけれど、
そもそも真心を裏切っていたのはどちらなのか、という・・・


これはゲッターズ飯田さんのお言葉だったかな?

「優しい人が怒るとき」というタイトルのお話で。


「今の気持ちにぴったりです。」


「ありがとうございます。心が楽になりました。」



そこに寄せられた反響コメント(優しい人たちの心の叫び)もとても印象的で・・・

何年も前にされたお話だと思うのですが、

わたし、今もずっと覚えているのです。




 *************************************





Beforeです。


【 Before 】








さあ、総入れ替えですよ!! afterです!!



【 after 】








 **************************************



ハンガーが「お知らせ程度」ではなく

本当の牙を剥く前に。

服がずっと我慢していたことにもちゃんと気づかなくちゃ。


服が大切で、大好きなのに。


どうしてもっと早く、
「限界」が近づいていることに
気づけなかったのか。


ある日突然「服が破れたー!!」「何!!このハンガー!!」とわたしが怒るとすれば、


悪いのは「服」でも「ハンガー」でもなく。


ずっと気づかなかった この「わたし」なのです。




【Before】





ハンガーが角ばっているため、服にも跡がつきました。
黒い服の場合は、そこだけ白く色抜けしてしまうことも。


【after】





まるで人体のような優しい丸みです。 安心してかけておくことができますよ ヽ(;▽;)ノ



 ***************************************



取り返しのつかないような大事故が起こる前には、

必ずこういう「ひやっ」とするような、

ひやっとしたけど、ああ無事だった・・・というような

「小さなひやり」が起こっているのです。

神さまは、いきなりひどい目に遭わせたりはなさらないのです。


この「小さなお知らせ」を、だから無視してはいけない。


これに気づき「善処」することで。


わたしたちは、自分の未来に起こることを変えることができる。



幸せな人生というのは、多くの場合、



自分の「気づき」で守ることができるのです。







滑らないハンガーだから、ニットも伸びにくい。Vネックもこの通り。広がったりしません。



 *************************************



いったいなんの話なのだ! 

といわれたら「ハンガー」の話、なのです。

何十本も買うのではなく「10本買うだけ」の話です。

ずいぶんと壮大な、

ついには人生の話にまでなってしまいました(笑)


すぐに買い替えなければ!と思うわたしと、
慌てて選んで失敗や後悔をしたくないわたしとが、
年をまたいでしまってもなお、せめぎ合い、
なかなか決断できなくて。

この1ヶ月は、
ものすごく細心の注意を払いながら、
すごい緊張しながら、
「旧のハンガー」に服をかけていました(哀)


年をまたいでしまったのには、理由があります。


「色」に悩んだのです。


ものを一気に減らした直後には
「買い替えの時期」というのがどなたさまにも恐らくあって、

「どうでもいい気持ちで買ったもの」や「変なもの」を手放し、
「本当に長く使えるお気に入りに買い直す」という・・・

これは、捨てが一段落したあとの、
本当に好きなものに囲まれて暮らせるようになるまでの
「通過儀礼」とでも申しましょうか、

多くの方がご経験なさる、わくわく嬉しくも・・・

いえ、実際には「迷い」と「葛藤」と「出費(笑)」とで、


たいそう苦しく胃が痛むような・・・あの時期。



その頃のわたしといえば、

いつも「白」か「黒」かで悩みました。

たとえば今も玄関に置いてるこのバケツもそう。










これは悩みに悩んで「白」にして正解だったのですが、

もしも「黒」を買ってしまっていれば、

きっと「白」に買い直すことになっていただろうと思うのです。


そういう失敗を避けたいから。


だから悩む!!!!!



この3色に、頭が痛くなるくらい悩んだ (;_;)!!!


「白」「黒」「シルバー」から選ばせるって・・・


この課題、あまりにも厳しすぎやしませんか(;_;)? 








白もいい。 
バケツの経験からすれば、断然「白」だ。
だがしかし今回はバケツにあらずハンガーだ。

いや待て、シルバーも捨てがたいぞ。
おとーさんのスラックスハンガーはシルバーだ。
そこに揃えてゆくことこそ最善ではないのか。

いいや、待て待て。

黒のハンガーにわたしは6年も飽きなかったよね?










「白い服が黒のハンガーにかかった様子」が・・・

わたしは今も、とても好きだよね (;_;)



 ****************************************




更に特筆すべきは「パンツ」です。パンツのウエストが、こうして「ぴたっ」と止まるの!





だから「ボトムス専用」のクリップ式のハンガーが不要なの。 なんと素晴らしきこと!!



 ****************************************



ああああああー(;_;)決められないー  と、


1ヶ月近く、頭を抱えておりましたが、

「リピートではない何か」を総入れ替えするのだから

悩むのも無理はありません。




「黒」にしました。










飽きなかったこと。

ずっと好きだったこと。

木の端っこがギザギザになってさえしまわなければ、
わたしはずっとあのまま、
「黒いハンガー」を使ったことでしょう。


どんな情報よりも、

わたしの「好き」を、このまま信じてみよう。












とても好きな景色が、ここに守られました。


白は「綺麗なまっ白」だから、
わたしのラックや古い住まいでは、
白さが浮いてしまったかもしれません。

シルバーも良かったけれど、
ちょっと自信が持てなかった。
おとーさんのスラックスハンガーでシミュレートしてみても、
どうもピンとこなかったのです。


ああ「黒」にして、よかった。










頭が痛くなるほど悩んだ「総入れ替え」でした。


なぜか延びて、年をまたいでしまって、
1月の半ばになってしまったことにも、
何か大きな意味があるように感じています。


ちょうどこの日は「やぎ座の新月」。


山羊座の新月は、自己管理能力を高めてくれる力もあるのだそう。

居場所を再構築したり、
良い方向へと気持ちを切り替えてゆくのに、
もってこいのタイミングなのだとか。

自分を律することは美しい、というイメージを持つことが、
この新月のパワーを上手に活用する秘訣なのだそうです。


これまでの価値観がガラリと変わってしまった2020。


そして今、また一層の厳しい状況とわたしたちは向き合っています。


何を守るべきかをそれぞれに考えながら、


不安な毎日を、みんな、精一杯に。


誰もが ひたむきに、生きている。




 **************************************



やぎ座は、
高い目標や妥協のない夢を掲げて
それをやり遂げる粘り強さを持った星座です。

わたしが知っている「やぎ座」の人は、
男性も、女性も、確かにそういう人ばかり。

とても物静かに見えるのに、
難しそうな目標をちゃんと叶えてゆくのです。

もの凄く芯の強い、静かなのにパワフルな人たち。


そんな「やぎ座新月」のお力を借りて。


そして新旧入れ替えの「ラッキー・アクション」で。


この厳しい冬を、みんなで、もう一度。


いいえ、何度だって。


ああ、力を合わせて乗り越えてゆけたならいいなあ。







                                    おわり








今日もお読みくださって ありがとう。

いよいよ受験シーズン本番ですね。

頑張ってこられた受験生のみなさんが、ご自分を信じ、持てる力の全てを発揮できますように! 



↓ ラッキーアクション「総入れ替え」!「開運祈願!」のポチッと、ありがとう!
      
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

ポチッとしてくださったあなたのお幸せが、この瞬間からぐんぐん加速して・・・

うれしいことや、望んでいた変化や「叶った!」が・・・怒涛のように押し寄せますように!






読者登録をしてくださっている1004名もの皆さま・・・いつもありがとう。

h + and ~  I want to throw away  ~ - にほんブログ村

大切なあなたと、あなたの大切な人が・・・

どうぞ今日も安全で、そしてお健やかであられますよう・・・ マラソンきらきら















最終更新日  2021.01.15 21:44:11
2020.12.11
カテゴリ:捨て部
昨年までは。

わたしは「ルームブーツ」の愛好家でした。

朝起きて、スポンとはけるブーツが好きでした。

このソックスと出会うまでは。











「ルームソックス」ともまた違う。

このまま靴(スニーカー・ビルケン・長靴)を履ける。

そのまま外へ出られる。






つま先とかかとに施されたアクセントが、このワンピースにまことにぴったり!うれしい!



****************************************



室内で履いていた何かを、ベランダに出るたびに脱ぐ。

また玄関の手前で脱ぐ。そしてまた履く。

という行為の全てから、解放されました。





黒い格好の日には、こちらのカラーを。くしゅっとさせられる「丈感」がとても良いのです。



 *************************************



わたしという人間は、1日の中で。


「ものすごく頻繁にベランダに出るライフスタイル」の持ち主、です。


このソックスと入れ替わりに、
「室内履き的」なものを捨てたい!!という期待は、
このソックスには申し訳ないのだが、
当初は露ほどもなかったのです。

「ルームブーツ+このソックス」の。

いわば「あったか2段構え」で暮らすつもりでいました。












ところが、このソックスの「床着き感」のなさ。

あたたかさ。

見えていても大丈夫な可愛さ。


次第にわたしは。

知らないうちに「ルームブーツ」を必要としなくなったのでした。

そこにあっても履かなくなったのでした。 

これが去年の、2019年の冬のこと。


ルームブーツを「冬の途中」に捨てました。


そして、今年は 買いませんでした。








立ち方、大失敗(笑)ソックスの全貌をとらえて撮ることの難しさ&ちゃんと履けてない(笑々)




 ***************************************



その日履いたものを、毎日洗う。


靴下なのだからあたりまえなことなのですが、

ルームブーツではそれができなかった。

そのことが、だから、とても心地良いのです。



心地よいかどうか。



その気持ちを大切にできた、2020年の冬。







立ち方、成功!! 「つま先」だけでも十分に伝わる可愛さだったのでした。



 ****************************************



以前のわたしなら、このソックス4足分の価格と
ルームブーツの価格をすかさず比較し、


「どっちが経済的か」


つまり「どっちが安いか」を

最・最・最優先したのだと思います。


それがわたしの「善」でしたから。


それをしたために失敗してきた買い物が、どれほど。


これまでどれほどあったというの (´;Д;`) !!


何故それを忘れてしまうの、わたし (´;Д;`) !!












必要な数を揃え、このソックスを毎朝うれしく履く。



毎日のパジャマに合わせたこのカラーだけは、


だから「洗い替え」で2足用意しました。















ここをケチると、
途端に暮らしは「不便」になるのです。



そういうことも、忘れないようになりました。


朝の冷えたキッチンの床も、全く気にならない。

足音もしない。

わたしは外で履くものの靴音が好きですが・・・

室内ではなるだけ「忍びの者」のように、

無音で移動したいところがあります(笑)


それも、叶います。


かかともつるつるになるのですから、


春夏に向けて、

何らかのかかと対策を別途考える必要もなくなりました。



「かかとの心配」を、同時に捨てることができました。












わたしは1日何回くらいベランダに出るのか。

ある日、数えてみたことがあるのです。



朝だけで、5〜6回。

午後、夕方に3〜4回。

夜に2回。

お風呂のあとにも1回。


10回以上も出てるんですね。


「出る」ということは「入る」わけですから、

ルームブーツを、脱いで、履いて、脱いで、履いて、の動作を。

少なくとも日に20回以上。

玄関での出入りを合わせたなら

もっとそれ以上、
せっせと「脱ぎ履き」していたことになります。


若い頃は平気だったそういう些細なことが、

本当にしんどく、負担に感じるようになりました。


ルームブーツの「滑り止め」が効きすぎてつんのめったり

行きはベランダの手前で慌てて脱ぎ損なったり、
帰りは脱いだブーツに蹴躓いたりして、
危うく転けそうになることも手放せたのだもの。


ああ、これが1番大きなことかも。


心地よくあり、同時に「安全だ」ということ。






そのまま「長靴」が履ける。これが地味にうれしい!厚すぎるルームソックスでは無理でした。



 ****************************************




去年買って、とても良かったから、今年も買いました。



今年買ってみて良かったから、きっと来年も買おう。


そんな「定番」。 それが「定番」。


これからもよろしくね、わたしの「定番」。



このソックスの本領発揮は、まさにここからです。


越冬し、春を迎え、さよならする時。


その時の、

我がかかとの「うるうる」であることの、あの感動。

冷えとは無縁の、
ただ心地よい冬をわたしは過ごしただけなのに。


なんのお手入れもしなかったのに!


あの春の日の感動を ああ、もう一度!!!













桜満開の美しい景色と。 


そして「かかとの春」をも心待ちにしてしまう・・・


そんな「身も心もうれしいソックス」なのです。







                                  おわり






今日もお読みくださって ありがとう。


↓ いつもポチッとしてくださってありがとう!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

来週からは一気に冬将軍の到来だと聞きました。

どうぞ暖かくして、お健やかにお過ごしくださいね。 どうかみんな、元気でいてね。 




読者登録をしてくださっている957名もの皆さま・・・本当にありがとう。

h + and ~  I want to throw away  ~ - にほんブログ村

今日も、書けたよー ( ´▽`)ノ りんご



















最終更新日  2020.12.11 23:57:34
2020.12.10
カテゴリ:捨て部
Wham! の。


「Last Christmas」を聴きながらの全出しだったのです。


昨日の「押し入れ全出し」のお話の続き、です。


ホリデーの掃除っていいなあ、って思いました。





やる気のある日は朝食からして違った!卵はLサイズ2個!フリルレタスも大・大・大増量!!



 **************************************



去年までのわたしは。


わたしの暮らしが、
もはや大掃除を必要としない暮らしとなったことを、
ことさら声高に、ここでお話ししたかったのです。

わたしにとって、
それがまだ特別なことであり、
とても「スペシャルなこと」と感じていたから。


いいえ、それだけじゃなくて。


心の奥底では。


やっぱりそれを「自慢」したかったのかもしれません。


ああ、ダメですね (;_;)







途中こんなことをしてばかりの、とっても楽しい「押し入れ掃除」だったのでした ( ´▽`)ノ



 ****************************************



追い立てられるような「師走」の雰囲気が嫌いで、
12月は何故これほどまであっという間に過ぎるのだ。
大掃除なんて大嫌いだし、
他の月と時間の流れ方が明らかに違う! 

時空が歪んでいるのでは!? 

人類への嫌がらせ!?などと感じていましたが、

そんなことはなかったのだ、と、今は、わかります。

12月の時間は、間違いなく他の月と同じように流れているし、
去年と今年のわたしに至っては、
他の月よりもむしろ、
ゆったりとすごせているかもしれません。



わたしは、いま。「12月」を、とても好きだ。



去年よりも、好きだ。







去年買った時のスノーボールと、とっても可愛いオーナメント。 今年もまた食べたいな。







去年の年末には、美容院へ行ったり、
そうだ!「味噌おでん」にも行けたんだったなあ。
夢が叶って 涙が出そうだったなあ ( ´▽`)


もう1年も前のことなのですね。

きーんと冷えた黒ラベルと、甘辛いおでんのお味。

夜にしかない12月の街の雰囲気。

嬉しかった気持ち。 

今もはっきりと思い出すことができます。






マスクは「紙袋」に入れてリビングの納戸に移動しました。押し入れよりもあっちだな、と。



 ***************************************



お掃除は。


あまりにも一気に片付けようとすると、
疲れるどころでは済まされず、
ややもすれば、人は寝込んでしまいます。

年末に、
そんな思いをするのはつらいのに、

嫌だー、嫌だー、と言いながら、

46歳頃まで、わたしは。

それらしきこと、

大掃除らしきことを頑張ってきてしまいました。

実際に、寝込んだ年もありました。












それをしなくても大丈夫になったのは、

いつもきれいであることが「ふつう」になったから。

「いつもきれいにしておく」ことなど
生きた人間が生活しているのだから不可能だ!

大掃除よりもはるかに大変なことなのだ!! と。


長い間、わたしはずっとそう思っていたのです。


本当は、逆でした。



その真実を身を以て知ったことで。

ひとつ階段を。 

人生の「質」のステージを。

わたしは上がれたような気がしています。


自分で自分を、またひとつ幸せにできた、ということ。




 ***************************************



Wham! の「Last Christmas」をBGMに。

途中紅茶をいただきながら、
「押し入れのクリスマス」なども楽しみながら、
まるでお遊びみたいな「大掃除」。

つまりは、めっちゃ楽しかったのです。

苦行だったはずの大掃除なのに。

クリスマス掃除、っていいかも!って思いました。

「お家でパーティー」のその少し前のあたりで。

家族で掃除する期間にしちゃうと
ここからの年末、
大晦日あたり、とてもゆっくりできるのかもしれません。


小さなお子なら「良い子にしてると」ではなく、

「お掃除してるとサンタさんは来てくれるんだよ」

の設定にしてしまうとか、ね(笑)



 ***************************************



さあ、すずひの「クリスマス大掃除」。

一体どのくらいのゴミが出たのでしょう。


ゴミ清掃員芸人の滝沢秀一さんのおっしゃるところの

「一般的な家庭」のゴミの量なのか。

お金持ちの「梅」「竹」「松」なのか。

はたまた最上級の富豪「SS」なのか(笑)!?!?





すずひ家の「大掃除」のゴミは、これだけでした。










「ゴミ」なのですけれど、
このたび我が家の押し入れから排出されたのは
ここに入るだけの「紙の資源」だけ、でした。









我が家の押し入れからは、

「なんでこれにお金を払ったのだろう」というモノは。

今年、1個も排出されなかったのです。



 ***************************************


1個もないとなると、
せっかくこれだけのことをしたのに それはそれで淋しくて、
ここ1年使うことのなかった
この「付録」の保冷バッグを
この機会に、ついに手放すことにしました。









これは、とても良い付録でした。

今日でさよなら。 

2020年大掃除記念の「1捨」は、あなたです。

5年くらい使えたあなたは、栄えある付録大賞です。


 *************************************



「なんでこれにお金を払ってしまったのだろう」


そう思ってしまうものが1個もない暮らし。

一生叶うわけないと思っていました。

ああ、叶っているんだなあ。





このバッグがあれば、付録バッグはもうなくても大丈夫。この掃除のおかげで気づけました。



 *************************************



I’ll give it to someone・・・

I’ll give it to someone special 〜


Wham! の「Last Christmas」は
大好きなクリスマスソングです。

すずひが唯一、
英語でフルコーラス歌唱可能な曲でもあります(笑)

クリスマス掃除に目覚めた 2020年の冬。


11月にやる気が起こらなかったのは、

この楽しさに気づくための伏線だったのかもしれません。


 **************************************




発信のむずかしさは。


「わたしは〇〇しています!」と発信する場合も、

「わたしは〇〇をしません!」と発信する場合も、


逆のお立場にある方の暮らし方や考え方を、
どこか否定・批判しているかのようなニュアンスを
どうしても孕んでしまうところにあるのかもしれません。


大掃除しています!といえば、していないどなたかを。

大掃除はしません! といえば しなければならないどなたかを。


そんなつもりはなかった、とどれほどこちらが思っても、

書き手がどういう気持ちで発信したかを、

読み手さんは、必ず敏感に、

行間に潜む何かを。

そこに隠された「何か」を感じ取るのだと思います。



発信者ができることは、だから。


わたしがわたしの力で唯一できることは、だから。



「やさしい気持ち」で発信をすること。




やさしい気持ちで発信をする。


これは簡単なようでいて、とても難しいこと。


そして何より大切なこと。


どなたさまに対しても。 



そして、もちろん、「自分自身」に対しても。






 ***************************************



去年までのわたしは。


わたしの暮らしが、
もはや大掃除を必要としない暮らしとなったことを、
ことさら声高に、ここでお話ししたかったのです。


そんなわたしを、今日「1捨」しよう。


なかなか手ごわい1捨でした。




ふだん人さまにお見せすることのない「押し入れ」は、

いわば住まいの「臓器」であり、「本心」です。



押し入れを掃除したぞ!と思っていたけれど。


この日夢中で掃除をしたのは「押し入れ」ではなくて。


「心の中」 だったのかもしれません。



今、わたしは、こんなに清々しい気持ちなのですから。



ああ、きっと。  そうだったのですね ( ´▽`)





                                     おわり






今日もお読みくださって ありがとう。




↓ ポチッとしてくださったあなたの「2020年12月」が・・・

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

こんなに大変だった1年の。「2020年」の年末です。
今もなお、ふたたび不安を増すようなニュースばかりの毎日です。
去年の冬よりもご自分のことを大切にできるような・・・
どうぞ そんな「新しい12月」「やさしい12月」でありますように。






読者登録をして更新を待ってくださっている955名もの皆さま・・・ありがとう!

h + and ~  I want to throw away  ~ - にほんブログ村

今日も、書けたよー ( ´▽`)ノ 食パン







* さあ、お正月準備! 気になっている「お飾り」と「お箸」です。 






祝い松 箸包み 3膳入



↓ そして、蟹。

















最終更新日  2020.12.11 08:08:06

全75件 (75件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 8 >


© Rakuten Group, Inc.