1851186 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

あすなろ日記

あすなろ日記

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

プロフィール

あみりん9129

あみりん9129

フリーページ

小説部屋


黒執事部屋


黒執事小説『猫化』


黒執事小説『鳥籠』


黒執事小説『鳥籠エピローグ』


黒執事小説『滔滔』


黒執事小説『仔犬』


黒執事小説『月の魔女』


黒執事小説『猫耳』


黒執事小説『鳥籠アナザーストーリー』


黒執事小説『貧救院』


黒執事小説『夢幻の森』


裏切りは僕の名前を知っている部屋


裏僕小説『贖い』


裏僕小説『星空』


ガンダムOO 部屋


ガンダムOO 小説 『ハロ』


ガンダムOO 小説 『刹那』


咎狗の血 部屋


咎狗の血小説『罪人』


咎狗の血小説『絶望』


秘密部屋


秘密小説『告白』1~3


秘密小説『お見舞い』


秘密小説『疑惑』1


秘密小説『疑惑』2


秘密小説『疑惑』3


秘密小説『方舟』


べるぜバブ部屋


べるぜバブ小説『花見』


べるぜバブ小説『嫉妬』


青の祓魔師部屋


青の祓魔師小説『碧い泉』


オリジナルBL小説「落日」部屋


オリジナルBL小説「落日」(第1部)


オリジナルBL小説「落日」(第2部)


オリジナルBL小説「落日」(第3部)


オリジナルBL小説「落日」(第4部)


オリジナルBL小説「落日」(第5部)


進撃の巨人部屋


進撃の巨人小説『しつけ』


進撃の巨人小説『過去』


HUNTER×HUNTER部屋


HUNTER×HUNTER小説『友情×愛情×恋情』


HUNTER×HUNTER小説『愛欲×執着×盲愛』


ハイキュー部屋


ハイキュー小説『砕け散った王様』


ハイキュー小説『大王様の憂鬱』


ハイキュー小説『大王様の憂鬱2』


カテゴリ

カレンダー

サイド自由欄

バックナンバー

お気に入りブログ

つい読み耽ってしま… New! あくびネコさん

目指せ58Kgキープ!!… New! 久住咲夜さん

ピュアポテト モッツ… 千菊丸2151さん

★口腔外科には行けな… RESTIA YUMI(由美)さん

「黒執事」34巻 … らいち♪♪さん

コメント新着

あみりん9129@ コメントありがとうございます。 千菊丸2151さんへ 母の日にピッタリのお…
千菊丸2151@ Re:6位&8位&母の日のプレゼント(05/12) お久しぶりです、可愛いクッキーですね。
あみりん9129@ コメントありがとうございます。 千菊丸2151さんへ ありがとうございます…
あみりん9129@ コメントありがとうございます。 千菊丸2151さんへ 去年プレミアフロアに…
2024年04月16日
XML
BLの苦手な方は読まないでください。

18禁です。

あくまで二次創作ですから苦情は受け付けません。

何卒お許しくださいませ。



手書きハート   手書きハート   手書きハート   手書きハート   手書きハート   手書きハート



「日向さん!」

「タケシ!」

僕と日向さんがお互いにハグしようとした時、若島津さんに日向さんは捕まり、

押し倒された。

「させませんよ。」

若島津さんは怒ったような顔で笑っていた。目が怖かった。

「もう入れていいですか?」

と若島津さんは聞くと、日向さんの返事も待たずに、ローションを垂らして、挿入した。

「あっ。い、痛っ。あっ。ああ。」

日向さんが苦悶の表情を浮かべている。

「痛いですか?気持ち良くなるまで動かないでいてあげますよ。

動いて欲しくなったら言って下さい。」

若島津さんはそう言うと、挿入したまま日向さんのものを握って、手を動かした。

そして、首や耳を舐めた。

「あっ。」

日向さんが気持ち良くなるまでの時間は意外と早かった。

やはり日向さんは感じやすいんだなと思った。

「動いて欲しいですか?動きますよ。」

若島津さんはゆっくりと腰を動かし始めた。

「あっ。あっ。ああ。」

若島津さんが腰を動かして日向さんを突く度に日向さんは声を上げた。

快楽に溺れる日向さんは美しかった。しばらく僕は日向さんに見惚れていると、

僕も交わりたくなって…でも、参加したら若島津さんに怒られるから、

はしたないとは思いつつ、手で僕は自分を慰めた。人前でした事なんか

今まで一度もなかったのに…ほんの少し触るつもりが止まらなくなって、

大胆に手を動かしてしまっている。僕の息は荒く、思わず、

「あっ。」

と声が出てしまった。すると、日向さんが僕に気付いて、僕を見た。

日向さんは少々驚いた顔で、ガン見している。恥ずかしい。でも、やめられない。

「タケシが辛そうだ。」

日向さんはそう言うと、僕に手を伸ばした。

                         (続く)





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2024年04月21日 15時50分42秒
コメント(2) | コメントを書く
[「キャプテン翼」小説] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:キャプテン翼「僕のお嫁さん」第11話(04/16)   千菊丸2151 さん
タケシ、辛そうですね。
さぁ、日向君はどうするのか? (2024年04月16日 20時38分50秒)

コメントありがとうございます。   あみりん9129 さん
千菊丸2151さんへ

「僕のお嫁さん」の日向くんはかなりビッチな子ですが、

どうなるんでしょうね。 (2024年04月17日 20時58分53秒)


© Rakuten Group, Inc.