8415048 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

玩具道楽・・・三昧

全238件 (238件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 24 >

GUN具(その他)

2021.10.01
XML
テーマ:GUNの世界(3044)
カテゴリ:GUN具(その他)
岸田内閣は若干期待してたんですけど、あそこまで2Aの影響が強いんじゃ期待薄ですね。
どうせまた重要なことは先送りにするんだし。
だったら高市さんで右に振り切ってくれた方が、次に反動が来る分マシだったかな。

さて今回は、先日発行されたHOBBY JAPAN MOOK「自衛隊の銃器」です。



内容は最新の「20式小銃」から始まり「89式」「64式」の歴代主力小銃に始まり、拳銃では同じく最新の「H&K SFP9」、「SIG SAUER P220」、試作モデルの「ニューナンブ M57A1」をそれぞれ紹介。

機関銃では5.56mm口径の「MINIMi」と7.62mm口径の「74式車載機関銃」、既に退役した「62式機関銃」がそれぞれ解説されています。他にも「9mm機関拳銃」、「M24SWS」「M24A2 SWS」狙撃銃といった現用小火器が取り上げられています。

掲載モデルを小火器(拳銃、SMG、小銃、軽機関銃)に絞ったことで総花的になりやすい内容を、各モデルごとに開発背景や運用面、実射についてそれぞれ深掘りしています。掲載写真も豊富でディテールがはっきりした、分かりやすいものが多い印象です。

自衛隊関連の書籍というと、関係者寄りの全肯定的な方向に寄りすぎたり、逆に各国と比較した否定的な内容に寄りすぎたりするものが多い印象がありますが、今回は開発背景や性能面の評価と運用面での欠点や今後の課題等を、バランス良く中立的に解説しています。

見所はやっぱり最新の「20式小銃」についての記事でしょうね。推論部分も多いですが、細部や絵クセサリー運用等を含め納得しやすい内容になっています。他にも64式小銃になる前の試作小銃についての記事も興味深かったです。

過去に「月刊 GUN Professionals」に掲載された記事を元にした内容もありますが、自衛隊の現用小火器を分かりやすく一冊にまとめたところは評価できます。HOBBY JAPAN MOOKシリーズは当たり外れが多いのですが、今回は当たりの方ですね。

今日はここまで!!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記


ミリタリーランキング




アームズマガジンエクストラ 自衛隊の銃器


自衛隊の銃器 アームズマガジンエクストラ 戦後国産黎明期の試作銃から最新鋭20式小銃まで【3000円以上送料無料】


自衛隊の銃器 アームズマガジンエクストラ 戦後国産黎明期の試作銃から最新鋭20式小銃まで






最終更新日  2021.10.01 19:31:46
コメント(0) | コメントを書く


2021.07.09
テーマ:GUNの世界(3044)
カテゴリ:GUN具(その他)
またまた緊急事態宣言です。
4度目の上に蔓延防止措置とテレコで続いてるんだから、マンネリ化して誰も深刻には受け止めないでしょう。イソップ童話の「狼少年」みたいな感じで、保証も無くお願いだけされてもね。
飲食業に携わってる方は、本当にお気の毒です。

さて今回は今年3回目の大散財についてです。前回の大散財から一月弱しか経っていないのが恐ろしいw



大散財の原因は、マルシン製「ベレッタM9A1HW」と「エンフィールドMK2 タンカー HW」の2挺です。これも予約していた商品でしたけど、発売予定がズレまくるマルシン製品が重なるとは完全に予想外でした。



調べてみたらマルシン製モデルガンを購入するのは2011年のギガマキシウェイト以来10年ぶり。M9A1はフレーム、MK2タンカーはバレルをそれぞれ新規に製作しているので、バリエとは言えモデルガンの新製品ということになります。

マルシンがモデルガンの新製品を出したのは、2009年のワルサーPPK以来ですね。この時もフレームのみ新規でしたけど、後から戦前型スライドも作ってました。新製品が出ないと、モデルガンは中々新品では買わなくなってきたのが良く分かります。



まだ箱出しで少し手に取った程度ですが、M9A1はマガジンが改良された?感じでスライドストップレバーとの変な干渉も無くなっています。MK2タンカーも金型に手を入れたのか仕上げも悪くありませんし、カートも新型になっています。両者とも組み立て精度が良さそうなのも良いですね。

今までのマルシンのモデルガンにあった、過去のモデルを無理矢理使い回している感が無くなったのは良い傾向です。取りあえず第一印象ですけど、今回は最近のマルシンのエアガンにありがちな、悪い印象は無いですね。

今日はここまで!!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記


ミリタリーランキング




マルシン PFC ブローバック 完成品 M9A1 ヘビーウェイト モデルガン 4920136013759


マルシン M9A1 HW 発火モデルガン組み立てキット MA2746


マルシン エンフィールド No.2 Mk1 タンカー 木グリ ABS マットブラック(発火式 モデルガン 完成 リボルバー) /Enfield 中折れ式 Tanker


あす楽対応/マルシン エンフィールド タンカー No.2 Mk1 BKHW(ブラックHW) プラグリップ仕様 モデルガン組立キット


【マルシン】【カートリッジ】モデルガン エンフィールド No.2 Mk1用 6発セット【Marushin スペア ミリタリー 銃 ガン】






最終更新日  2021.07.09 23:42:31
コメント(11) | コメントを書く
2021.06.15
テーマ:GUNの世界(3044)
カテゴリ:GUN具(その他)
東京五輪は強行開催するみたいだけど、根本的な問題は以下の3点(1)ワクチン接種の遅れ(2)抗原検査を含む最新の検査手法導入の遅れ(3)1年以上経っても、そのまんまの医療体制。(1)に関しては完全に官邸の責任だけど、(2)(3)に関しては厚労省と日本医師会の責任だね。

その誤りを認めないで飲食業や国民だけに自粛を押しつけたって、誰も納得しないよね。

さて今回は今年2回目の大散財、今月の購入モデルの紹介です。



発売されるのは分かってましたが、「タナカ S&W M13」が発売されて一週間も経たずに「HWS ナガン M1895」が発売されるとは。両方とも予約していたモノだから自分に責任があるのは当然ですけど、一度に来ると中々の出費です。

モデルガンの場合は昔と違って発売されたときに手に入れないと、いつ再生産があるか分からないのが辛いですね。




パッケージを見ても「タナカ」「HWS」それぞれのメーカー(ブランド)カラーが反映されたデザインになっているのが良いですね。コスト削減でも無地パッケージにシール対応だけだと、悲しくなります。

まだ箱出しで、手に取って動かしてみた程度ですが「S&W M13」のバランスの良さとアクションの安定度は流石。ステンレスジュピターのM65が出たら絶対買っちゃいますね。

「ナガン M1895」は最新設計のモデルだけあって、表面や金属パーツの仕上げが良いですね。アクションは多少重いですけど、動かしている撃ちにスムーズになりそうな感じ。何よりもシリンダーのノッチ通いですね。



FBI採用のモダンリボルバーと帝政ロシア軍採用のリボルバー。この2挺の間には約80年程の年月の差があります。以前からよく知っているモデルの最新版と、初めて立体模型になったモデル。どちらも違う魅力が満載です。

好みのモデルガンが発売されるだけでも(しかも2挺同時に)喜ぶべきなのでしょうねw

今日はここまで!!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記


ミリタリーランキング




HWS ビンテージモデルガン ナガンM1895 ヘビーウエイト ロシア帝国制式リボルバー3%オフクーポン


HWS 完成品 発火モデルガン ナガン M1895 ヘビーウエイト


ナガン M1895 ホルスター リボルバー ランヤード クリーニングロッド ドライバー 付 実物 ロシア ソビエト連邦 本物 04002


タナカモデルガン S&W M13 3インチ FBI Special HW Ver33%オフクーポン


ガスガン タナカ S&W M13 3インチ FBIスペシャル HW Ver.3






最終更新日  2021.06.15 14:32:37
コメント(3) | コメントを書く
2021.05.21
テーマ:GUNの世界(3044)
カテゴリ:GUN具(その他)
緊急事態宣言を、またまた芸も無く延長するみたいです。
宣言出しても保証の薄い営業自粛と禁酒法以外何の対策も無い訳だから、これで感染が収束すると考える事自体が脳天気すぎます。執行部を通さずに勝手に1億5千万円使える政党なんて、この程度だね。

さて今回はGWの大掃除中に発掘した、20年以上前の古いモデルガンを4挺紹介します。



長らくこの趣味をやっていると、仕舞い込んだまま忘れてしまったモデルがでてきます。今回の4挺もその中の一つで、パーツ取り用のジャンク品として入手したものの、以外と状態が良かったのでレストア対象となりながら、そのまま放置していたモデルとなります。



最初は「WA コルト コンバットコマンダー ABS」です。一般的に流通したコマンダーSPと違い、スチール製のリコイルSPプラグとコマンダー用グリップセフティを新造して作られた少数限定のカスタムモデルだったと記憶しています。

手に入れて調べてみたら、未発火のようで内部の金属パーツに錆なども無く、フレームのグリップ部分にヒビがあるものの、全体のキズも少なめのモデルでした。レストアポイントは、(1)フレームの補修、(2)金属パーツのリブルー、(3)スライド&フレームのキズの補修と磨き直しです。



次は「MGC コルト.32オート ABS」です。こちらも未発火ですが、スライドフレームに細かいキズが多く、初期のSPG規格のモデルのため、バレルブッシングが金メッキされています。デトネーターが欠品ですが、時代的に紙火薬仕様と思われます。

レストアポイントは、(1)スライド&フレームのキズの補修(刻印がHOTスタンプ仕様で薄いのが難点)、(2)バレルブッシングのメッキ剥離と黒染め、(3)デトネーターの入手orダミカ用チャンバーブッシュの取付です。



次は「マルシン ベレッタ M84 ABS」です。こちらも未発火で、初期のサイドファイアタイプです。全体にキズが少ない良好な状態ですが、弱点のトリガーバーが破断しています。さすがにスチールパーツに錆が出ています。

レストアポイントは、(1)トリガーバーの交換(予備があるので問題なし)、(2)スチールパーツの錆落としとリブルー、(3)スライド&フレームの磨き直しぐらいですね。



最後は「MGC S&W M29 6 1/2inch ABS」です。ホコリだらけでフレームやシリンダーに大きめのキズはありますが、こちらも未発火。フレームにヒビ等もなく、作動にも問題ありません。

レストポイントは(1)フレーム&シリンダーのキズの補修と磨き直し、(2)金属パーツのリブルーとなりますが、一番手間がかかりそうです。

折角発掘したので、これを機会にレトアを完了させるつもりでいますけど、飽きずに終わらせられるか不安があります。最大の懸念は怠け癖と忍耐力の低下ですけど、なんとか頑張ってみますw

今日はここまで!!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記


ミリタリーランキング




マルシン ベレッタ M84 ブラストブラックABS モデルガン 完成品<レターパック便での発送です>


マルシン ベレッタ M84 発火式 モデルガン ウォールナット 木製グリップ


[MGC] S&W M29 .44マグナム 4インチ ヘビーデューティ/HEAVY DUTY/[中古] ランクC/本体のみ/モデルガン


[WA/MGC] コルト コンバットコマンダー フレームシルバー モデルガン/[中古] ランクB/本体のみ/ガスガン


【予約安心発送】[MIL]マルシン工業 発火モデルガン 組立キット コンバットコマンダー ブラック ABS(2021年8月)


[MGC] コルト .32 オートマチックピストル バレルブラック/[中古] ランクB/欠品なし 箱に傷みあり/モデルガン






最終更新日  2021.05.21 19:00:06
コメント(0) | コメントを書く
2021.05.13
テーマ:GUNの世界(3044)
カテゴリ:GUN具(その他)
日本医師会の会長が自民党のパーティに出席しや事について「万全の感染対策を取っていた」等と釈明していましたが、「万全の対策」の詳細を語ってくれれば飲食店や百貨店は休業しなくても良くなるんですけどね。

もっとも医療従事者と上級国民の集まりだから「万全の対策」ってワクチン接種済みなの事かも。

さて今回は、先日ハートフォード東京店で見てきた「ナガン M1895」モデルガンの試作モデルについてです。ナガンM1895は帝政ロシアの制式拳銃で、第二次大戦中もソ連軍によって使用された息の長いモデルです。



見た目は想像していた以上に華奢で、バレルの細さやフレームトップの薄さにはビックリ。それでいてトリガーを引いてもフレームのしなり感も無く、剛性感があるのが凄いです。

試作モデルと言っても仕上げや刻印が入っていない程度で、限りなく量産品に近いもの。サイズ感はマルシンのエンフィールドぐらいのイメージです。



シリンダー一つとっても手が込んでいて、シリンダー前面にあるガスシールドの凹みや側面のフルートやノッチ。シリンダー後端の逆転防止ノッチが刻まれています。通常はシリンダーのノッチ加工は後加工で入れられているそうですが、あまりに加工数が多いのでコスト軽減のために金型で入れるようにしたそうです。

ナガンM1895の最大の特徴「ガスシール システム」も完璧に再現されています。実際にシリンダーが前進する動きは感動モノです。これだけでも購入する理由になりますね。発売は5月下旬から6月中旬を予定しているそうです。

▼ HWS ナガン M1895のガスシール システム


▼ もう少し詳しいナガンM1895(試作モデル)の記事はこちら
http://ozashiki-shooters.com/?p=8461

今日はここまで!!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記


ミリタリーランキング




【予約品】【2021年6月初旬発売予定】 HWS ビンテージモデルガン ナガンM1895 ヘビーウエイト ロシア帝国制式リボルバー【店内全品3%クーポン】


【P5倍以上!全商品対象!5/16 1:59まで】 ナガン M1895 ホルスター リボルバー ランヤード クリーニングロッド ドライバー 付 実物 ロシア ソビエト連邦 本物 04002






最終更新日  2021.05.13 14:39:51
コメント(3) | コメントを書く
2021.01.01
テーマ:GUNの世界(3044)
カテゴリ:GUN具(その他)
あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。



昨年はコロナの影響で外出の自粛やイベントの中止が続いた影響で、全般的に新製品の印象が薄かった1年でした。トイガンの購入自体は続けてきましたが、半分はモデルガンの新製品を積極的に投入したタナカに集中した感じです。

オートでは従来モデルのバリエーション「SIG SAUER P226 MK25」とそのバリエーションを皮切りに、旧ハドソンの金型を改良して作られた「デザートイーグル 50AE」。GBBの金型を活用して作られたSIG SAUER P228と、そのバリエは初モデルガン化でした。

他にもエアガンの金型を流用して作られた S&W M19のモデルガンの再生産もありました。。

他のメーカーは個人的に影が薄く、東京マルイもGBBライフルで人気のMK18 MOD.1の大物を出しましたが電動ガンの後追いだったので新鮮さはイマイチだったし、ハンドガンも色違いバリエが多かった印象です。

気になったのが公表された製作予定のモデルが、地味になっていること。AKMのGBBは気になりますけど、ハンドガードやストックは、相変わらず樹脂製で従来の枠から抜け出せないし。新しいコンパクトガスガンシリーズもノンブローバックで、デフォルメ強そうなのがね。

KSC、マルシンについては仕様を変えた再販と、機械加工パーツを付けたはカスタムばかり。一応マルシンからは今年ベレッタM9A1がフレームを新規製作で出すみたいですけど、レイジングブルとかどうしたんでしょうね。

今年は他にも、モデルガンでCAWのウェブリーやMGC パイソンのリメイク、タニコバさんの幾つか新規モデルの噂がありますけど、具体的な話になれば面白そうですね。タナカさんのP229やM13にも期待したいですね。

全部具体化すれば、面白い1年になりそうです。期待したいですねw

今日はここまで!!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記


ミリタリーランキング







最終更新日  2021.01.01 23:52:12
コメント(0) | コメントを書く
2020.12.31
テーマ:GUNの世界(3044)
カテゴリ:GUN具(その他)
さて今回は私的「2020年購入トイガン BEST10(後編)」ということで、第5位から1位までの紹介です。今回は上手くすると2020年中にUPできそうです。

第5位 WA コルト ニューエージェント




こちらも再販モデルで、最初に発売された2012年から気になっていたモデルです。今回入手したのはガンブラックverというHWをブルーイング処理した仕様。トレンチシステムという独特のサイトやスライド先端の加工が、カッチリとして精密感を出しています。

WAのコンパクトガバシリーズは、全て3.5inchサイズでモデルアップされているのでこのニューエージェントやディフェンダー等はリアルサイズではありませんが、デフォルメ処理が上手いのでバランス的には実銃よりもよく見えたりします。ひいき目ですかね。

▼WA コルト ニューエージェントの詳しいレビュー記事はこちら
http://ozashiki-shooters.com/?p=7573

第4位 タナカ S&W M19 4inch HW



久々に再生産されたKフレームのモデルガンで、忙しさにかまけてまだ紹介していないモデルです。旧作との違いはフレーム刻印とグリップ内のウェイトぐらいですけど、過去M19の4inchモデルとは縁が薄かったので(メッキ時代のコクサイぐらい)、バレルのシャープさやきっちりしたエッジに惹かれました。

後から発売された2.5inchと優劣が付け難かったんですが、馴染みの薄い分4inchの方が新鮮に映ったので、こちらを選びました。モデルアップしているのはカウンターボアードとバレルピンが廃止されたM19-5(1982〜88年)だと思われますが、ガスガンからの流用のハンマーが唯一残念です。

第3位 タナカ I.M.I. デザートイーグル 50AE



ハドソン産業から金型を買い取っていたのは知ってましたが、情報が出されてから発売までが急だったのに驚かされました。発売にあたり全体の仕上げの改善は当然としても、ハドソン時代に問題とされていた発火時のフレーム各部の耐久性を細かく改善してあるのに驚かされました。

未だに発火できていませんが、何れは発火させたいモデルです。スライドを引いたときの感触がGBBとは別物なのも良いですね。このモデルの成功によって2020年度のタナカはモデルガンの新製品が続いたと思うと、余計印象深いです。

▼タナカ I.M.I. デザートイーグル 50AEの詳しいレビューはこちら
http://ozashiki-shooters.com/?p=7757

第2位 タナカ SIG SAUER P228 M11 frame HW



先に発売されたオリジナルのSIG SAUER P228の方が、GBB発売から35後のモデルガン化という意味で印象深いんですけれど、バリエモデルとして発売されたM11の方がスライドの仕上げやレバー類などの金属パーツの表面処理が異なっているので、カスタム感は上ですね。

M11と言えば、GBBとして発売されていた1992年にアメリカ軍に採用されたモデルが知られていますが、今回のM11は2011年にアメリカ空軍が追加発注したモデルを再現したようです。マイナーながら、できるだけ新しいモデルをモデルアップするという開発姿勢も好きですね。

▼タナカ SIG SAUER P228 M11の詳しいレビューはこちら
http://ozashiki-shooters.com/?p=8006

第1位 (旧)和室工房 ジャッカルの日 ライフル




1973年に公開された映画「ジャッカルの日」で使われた、ドゴール大統領暗殺用に作られた分解可能な単発式狙撃銃を再現した蓄圧カートリッジ式ガスガンです。過去にADVENが販売していたトイガンよりもサイズ、プロポーション共に勝っています。

映画のプロップと同様分解組み立てが可能で、実際に手に取ると本体の細さや加工精度の高さに驚かされます。ほぼ機械加工で作られた本体の加工精度が高いので、質感も充分。分解組み立て&発射もスムーズに行えるので、発射プロセスから楽しめるエアガンになっています。

半ば諦め欠けていただけに入手できただけで嬉しかったのと、期待を裏切らなかった製品のクォリティに満足度は今年一番ですね。こちらも紹介記事はまだですけど、キチンとレビューしたいと思います。


トイガンBEST10は以上ですが、2020年度に入手したお気に入りのトイガンアクセサリーや、ガレージキットに属するトイガン等を最後に紹介します。

Mafiso Airsoft社製ハードボーラー用レーザーサイト



台湾のMafiso Airsoft社製レーザーサイトは、映画「ターミネーター」で使用されたハードボーラー用レーザーサイトを再現したアクセサリーです。本体はアルミの削り出しで、マウント形状は映画で使われたものにソックリです。

WAのハードボーラーに付けていますが、雰囲気は最高です。グリップスクリュー1本で固定する構造に難がありますが、このレーザーサイトに勝る形状のものは無いだけに、手に入れて良かった製品です。

Pocket ワルサー・モデル9



イベントで購入した、Pocketさんという個人が製作販売した樹脂製ディスプレイガンです。トイガンのガレージキット完成品と言うべき製品ですけど、昔のガレキのイメージとは別次元のデキです。

表面の平面出しもしっかりしていてパーツ同士の組み合わせもタイトで、フレームとスライドのスキマごく僅かです。実銃同様にスライドが引けたり分解できたりしますが、モデルガンの法規制に抵触しないよう各種SPや撃発機構は省略されているのが勿体ないぐらい。

▼Pocket ワルサー・モデル9の詳しいレビュー記事はこちら
http://ozashiki-shooters.com/?p=7341

タナカ S&W M1917 .45 5.5inch U.S.ミリタリー HW




今年発売したモデルだったら,恐らくBEST10入りは確実だったモデル。買い逃し続けてようやく今年、店頭在庫を見つけて手に入れました。

入手前は同じNフレームのM29のバリエ的なイメージを持っていましたが、5スクリューのフレームや独自形状のハンマー&トリガー、シリンダーロッド。バレル、シリンダーも新規造形なので、ほぼニューモデルです。ミリタリーティストが強いのも魅力です。


2020年を振り返るとコロナの影響もあってか、海外製品含めて新製品は低調だった気がします(イベントなどが無くなり、外出自粛もあって情報収集力が減ってただけかも)。その中タナカのモデルガンは勢いがありました。

よく考えると80年代の古いモデルばかりですけど、モデルガン化されていなかったり長らく生産されていなかったりして、全て新鮮に感じられたのが大きかったのかも。小さい市場ながら存在感を出していました。来年はS&W M13やSIG SAUER P229が予定されてるみたいですけど期待大ですね。

その他の国産メーカーはどうなるんでしょう。
マルイは大物AKM GBBが予定されていますが、それ以外のメーカーは今年同様、再販とパーツカスタムモデルや海外製品ベースのトイガンの販売し終始するんでしょうか。海外製品ベースでもLaylaxのSIG P320M17には期待してるので、一概に悪い訳では無いんですが。

来年はコロナの流行収束を期待していたんですが、大晦日に東京都の感染者が1337人、全国で400人超えたとなると、いよいよ一線を越えた気もして危機感を抱きます。

何はともあれ、それでは皆さま来年は良い年になりますようにw
今日はここまで!!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記


ミリタリーランキング




タナカ 発火モデルガン SIG P228 M11 EVO2 エボリューション2 フレーム ヘビーウェイト HW


タナカ 発火モデルガン デザートイーグル Desert Eagle .50AE ヘビーウェイト HW


ガスガン タナカ S&W M1917 5.5インチ HW






最終更新日  2020.12.31 19:16:05
コメント(0) | コメントを書く
テーマ:GUNの世界(3044)
カテゴリ:GUN具(その他)
さて、いよいよ2020年 令和2年が終わるまで、あと1日。今年は過去に例の無い、大変な1年になりました。購入したトイガン数は減ったと思っていましたが、恒例のBEST10を楽に選べるぐらいは買っていたのが判明。進歩が無いですねw

今回は前編として、第10位から6位までをご紹介します。基本、個人の嗜好と偏見で選んでますのでご容赦ください。

第10位 UMAREX グロック45



昨年発売されたグロック19Xのコマーシャルverのような位置づけのグロック45ですが、実銃が発売されると間を置かずトイガン化するパワーは海外メーカーならではです。似たシルエットながら、スライド&フレーム共に新規で、特にフレームは新規金型で作られていると思われます。

見た目以上にコストがかかっているモデルでデキも悪くないんですけど、G45よりもFBIで採用されたと言われるG19Mや、最新モデルのG19 GEN5MOSでなかったのが残念。グロックのバリエーションはどれも同じように見えるから、最新モデルやストーリー性のあるモデルじゃないとインパクトが弱いんですよね。

第9位 KSC Cz75 2nd ホーグカスタム



今年限定発売されたCz75のバリエーションで、未だに紹介していないモデルとなります。過去にイベント限定モデルとして発売されたデュアルフロストの延長線上にあるカスタムモデルで、リングハンマーと、ホーググリップが特徴です。

ノバックタイプのリアサイトとホワイトドットの入ったフロントサイトはどちらも過去に生産したモデルのパーツから流用したりしているので、どうしても末期のMGCカスタムを連想してしまいます。

第8位 タナカ スモルト 4inch HW




タナカの「スマイソン」が「スモルト」と名前を変えて久々に再販されました。個人的には「スマイソン」の砲が馴染みがありますけど、どちらも正式な名称という訳でも無いので大した問題では無いですね。メカは最新のVer3になっているので弾ポロも無く、普通に箱出し状態で楽しめます。

全体的にシャープな作りでルックス的にも良いんですけど、唯一気になるのがグリップフレームをラウンドバットにしてM500と同じグリップを付けたこと。バックストラップ部をカバーするタイプのグリップは格好が悪いし交換したいけど、ラウンドバット用のグリップはイマイチに合わないんです。

第7位 タナカ P226 MK25 frame HW



94年に発売されたタナカのSIGシリーズを現行カタログモデルのMK25として生まれ変わらせた、バリエーションモデル。フレームやグリップは新規設計。基本SPECは現行のEVO2シリーズに準じているので発火性能も向上しているようです。

基本設計が古いモデルながら、最小の改良で最大の近代化が図れたことが素晴らしいですね。何よりも手持ちの資源を最大活性しようとしたタナカの姿勢が素晴らしく感じられました。これは1年を振り返るとタナカのモデルガン攻勢の始まりでした。

▼タナカ P226 MK25 HWの詳しいレビュー記事はこちら
http://ozashiki-shooters.com/?p=7382

第6位 WA コルト M1911 ヒートカスタム



ヒート・カスタムは95年に公開された映画「HEAT」で、主演のアル・パチーノが使用していたプロップガンがベースになっています。

何度も再販されていますが、今年になってようやく入手したのは「リアル スチール・フィニッシュ」と呼ばれるモデルで、ガンブルー仕上げをした後にエッジ部分に軽めのダメージ加工が入っています。再販される度に価格が上がるのが難点ですけど、その分仕上げは量産モデルでは再現できないレベルです。

第6位までは以上ですが次点にした2モデルも、ついでに紹介します。

次点1 ActionArmy AAP-01 アサシンGBB



今年のビクトリーショーで見かけた、ルガーMKⅣに似たルックスののトイガンで、海外モデルには珍しく上下フレームとも樹脂製のオリジナルデザインのモデルです。内部メカはマルイ製のグロック18Cに準じたもので、セミ・フルの切り替えが可能。

マルシンM712と14年式ぐらいしかなかった、ボルト式のブローバックが特徴的。しかも実売価格が10K前後の低価格。これは人気になるわけですね。ベースメカはマルイのグロック18Cなので、性能も高く、サードパーティ製の着せ替えアクセサリーも豊富なのでカスタムベースとしても楽しめます。

▼ActionArmy AAP-01 アサシンGBBの詳しいレビュー記事はこちら
http://ozashiki-shooters.com/?p=7725

次点2 Carbon8 M45DOC CO2 GBB



先に発売されているM45CQPの色違いバリエーションです。サンドカラーは成形色のようで、サンドと言うよりもフラットダークアースに近い茶系の色。グリップや金属パーツとのコントラストは、悪くありません。

最近はアクセサリーも豊富なのでグリップ交換もし易くなって、楽しみ方が増えました。CO2GBBならではの反動も楽しめるので、普段撃ち用にもっともよく使用しているモデルです。

▼Carbon8 M45CQPの詳しいレビュー記事はこちら
http://ozashiki-shooters.com/?p=6984

前編は以上です。5位から1位までの後編は、今晩上げるつもりですが間に合うかな?
不安なので先に挨拶だけしておきます。

それでは皆さま、良いお年をお迎えくださいw
今日はここまで!!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記


ミリタリーランキング




ウマレックス UMAREX ガスガン Glock45 G45 グロック45 ガスガン ハンドガン 6mmBB 18歳以上 (762214)


【1月13日入荷 予約商品】タナカワークス SIG P226 Mk25 Evolution2 フレーム HW 発火式モデルガン /タナカ tanaka モデルガン シグ ザウエル SAUER ハンドガン ピストル 拳銃 エボリューション2 銃


【1月13日入荷 予約商品】タナカワークス Smolt Revolver Ver.3 HW 4インチ(ガスガン リボルバー 本体) /タナカ tanaka スモルト スマイソン Smython SW COLT S&W コルト ハイブリッド PYTHON パイソン M19 Kフレーム


限定品 KSC CZ75 アキュライズ1 HW ガスブローバック






最終更新日  2020.12.31 02:28:33
コメント(0) | コメントを書く
2020.12.30
テーマ:GUNの世界(3044)
カテゴリ:GUN具(その他)
今年もいよいよ、あと2日。
年末までコロナの感染拡大が続くとは、正直想像してませんでしたが、外出時にマスクするのは当たり前になり、帰宅時の手洗い&うがいも普通の事となってきました。お陰で今年の我が家は風邪知らず、感染予防の効果があるって事ですね。



昨日、仕事も終了したので久々に秋葉原から御徒町散策に出かけて、ショップの店頭チェックをしてきました。相変わらず人出は多かったですけど、混雑しているところは極力避けて回ってきました。今回は、今年最後の戦利品の紹介です。



こちらのホルスターは、グルカさんで見つけたAKER製のベレッタM1934用ホルスターです。中古品でそれなりの使用感はありましたけど、安かったので購入しました。元々はWAが自社のベレッタM1934用に輸入していたものだと思います。



WAのベレッタM1934を入れてみると、ピッタリです。試してはいませんが、GBBより太めのモデルガンだとキツそうな感じです。レザーが乾いている感じなので、最近お気に入りのレザートリートメントの「ラナパー」を使ってメンテをする予定です。



もう一つは、再販されたMULE製のMGC製M31用のショットシェルです。これはTake5さんで購入しました。欠けやすいリムがアルミ製になっているのが良いのと、最近中古で出回っているショットシェルよりも安いのが魅力です。3個買いましたけど、もう一つ買って12シェルにしとけば良かったかな。



右:今回入手のシェル、右:前回入手のシェル

購入後気付いたのは、リムの刻印。前回のものがウィンチェスター製をもした刻印だったのに対して、今回はレミントン製を模したものになっています。こういう拘りがMULEの良さですね。

シェルのプラ部分はMGCの在庫分を引き取ったものなので、今回の再生産で最後らしいとの事。以前のようにリムだけの販売は今のところ無いようです。前回よりもリムの生産数が少なかったのかな。この手のアイテムはある時に買っておかないとね。

今年の散財は、一応これで終了。外出が減って新製品も少なかった割には、トイガン関係の出費はそれ程減ってない感じ、毎年恒例の「購入トイガンベスト10」をやれば、実態がつかめるかな。

今日はここまで!!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記


ミリタリーランキング




ラナパー レザーアイテムの必需品 レザーケア用品 ラナパー 5ml 正規品 お手ごろサイズ 【Ricky's】レザー用 トリートメント レザーケア 革製品 手入れ 用品 ワックス オイル ラナパー ナスカン 革 本革 牛革 ヌメ革 r902


ラナパー レザートリートメント 100ml 革製品のお手入れに大活躍!






最終更新日  2020.12.30 00:14:16
コメント(0) | コメントを書く
2020.12.24
テーマ:GUNの世界(3044)
カテゴリ:GUN具(その他)
連日、東京都のコロナ感染者数が同一曜日の感染者数を更新しているようですが、ポイントは明日ですね。先週17日が821人だったから、1,000人超える可能性も。そうなったら一挙に増える?・・・いよいよ正念場です。

さて、そんな中で今日は珍しく嬉しいことが重なりました。その一つがこれ。



長年渇望していた(旧)和室工房さんの「ジャッカルの日 ライフル」が届きました。イギリスの作家フレデリック・フォーサイス原作の73年の映画「ジャッカルの日」に登場した分解式のカスタムライフルをエアガン化したものです。




最初に作られたのが付属の冊子によると8年前。自分が知ったのが4〜5年前でしょうか。再生産の受注申し込みをしたのが3年前でしたが、この時は残念ながら募集数にギリ間に合いませんでしたが、今年の12月になってみ組み立ての部材が出てきたとかで、急遽少数販売されたものを手に入れました

連絡頂いて申し込んだものですが、3年越しの補欠当選みたいなものですねw
詳しいレビューは、年内中に何とかしたいところです。



もう一つは、今年の9月に開催された「特撮のDNA」の開催記念として再生産された海洋堂製の「ケームール人」のポリストーン製フィギュアです。

こちらのフィギュアはウルトラQのスーツを手がけた「高山良策」氏の原型から復刻されたもので、最初の発売を知らずに後から知って、再販を待っていた所は「ジャッカルの日 ライフル」と同じです。

ジャンルは違えど再販を待っていた2つのものが、同一日に届いたのは単なる偶然なんですが、このご時世だと余計嬉しく感じます。この調子で良い年末を迎えたいものです。

今日はここまで!!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記


ミリタリーランキング




ジャッカルの日【Blu-ray】 [ エドワード・フォックス ]


【中古】パンフレット(洋画) ≪パンフレット(洋画)≫ パンフ)ジャッカルの日


【中古】 ジャッカルの日 / フレデリック・フォーサイス, 篠原 慎 / 角川書店 [文庫]【宅配便出荷】


ULTRAMAN ARCHIVES ウルトラQ UHD & MovieNEX【4K ULTRA HD】 [ 佐原健二 ]






最終更新日  2020.12.24 00:36:35
コメント(2) | コメントを書く

全238件 (238件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 24 >

PR

X

© Rakuten Group, Inc.