364533 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

べるにーにのブログ

September 1, 2014
XML
カテゴリ:アート
夏休みで帰省している息子を送り、京都に出かけました。



ついでと言えば何ですが・・・・・



以前から楽しみにしていた『バルテュス展』、京都市立美術館に出かけました。



彼は1908生まれ、2001年没。

父はポーランドの貴族、母はロシア系ユダヤ人。

名誉と富の結婚、欧州の上流階級には多く見られる結婚のカタチです。



貧しいアシュケナジーユダヤ人たちとは違い、富もネットワークもある。

だからフランスに亡命できたのでしょうか。

ナチスの迫害も逃れ暮らすことができた様子です。



晩年には日本人女性と結婚されたので、興味ある?

昨日の美術館では多くの女性客が見られました。



初期ルネッサンス、ピエロ・デッラ・フランチェスカのフレスコ画に魅了される。

Piero_della_Francesca_010.jpg

『聖十字架伝説(部分)』 この絵の模写したものも展示されておりました。




幼少の頃より猫が大好き、自分はその生まれ変わりだと思っていた。




201404_balthus_04.jpg

DSCF3949-07946.jpg

少女をモデルにし、立膝をついて椅子に座らせるポーズが好き。

その傍らには自分(猫)が必ずいる。

成熟した女性がお嫌い?(笑) いつも少女を描いています。




初期の作品、大人の女性ですが瞳の色がとても薄く描かれている。

まるで彼女が白目をむいているようにも見え、正直怖い。

o0800116612925544543.jpg

彼女の表情に媚びはない、何故かふくらはぎや足首がとても太い(笑)



Guitarlesson.jpg

こちらのタイトルは"Guitar Lesson"

どんなレッスンなのでしょう?(笑)



ミケランジェロの『ピエタ』と構図が似てる?

Michelangelo's_Piet?_Saint_Peter's_Basilica_Vatican_City.jpg

 

裸婦の作品が多いのにべるには官能性はあまり感じられない。

少女が女になる(ある意味、少女はすでに大人の女性ですが)

その瞬間の“きわどさ”がお好きだったのでしょうか?



サロンで物議を醸しださなければ目立たず、売れない。

あえて狙ってセンセーショナルな絵画を描いたのでしょうか?



すごく個性的、心に棘が刺さるような絵画が多かった。。。。。




「名古屋でオーダースーツを提供する東洋商事株式会社のHPはこちら」






最終更新日  September 1, 2014 04:47:15 PM
コメント(0) | コメントを書く
[アート] カテゴリの最新記事

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


PR

カテゴリ

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

7年連続年間検索第1… 内装屋サンさん
光の国 most-asaさん
りみCAR-STY… とぱーずrimixsさん
paolonlee ぱおろんりーさん
翻訳会社社長の日々… Oku-chan 1213さん

コメント新着

べるにーに@ Re[1]:Spectre(12/08) だから彼は片目の、シャムネコ好きな男だ…
magadelanrose111@ Re:Spectre(12/08) もちろん、見てきましたよ。いいスーツは…
べるにーに@ Re[3]:Mongolia 7(08/23) かっちゃんさん 何故山羊を指名??? …
かっちゃん@ Re[2]:Mongolia 7 >実は同じグループに独身女性一人と二人…
べるにーに@ Re[1]:Mongolia 7(08/23) かっちゃんさん >4の記事の「影のツー…

プロフィール


べるにーに

フリーページ

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.