623805 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

言語学の嘘(ソシュール記号学の再考)

PR

Free Space

《自己紹介》
佐藤直幹(さとうなおみき)と申します。令和元年で満53歳になります。丙午です。現在、フランスのパリ近郊在住で、翻訳を中心に仕事をしています。
nsato75@yahoo.fr

記憶による自己同一性進化論という、テーマに取り組んでいます。言語の本質を追い求めているうちに、人間とは何か、認知とは何か、生命とは何か、太陽系とは何か、時空間とは何か、物質とは何かという問いが生まれ、これらの根底に流れているが「記憶」という概念だと気がつきました。

ただ。ここでいう「記憶」の概念は、端的に言うと私の造語で、我々の知っている「記憶」をカバーしてますが、全く新しい概念で「すべての存在を生み出し、支え、進化させる」ものです。

記憶による自己同一性進化論は、今の科学の枠組みとは全く違うものになりますが、今の人類の知識を、新しい枠組みで捉え直すというプロセスと考えれば、矛盾は無いと思います。一言で言うと「科学のパラダイムシフト」を起こしたい訳です。

今は、ソシュールの記号学を「記憶による自己同一性進化論」という枠の中で再構築することを課題としています。ソシュールの「一般言語学講義」を再読しながら、記号学を新たなレベルに引き上げることを目標としています。


日本の大学では経済学を専攻しました。卒業後、金属素材メーカーに就職しましたが4年後の1995年に退職、直後にフランスに渡航し、言語学の勉強を始め今に至ります。一応フランスで修士と同等の免状(DEA)を取得していますが、博士論文は途中で断念しました。

高校三年のときにアメリカのイリノイ州に1年間のホームステイ留学、大学3年に上がる前に韓国に一年間、語学留学していました。最近は大分忘れましたが、フランス手話もフランスで勉強し、私の言語理論の重要な支えになっています。

始めはフランス語で発信しようと思いましたが、フランス語の語彙の概念を借用しながら、日本語で書く事にしました。あまりネガティブなコメントにはおつきあい出来ないと思いますが、興味があれば読者の方々と色々とディスカッション出来ればと思います。

「日本人の為のフランス語自習室」というブログもあります。最近は更新していませんが、フランス語に興味の有る方は是非どうぞ。
http://francais75.exblog.jp/

趣味は折紙ですが,最近は半分プロとしてやっています。
折紙のバラが専門です。ここに作品を発表しています。ミクシーでは、もっと多くの作品を公開しています。ハンドルネームは「Mikki」
http://pliagedepapier.com/gallery/index.php?cat=11645

2015年8月に、「バラの折り紙 ROSE」という本が出版されました。
http://www.amazon.co.jp/バラの折り紙-1枚の紙から作る-佐藤直幹/dp/452905466

2018年1月27日に「美しいバラの折り紙」という本が出版されます。
https://www.amazon.co.jp/%E7%BE%8E%E3%81%97%E3%81%84%E3%83%90%E3%83%A9%E3%81%AE%E6%8A%98%E3%82%8A%E7%B4%99-%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9B%B4%E5%B9%B9/dp/4529057674/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1516427564&sr=1-1&keywords=%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9B%B4%E5%B9%B9

2019年9月24日にアメリカのTuttle社から「美しいバラの折り紙」の英語版「Naomiki Sato's Origami Roses, create lifelike roses and other blossoms」が出版されます。
https://www.tuttlepublishing.com/other/naomiki-satos-origami-roses


Copyright (C) 2009-2018 Naomiki Sato All Rights Reserved

Profile


CLG2009

Category

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Card

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

CLG2009@ Re[1]:イタリア語の聞き取り練習。。。(11/11) New! みゅうさんへ 正しく分節化できるように…
みゅう@ Re:イタリア語の聞き取り練習。。。(11/11) New! 分節化して言語を理解するというのは、た…
チェルニー@ Re:言語というのは思い出して使うもの(記憶喚起)。。。(11/06) こんにちは、時々メールを送っていた者で…

Freepage List

Headline News

全18件 (18件中 1-10件目)

1 2 >

離散化ループ

2016.07.05
XML
カテゴリ:離散化ループ
前回の投稿は、実は本当に言いたいことがまとまらないまま、消化不良の状態で出したのだが、先ほど1つ閃いたので投稿しておこうと思う。

今、私がイメージしているのが、穴の空いた丸い磁石二個を鉛筆を通した状態だ。N極とS極が反発することにより、磁石はくっつかず、揺らすと上下に動く。これが「離散化」のイメージとして使えるのではないかということだ。

この鉛筆は時間軸を表し、二つの磁石は離散した意識を表す。そしてこの二つの磁石の間隔には、何らかの周波数が関係していると考える。トマティスメソッドで言うところの「パスバンド」がこれに関係しているかも知れない。

知覚言語の場合、聞き手と見手が、物理現象としての音と光を「離散化」して、シニフィアンを認識し、それにあったシニフィエを記憶の中から呼び起こし、それを順に連鎖させることによって、1つの意味を作り上げていく。

この時の「離散化」のモデルが、人間の意識そのものであるのではないかということだ。つまり、自分の意識の方に、離散化モデルが始めから存在し、それを元に物理現象を言語に変換していくことになる。物理現象は知覚という形で認識されるが、これは同時に記憶になる。つまり、この離散化モデル上で記憶が操作され変形し、分節していくということである。

視覚言語の場合、音素という単位に分節されることはないが、一つ一つのサインはこの離散化モデルで「前後を区切った身体運動の視覚的軌跡」という形で認識される。手話の話者が、登場人物になりきっている場合は、そのシークエンス自体が1つのサインの様に認識される。この考えを発展させれば、「手話の音韻論」などという馬鹿げた理論を崩壊させることができるかも知れない。

とにかく言語というのは、記憶の操作、記憶のパラダイム的組織化によって成立している。後は、これをどうやって説明するかであるが、今日はひとまずここまで。








Last updated  2016.07.05 22:20:40
コメント(0) | コメントを書く
2016.01.18
カテゴリ:離散化ループ
原子には一定の周期があって、それを時間を定義することに利用している。

ここで言う「振動」というのは、「離散化周期(サイクル)」のことではないかと考えた。

どちらにしろ、振動しているのであれば「matiere inerte/inert matter/不活性物質」というのはありえないだろう。






Last updated  2016.01.18 15:38:27
コメント(0) | コメントを書く
2016.01.07
カテゴリ:離散化ループ

原子の構造は、中心に原子核があって、その周りを電子が回っているというイメージで捉えられている。太陽の周りを惑星が回っているイメージとも重なる。

原子が記憶であるとすると、離散化ループによって記憶が維持されることになる。そして、このループが周期表の原子番号と直接関係があると考えるようになった。電子の数によって分類できるということが、離散化ループの存在の証拠になるのではと考える。

ループが無くなれば、記憶は維持できなくなり、多分「消滅」し、ブラックホールになるかもしれない。






Last updated  2016.01.07 11:45:26
コメント(3) | コメントを書く
2015.11.26
カテゴリ:離散化ループ
音声(聴覚)言語は「線状的」と言われる。これは、音素が順序良く一列に並んだ形でシニフィアンが構成されることを示している。

ここで「線状的」というと、一次元の時間軸を直ぐに連想するだろう。確かに、この点では音声言語は時間軸上に展開するとすることができる。

しかし今私が考えているのは、この「線状性」は、結果であって、発話の現場では別の次元が支配しているのではないかということ。

例えば日本語の「ことば」という言葉を音素に還元するとこうなる。

/ k / o / t / o / b / a /

しかし、これらを順番に発音しようとしているのではないということ。特に「聞き取り」の現場においては「線状性」ではなく、複数の時間軸が並行することによって、聞き取りにおける分節が可能になるのではないと考える。

例えば「こ」だけを見てみると、「k+o」ではなく「k/o」となる。この違いは「k」の次に「o」が来るのではなく、1つの音節の中で、前後の極があり、前方向の極が「k」、後ろ方向の極が「o」になるという見方である。これは、正に言語は「差」で成立いるということを踏襲したものである。

つまり、聞き取るときに、どこが「音節の始め」で、どこが「音節の終わり」かを判断することで、音素の認識をしているということである。

このためには、一旦聞き取り「記憶」に還元したものを、牛が反芻するように再度引っ張り出してきて、前後の極でどのようなパターンになっているか、つまりどの音素が前と後に来ているかを判断することになる。

まだはっきりとしたことはわからないが、まず分節の終わりがどこかを定義することが最初に来て、それから「記憶の中で時間を遡り」、どこから始まるかを判断し、こうして切り取った分節が、音韻体系において、どのような音素のバリエーションになるのかを判断するということである。

これには、単なる音節だけが使われるのではなく、アクセントも重要な役割を果たすと思われる。アクセントという単位を持ち込むことで、2音節(日本語では2拍=2モーラ)以上のグループをまとめて、二極のバリエーションのパターンに乗せることができる。

日本語を全く抑揚なく発音すると、日本人には全く意味がわからなくなるのも、音節(拍=モーラ)とアクセントという二つの分節による記憶の二極化分析が行われているからである。

私が考える「離散化ループ」というのは、このような記憶操作を伴うものであると今考えている。






Last updated  2015.12.02 03:44:15
コメント(5) | コメントを書く
2015.11.18
カテゴリ:離散化ループ

前向きな考え方をしていると、物事がいい方向に変わっていく。いや、無意識に自分でいい方向に変えていっている。最近これを実感する。

道を歩いていてるだけでもいい、何が目に入る、誰に会う、バスに乗り遅れる、でも待ち時間に誰かに逢えるかもしれない。この連続が、知らず知らずのうちに「運」を呼びこむのだと思う。

ただ、運が来たとしてもそれをものにできないと元も子もない。それを可能にするのが努力だ。






Last updated  2015.11.18 16:11:18
コメント(0) | コメントを書く
2015.10.11
カテゴリ:離散化ループ


私は、宇宙の誕生からは考えずに、まず太陽系の誕生から考えるのだが、これを生んだ「リトルバン」のメカニズムが、離散化ループという自己認識メカニズムだとすると、離散化ループというのは、太陽系が無くなるまでずっと続くと考えられる。






Last updated  2015.10.11 07:20:44
コメント(2) | コメントを書く
2015.10.07
カテゴリ:離散化ループ

離散化ループが発生するとき、時間的な離散差位が最初に生まれるのか、それとも空間的な離散差位が最初に生まれるのか、まだ結論がでない。

多分「同時」というのが正しいのだろうか。






Last updated  2015.10.07 06:20:59
コメント(0) | コメントを書く
2015.09.26
カテゴリ:離散化ループ


光が波動の性質を持っていることは良く知られている。

これに対して重力はどうだろうか、これも同じ自己同一サイクルで生じている力だとすると、何らかの周期があるのだろうか。






Last updated  2015.09.27 00:43:56
コメント(0) | コメントを書く
2015.07.25
カテゴリ:離散化ループ
フランスに来て、まだ数年しか経っていないとき、私には一つの「癖」があった。

食事中のテーブルで、両手の人差し指をそろえてテーブルの端に乗せ、両方の指を一緒に左右に20センチほど移動する。1から、2つになるが、最初の位置も数に入るので、3点の入れ子構造になる。フランス語の文法で、法や時制の関係を理解するのに、この動作が大いに役立った。

この頃は、寝ても覚めてもフランス語の文法のことばかり考えており、この動作を、食事中にしょっちゅうしていたので、周りからいぶかしがられることもあったが、実はこれは、私の「離散化」の最初の理解であったと今更にして思う。

ただ、この時点では、まだ「離散化」という表現にはまだ至っていなかった。言語(シニフィアン)の持つ「離散性」は知ってはいたし、野性チンパンジーの行動に見る「入れ子構造」にも注目していたが、この動作が、この世界のすべてを説明できる「離散化」に通じるものだとは気がついていなかった。

そして今、また別の新しい「動作」が自然発生的に生まれている。人差し指を指した両手を互いに向け、ずらして円を描く。バスケットボールの「ファウル」を取る時の動作もこんな感じだったと思う。日本手話では「手話」というサインだったと思う。

2つの指先が互いを追いかけるようにして円を描いて移動する。始めに日本の人差し指を合わせてから始めれば、十数年前に使っていた動作のバリエーションであることが分かる。

1つが2つに「分かれた」のであるが、実は2つに分かれたものは、まだ1つなのである。違うのに同じという「矛盾」を抱えたメカニズムが「離散化」である。「離散化」には、何らかのフィードバックがあり、それが離散化ループという形で、半永久的なサイクルを生み出しているのかもしれない。

分かりやすく説明しようと思って書きはじめたのだが、どうも逆に分かりにくくなってしまったかも知れない。






Last updated  2015.07.25 07:43:49
コメント(0) | コメントを書く
2015.06.23
カテゴリ:離散化ループ

最近はユーチューブの動画でも、クリックひとつで音声認識の字幕が出る。うまく行くこともあるが、ほとんどがちんぷんかんぷんな文になり、音を消すと理解が難しくなる。

音声認識の具体的な方式について私は知識がないが、多分、まず部分部分に区切った上で、各部分の周波数を分析して、連続する音素を合わせていくのだろう。つまり、部分的に区切ってはいるが、音声認識の場合「リニア」つまり「直鎖状」に分割して音素を分析しているわけだ。

私が考える人間の音声認識は、このようなリニアな視点を採らない。これは「離散化ループ」によってなされていると考える。ループによって「輪」ができ、これが二極化することによって初めて音素の配分が可能になると考える。

つまり、一旦「戻る」というプロセスが生じるのである。ループコースターを見てみれば分かる。物理的に一度、進行方向とは逆方向に進み、再び進行方向に向かっていく。ここで言いたいのは、聴覚で記憶信号として受信されたものが、リニアではなく、ループという形の反復あるいは反芻処理をされているということである。

ループの周期、つまり何処で戻り、何処から再出発するかは言語によって変わる。同じ発話を聞いても、言語によってどのように聞き取るかは違ってくる。日本は昔、ロシアを「オロシア」と発音したのは、当時の日本語に「ラ行」から始まる単語が一般的ではなかったからである。

ループの周期は、音素単位で行われるのではなく、アクセントやイントネーションである。日本語には、「モーラ/拍」と呼ばれる特殊な音節単位があるが、これは多言語の母音を中心とした音節と、ほぼ同レベルであり、これも違う。

日本語ではイントネーションの違いは、2つ以上のモーラが必要である。例えば「気」と「木」のイントネーションの違いは、「気が(ある)」と「木が(ある)」という表現になることで初めて表面化する。

イントネーションやアクセントの位置をまず分析し、それをベースに音素の分析を、二極化したループから生じる「置換」の選択肢の中から、話者の意図を構築しうるもの選んでいくことになる。我々が、多少聞き取りづらくても、記憶を反復/反芻することで、意味を理解しようとするが、はっきりと聞こえている場合でも、同じオペレーションを実践しているのである。

視覚言語のジェスチャー認識も、実は全く同じメカニズムを持っている。離散化ループによって、直鎖状に展開する手や顔の動きを、意味のあるサインやジェスチャーに文節していくとき、やはり記憶は、必ず前後して反芻処理される。四角言語は、3プラス1次元なので、やはり聴覚言語に比べたら機械による認識は難しいかも知れない。






Last updated  2015.06.23 11:37:52
コメント(0) | コメントを書く

全18件 (18件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.