599537 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

言語学の嘘(ソシュール記号学の再考)

PR

Free Space

《自己紹介》
佐藤直幹(さとうなおみき)と申します。令和元年で満53歳になります。丙午です。現在、フランスのパリ近郊在住で、翻訳を中心に仕事をしています。
nsato75@yahoo.fr

記憶による自己同一性進化論という、テーマに取り組んでいます。言語の本質を追い求めているうちに、人間とは何か、認知とは何か、生命とは何か、太陽系とは何か、時空間とは何か、物質とは何かという問いが生まれ、これらの根底に流れているが「記憶」という概念だと気がつきました。

ただ。ここでいう「記憶」の概念は、端的に言うと私の造語で、我々の知っている「記憶」をカバーしてますが、全く新しい概念で「すべての存在を生み出し、支え、進化させる」ものです。

記憶による自己同一性進化論は、今の科学の枠組みとは全く違うものになりますが、今の人類の知識を、新しい枠組みで捉え直すというプロセスと考えれば、矛盾は無いと思います。一言で言うと「科学のパラダイムシフト」を起こしたい訳です。

今は、ソシュールの記号学を「記憶による自己同一性進化論」という枠の中で再構築することを課題としています。ソシュールの「一般言語学講義」を再読しながら、記号学を新たなレベルに引き上げることを目標としています。


日本の大学では経済学を専攻しました。卒業後、金属素材メーカーに就職しましたが4年後の1995年に退職、直後にフランスに渡航し、言語学の勉強を始め今に至ります。一応フランスで修士と同等の免状(DEA)を取得していますが、博士論文は途中で断念しました。

高校三年のときにアメリカのイリノイ州に1年間のホームステイ留学、大学3年に上がる前に韓国に一年間、語学留学していました。最近は大分忘れましたが、フランス手話もフランスで勉強し、私の言語理論の重要な支えになっています。

始めはフランス語で発信しようと思いましたが、フランス語の語彙の概念を借用しながら、日本語で書く事にしました。あまりネガティブなコメントにはおつきあい出来ないと思いますが、興味があれば読者の方々と色々とディスカッション出来ればと思います。

「日本人の為のフランス語自習室」というブログもあります。最近は更新していませんが、フランス語に興味の有る方は是非どうぞ。
http://francais75.exblog.jp/

趣味は折紙ですが,最近は半分プロとしてやっています。
折紙のバラが専門です。ここに作品を発表しています。ミクシーでは、もっと多くの作品を公開しています。ハンドルネームは「Mikki」
http://pliagedepapier.com/gallery/index.php?cat=11645

2015年8月に、「バラの折り紙 ROSE」という本が出版されました。
http://www.amazon.co.jp/バラの折り紙-1枚の紙から作る-佐藤直幹/dp/452905466

2018年1月27日に「美しいバラの折り紙」という本が出版されます。
https://www.amazon.co.jp/%E7%BE%8E%E3%81%97%E3%81%84%E3%83%90%E3%83%A9%E3%81%AE%E6%8A%98%E3%82%8A%E7%B4%99-%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9B%B4%E5%B9%B9/dp/4529057674/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1516427564&sr=1-1&keywords=%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9B%B4%E5%B9%B9

2019年9月24日にアメリカのTuttle社から「美しいバラの折り紙」の英語版「Naomiki Sato's Origami Roses, create lifelike roses and other blossoms」が出版されます。
https://www.tuttlepublishing.com/other/naomiki-satos-origami-roses


Copyright (C) 2009-2018 Naomiki Sato All Rights Reserved

Profile


CLG2009

Category

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Card

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

ともちゃん@ 物質の視線 みゅうさん 鏡と言う物体に、何らかの認…
CLG2009@ Re[3]:認知の起源は、意思の起源でもある。。。(09/05) みゅうさんへ 今既にあることがあり、そ…
みゅう@ Re[2]:認知の起源は、意思の起源でもある。。。(09/05) こちらこそありがとうございます。 鏡とい…
佐藤直幹@ Re:とらわれない心(09/05) ともちゃんさんへ >>>何物にも左右さ…
ともちゃん@ とらわれない心 佐藤さん 『いつもの通りですが、人間を…

Freepage List

Headline News

全14件 (14件中 1-10件目)

1 2 >

離散差位

2015.11.03
XML
カテゴリ:離散差位



最近、普通に歩いていても、何をしても、自分の意思があって初めて自分が動くのではなく、何かに突き動かされていて、私がそれを行動選択という形で追認しているだけではないかと考えるようになった。

つまり、自分が行動選択をしていることを、自分の意思によるものであると錯覚しているような気がしてきたのだ。

ただこれが「無意識によって自分の行動が支配されている」と、短絡的には思いたくない。なぜなら無意識が何であるか、自分ではわかっていないし、そういう単語があるからそれで説明がつくというのは納得がいかないからだ。

では自分を突き動かしているものが何なのか、なんとなく検討はつくのだが、よくわからない。しかし、何かに動かされていると「受動態」で考えることによって、別の何かが見えてくるかも知れない。

これが、ともちゃんさんのいう「太陽の心」なのだろうか。







Last updated  2015.11.04 01:40:42
コメント(3) | コメントを書く
2015.10.25
カテゴリ:離散差位

昨日、友達の誕生パーティーに呼ばれていった。

お酒も入って、宴も少し落ち着いた頃、友達と「人生論」について語り合った。

彼女は、結構大変な人生を送っていきたようなのだが、その中で自分が出した結論が、人間は「Seul mais entouré(孤独だが、仲間がいる)」ということだという。

話を聞いて、自分が考えている「離散差位」に通じる部分があると感じた。

欧米社会では、どうしても「個人」というのは物理的はそうであるば、「集団」から切り離された存在である。日本人の持つ「和」や「絆」がないわけではないのだが、合理的に考えるとどうしても個人と集団の間に断絶があるようだ。

私が考えていることを人も感じていることを知り、孤独だが仲間がいると実感した。






Last updated  2015.10.25 23:39:36
コメント(7) | コメントを書く
2015.09.29
カテゴリ:離散差位

記憶科学では、時間軸を所与のものとしない。時間軸というのは、人間が意識の中で作り上げた幻想であるとうのが第一の理由である。

しかし、この時間の核となるものは存在する。それが離散差位である。これにより、記憶の進化の過程を人間は時間と呼ぶ。つまり時間は結果であって条件ではない。

これを使えば、量子力学のかかえる矛盾は解決するかもしれない。






Last updated  2015.09.30 04:44:08
コメント(0) | コメントを書く
2015.07.03
カテゴリ:離散差位
最近、記憶という用語を置き換える表現として、離散系とか離散的システムを考えている。

宇宙もひとつの離散系であり。遺伝子も認知、そして言語も該当する。

とりあえずメモ的に投稿しておく。







Last updated  2015.07.03 21:37:37
コメント(0) | コメントを書く
2015.06.17
カテゴリ:離散差位

このフランス語(ただ、これは私の造語)に対する日本語訳として、「離散差位」をずっと考えてきた。

これは、一種、ソシュールの言語学の伝統を受け付いているといえる。「離散性」も「差」も、ソシュールの言語学に登場する用語である。

しかし、最近これに対して自分の中で疑問が生まれてきた。

「la discrédité」に関して、「離散性」を当てることは問題がないが、「差位」に関して今再考中である。

言語のような離散性を持つシステムにおいて、その構成員の特徴を「同じであるが、異なるもの」としてきた。

そうなると「同位体」ならぬ「同異体」という用語で、いわゆる「個体(individu)」という概念を言い換えることができるかも知れない。






Last updated  2015.06.17 08:20:29
コメント(0) | コメントを書く
2015.06.11
カテゴリ:離散差位

「離散差位」が、宇宙の摂理であることは、既に述べた。

「離散差位」のメカニズムを理解することが、多分人類の永遠のテーマなのかも知れない。

しかし、「離散差位」は、我々にも理解できる形で、この世に展開する。人間のレベルで言えば、「アイデンティティー」である。

ところがこれは単純なアイデンティティーではない。個人と集団というフラクタル(自己相似)の関係を持ったアイデンティティーである。

フランス人がフランスを作り、ドイツ人がドイツを作る。有る意味、当たり前のことかも知れないが、このフラクタル構造を支えているのが「言語」である。

これは、日本語を話す人間が、日本国を形成するということに通じる。

いくら日本人の両親を持って生まれても、日本語を話せない子供は日本人にはなれない。つまり、パスポートは日本国発行でも、日本という国の担い手にはなれない。

逆に、日本語を学び、日本に生活し、日本を愛している人は、外国人であっても「日本人」になることができる。

個人と集団のアイデンティティーの自己相似的関係は、ソシュールの「パロール」と「言語」の関係に通じる。


「離散差位」のメカニズムの、もうひとつの大切なことは、「アイデンティティー」が「進化」することである。

ただ、この「進化」の目的は我々にはわからない。しかし、進化を「完成」させるために、我々は日々生きているといっていい。

人類は、この宇宙の「物理的」な特徴を知っている。しかし、進化の完成した宇宙は、我々が知っている物理的世界を超越したものになる可能性が大である。

それを示唆してくれるのが「量子力学」であると私は考える。

人間が、見ようとする意思によって初めて、それに対応する物理現象が生まれるのだとすれば、我々が「知っている宇宙」は、既に人間が「考えた宇宙」であって、進化の末にある宇宙ではないはずだ。

別の言い方をすれば、今人類が知っている宇宙は「過去の記憶」であり、人類はこれから生まれるであろう「未来の記憶」を知るために生きているといえるだろう。

宇宙の真理は、人間の私には見えないかもしれないが、自分が宇宙の進化のために生きることができるとすれば、私はそれで十分である。」






Last updated  2015.06.11 08:14:39
コメント(0) | コメントを書く
2015.05.18
カテゴリ:離散差位

「離散差位」の定義は難しい。自分では感覚的に分かっているつもりなのだが、人に説明するとなると、比較でくるものが無いので、いつも遠まわしの説明になってしまう。

1つの定義は「似通っているが、相違なもの」である。といっても、多分何のことかわからないと思う。

それで考えたのが、「自己同一性(l’identité)」と「多者性(l’altérité)」を同時に持つこと、である。

自分があるから、他者がある、自分を定義することで、対照的に他者の定義ができる。つまり、まず自分を定義した上で、他者を定義するというものである。

「離散差位」が、これと違うのは、(例えば2つ対象がある場合)どちらを優先させることなく、同等に見ることにあり、両者の関係は、どちらかに決められるのではなく、どちらも定義に関与するというということである。

これは科学というものの定義そのものを、全く別のものにしてしまうのだが、まだそこまではうまく説明ができない。

多くの人は、科学とは実験で確認できる客観的なものだと考えているが、実は全くその逆なのである。

私は、人間による科学の定義ではなく、記憶という概念を主体にした科学の構築を目指している。






Last updated  2015.05.18 05:34:10
コメント(0) | コメントを書く
2015.05.14
カテゴリ:離散差位

「離散差位」は、お互いが認め合う関係であり、「同じであるが、違う」という関係があることで「空間」が生まれる。

これに対し「時間」に関しては、自分で実感がなかった。

が、時間をつむぎだしているのは「離散化サイクル」であると、今日悟った。空間が、物質の原子や分子同士の関係でできるのに対して、時間は、個々の原子や分子の持つ「離散化サイクル」が生み出しているのだと分かった。

これは同時に「自己同一性」、つまり自分自身を、離散化サイクルを通して「同じものとして認識すること」が、時間軸となる「記憶の一貫性」または「記憶の蓄積」を生み出す。

また逆を言えば、「離散化サイクル」によって生じる原子や分子の自己同一性」が、空間を作る「離散差位(性)」を作っているとも言える。

どちらにしろ、空間が先か、時間が先か、という議論は成り立たない。どちらも「同時に生じる」のだから。






Last updated  2015.05.14 07:01:44
コメント(0) | コメントを書く
2015.05.11
カテゴリ:離散差位

また「離散差位」というのは、一種の「半永久機関」であると考える。「半永久」というのは、太陽系自体は、いつかは寿命を終えて無くなるだろうと考えているからである。

しかし問題は、一体何がこの「機関」を動かす原動力となっているのかということ。

「離散化ループ」が、記憶として残らない波動を「封じ込める形」で「記憶」を発生させたと考えてもいるが、太陽系1つを生み出すだけの波動がどのように存在するのかということも疑問。

ただ、この広い宇宙の中では太陽系なんてちっぽけなものなのかも知れない。太陽がホワイトホールであるとすれば、それも解決するのか。






Last updated  2015.05.11 16:22:11
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:離散差位

「離散差位」が宇宙の摂理だというのは、これが宇宙の形(普遍記憶)を作るだけでなく、それを進化させるための力を生み出しているということである。

「離散的な関係」を持つものは、一つ一つ全てが中心であり、それ以外の全てと関係を保っている。物質的記憶のレベルでは、正にそうであるが、記憶の進化のステップが上がるにつれてそれがどんどん狭まってくる。言語的記憶のレベルでは、特定の言語内に限られてしまう。

しかし、特定の言語内であっても、普遍的な性格をもった記憶が創出されれば、それを言語を問わず、人類全体で共有することが可能になるのかも知れない。ただ、理解を拒む人は必ずいるだろうから、全ての人に理解されることは無いだろうが。






Last updated  2015.05.11 07:36:56
コメント(0) | コメントを書く

全14件 (14件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.