4322224 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

晴れ、ときどき撮人 一線越えてない虎党 団塊ジュニア(35億に含まれる)

全21件 (21件中 1-10件目)

1 2 3 >

映画 ヘ

2015.01.08
XML
カテゴリ:映画 ヘ





あらすじ
趣味の漫画描きや音楽活動にうつつを抜かして
一向に仕事に身が入らないダメサラリーマンの
ゆういちの母に、認知症の症状が・・・。



解説


キネマ旬報
ベスト・テン
日本映画1位

映画初主演女優
ギネス世界記録








出演は『ヌードの夜』の岩松了
『喜劇 女売り出します』の赤木春恵







『たみおのしあわせ』の原田貴和子







『ニワトリはハダシだ』の加瀬亮







『ロケーション』の竹中直人
「花子とアン」の大和田健介
「仮面ライダー電王」の松本若菜







『私をスキーに連れてって』の原田知世
「忍風戦隊ハリケンジャー」の長澤奈央
『時をかける少女』の根岸季衣
『亀は意外と速く泳ぐ』の温水洋一
『図鑑に載ってない虫』の佐々木すみ江
『毎日かあさん』の正司照枝
『智恵子抄』の島かおり
「愛染かつら」の長内美那子
『ゴジラ・モスラ・キングギドラ
大怪獣総攻撃』の宇崎竜童
『東京島』のサヘル・ローズ
『カケラ』の志茂田景樹
『奇跡のリンゴ』の畠山紬。








監督は『男はつらいよ フーテンの寅』の森崎東







撮影は『生きてるうちが花なのよ 
死んだらそれまでよ党宣言』の浜田毅
音楽は『おろしや国酔夢譚』の星勝
『ハチミツとクローバー』の林有三。



『ペコロスの母に会いに行く』公式サイト



ネタバレ感想
マウスでクリックしながら、なぞるか、右クリック。


エッセイ漫画を知らんかったかし、小さい玉ねぎが
ペコロスなのを知らんかったんで、ペコロスは地名で
外国に住む母親に会いに行く話やと思ってた(笑)



加瀬亮は昭和を感じさせる俳優(笑)ではあるけど
原田貴和子の夫役にしては若すぎるやろ(^-^;

口減らしで天草に行き、娼婦になった親友役を
妹の原田知世が演じてたが、顔が似てるから
姉妹役の方が違和感ないと思うけどな(^-^;

なんで、イラン人のサヘル・ローズが娼婦役なん(^-^;

一目瞭然過ぎるのに、コペン「ハーゲ」ンに過敏に反応
カツラがバレないか、終始ビクついてる竹中はわろた(笑)



ボケてると言ってた妹達も、ボケてるし(^-^;

営業をサボってギターの練習してクビになる息子
孫の方が、しっかりしてるやんけ(^-^;


「はげちゃび~ん」

ハゲ頭を見せないと息子と認識してくれなかったのが
遂にハゲ頭を見せても分かってもらえず落ち込むが
父との思い出のランタンフェスティバルに行く事に。

妹達が迷子になって姉ちゃん迷惑って言ってたが
先にはぐれたんはお前等やんけ(^-^;

死んだDV父が必死に走り回った、まさきが迷子に
なった時に見つかった眼鏡橋に、幼少の頃に死んだ
妹と亡夫、原爆の後遺症で死んだ幼馴染の娼婦の
ちえこと一緒で楽しそうなみつえがいた。


「ボケるのも悪かことばっかじゃなかけんな」

介護する側は辛くて大変やけど、昔の記憶の中で
生きてるボケた当人達は案外幸せなんかもな。
若い女のオッパイも触り放題やし(笑)
 






Last updated  2015.01.08 08:55:26
2014.09.08
カテゴリ:映画 ヘ





あらすじ
有能なヘッドハンターとして社会的成功を収め
美しい妻のダイアナと優雅な生活を送るロジャー。


解説

サターン賞
外国映画賞

英国アカデミー賞
外国語映画賞
ノミネート








出演は『30アサルト 英国特殊部隊』のアクセル・へニー







『ファイヤーウォール』のニコライ・コスター=ワルドー







「THE KILLING/キリング」ユーリー・ウルゴード。



監督はベネディクト・カンバーバッチとキーラ・ナイトレイ
共演の最新作『The Imitation Game』のモルテン・ティルドゥム







脚本は『ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士』
ウルフ・リューベリ、ラーシュ・ギュドゥメスタッド







撮影は『チャイルドコール 呼声』のヨン・アンドレアス・アナスン







音楽は『ナチスが最も恐れた男』のトロンド・ビャルクネス
『フレッシュ・デリ』のイエッペ・コース。



『ヘッドハンター』公式サイト



ネタバレ感想
マウスでクリックしながら、なぞるか、右クリック。


ヘッドハンターのロジャーは、チビなのがコンプレックスで
美人で高身長の妻ダイアナの気持ちを繋ぎとめる為に
絵画泥棒をしたお金でプレゼントをしていた。

冒頭に犯罪のルールを格好良く語ってたけど、それが
後に生きることもなく、いらん設定ちゃうん?(^_^;



知り合ったクラスの家の時価数億のルーベンスの絵画を
盗んだけど、そこの寝室に妻の携帯があり、腹いせに
仕事の斡旋を妨害したところ、自家用車のレクサスに
泥棒仲間の警備員オヴェの死体が転がっていた。

泥棒のプロだが死体処理は素人のロジャーは、石が
こぼれまくってたが強引に湖に死体を沈めてみると
オヴェは生きていて、パスワードは娼婦ナターシャ(笑)
オヴェの自宅に行くが、病院は避けたいロジャーにキレ
マシンガンを乱射したオヴェを射殺してしまう。

GPS追跡のプロ、元軍人クラスから逃れる為に
服や指輪を捨てたロジャーだったが、クラスが現れて
トイレットペーパーのロールが怪しすぎで冷や冷やも
ウンコまみれになって何とかやり過ごしたかと思いきや
クラスに殺された農場主の猫に襲われた後、立て続けに
クラスの犬に襲われるが、串刺しにして撃退した。

犬が串刺しのままのトラクターで逃げようとするが
クラスとは無関係の車にビビって事故って入院。
パトカーで連行中、クラスのトラックに激突され
谷底に落ちるがデブバッグ(笑)のおかげで命拾い
死んだふりでやり過ごし、発信器はジェル状で
髪の毛に付いてたので頭を丸めて、冷たく捨てた
浮気相手ロッテの家に、図々しくも押しかける。

しかし、裏切り者は妻のダイアナではなくて
実はロッテで、クラスのいた会社のペンに
気付いた時には遅く、刃物で襲い掛かられるも
ロッテを色々と説明した後に(笑)射殺した。


原題は『Headhunters』、複数形でヘッドハンターの
ロジャーとロジャーの頭を狩るクラスの事やねんな。



ゆるゆるな警備をかいくぐり、髪の毛を回収して
クラスをおびきよせ、ダイアナに弾を抜いて貰い
オヴェ殺しの罪を着せて殺害して、めでたしめでたし。


クラスは殺しのプロやのに、銃に細工されても
気付かんし、複数の銃を所有してなかったんや。
産業スパイやからって、人を殺したり、警官を
殺すのは、どう考えてもおかしい(^_^;


「私の愛は偽物じゃない」

犯罪の片棒を担ぐのが、真実の愛なんか?(笑)
自分も浮気してたし、浮気は怒れないとしても
自分の為とは言え、絵画泥棒で尚且つ人殺しを
許すなんて、あまりに都合の良すぎる嫁(笑)

オヴェが先に死んでるのを気付いているのに黙殺する
処世術が有能な刑事も、あまりにも都合良過ぎ(^_^;

ハリウッドでリメイクされるらしいけど、CSIが
人気のアメリカの場合、このオチは使えんな(笑)
 






Last updated  2014.09.08 08:17:50
2014.08.15
カテゴリ:映画 ヘ





あらすじ
ローマ郊外にあるレビッビア刑務所では、囚人たち
による演劇実習が定期的に行われ・・・。



解説


ベルリン
国際映画祭
金熊賞








出演は『ゴモラ』のサルヴァトーレ・ストリアーノ。


監督・脚本は、『火刑台の男』でヴェネツィア国際映画祭
パジネッティ賞、『父 パードレ・パドローネ』でカンヌ







国際映画祭パルム・ドール、『グッドモーニング・バビロン!』
のパオロ&ヴィットリオのタヴィアーニ兄弟。







音楽は『ローマ、恋のビフォーアフター』の
ジュリアーノ・タヴィアーニ&カルメロ・トラヴィア。



『塀の中のジュリアス・シーザー』公式サイト



ネタバレ感想
マウスでクリックしながら、なぞるか、右クリック。


イタリアの刑務所で演劇実習をしてる実話を基に
本物の舞台監督と囚人を起用した映画やねんけど
完全にドキュメンタリーという訳ではなくて
シェイクスピアの『ジュリアス・シーザー』を
刑務所を舞台にして見せる構成なんが、おもろいな。

シェイクスピア劇は観た事ないから、勉強になったし(^-^;

シーザーを殺した後に誰かが、多くの俳優が
演じるだろうと言ってて、実際にそうなんやけど
まさか囚人が演じるとは思わんかったんちゃう?(笑)

ブルータスは窓の外は見たくないから立ち位置を
考えてくれと言われて、しゃがみこんでたけど
囚人の自主性を生かした演出方法やねんな。



今は俳優をしてるブルータス役の人は当然としても
他の囚人も、ほんまは俳優が演じてるんとちゃうかと
思ったほど、みんな演技が上手くて驚いた。

野々村元県議の猿芝居の嘘泣きとは、大違いやな(笑)

スタンディングオベーションされたシェイクスピア劇の
舞台的な演技は勿論見事やったが、ほんまの稽古やなく
稽古をしてる映画的演技も、そつなくこなしてたし。



「芸術を知った時から監房は牢獄になった」

稽古をしてる間や舞台を終えた瞬間は充実してて
楽しそうやっただけに、元の生活に戻った後が辛そう(^-^;


ラコステ、アシックス、フレッドペリー、縞々の
囚人服ではなくて、イタリアらしいと言うべきか
みんな結構お洒落な格好して、部屋も広くて
えらい快適そうな囚人生活に見えたけど(笑)
 






Last updated  2014.08.15 19:55:52
2014.08.10
カテゴリ:映画 ヘ





あらすじ
1969年のフロリダ、新聞配達の青年ジャックは
シャーロットと出会い始めて本気の恋をする。
しかし彼女には獄中の婚約者ヒラリーがいて・・。



解説

ゴールデン
グローブ賞
助演女優賞
ノミネート








出演は『ヘアスプレー』のザック・エフロン






『白いカラス』のニコール・キッドマン
『評決のとき』のマシュー・マコノヒー







『ニューオーリンズ・トライアル』のジョン・キューザック







『サイレンサー』のメイシー・グレイ







『ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜』のデヴィッド・オイェロウォ
『フリーダム・ライターズ』のスコット・グレン
『ジャンゴ 繋がれざる者』のネッド・ベラミー







『プレシャス』のニーラ・ゴードン。







監督・脚本は『大統領の執事の涙』のリー・ダニエルズ
原作・脚本は『パリス・トラウト』のピート・デクスター
撮影は『チョコレート』のロベルト・シェイファー。




『ペーパーボーイ 真夏の引力』公式サイト



ネタバレ感想
マウスでクリックしながら、なぞるか、右クリック。


家政婦は見たならぬ、家政婦アニタ(笑)


本人の自由とは言え、服役囚と結婚する奴って
実際にもおって、何考えてるんだろうと思うが
保安官殺しの容疑者ヒラリーに恋するシャーロットも
テレパシーが出来るとか言う理解に苦しむ女性で
人が見てる前でオ●ニーとか、何考えてんねん(^-^;

見られてる方が興奮するとは言うけどな(笑)



元水泳選手で今は実家で新聞配達をするジャックは
いくらニコール・キッドマン似の美女とは言え
年増のイカレ女なんかより、若くてイケメンやし
もっと若くて良い女と付き合えると思うけど
母に捨てられた影響でマザコンで、母の教えを守り
童貞なもんで、冷静な判断が出来へんねんな(笑)



縛られて血みどろのウォード、暴いてはならない
闇の世界に近付き過ぎたのかと思いきや
ウォードは同性愛でマゾで、単なるプレイだった(^-^;



シャーロットは知事の恩赦で釈放されたヒラリーと
念願の一緒の生活を始めるが、切羽詰まったファックと
沼の暮らしは、思い描いていたものとは違って
失敗したと書いた手紙をジャックに送る。


ジャックが島に着いた時にはシャーロットは
既に死んでいて、馬鹿な弟に付き合った兄も殺され
ジャックはワニのいる川に潜んで逃げ切り
二人の遺体を回収して、ヒラリーを死刑にして
小説を書いて、アニタに捧げましたとさ。

兄の葬儀で、久し振りに母と再会できたことは
ジャックにとって不幸中の幸いやったな。
 






Last updated  2014.08.10 16:25:41
2014.01.21
カテゴリ:映画 ヘ




あらすじ
幼い頃に魔女を殺し生き延びた兄妹・ヘンゼルとグレーテル。
その後、ふたりは凄腕の魔女狩りとして生きてきたが・・・。


解説


全世界興行収入
2億ドル超えの
日本未公開作品





出演は『ボーン・レガシー』のジェレミー・レナー





『007 慰めの報酬』のジェマ・アータートン





『007 ゴールデンアイ』のファムケ・ヤンセン





『4月の涙』のピヒラ・ヴィータラ





『ブラザーズ・グリム』のピーター・ストーメア
『13日の金曜日』のデレク・ミアーズ
『コールドプレイ』のイングリッド・ボルゾ・ベルダル
『ビューティフル・クリーチャーズ 
『光と闇に選ばれし者』のトーマス・マン
『東ベルリンから来た女』のライナー・ボック
『デス・プルーフ in グラインドハウス』のゾーイ・ベル。






監督・脚本は『キル・ブル ~最強おバカ伝説~』のトミー・ウィルコラ





撮影は『ゾンビランド』のマイケル・ボンヴィレイン
音楽は『デビルクエスト』のアトリ・オーヴァーソン。



ネタバレ感想
マウスでクリックしながら、なぞって下さい。


ヘンゼルとグレーテルの話が、5分で終わった(笑)
お菓子の家が、まったく美味しそうに見えへんのに
迷い無く2人が食べるのが、違和感あったな。
ええ匂いしてたんかな?(^_^;

お菓子の食べすぎで、ヘンゼルが糖尿病って(笑)



普通、2億ドルも稼いだ作品なら、日本でも
公開されそうなもんやけど、B級すぎる内容
地味なキャスト、未公開なのも納得やね(^_^;

でも、最初はB級臭さに、失敗したと後悔したが
八つ裂き、木っ端微塵にされ飛び散る血しぶき
ロバート・ロドリゲス監督の作品にも見られる
B級スプラッターなテイストに次第にハマって
ミーナがガトリングガンで、魔女を次々と
ぶっ殺すとこは、テンション上がりまくり(笑)



ラスト、AEDで蘇生したハルクっぽいトロールの
エドワードと2人のファンだったベンが仲間に加わり
シリーズ化も意識した感じの終わり方やっただけに
白い魔女ミーナが死んだんは、勿体無いよな。

水戸黄門の由美かおるの入浴シーンみたいに
毎回、尻を見せるのを、お約束にすべきやろ(笑)

グレーテルは白い魔女の血を引いてる設定やのに
ミーナを魔法で助けへんって、あり得んやろ(^_^;



グレーテルを演じるジェマは、個性的な顔立ちだが
なんだか可愛かったし、寄せ乳とプリッとしたケツで
B級映画に彩りを加えてくれてたな(笑)

続編があったら、エドワードと結ばれるんかな?(笑)
 






Last updated  2014.01.21 20:29:39
2013.06.17
カテゴリ:映画 ヘ




あらすじ
テヘランで暮らす妻シミンは、11歳になる娘
テルメーの将来のことを考えて、夫ナデルと
ともにイランを出る準備をしていたが・・・。


解説

アカデミー賞
外国語映画賞

ベルリン
国際映画祭
金熊賞
銀熊賞(男優賞)
銀熊賞(女優賞)



監督は、ベルリン国際映画祭銀熊賞 (監督賞)の





『彼女が消えた浜辺』のアスガー・ファルハディ。


前作が、どの国でもリメイク可能だったのに対し
今作は、イランならではの内容になってたけど
普段隠された人の内面を炙りだす巧さは変わらず。



出演は、『彼女が消えた浜辺』にも出てた
ペイマン・モアディ、シャハブ・ホセイニ
メリッラ・ザレイ、監督が脚本を書いた





『フライト・パニック ~ペルシア湾上空
強行脱出~』のレイラ・ハタミ
監督の娘のサリナ・ファルハディ





『明日へのチケット』のババク・カリミ。



『別離』公式サイト



ネタバレ感想
マウスでクリックしながら、なぞって下さい。


美人ママと違い過ぎて、監督の娘じゃなかったら
起用されなかった感じのテルメー役の子やけど
演技は問題なく、親バカ起用でもなかったな(笑)

ソマイェ役の子は、めっちゃ可愛かったな。
酸素ボンベで遊ぶとこは、怖かったけど(笑)


身分照明書をコピーするオープニングが明け
娘の将来の為の移住をしないなら離婚すると
訴える妻シミンと、アルツハイマーの父を
見捨てられないと言う夫ナデルとの口論で
てっとり早く人物紹介を済ませる。

子供を育てるのに問題はない国だから
些細な事で揉めるなと、あしらう役所の人(^_^;


シミンは実家に帰る事にし、ナデルの父を
介護してもらう為に、ラジエーを雇ったが
ナデルが家に帰ると、ナデル父はベッドに
縛り付けられて、死にかけていたので
ラジエーを叱責して家から追い出したが
その時、ラジエーは流産して、ナデルは
殺人罪に問われることになる・・・。


セルフガソリンスタンドでチップを渡した娘に
お釣りを貰ってこさせるくらい金に細かくて
先生がどう教えようと関係なく、アラビア語と
ペルシア語の違いに厳格で、融通がきかない
ナデルは、頑なに自分の非を認めようとせず
保釈金を払ってくれたシミンが娘の安全の為に
提案した示談金での解決を拒む。

しかし、先生がラジエーに教えた医者の
電話番号をナデルが知っていたことから
娘のテルメーに、保身の為にラジエーの妊娠を
知らないと嘘を言ってたことがバレてしまい
嘘の証言をしてくれた娘にまで見放されて
ナデルも、ようやく示談を受け入れる。

だが、せっかく丸く納まったのに、ナデルは
よせば良いのに、ラジエーにコーランに誓えと
言ったばっかりに、険悪なムードになる(^_^;


バスで苦しそうなラジエーの描写があったし
外出は病院に行ってたからと、容易に想像でき
流産はナデルが突き飛ばしたせいでないのは
予想できたが、徘徊したナデル父の身代わりで
車に撥ねられたからとは思わんかったな。

ナデル父が粗相して着替えさせるのに、わざわざ
電話して宗教上で罪になるか確認するくらいに
信心深いラジエーが、嘘をついてたのが意外で
盗人にされた事、流産させられた事の怒りが
そうさせたんやろうか?

失業中で性質の悪いクレーマーのホッジャトが
見るからに胡散臭いから、金目当てで妻に嘘を
強要したのかと思いきや、夫は知らんかったしな。


ママが出て行かなかったら、パパは監獄に
入らなかったと娘に非難されたシミンやけど
息子の名前も忘れたナデル父の信頼ぶりから
思うに、かなり苦労してきたんやろうな。

逃げないとか偉そうに言ってたナデルやけど
父の介護を全てシミンに押し付けたんちゃう?

身内の祖父の裸すら見たらあかんような
女性に制約が多過ぎるイランではなく
海外で娘を育てたいと思うのは、教養の
ある女性やったら当然やろうな。

最初は同意してたのに、移住許可されてから
反対されたら、怒るのも至極当然。
本当に父親の事だけで反対したんかな?


ナデルがソマイェに言ってたけど、今回の
話では、そこまで重要ではないことやけど
お金が無くなった件に関しては、序盤すぎて
自分は忘れてたけど、ネットの意見で分かったが
ピアノ運搬業者が、2階やけど実質3階やから
差額を払えと言われ、シミンが抜き取ったので
誰も盗んでいなかったって事らしい(^_^;


「決めました」とテルメーが涙を流しながら答え
退席させられた両親を、長々と映して閉幕。
娘が、どっちを選んだのかは意見が分かれるが
自分は母親を選んだような気がするな。
 


この記事にトラックバックする
http://toradanjr.blog.fc2.com/tb.php/69-c35b8cea

虎党 団塊ジュニア ブログ 弐号機に
承認後に反映されます。






Last updated  2013.06.17 07:41:17
2011.11.24
カテゴリ:映画 ヘ




あらすじ
平凡な毎日を送るごく普通の高校生コユキと
NY帰りの天才ギタリスト南竜介は偶然に出会い・・・。


感想


お前の
肛門
何痔だよ




『ゴリラーマン』のハロルド作石の



累計発行部数

1200万部超




人気マンガなので、知ってはいたけど未読なので
原作に、どれだけ忠実なのか分からんなわからん


劇中に、グレイトフル・サウンドって言う
フジロックをモデルにしたフェスが登場するが
フジロックに行った事ないから、どこまで
リアルだったのかも、よう分からんかったしわからん



佐藤健
水嶋ヒロ、桐谷健太、忽那汐里、中村蒼
向井理
カンニング竹山、倉内沙莉、水上剣星、古川雄大
桜田通、川野直輝、高橋努、竹中直人、フロイド・リー
サンキ・リー、松下由樹、中村獅童、桂南光
有吉弘行、品川祐、蝶野正洋、もたいまさこ
キャストの豪華さが、最も印象に残る映画やったなしょんぼり







オアシスの「Don't Look Back in Anger」や
レッチリの「Around the World」みたいには
心に響いてはこなかった。



監督は『20世紀少年』の堤幸彦。











ネタバレ感想
マウスでクリックしながら、なぞって下さい。


放送室を占拠する話って、20世紀少年やん(^_^;

オープニング格好悪すぎ(^_^;
わざと?

オウムが歌わなかったら、観るの止めてた(笑)



倉内沙莉の棒っぷりには、度肝ぬかれた(笑)


「バンドはただ技術のある奴が集まれば
良いってもんじゃねえ、CHEMISTRYが大切なんだよ」


水嶋ヒロも忽那汐里も、帰国子女やから
適役なんだろうな。

忽那って子は可愛いとは思うけど、ヨシトって言う
人気ミュージシャンが、あそこまで執着する程の
女には、見えんかったよな(^_^;


ブラバラで斉藤さんって呼ばれてる竹山が
斉藤って役で出て来て、わらった(^_^;

元競泳選手だからって、海パンでギター弾かんでも(笑)


中村獅童は悪役とは言え、人気プロデューサーやのに
見た目、胡散臭すぎるやろ(笑)
原作でも、あんなんなん?


BECKって、レイジのコピーバンド?(笑)
桐谷健太は、単体で聴いたら、頑張ってたけど
あの優勝したラップバトルは、完敗やろ(^_^;


ひっぱって、ひっぱって、結局コユキ歌わんのかい(^_^;
原作者の意向らしいし、仕方ないとは言え、テレビドラマの
最終回みたいなダイジェスト映像の安っぽい演出はないな(笑)

びっくり顔で、凄いって事は一応伝わってくるけど
空とか見せられても、間奏が長いと早く歌えと思う
自分的には、きつかったな(^_^;



いじめられっ子のコユキが、竜介とギターと出会い
仲間が出来て、彼女も出来て、世界が変わるという
ストーリーは悪くないけど、ルシールってギターと
ブルテリアを盗んで、ギャングに追われるって
エピソードは、なんか引いたな(^_^;

悪役には、蘭とヨシトがいて十分な気がすんのに
サイクスは余計な感じがしたな。



楽屋にヨシトのファンが押しかけたり
部外者の新体操の棒(笑)が挨拶に来たり
フジロックのセキュリティって、あんな感じ?

その癖、出演者の千葉を、必死に足止めするし(笑)

斉藤さんがテレビカメラを奪ってもお咎めなしやし
フリーダムなフェスやねんな(笑)
 



虎団Jr. 虎ックバック専用機
承認後に反映されます。







Last updated  2011.11.24 09:11:23
2011.08.19
カテゴリ:映画 ヘ




あらすじ
父を亡くし、母の転職でアメリカから北京に移り住んだ
12歳の少年ドレは、カンフー少年チョンにイジメられる
毎日だったが・・・。


感想


ウィル・スミス
夫妻の親バカ映画うっしっし




『幸せのちから』のジェイデン・スミス君は
エンディングのラップの出来以外は、頑張ってましたがうっしっし




カラテ・キッド
ちゃうやんぷー



別にリメイクしようが
『花都大戦 ツインズ・エフェクト2』
ジャッキー・チェンをキャスティングしようが
落ち目の日本ではなく、中国を舞台にしようが
構わないけど、空手が出てこないのに、題名を
カンフー・キッド』に変えないのが分からんわからん




共演は『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』
のタラジ・P・ヘンソン
『シャンハイ・ヌーン』のユー・ロングァン。



監督は、『エージェント・コーディ』
のハラルド・ズワルト。



『ベスト・キッド』公式サイト



ネタバレ感想
マウスでクリックしながら、なぞって下さい。


この監督、影が好っきゃな(笑)



ドレがメイに恋するけど、オノ・ヨーコしかり
ルーシー・リューしかり、欧米人の好みは
日本人とは違うよな(笑)

中国って基本的に、いい加減な国(笑)ではあるけど
バイオリンのオーディションの日にちが、明日から
今日に変更されるなんて、ハリウッド映画のお約束
クライマックス前の喧嘩別れ(笑)に、無理矢理
もっていく為としか思えんかった(^_^;)



どんなに、冴えない風に見せていても
ジャッキーが強い事は、誰もが知っている(笑)

塀を飛び越えたり、中国人なのにチョン(笑)達は
強そうではあったけど、オリジナルの高校生とは違い
やっぱり子供やし、それを蹴散らしたからって
ハンが特別に強いって感じはせんな(^_^;)

それと、大人相手に集団で子供が襲いかかるって
どんな国だよ(笑)



蝿を箸で掴むかと見せかけて、蝿叩き(笑)
蝿をつまんだ箸で、カップラーメン食うなよ(^_^;)
オリジナルのパロディはじめ、主人公の人種と
年齢や舞台など多少の変更はありつつも、基本的な
ストーリーはオリジナルと一緒やったけど、ミヤギの
妻子が死んだのは日本人収容施設だったのに、ハンの
妻子は自分の不注意で交通事故って、オリジナルには
垣間見れたアメリカ批判が無くなり、腑抜け映画に
成り下がってしまったな(^_^;)



オリジナルの窓拭きの代わりの上着を掛けない
ドレの躾も兼ねた上着脱ぎやけど、窓拭きなら
兎も角、あんな訳の分からん事をドレが従順に
やり続けるのが不思議でならず、文句を言うのが
遅すぎるだろと思った(^_^;)

掛ける時、いい態度って、変な顔するのは良かったけど(笑)



映画的に見栄えが良いから以外に、万里の長城で
修行する理由あらへんやろ(笑)

この映画の修行場面を観て改めて、オリジナルの
監督って、そう言えば『ロッキー』のジョン・G・
アヴィルドセンだと思い出した(^_^;)



カンフー大会で決着だって、対戦する前に
負けたら、どうするねん?(笑)



準決勝で反則で怪我をさせられ、ハンが火で治して
出場した決勝で足を狙われ、ピンチを迎えた時
ドレは習得に一生かかるコブラ拳に開眼して
チョンを倒して優勝、負けたチョン達は
手の平返しで改心して、めでたしめでたし。

80年代なら許せた展開やけど、今は無理(笑)





このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/530827/26953912 

虎団Jr. 虎ックバック専用機
承認後に反映されます。







Last updated  2011.08.19 08:04:23
2010.06.03
カテゴリ:映画 ヘ




あらすじ
休暇をとってベニスに静養にやってきたドイツの
老作曲家が、まるでギリシャ彫刻のような容姿をした
美少年に心を奪われてしまい・・・。


感想


題名そのままうっしっし


ノーベル賞作家トーマス・マンが、実体験を
基に書いた小説が原作。


でも、彼はベニスでは死んでませんけどねウィンク
死んでたら、小説書けへんもんな大笑い



原作の主人公は作家だそうですが、ファーストネームや
容姿から、グスタフ・マーラーをモデルにしてるのは明白で
『熊座の淡き星影』のルキノ・ヴィスコンティ監督は
本作の主人公を、音楽家に変更しています。


そして、原作には登場しないアルフレッドという
マーラーの友人アルノルト・シェーンベルクを
モデルにした人物に、重要な役割を与えてる他
映画を彩るマーラーの音楽は、もう1人の
主人公と言える程の印象を残しているので
クラシックは、退屈な音楽だと思ってる方は
観ない方が良いかもしれませんNG



出演は『愛の嵐』のダーク・ボガード
『スウェーディッシュ・ラブ・ストーリー』のビョルン・アンドレセン
『家族の肖像』のシルヴァーナ・マンガーノ
ボッカチオ'70 HDニューマスター版』のロモロ・ヴァリ
『ルードウィヒ』のマーク・バーンズ
『バリー・リンドン』のマリサ・ベレンソン。





【送料無料】ベニスに死す  / Morte A Venezia 輸入盤 【CD】


ネタバレ感想
マウスでクリックしながら、なぞって下さい。


結婚して、亡くなったようやけど、かつては娘もおった
普通に生きてきたグスタフみたいな男やったとしても
心を奪われるのも分からないでもないって位に
タージオは、めっちゃ綺麗な顔しとったな。


ただ、自分やったら、タージオやなくて
タージオのママの方に行くけどな(笑)

4人の子持ちとは思えん程、若々しくて美しく
流石に、タージオを産んだだけあるわ(笑)


でも、3人の妹はタージオの妹には見えない程
あまりパッとせん感じやったな(^_^;)
タージオの美しさを引き立てる為にも
地味な子供をキャスティングしたんやろな。



「タージオお別れだ、お幸せに」

「他人にそんな笑顔はよせ
 愛してる」

グスタフの本音が、思わず口に出たとも解釈できるが
グスタフのキャラからして、あんな事を軽々しく口にするのは
不自然で、映画を観てる人への説明の為の台詞に思えた(^_^;)
この作品は主人公の視点やなく、神の視点から描いてて
グスタフの心の声って手法は使えんかったからな。



アルフレッド曰く、芸術家としての致命的な欠点の
常識人であるグスタフは、タージオに迫ったりはせず
ひたすらストーキングして、ただ見つめるだけ(^_^;)



グスタフが観客からブーイングを浴び

「引き渡してやる、死刑だ」

そうアルフレッドに宣告される悪夢を観るが
アルフレッドのモデルのシェーンベルクが
初演時にブーイングされた事に因んだ場面のようで
最初は観客に受け入れられなかったアルフレッドの
新しい音楽が主流となって、自らは時代遅れになる事への
恐れを表してるが、つまりは老いへの恐怖とも取れるな。


グスタフのタージオへの想いは、単なる恋愛感情だけやなく
若さへの憧れと共に、芸術家として長年求め続けてきた
美に対する答えを、タージオに求めたって事なんやろうね。
でも、オッサンが美少年に、恋する乙女のように恥らって
気持ち悪い事この上なかったけどな(笑)



コレラで死ぬ事より、タージオを見れなくなる事が
耐えられなかったグスタフは、ベニスで死す、完。
タージオの事を愛してるんなら、早く逃げるように
言うべきやのに、独りよがりな愛やな(^_^;)



冒頭にグスタフを歓迎したオッサンも化粧してたけど
当時のイタリアでは、男性が化粧するのは一般的やったんか?
どう見ても、キモいだけやのに(笑)

高級ホテルに似つかわしくない流しのバンドの
ヴォーカルみたいに、笑いを取る為なら分かるけどな(^_^;)
 
楽天以外の方は
コメントにURLをお忘れなく♪

TBは、承認後に反映されます。






Last updated  2010.06.03 00:22:08
2010.05.20
カテゴリ:映画 ヘ




あらすじ
甥と姪を寝かしつけようと、ハチャメチャな作り話を
聞かせる独身男スキーター。
興奮した子供たちが話に割り込みストーリーを変えてしまうと
翌日それが現実になり・・・。


感想
勧善懲悪で
エロくない
うっしっし


ディズニー映画には物足りなさを感じる部分はあるけど
ディズニーらしさも、嫌いやなかったりするんで
もっとファンタジーに、もっと嘘くさく


もっと
ディズニー
らしくせえ!


と、思ってしまう作品やったかなしょんぼり



出演は『ホット・チック』のアダム・サンドラー
『ジャイアント・ベビー』のケリー・ラッセル
『トゥー・ブラザーズ』のガイ・ピアース
『寝取られ男のラブ♂バカンス』のラッセル・ブランド
『ハリー・ポッター』シリーズのリチャード・グリフィス
『パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち』
のジョナサン・プライス
『ロンゲスト・ヤード』のコートニー・コックス
『ディセンバー・ボーイズ』のテリーサ・パーマー
『もしも昨日が選べたら』のロブ・シュナイダー。



監督は『キャプテン・ウルフ』のアダム・シャンクマン。



『ベッドタイム・ストーリー』公式サイト



ネタバレ感想
マウスでクリックしながら、なぞって下さい。


個人的には、目が大きいモルモットの
バグジーだけ良かったな(笑)



子供を寝かす為のお話が、現実で起こる範囲で
実現していくねんけど、子供が話した事だけが
実現するのがミソで、自らの思い通りにはいかず
主人公が振り回されるのが、見所となってるけど
実現した中では、最初のガムが降ってくる所が
ピークやったんが、かなり残念やったな。

それから、なんで実現するのかの理由が説明されず
かなり釈然とせんかった。


おとぎ話の中では、『SW』のパロディで
バズが友情出演してたとこだけが良かったかな。




悪役のケンドルやけど、アスペンと付き合ってるのに
出世の為にバイオレットに手を出した事と
ケーキを床に落とすぐらいしか悪い事してないし
プレゼン対決で負けた時も、潔く負けを認めてたし
スキーターが最後、ケンドルをアゴで使う場面は
ケンドルが可哀想で、スキーターが最低に見えた(^_^;)


出世欲、金銭欲、色欲など、欲望の塊って点では
スキーターもケンドルも全く同じやったし
主人公に、あまり好感が持てへんかったけど
欲の無い善良な男よりも、スキーターみたいな等身大の
キャラが、今の時代には嘘臭くなくて合ってるって事か。



「自分の話は自分で作れ」


幸せになるには、他力本願なんか期待せずに
自分の力で成し遂げろという教訓でハッピーエンド。


スキーターが学校の爆破を止めようと
バイクで向かう途中で、今まで語ってきた
西部劇やSFの登場人物とオーバーラップするけど
ずっとバイクに乗ってるだけやから、いまいち
リンクしてへんかったのが残念やね。

電話が繋がったら、最後の見せ場もなく解決するから
ケンドルが、みんなに携帯電話を切らせてたけど
思いっきり、無理矢理感が漂ってたな(^_^;)
 
楽天以外の方は
コメントにURLをお忘れなく♪

TBは、承認後に反映されます。






Last updated  2010.05.20 08:59:10

全21件 (21件中 1-10件目)

1 2 3 >

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Category

Comments

 夢穂@ Re:GWは武道館(04/28) 育ちざかりか。ぽっちゃりさんの お嬢さん…
 徳虎@ Re:猛虎ショー(04/01) お久しぶりです 8対1で勝たなきゃいけ…
 夢穂@ Re:ゲス御用達うどん(03/31) よ~わからんのはゲスはあかんのに 世界の…
 管理人@ Re:夢穂さん >今年も底辺で >混セになりそうですね …
 夢穂@ Re:侍が無料で見れるデー(03/28) オリックスファンでもないけど とりあえず…

Favorite Blog

梅雨空の松本平で、… New! 夢穂さん

今日の収穫 (7月… New! BROOKさん

息がとまるくらいの.… New! 徳虎さん

近本、逆転3ランで勝… トラトラ甲子園さん

かくも長き不在(The… 雨里2006さん

久しぶりのナゴヤ球場 タイガース非公式サイトさん

殿上人日記(仮) 殿上人夢穂さん
パイプの部屋 yohkuraさん
遠井の吾郎ちゃんの… 遠井の吾郎ちゃんさん

Rakuten Ranking

Free Space



Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.