768632 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

浦和レッズを語る あらいぐま珈琲3号店 -

PR

Rakuten Profile

設定されていません

Favorite Blog

バルセロナでテロ niconicotomoさん

韓国ドラマ「チャン… 七詩さん

9/7(木)に「ひより… 楽天ブログスタッフさん

Cosa Facciamo? mahowさん
晴れた日にも 曇っ… 赤い花手まりさん

Free Space

Category

Archives

Aug , 2017
Jul , 2017
Jun , 2017
May , 2017
Apr , 2017

Freepage List

Jul 30, 2017
XML
本日早朝、チームからミシャ監督と杉浦コーチの解任が発表された。
これで、ACLの劇的勝利から端を発した、リーグ戦の連敗と周りで起きた一連の出来事は決着をみたのだと思う。
関根選手の6人抜きドリブルゴールがあったり、ドルトムント戦での意外な善戦があったり、それに絡む議員の騒動があったりで、浦和は話題に事欠かなかった。
サポーターも、バス取り囲み事件、凱歌を歌わないゴール裏事件や議員でモヤモヤした一方、啓太の引退試合でサッカーのサポーターをしている幸せを実感するという体験をした。忙しかったー。

ACLが5月31日、ミシャ解任が7月30日だから、ちょうど2ヶ月間だ。サポーター歴の中でもこれほど激動の経験はなかったと思う。これで落ち着いてほしいと願う。

思えばこのあらいぐま珈琲3号店というブログを書いていたのはちょうど、ミシャ監督が就任した時期だった。

興味を失った訳ではなく、それまでの迷走から、毎年良くなっていくばかりの浦和レッズに対しては取り立てて書くことがなかった。

今年は戦術も選手もクラブも完成形に近づき、ついにタイトルかと期待に胸を弾ませていた。多くの浦和レッズを応援する方達もそうだったろう。また、そんな浦和レッズを新しく好きになった方もたくさんいたのではないだろうか。

だが、浦和レッズは、あの歴史的なACLの試合の後、突然急速に失速した。最高の試合をした後から、勝てなくなった。過密日程もあっただろう。守備が崩壊し、そして自慢の攻撃も機能しなくなっていった。

何が起きたのか?そして、浦和レッズはどうなっていくのか。このブログを復活させようと思ったのは、そんなことをまた考えてみたいと思ったからだ。

ひとことでいえば、浦和レッズは1つのステージが終わったのだと思う。浦和レッズに関わる人はそういう歴史的な瞬間に今立ち会っているのだと思う。あまり感情的にならず、見守っていきましょう!

ミシャ監督に関しては、試合の采配だけ苦手な監督なのだと思う。監督に必要な
スキルは色々あると思うが、その部分だけ弱かったのだ。他の部分は、偉大な監督だったと思う。

すごく楽しかったし、クラブは高みに登った!ミシャ監督には感謝しかない。


rblog-20170730161235-00.jpg

ミシャ監督の素晴らしさや、貢献の大きさ、このような結果になった原因などは別の機会に。

それより、堀監督のサッカーはどんなものになるのか。2011年に、別のペトロヴィッチ監督の辞任を受けて、監督に就任して、降格の危機から救ってくれたときの様子は前回の記事を。

堀監督のサッカーとは!

まず、目指すのはムービングサッカー。ボールと人が動く攻撃的なサッカーで、上手くいっていたときのミシャサッカーと方向性は一緒だ。
(ただし、あそこまで形とポゼッションにこだわらないので、最近のミシャサッカーのような、相手に研究されての攻撃の停滞はないだろう)

そして、ミシャに対して、多くの人が一番不満がある選手起用について、堀監督はとてもまともだ。ここが最大の特徴と私は思う。

ムービングサッカーは、ピッチのあらゆる場所でボールと人が動かないと成り立たないため、どんな選手を起用するかが生命線なるのだ。一人でもサボったら崩壊する。だから、選手起用はその選手のメンタル含めて考えないといけない。ミシャ監督は別の要素が強すぎた。

堀監督は変わっていなかった。下記は本日のインタビュー。

「今後の選手起用の基準については、「この苦しい状況下で本当の意味で競争をしながら、身体、心、姿勢、そういった本当の意味で戦う準備のできている選手でゲームに臨む。まず次の大宮戦に向けて、やってくれると期待しているし、そこに(ピークを)持っていきたい」と、『チーム内の競争の活性化』をポイントに挙げた。」
(サッカーダイジェストより)

あのときも、闘える選手を送り出すと言って、それまでレギュラーだった選手を外し、控えの選手を起用した。公平な競争がチーム内にあることで、復活する選手も出てくるのではないだろうか。そういう選手の活躍により、また勝てるようになってほしい。

もう1つ、守備の建て直しについて。
守備におけるミシャサッカー最大の弱点は、サイドだと思う。
最前線にいるウィングバックと、ツーシャドーが、ミシャサッカーではサイドを担当する。だが、最前線にいるため相手陣地でボールを奪われると長い距離をもどらないといけない。疲れてくると戻れなくなる。ただでさえ無理があるところ、センターバックが攻撃参加してしまうと目も当てられない。数的有利な状況を作られ、サイドに起点を作られてしまう。人数足りないのでリスクを避け、寄せも甘くなってしまい、決定的なクロスがノーマークの相手選手に渡り失点。

なぜ、寄せが甘いのか、なぜ、中央がフリーなのか。これは、運動量が足らないからで、ボールとられたら全員守備に戻るという約束ごとが、守られていないからだと思う。

この守備の弱点の克服のため、堀監督は前回就任の時ようにまずは4-1-4-1にするのではないだろうか。

フォーバックにして、サイドハーフを起き、サイドの人数を増やすことでサイドに起点を作らせないようにする。アンカーを置いてセンターバックを二枚にすることで中央バイタルエリアでフリーにしない。そうやって守備をまず安定化させて、失点しないチームを作る。そして、ミシャサッカーで培ったコンビネーションと、セットプレーやミドルシュートなど合わせて得点をとる!
そんな感じでチームを建て直すのではないだろうか。

そんなことも考えて、スタメンを予想してみた。不調な選手は外した。

-------興梠-------
高木-武藤-柏木-駒井
-------阿部-------
宇賀-青木-遠藤-関根
-------榎本-------

長澤、菊地、阿道、田村、矢島もせっかく回ってきたチャンスを生かしてほしい。
ミシャスタイルでは、特長が活きなかった、ズラタン、ラファエルシルバ、高木、矢島、田村には特に期待する。


最初は混乱があって、成果は出ないと思うが、新たなステージに入った浦和レッズを長い目で見守っていきたい。






Last updated  Jul 30, 2017 06:43:38 PM
コメント(0) | コメントを書く
[サッカー 浦和レッズ] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.