1525669 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Cinema Collection

PR

カレンダー

プロフィール


ひろちゃん★510

サイド自由欄

br_decobanner_20100213011330.gif

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

【心霊喫茶「エクス… New! 美齢(めいりん)さん

劇場鑑賞「ブラッド… BROOKさん

ながまりのときどき… ナガマリさん
香るキッチン kuritan735さん
With you rikoriko31219さん

コメント新着

BROOK@ Re:★お休みいたします★(09/15) 思いもよらないコメント… たしかにありま…
rose_chocolat@ Re:★お休みいたします★(09/15) gooはコメ閉じてたんでこちらに書くね。返…
ひろちゃん★510@ Re:zebraさ~ん(*^_^*) こんばんは♪ いつもコメントありがとうご…
ひろちゃん★510@ Re:hoshiochiさん (^^♪ ご訪問、コメントありがとうございました…
ひろちゃん★510@ Re:リュウちゃん6796さん(^.^) ご訪問、コメントありがとうございます! …

ニューストピックス

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2006.08.20
XML
           A KNIGHT'S TALE

          決闘血が上がる。 

映時間 132分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開 (SPE)
初公開年月 2001/10/06
ジャンル アクション/青春/歴史劇

【解説】
 
中世ヨーロッパを舞台に、
庶民の娯楽だった“ジュースティング(馬上槍試合)”
に挑むひとりの若者の成長を描いた青春アクション・アドベンチャー。

舞台は中世ながらそこで歌われる音楽が現代のロックという異色の試みが
なされている。監督は「L.A.コンフィデンシャル」の脚本を手掛け、
「ペイバック」を監督したブライアン・ヘルゲランド。
主演は「パトリオット」で注目されたヒース・レジャー。

14世紀。平民の若者ウィリアムはジュースティングをして諸国を巡る
騎士エクスター卿の従者をしていた。
ある日、卿が不幸にも命を落とすとウィリアムは大会に出ることの
できない平民であることを偽り出場、みごと優勝してしまう。
そしてこの時、ウィリアムの心の中で何かに火が点くのだった……。

【感想】 
(どきどきハートどきどきハートどきどきハートどきどきハートどきどきハートどきどきハートどきどきハートダブルハート)

中世のヨーロッパが舞台で、ヒースレジャー(カサノバ)、
ポールベタニー(ダヴィンチコード)の出演、さらにクイーンの
音楽とくれば見ないわけにはいかないと思って、地上波で
見ました。

ベタな展開の成りあがりストーリー
でありながら、脚本がいいのか
テンポの良い話の運び方
で、主演のヒースも他の登場人物も
キャラクター設定がわかりやすく
(いい人、悪い人)
それぞれに適役で、会話もユーモアに富んでいて
アクションあり、恋あり、父子愛あり、友情あり

そして、ラストは、目めでたし、めでたしスマイル

実はさほど期待はしていなかったのですが、面白くて、楽しくて、
中世のさわやかな青春劇で、大きな感動とかはないのすが、
後味もよくていい作品でしたウィンク
まあ、つっこみどころも多々ありますが(笑)

このヒースを見て、ラッセ監督は、ヒースをカサノバ
抜擢したのかな?って思えるくらい、このヒースは私に
とってウィリアムでなくてカサノバでしたスマイル

rockyou1.jpg

またポールベタニー演じるチョーサー
裸での登場でしたので(笑)、これまたダヴィンチコードの
シラス
ともダブりましたスマイル

この二人をはじめ役者さんが本当によかったです。
また舞台は中世のヨーロッパなのに流れる音楽
というのがロック
というのも不思議な感じなのですが
映像にあっていたような気がします目がハート

ただ残念しょんぼりなのは地上波でしたので、かなりカットされて
しまっていたことかな。
132分の上映時間なのに2時間枠で終わってるので
30分くらいカットがあるのではないかと思います。


それと吹き替えは良かったのですが、才気溢れる言葉の魔術師、
後に大作家となるチョサーの若い時を
演じているポールベタニーの試合前の口上は、彼の声で聞きたかったかな。

吹き替えの山寺宏一さんは大好きなのですが、とてもよかったのですが、
それだけにポールベタニーの台詞まわしも聞きたいなと思いました。

これの邦題は『ロック・ユー』ですが、
原題は『A KNIGHT'S TALE』なのでこれはどうやらチョーサーの
『カンタベリー物語』にある『騎士のお話』に関係しているようで、
ラストでチョーサーが「これからいろいろな人の話を書くよ」みたいな台詞が
あるのですが、それがこの『騎士のお話』につながるようです。


これは字幕で、カットなく全編を見てみたいのでDVDを探して
もう1度きちんと見たいと思っています。


四つ葉カンタベリー物語四つ葉
チョーサーの代表作品。
ロンドンからカンタベリー寺院に向かう様々な階級の巡礼者29人が、
互いに物語を語り聞かせ合う形式で24編が現存している。
各編は、恋愛物語、滑稽譚、道徳的小話などと多様で、
当時の人情や風俗がユーモアをまじえて見事に描かれており、
まさに中世文学の集大成と言える。







最終更新日  2006.08.20 13:28:29
[2006年鑑賞映画] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.