1906010 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Cinema  Collection

Cinema Collection

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

カレンダー

プロフィール

ひろちゃん★510

ひろちゃん★510

サイド自由欄

br_decobanner_20100213011330.gif

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

ながまりのときどき… ナガマリさん
香るキッチン kuritan735さん
With you rikoriko31219さん
☆orange pe… ☆オレンジピール☆さん
あ!CINEMA 365 DAYs ラブ☆シネマさん

コメント新着

BROOK@ Re:★お休みいたします★(09/15) 思いもよらないコメント… たしかにありま…
rose_chocolat@ Re:★お休みいたします★(09/15) gooはコメ閉じてたんでこちらに書くね。返…
ひろちゃん★510@ Re:zebraさ~ん(*^_^*) こんばんは♪ いつもコメントありがとうご…
ひろちゃん★510@ Re:hoshiochiさん (^^♪ ご訪問、コメントありがとうございました…
ひろちゃん★510@ Re:リュウちゃん6796さん(^.^) ご訪問、コメントありがとうございます! …

ニューストピックス

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2007.09.04
XML
GOOD NIGHT, AND GOOD LUC

1954年、アメリカ
百万人の視聴者が、ひとりの男(ニュースキャスター)
に未来を託した――
自由を再び手にするために
これは、全米を勇気で満たした感動の実話である


映時間 93分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(東北新社)
初公開年月 2006/04/29
ジャンル ドラマ

【解説】

ハリウッドを代表する映画スター、ジョージ・クルーニーによる
「コンフェッション」に続く監督第2作目。“赤狩り”の
猛威が吹き荒れた1950年代を舞台に、危機に瀕した自由を
守るため、時の権力に敢然と立ち向かった国民的ニュースキャスター、
エド・マローと番組スタッフたちの姿を、全編モノクロ映像による
緊張感あふれるタッチで描き出す。
主演は「最果ての地」のデヴィッド・ストラザーン。

【ストーリー】

1953年、米ソの冷戦が激しさを増す中、アメリカ国内では
マッカーシー上院議員を旗頭に、国内の共産主義者の
徹底した排除活動が行なわれていた。しかしその標的は、
いまや政府に少しでも楯突く者すべてに及んでいた
。一般の市民はおろか、マスコミさえもが恐怖の前に
沈黙してしまう。そんな中、CBSの人気キャスター、
エド・マローとプロデューサーのフレッド・フレンドリーは、
番組内でマッカーシーの欺瞞を暴き、彼こそが自由の敵である
と訴える内容の放送に踏み切るのだった。そして、その反響は
概ね好意的に受け取られる。これに対し、マッカーシー側も
CBSへ反論と圧力を掛けてくるのだが…。

【感想】
どきどきハートどきどきハートどきどきハートどきどきハートどきどきハートどきどきハートどきどきハート

この映画自体に興味もあったのですが、またまた
ロバートダウニーJrダブルハートねらいで(笑)観ましたスマイル

モノクロの美しい映像きらきら、流れるジャズ音符の心地良さ、
放送(報道)に携わる男たちのカッコ良さ目がハート、渋さを
感じた映画でした。


赤狩りは日本でもありましたが、もちろん
私は生まれてませんし、日本とアメリカでは
時代背景も違うので、その時のアメリカに
住む人たちがどれだけの思いをしていたかと言う
恐怖を感じられず・・・しょんぼり

なので、エドマローたちが行った勇気ある行動の
素晴らしさを、彼らがその放送をすることによる身の
危険をあまり感じられず、彼らの行動は勇気ある
ことなんだと頭ではわかっても、心に響くまでの
感動にまでいたらなかったのがとても残念ですしょんぼり

エドマロー.jpg
<↑エドマロー>

エドマロー役のデビッドストラーザン(私は初めて
知った俳優さんですが)はアカデミー賞の
主演男優賞にノミネートされましたが、本当に渋くて
鋭い感じで、エドマローを演じていて、その立ち居振る舞い、
タバコ喫煙を吸いながら話す姿はステキでした。
「グッドナイト&グッドラック」と放送の締めくくりで
言う言葉のなんとカッコいいこと!

実際のエドマローもこんな雰囲気のかただったのでしょうねウィンク
映像でのエドマローを知らないので比較はできませんが、写真で
比べる限りではとデビッドのエドのほうがステキかなうっしっし

323374view017.jpg
<↑デビッド演じるエドマロー>

また、監督賞にノミネートされたジョージクルーニーですが
オーシャンズのような伊達男っぽい感じではなくて
地味な感じでの助演もステキでした目がハート

ロバートはモノクロで観てもステキでした目がハート(笑)
私は彼のメガネをかけているお顔が特に好きです目がハートピンクハート
赤狩りと言うことで彼が演じているチャーリー
思い出しましたピンクハート

マッカーシー上院議員.jpg
<↑マッカーシー上院議員>

赤狩り出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

赤狩り(あかがり、英Red Scare)は、政府が国内の共産党員
およびそのシンパ(sympathyser―同調者)を、公職を代表
とする職などから追放し、社会的地位を貶めること。
主に、第二次世界大戦後の冷戦下にある1948年頃から1950年代前半に
かけてアメリカの影響が強い西側諸国で行われた。
この場合の「赤」は共産党およびその支持者を指す。

もっと詳しく知りたい方は、こちら

赤ハート公式サイト





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2007.09.04 22:11:24



© Rakuten Group, Inc.