000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Cinema  Collection

Cinema Collection

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

カレンダー

プロフィール

ひろちゃん★510

ひろちゃん★510

サイド自由欄

br_decobanner_20100213011330.gif

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

ながまりのときどき… ナガマリさん
香るキッチン kuritan735さん
With you rikoriko31219さん
☆orange pe… ☆オレンジピール☆さん
あ!CINEMA 365 DAYs ラブ☆シネマさん

コメント新着

BROOK@ Re:★お休みいたします★(09/15) 思いもよらないコメント… たしかにありま…
rose_chocolat@ Re:★お休みいたします★(09/15) gooはコメ閉じてたんでこちらに書くね。返…
ひろちゃん★510@ Re:zebraさ~ん(*^_^*) こんばんは♪ いつもコメントありがとうご…
ひろちゃん★510@ Re:hoshiochiさん (^^♪ ご訪問、コメントありがとうございました…
ひろちゃん★510@ Re:リュウちゃん6796さん(^.^) ご訪問、コメントありがとうございます! …

ニューストピックス

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2007.09.10
XML
久利生公平、最大の危機。


上映時間 130分
製作国 日本
公開情報 劇場公開(東宝)
初公開年月 2007/09/08
ジャンル ドラマ

【解説】

木村拓哉が型破りな検事に扮し、高視聴率を記録した
大ヒットTVドラマの劇場版。レギュラー・キャスト
に加え、松本幸四郎、森田一義(タモリ)、イ・ビョンホン
など豪華競演が実現。本作は連続シリーズののちに
放映されたスペシャル版の後日談となり、東京へ戻ってきた
久利生公平がいつもの面々と共に巨大な陰謀がうごめく
難事件に挑んでいく。

【ストーリー】

東京地検・城西支部に戻ってきた久利生公平はある日、
容疑者が既にその犯行を認めている傷害致死事件を任される。
しかし、初公判で一転、被告は犯行を全面否認し無罪を主張する
という事態に。しかもこの一件を担当する被告側の代理人は、
刑事事件無罪獲得数日本一の弁護士・蒲生一臣だった。

また、この事件の背後には、久利生と過去に因縁のある大物代議士・
花岡練三郎の存在があり、事件の判決が政界の贈収賄事件に深く
関わってくるという。そして証拠集めに奔走した結果、事件の鍵が
韓国にあることを突き止めた久利生は、事務官の雨宮舞子と共に
韓国・釜山へ向かうのだが…。

【感想】
どきどきハートどきどきハートどきどきハートどきどきハートどきどきハートどきどきハートどきどきハートダブルハート

スペシャルが放送されたのは昨年ですが連続ドラマが
放送されたのは2001年ですから、もう6年も経つんですね・・
いつもながら時の流れの速さを感じてますショック

で、肝心の感想ですがうっしっし
TVドラマが好きだったかたなら、ドラマをそのまま
映画にもってきたような作品なので楽しめると思いますグッド


検事・久利生公平(木村拓哉)
・・・少しでも気にかかる、納得できないことは徹底的に調査し、
事件の真相を解き明かす。悪い奴を野放しにしない。

検察事務次官・雨宮舞子(松 たか子)
・・・きわめてマジメ!とにかく何にでも一生懸命。

検事・中村美鈴(大塚 寧々)
・・・才色兼備だがキツイ性格。

検事・芝山 貢(阿部 寛)
・・・一見カッコイイエリート検事、でも娘にメロメロ。
娘にウザイと言われている。

検事・江上 達夫(勝村 政信)
・・・プライドが高い、世間知らずのお坊ちゃま。そしておだてに弱い。

検察事務次官・末次 隆之(小日向 文世)
・・・いぶし銀の事務次官。が、私生活では妻に逃げられ。。。

検察事務次官・遠藤 賢司(八島 智人)
・・・口は軽いが、鋭いツッコミでの切り返しも得意

検事・刑事部長・牛丸 豊(角野 卓造)
・・・保身をモットーにしているが、実は熱いハートを持つ人情家。

東京地検次席検事・鍋島 利光(児玉 清)
・・・冷静沈着なリベラリスト。久利生を温かく見守り、期待を寄せている。

image.jpg

とにかくユニークな城西支部の面々。
個性が強くてみんな自分勝手なんですが(笑)
なんか憎めない性格で(笑)、いざとなった時の
チームワークがまた素晴らしいいなずま

HEROは、久利生と雨宮のかけあい漫才?、夫婦漫才?の
ようなやりとりの面白さ(この二人の相性は本当に
いいですよね^^)や個性の強い城西支部の人たちとの
やりとりの面白さと、根気よく事件を解明していくストーリーに
あると思うので、そういう意味ではドラマと同じ構成であった
この作品は良かったと思いますオーケー
でも、裏を返せば、映画でなくても、ドラマでもいいんじゃあ
ないかなあ・・・と言う感じもしましたあっかんべー

上のレギュラーメンバーの他、松本幸四郎、森田一義、中井貴一、
イビョンホン、香川 照之、石橋 蓮司、古田 新太、
綾瀬 はるか、
国中 涼子
etcとかなり豪華なキャストも見どころでしょうか・・・

またドラマではあまりなかった裁判シーン割とも多いかな・・・
ラストの裁判シーンで久利生が、 『どうして最愛の人が
死ななければいけなかったのか』
『この裁判は里山さんの
人の命の重さを知るための裁判なんです』
みたいなことを
言うのですがここはグッときましたねえ涙ぽろり。。。

韓国ロケは、映画化したので海外ロケを入れたほうがいいと
言う事で入っているような感じで、オマケみたいな気もしますが
しょんぼり友情出演の検事役・イビョンホンはステキでしたし(出番少しですが)
日本語を話す検察事務次官役のペクトビン(オーデションで選ばれた)
もユニークな役どころで面白かったですし、釜山のいろいろな
場所も出てくるのでまあ良かったかなと思いますスマイル
韓国ロケによって時間も長くなったので、いらないと思うかたも
いると思いますが・・・

いらないと言えば、裁判所の正義の像(ギリシャ神話のテミスの像)
もかなりしつこく出てきますほえー
正義を訴えようとしてるのはわかりますが、そんなに何回も
映らなくてもいいのでは?と思ってしまいました。

TVドラマを観ていたHEROファンなら満足できる映画だと思います。
HEROを観ていない方は、スペシャル版くらいは観たほうが
わかりやすいかもしれません。

IMG.jpg
<パンフレット¥600えんぴつクリックで公式サイトへ>

星PS・
スマスマやスマステで香取君が『見終わった後、ガッツポーズした』と
言っていたのがとても気になっていたのですが、今日観て、
これか~~!びっくりと思いましたスマイル

服部さんのテーマ曲音符も好きですが、ラストは
ドラマ同様宇多田さんの歌のほうが余韻が残ったかも??
今公開中のエバンゲリオンが宇多田さんだから、使わなかった・・・
と言うわけでもないですよね~~(笑)





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2007.10.16 02:41:39



© Rakuten Group, Inc.