1389854 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

Cinema Collection

PR

カレンダー

プロフィール


ひろちゃん★510

サイド自由欄

br_decobanner_20100213011330.gif

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

劇場鑑賞「ドラゴン… BROOKさん

ながまりのときどき… ナガマリさん
香るキッチン kuritan735さん
With you rikoriko31219さん
☆orange pe… ☆オレンジピール☆さん

コメント新着

BROOK@ Re:★お休みいたします★(09/15) 思いもよらないコメント… たしかにありま…
rose_chocolat@ Re:★お休みいたします★(09/15) gooはコメ閉じてたんでこちらに書くね。返…
ひろちゃん★510@ Re:zebraさ~ん(*^_^*) こんばんは♪ いつもコメントありがとうご…
ひろちゃん★510@ Re:hoshiochiさん (^^♪ ご訪問、コメントありがとうございました…
ひろちゃん★510@ Re:リュウちゃん6796さん(^.^) ご訪問、コメントありがとうございます! …

ニューストピックス

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2008.09.12
XML
image.jpg

INTO THE WILD

そして僕は歩いて行く
まだ見ぬ自分と出会うために


映時間 148分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(スタイルジャム)
初公開年月 2008/09/06
ジャンル ドラマ/青春

【解説】

若さゆえの生真面目さで自らの心と向き合い、過酷なアラスカの
大自然に立ち向かっていった一人の青年の姿を追った
ジョン・クラカワーのベストセラー・ノンフィクション『荒野へ』を、
オスカー俳優ショーン・ペンがメガフォンをとり映画化。

主演は「ロード・オブ・ドッグタウン」のエミール・ハーシュ。

【ストーリー】

1990年夏。ジョージア州アトランタのエモリー大学を
優勝な成績で卒業したクリス・マッカンドレスは、
ハーバードのロースクールへの進学も決まり、将来を
有望視された22歳の若者だった。
ところがある日、周囲の期待をよそに、クリスは惜しげもなく
車を捨て、貯金のすべてを慈善団体に寄付し、クレジットカードと
キャッシュカードを燃やして、あてのない旅に出る。
最終の目的地はアラスカ。

監督.jpg

【感想】
どきどきハートどきどきハートどきどきハートどきどきハートどきどきハートどきどきハートどきどきハートダブルハート

実はこの映画かなり前に試写会で観ました(^^ゞ
ショーンペンが監督と言うことで、また重い作品なんだろうなあと
思ったのですが、オープニング雄大な景色と流れる心地よい音楽に
おやっ!これは案外好みかも?と思って観始めましたスマイル

ですが・・・大きなクライマックスと言うものはなくて、
ショーンペンが監督と言うだけあって?物語が淡々と進むような感じで・・・
仕事帰りの私は、またもや睡魔にちょっと襲われてしまいました(^^ゞ
時間もちょっと長かったような気がしましたほえー

↓以下ネタばれが多少ありますショック

実はこの映画ショーンペンが監督で車スピードレーサー
エミールハッシュが主演と言うことしか知らなかったのですが、
鑑賞前に観たチラシに「裕福な家庭に育った優等生のクリス。
きみの青春はなぜアラスカの大地に消えたのか」

と書いてあり、さらに、鑑賞前に舞台挨拶?映画説明?で
「クリスは車の中でなぜ
遺体(死体?)が見つかったのか」
と言うようなコメントもあったので、
主人公が最後はどうなるんだろうと観て行くのではなく
主人公はなぜ死んでしまったのだろうと考えながらの
鑑賞
となりました。

そのこと(主人公の死がわかっていること)が、
私にとって良かったのかはわかりませんが(^^ゞ
個人的には、結末を知らないで観たかったかな・・・

彼の旅は始りました。。。

↓1990年 5月 アトランタ

大学を優秀な成績で卒業したクリスは2万4千ドルの貯金を
慈善団体に寄付して、両親や妹に何も告げずに
孤独な旅に出る・・・

大学.jpg
<妹のクリスだけは兄の心が少しはわかって
いたのかもしれない・・・>


夫婦.jpg
<父親役はウィアムハート・母親役はマーシャゲイハーデン>

↓1990年 8月 オリック

旅の途中、
気ままなヒッピーのカップル、レイニーとジャンのトレーラーに
乗せてもらう。3人で楽しいひとときを過ごすが・・・
砂浜に「ありがとう」と記して、彼らのもとを去る。。。

3人.jpg
<気ままに生きているように見える彼らにも
悩みはあった・・・>


↓1990年 9月 カーシッジ

サウスダコタ州で大農場を営むウェインの元で働く・・・

ウェイン.jpg
<兄のように慕うウェインに、頭でかっちになるなと
諌められる>


↓1991年 12月 スラブス

社会のはみ出し者がそろうコミューンで
レイニーとジャンに再会する。
淡い恋も経験するが・・・

二人.jpg
<16歳の少女トレーシーはクリスに惹かれるが・・・>

↓1992年  1月 ソルトンシティ

孤独な老人フランツとの出会い。
世代を超えた友情?が芽生えるが・・・

老人.jpg
<アカデミー賞の助演男優賞に83歳で初ノミネート
されたハルホルブルック>

<この老人とのシーンが1番グッときました涙ぽろり

そしてこの2年の放浪の後に憧れのアラスカの
荒野の奥深くへ踏み込んで行方不明となります。。。

そして今ー
2年の放浪の後
最後で最大の冒険が待つ
偽りの自分を抹殺すべく
最後の戦いに勝利して
精神の革命をなしとげるのだ
これ以上文明に毒されないように
逃れてきた
たった一人で大地を歩く
荒野に姿を消すため

アレグサンダー・スーパートランプ


<↑クリス・マッカンドレスと言う名前さえも
捨ててしまいます・彼の日記より>

彼の2年に渡る旅と彼がアラスカで過ごした4ヶ月とが
交錯して、また、裕福だった彼がなぜそのような旅に出たのか
と言う理由のひとつでもあろう彼の複雑な家庭もその中に
描かれます。

彼の育った複雑な家庭環境が根底にあって
束縛を嫌い、自由を求めたのだとしても、
ここまで何もかもすべて捨てて旅に出るのは
彼が純粋で頭が良かっただけに、哲学的な考えから
文明とはかけはなれた生活がしたかったのかも
しれません。

心が通じあったと思えるいろいろな人たちに出逢っても、
彼のアラスカ行きを止めることはできなかった・・・
彼はアラスカ行きをやめようとはしなかった・・・
それほど彼をアラスカへかりたてたものはなんだったのか。。。

自然は雄大で美しい!でも、人間と言うちっぽけな
存在にとっては、自然は厳しくて恐ろしい・・・
この映画を観ていて、そんなことも思い知らされました。。。

この映画は良質で心に残る作品だと思いますし、この映画を
観て、若い人たちに、いろいろなことを考えて欲しいとも思いますが、
だからと言って、クリスのような行動は、母親である私としては
無鉄砲にも思えて、やはり共感はできないかな。。。

私にも二人の息子がいるので、どうしても母親目線に
なってしまうからかもしれません(^^ゞ

主演のエミールハッシュ車スピードレーサーでは全然いいとは
思えなかったのですが(ファンのかたすみません(^^ゞ)
この役柄の彼は、ワイルドで魅力的でした。
時折、ディカプリオにも見えました(笑)
ロケもきつかったと思いますし、18キロの減量も苦しかったと
思います。カヤックでの急流下りもすごかったです。

カヤック.jpg

ラスト、エミールが演じるクリスの映像の後に、142番のバスの前で
写されたクリス・マッカンドレス本人のスナップ写真が出てきます・・・
これがフィクションでないと言うことを、思い知らされます・・・
彼の笑顔の写真を見たら、なぜか涙が出てきてしまいました
涙ぽろり

バス.jpg

幸せが現実となるのは、それを誰かと分かち合った時
そう気づいたクリスが生きていたら、
彼のその後の人生はどうなっていったんだろうと
思わずにはいられませんでした。

「僕の一生は幸せだった。ありがとう。
さようなら。皆さんに神の御加護がありますように」


星9月26日(土)から公開中

パンフ.jpg

<パンフ¥600えんぴつクリックで公式サイトへ>






最終更新日  2008.09.13 15:29:05
[2008年鑑賞映画] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.