1556414 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Cinema Collection

PR

カレンダー

プロフィール


ひろちゃん★510

サイド自由欄

br_decobanner_20100213011330.gif

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

今日の収穫 (コミ… New! BROOKさん

ながまりのときどき… ナガマリさん
香るキッチン kuritan735さん
With you rikoriko31219さん
☆orange pe… ☆オレンジピール☆さん

コメント新着

BROOK@ Re:★お休みいたします★(09/15) 思いもよらないコメント… たしかにありま…
rose_chocolat@ Re:★お休みいたします★(09/15) gooはコメ閉じてたんでこちらに書くね。返…
ひろちゃん★510@ Re:zebraさ~ん(*^_^*) こんばんは♪ いつもコメントありがとうご…
ひろちゃん★510@ Re:hoshiochiさん (^^♪ ご訪問、コメントありがとうございました…
ひろちゃん★510@ Re:リュウちゃん6796さん(^.^) ご訪問、コメントありがとうございます! …

ニューストピックス

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2008.10.12
XML
image1.jpg

GOYA'S GHOSTS

それは、立ち入り禁止の、愛。

映時間 114分
製作国 アメリカ/スペイン
公開情報 劇場公開(ゴー・シネマ)
初公開年月 2008/10/04
ジャンル ドラマ/歴史劇

【解説】

「アマデウス」「カッコーの巣の上で」の巨匠ミロス・フォアマン監督が、
スペインの天才画家ゴヤが活躍した激動の時代を背景に、
非寛容・非人間的な異端審問がもたらした一つの悲劇を描いた歴史ドラマ。


純真無垢な少女イネスと威厳に満ちた神父ロレンソが辿る数奇な運命を、
2人の肖像画を手掛けるゴヤの目を通して繊細かつ重厚に描く。
主演は「ノーカントリー」のハビエル・バルデムと「クローサー」の
ナタリー・ポートマン。「奇跡の海」のステラン・スカルスガルドがゴヤを演じる。

【ストーリー】

時は18世紀末、スペイン国王カルロス4世の宮廷画家に
任命されたフランシスコ・デ・ゴヤ。画家として
最高の地位に登り詰めながらも、常に現実の社会と向き合い、
人間の真実を見つめ続けた画家。
1792年、ゴヤは2枚の肖像画に取り掛かっていた。

1枚は裕福な商人の娘で天使のように純真な魅力に
あふれた少女イネス。もう1枚は威厳に満ちたロレンソ神父。
そんな中、カトリック教会では、ロレンソの提案で、
形骸化していた異端審問の強化が図られていた。
そしてある日、イネスは居酒屋で豚肉を嫌ったことから
ユダヤ教徒の疑いありとして審問所への出頭を命じられて
しまう。

image1.jpg

【感想】
どきどきハートどきどきハートどきどきハートどきどきハートどきどきハートどきどきハートどきどきハートどきどきハートどきどきハート

いやあ、見応えありましたグッド
ものすごいもの観ちゃったと言う感じですショック
『アマデウス』が大好きな私ですが、この監督は
『カッコーの巣の上で』の監督でもあったんですね(^^ゞ
(未見なんですが(^_^;))
やはり,期待を裏切らない凄い作品でした!
ミロス・フォアマン監督75歳、素晴らしい!!!

この映画は、ゴヤの伝記ではなく、邦題通り、まさしく
ゴヤが見た18世紀末、政権交代の激しい、
激動のスペインが、そして彼が描いた肖像画の
モデル「イネス」と「ロレンソ神父」の
運命
が描かれていました。。。

スペインと言うとフラメンコや闘牛など明るい、陽気な
イメージなのですが、そのようなスペインにも
過酷な時代はあったんですね・・・
って世界史をとっていた人間なのに忘れてる?ほえー

NG↓以下ネタバレ感想ですNG

カトリック教会の偉そうな人たちがゴヤの版画(風刺の版画集)
をまわし見している暗い画面の冒頭のシーンから、
これからよくない事が起こりそうな気がして
すでにドキドキ爆弾

そしてそこから興味を惹かれ、不気味なハビエルと
天使のよう美しいナタリーの出現に目を引かれ
イネスが異端審問にかけられてからの展開は
予想できず、飽きることなく一気に最後まで、
観てしまったと言う作品でしたグッド

ハビエル.jpg

ロレンソ神父を演じるハビエル・バルデム
私はまだノーカントリーの殺し屋シガーのイメージが強くて(^_^;)、
この方が出るだけで、怖くてドキドキしちゃいました(笑)
今回も、怪演で、あの濃~いお顔で、強烈なインパクトで
嫌悪感さえも感じさせて?くれましたグッド
ジョニーが出ているからと言うことで観た「夜になるまえに」
この作品でハビエルを知ったのですが、その時からすごい役者さんだと
思っていましたが、本当に上手い!!!

ラストの公開処刑のシーンでの体が小刻みに
震える演技に、ロレンソも普通の人間、
小市民であったことを感じましたしょんぼり

イネスの運命を狂わせた張本人、自分だけが
ぬくぬくと幸せになって、自分の保身ばかり考えて
「こんなヤツ天罰が下っちゃえばいいんだ怒ってる」って思って
<過激ですみませんしょんぼり>観ていたら(笑)
本当に処刑になってしまいましたびっくり
彼が処刑を受け入れたのは、プライドのため?
イネスへのつぐないのため?だったのでしょうか・・・

ナタリー.jpg

イネス役のナタリーポートマン、お金持ちの商人の娘役で
清楚で美しい!ですが・・・
豚肉を食べなかったことから、異端者扱いで牢獄へ・・
拷問のシーンは目をそむけたくなりましたショック
美しいナタリーを見に行って、まさか、あんな姿のナタリーを
見る事になろうとは思いませんでしたが、二役(イネス・アリシア)
質的には三役(15年の獄中生活から解放されたイネス)でしょうか、
素晴らしかったですグッド

ゴヤ.jpg

そして、タイトルにもなっている画家のゴヤ、
先日マンマミーアで観たばかりのステラン・スカルスガルド<ビルターナーですウィンクが演じていましたグッド
実物のゴヤに似ている風貌で、ハビエルとナタリーの
濃い~~演技の中、さりげない、控えめな演技がこの映画を
くどくしていないように思いました。あくまでも、この時代の、
二人の、庶民の、歴史の目撃者(観察者)だったと言う立場の
ゴヤにピッタリだったと思いますウィンク

獄中で生まれたイネスの娘アリシア(ナタリーの二役)は、
修道院を脱走し、娼婦になっていて、ロレンソ神父は
保身のためイネスを精神病院へ、アリシアをアメリカに護送
しようと企てます。

あまりにも過酷なイネスの運命、母親が不幸なら娘も不幸になる、
娘も不幸になるのかと不幸の輪廻を感じてしまったのですが、
処刑場のシーンで、ロレンソをバルコニーから見下ろす、
将校に寄りそうアリシアの姿に、したたかさと強さを感じ
母親の分まで幸せになって欲しいと思ってしまいました。。。

ラスト.jpg

ラストシーン、荷車に無造作に載せられたロレンソの遺体
に寄り添い、その手を握り締め、歩いていたのは、赤ちゃんを
抱いたイネスでした。
その後をついて行くゴヤ・・・
彼を振り返ったイネスの笑顔は、愛するロレンソと赤ちゃんを
手に入れて、幸せに満ちていましたきらきら
この表情は切なかったです涙ぽろり

イネスにはやっと幸せを手に入れたひと時ですが
その先に希望はあるように思えません涙ぽろり

後ろをついて行くゴヤが、いつまでも彼女を
見守って欲しいと願うばかりです涙ぽろり

歴史物語であるだけでなく、
突然の過酷な運命を受けいれなければならなかったイネス
権力を手に入れようとして運命に翻弄されたロレンソ
そして、そんな二人を、スペインの歴史を見続けた
ゴヤ
の人間ドラマでもありました。

ゴヤノ絵.jpg

エンドロール、たくさん映し出されるゴヤの絵に
席を立つ人はいませんでした。

邦題は上手いと思いましたが、キャッチコピーの
『それは、立ち入り禁止の、愛。』は
ちょっと(かなり?)違うように思えました(^_^;)

77名入るところで60名くらいの観客だった
でしょうか・・・土曜日の割には少なかったような・・・
40、50代以上のかたが多かったように思います(^_^;)
そして男の方、おじさんが意外と多かったです。

拷問のシーンを含めて気楽に何度でも観れると言う
映画ではありませんが、観て良かったと思う作品でしたウィンク

星10月4日(土)から公開中

パンフ.jpg
<パンフレット¥800えんぴつクリックで公式サイトへ>

フランシスコ・デ・ゴヤ
フランシスコ.jpg






最終更新日  2008.10.12 20:30:00
[2008年鑑賞映画] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.