1908658 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Cinema  Collection

Cinema Collection

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

カレンダー

プロフィール

ひろちゃん★510

ひろちゃん★510

サイド自由欄

br_decobanner_20100213011330.gif

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

ながまりのときどき… ナガマリさん
香るキッチン kuritan735さん
With you rikoriko31219さん
☆orange pe… ☆オレンジピール☆さん
あ!CINEMA 365 DAYs ラブ☆シネマさん

コメント新着

BROOK@ Re:★お休みいたします★(09/15) 思いもよらないコメント… たしかにありま…
rose_chocolat@ Re:★お休みいたします★(09/15) gooはコメ閉じてたんでこちらに書くね。返…
ひろちゃん★510@ Re:zebraさ~ん(*^_^*) こんばんは♪ いつもコメントありがとうご…
ひろちゃん★510@ Re:hoshiochiさん (^^♪ ご訪問、コメントありがとうございました…
ひろちゃん★510@ Re:リュウちゃん6796さん(^.^) ご訪問、コメントありがとうございます! …

ニューストピックス

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2008.10.26
XML
JOURNEY TO THE CENTER OF THE EARTH 3D

飛び出すぞ!衝突注意!!

冒険SFの父ジュール・ヴェルヌ「地底旅行」
最新3D技術で驚異の映画化!!


3Dメガネをかけて、驚異の地底世界へ
飛び込もう!


映時間 92分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(ギャガ・コミュニケーションズ)
初公開年月 2008/10/25
ジャンル アクション/アドベンチャー/ファミリー

【解説】

冒険SF小説の巨匠ジュール・ヴェルヌによる
『地底旅行』の世界を最新の3D技術を駆使して
映画化したアクション・アドベンチャー。


地底奥深くの未知なる世界を発見したことから
繰り広げられる冒険とサバイバルを迫力の映像で描き出す。
主演は「ハムナプトラ」シリーズのブレンダン・フレイザー。
監督はこれまで多くの作品で特殊効果を務め
本作で劇場映画初監督となるエリック・ブレヴィグ。


【ストーリー】

地質構造学の科学者で大学教授のトレバーは、10年前に
行方不明となった兄マックスの遺志を継ぎ、地球内部に
関する研究を行っていた。そんなある日、兄の13歳になる
息子ショーンを預かることになったトレバーは、ショーンの
愛読書『地底旅行』の中に、マックスが書き記したメモを発見する。

それがマックス失踪と関連があると考えたトレバーは、
調査を進めるためショーンと共にアイスランドへと向かう。
そして、現地の美人山岳ガイドのハンナを案内人に、
ヴェルヌの『地底旅行』で“地球の中心へとつながる
入口がある”と書かれているスネフェルス山へ向かうのだが…。

ポスター.jpg

【感想】

どきどきハートどきどきハートどきどきハートどきどきハートどきどきハートどきどきハートどきどきハートダブルハート
3Dでなかったら、どきどきハートハートマークはもっと減ると思います(笑)

いい年をしてしょんぼり、3D映像が観たいと言う、子供もみたいな
気持ちで映画館に行ってきました(笑)
行く前に、長男が、『メガネをしていると、その上から
メガネするのって観にくくない?コンタクトにすれば。』と
言ったのですが、大丈夫だよと面倒なので(笑)
メガネで行きましたスマイル

以前のようなの紙のメガネではなくて
割としっかりした3D用のメガネ(サングラス)で、これなら大丈夫と
思ったのですが・・・・

やはり、メガネの上にメガネはキツかったショック
上映終了後は、ちょっと頭が痛くなりましたほえー

上映前は、久しぶりにワクワクしちゃって、浮かんでくる
クレジットタイトルに、心の中で「びっくりお~~~!」
と叫んで喜んでおりました・・・あはは・・・子供だあっかんべー

3人.jpg

3Dを楽しむ、ゲームをしているような感覚を楽しむ
アトラクションを楽しむと言うような内容で
(当たり前ですが・σ(^◇^;))
ストーリーには、もちろん奥深さはありませんでした(笑)
と言うか、奥深さと言うより、ストーリーはほとんど
ありません(爆)


トロッコ.jpg
<このシーンはインディイジョーンズ・魔宮の伝説を
思い出しましたうっしっし


ツッコミどころ満載パンチ、なんなく問題を解決して行く主人公たち(笑)
ありえないほど不死身な彼らうっしっし
でも、いいじゃあないですか、夢があってウィンク
童心にかえって、3D映像を楽しみましょう目がハート
と言っている私ですが、睡眠不足と暗い画面に
実は少し寝てしまいましたσ(^◇^;)あはは~~~音符

映画を観ると言うより、地底探検のアトラクションを
楽しむという気持ちで観に行くと楽しめるかと思いますウィンク


3D.jpg
<ここまでは飛び出しては来ませんがあっかんべー・笑>

スクリーンから飛び出してくるいろいろなものに、
私も声が出そうになりましたが、隣の女性は、
飛んでくる巨大ピラニアに「きゃっ!」と
声が出てしまって、恥ずかしくなったのか自分で
笑ってました(笑)

公開初日の午後の鑑賞でしたが、300名ちょっと
入るスクリーンはほぼ満席でした。
お客さんは、家族連れや若いかたが多かったです。

ヒルズで鑑賞したのですが、料金を見ると2000円びっくり
ちょっと割高になっていたので、ポイントを使えなかったら
困るなあしょんぼりと思ったのですが、普通に使えましたスマイル
と言うことで、タダで鑑賞できましたグッド
これはおいしかったかも~うっしっし

今回は吹き替え版のみの上映でした、3Dなので、
メガネを使用していますから、字幕はキツイと
思っていたので、吹き替えで良かったですグッド

以下吹き替えのキャストです。
違和感なくて、意外と良かったですよグッド

ブレンダン.jpg
<すぐに、沢村さんの声だとわかった
スマイル中々よかったですグッド


ジョシュ.jpg
<ジョシュ君は、テラビシアにかける橋に出ていた男の子です>
<入江君は、TVドラマ『正義の味方』に出ていたとの
ことです>


アニタ.jpg
<ハンナ役のアニタの声は、矢口さんだとは
気がつきませんでしたσ(^◇^;)>


フレイザー.jpg
<ハムナプトラもそうですが、ブレンダン・フレイザーは
こういう役が似合いますね~オーケー


地底世界の、宝石の鉱脈きらきら、マックスの小屋家
地底の海砂漠、磁力の岩、地底の急流荒波
そこに登場する地底世界のクリーチャーの
ギガントサウルス、ヘルヴィティス(飛びピラニア)
サイアニス・ロソプテリクス(夜光鳥)
人喰い花、巨大海竜たちをお楽しみ下さいウィンク

デートムービーでもいいかもですが、一番観て欲しいのは
または、一番楽しめるのは少年だと思いますオーケー
あまりにも、ちいちゃい男の子には、1時間半以上も
メガネをかけているのは辛いので、ちょっと無理かもですが・・・

アトラクション好きのかた、童心に返れるかたに
お勧めするジェットコースタームービーですウィンク

ちなみに、3D用メガネは、上映終了後は、回収されます泣き笑い
星10月25日(土)から公開中

パンフレット.jpg

<パンフレット¥500えんぴつクリックで公式サイトへ>
<最近は700円のパンフレットが多かったのでしょんぼり
500円は嬉しかったですダブルハート


歩く人ジュール・ヴェルヌ
JULES VERNE


1828年フランスに生まれ、23歳から
小説を書き始める。1905年没。
原作にあたる「地底旅行」は1864年に
書かれたものである。

19世紀のフランスで活躍した小説家で
「宇宙戦争」のH・G・ウェルズと並ぶ
SF文学の開祖として知られる。

代表作は、本作の原作となった
「地底旅行」のほかに「十五少年漂流記」
「月世界旅行」「海底二万里」
「八十日間世界一周」などがあり
いずれも冒険心をくすぐる名著ばかり。

<パンフレットより抜粋>





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2008.10.27 21:04:09
[2008年鑑賞映画] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.