3642202 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

緑の温もりを感じる庭づくり〜北限のクラピア〜

全4件 (4件中 1-4件目)

1

クラピアとタンニン鉄

2020年09月09日
XML

特に不具合は出ていない、と言うよりコレって効いているかも、タンニン鉄(鉄ミネラル液)をクラピアに使用していますが効果がありそうです(記事の内容はクラピアちゃんねるでも紹介していますのでどうぞご覧ください)

鉄ミネラル技術:お茶にふくまれるタンニンが鉄分を溶かし生物が吸収しやすい形に変化させてくれます、その鉄ミネラルをエサに土壌微生物が活性化し、微生物がつくり上げた健全な土に根を広げた植物もまた鉄を吸収して育ち、吸収された鉄は葉緑素の材料となり光合成を活発化させます。



上矢印 タンニン鉄散布 08月23日 下矢印 伸びが良い 09月06日


潅水や刈り込みも行うので全てがタンニン鉄による活性化とは言い切りませんが、今年はいつもの夏よりクラピアが健康的にグングン成長してくれました。

----------------------------------------------------------------------------

お庭にクラピアを試して見ませんか ↓ マリーにゃんもクラピア大好きです ぽっ



YouTubeにクラピアの様子をアップ 下矢印クラピアちゃんねる」をどうぞご覧になって下さい







今日のひと押し 下向き矢印 豆知識 耐寒性向上に微粉ハイポ

にほんブログ村 住まいブログ エクステリア・ガーデンへ

----------------------------------------------------------------------------

特に感じたのは例年起きる夏枯れと黄化現象がかなり抑えられたこと、葉の緑がここまで維持できたのはタンニン鉄(鉄ミネラル液)のお陰だと思っています。



上矢印 夏枯れと黄化現象発生中 下矢印 今年は濃い緑を維持出来た


※鉄ミネラル液(タンニン鉄)については「月刊現代農業2020年1月号」と「月刊現代農業 2019年10月号」に効能や作り方が詳しく書かれています。

注)あくまでも住宅の庭など狭い範囲に植栽されたクラピアの管理方法などについて紹介しています、畦畔、道路、河川、公園、太陽光発電施設などに使用しているクラピアは想定していません、また生育状況は植え付けた地域の気候及び土壌環境や植栽方法によって左右されます、全てのクラピアが記事の内容と同じになるとは限りませんのでご了承ください。

※クラピア ® は、株式会社グリーンプロデュースの登録商標です。
※アーシング ®(Earthing)は、株式会社アーシングジャパンの登録商標です。






最終更新日  2020年09月11日 08時06分46秒


2020年08月31日

今のところ不具合は無さそうです、マイナス面が無ければ話半分だとして効果が出てくるのを待つのみ、相手は植物なので気長に待つのが一番です。

二価鉄が植物の成長に良い影響を与えるのは少し検索しただけでも分かります、代表的なのは誰でも知っているメネデールの成分がそれです。


鉄ミネラル液(タンニン鉄)も二価鉄を含む液として「月刊現代農業」に紹介されました、田んぼや畑では農薬に頼らない自然に優しい二価鉄を利用した方法で、収穫のアップや食味の改善が見られているようです。

----------------------------------------------------------------------------

お庭にクラピアを試して見ませんか ↓ マリーにゃんもクラピア大好きです ぽっ



YouTubeにクラピアの様子をアップ 下矢印クラピアちゃんねる」をどうぞご覧になって下さい







今日のひと押し 下向き矢印 豆知識 環境改善エアレーション

にほんブログ村 住まいブログ エクステリア・ガーデンへ

----------------------------------------------------------------------------

その鉄ミネラル液がクラピアに効くのかどうか、実際に試して見るのが一番と言うことで全国のクラピア仲間と一緒に実験をしていました。

以前に同じ二価鉄を含む液として「フルボ鉄」を使用してきましたから、ある程度の効果はあるだろうと思ってはいました。




イイ感じです、夏枯れの発生も少なく葉色がとても良くなってきました、作るのに必要なのは茶葉とクギだけ、作り方は「現代農業2020年1月号」に書かれていましたがとても簡単で安価です。

※クラピア ® は、株式会社グリーンプロデュースの登録商標です。
※アーシング ®(Earthing)は、株式会社アーシングジャパンの登録商標です。






最終更新日  2020年09月11日 08時07分07秒
2020年08月15日

お茶にふくまれるタンニンが鉄分を溶かし生物が吸収しやすい形に変化させてくれます、その鉄ミネラルをエサに土壌微生物が活性化し、微生物がつくり上げた健全な土に根を広げた植物もまた鉄を吸収して育ち、吸収された鉄は葉緑素の材料となり光合成を活発化させます。

グループのメンバーから耳寄りな情報を入手した、クラピアにも効いていると言うことなのでさっそく鉄ミネラル液(タンニン鉄)を使ってみることにしました(その時の様子

※鉄ミネラル液(タンニン鉄)については「月刊現代農業2020年1月号」と「月刊現代農業 2019年10月号」に効能や作り方が詳しく書かれています。




上の画像のようにクラピアの葉っぱが赤茶けて(一部は黄変)チリチリになって枯れています、特に植栽シートを併用した部分に多く発生していました、猛暑や乾燥が続く時に発生する症状で例年は時間と共に解決することが多いのですが、今年はなかなか治りません。

----------------------------------------------------------------------------

お庭にクラピアを試して見ませんか ↓ 巷で話題の芝生に代わる地被植物です バイバイ


YouTubeにクラピアの様子をアップ 下矢印クラピアちゃんねる」をどうぞご覧になって下さい








今日のひと押し 下向き矢印 デメリット 肥料が無いと育ちが悪い

にほんブログ村 住まいブログ エクステリア・ガーデンへ

----------------------------------------------------------------------------

治療薬と言うよりは活力剤的な使い方になると思いますが、こう言った抽出液をクラピアに試してみるのは正直言ってワクワクするので楽しいです、ただ過去にもたくさん試してきましたが、いずれも劇的に変化する感じはないので長い目で観察していこうと思っています。


葉緑素が作られ光合成が活性化されればきっとクラピアが元気良くなると信じて暖かい目で見守ってあげましょう、マリーにゃんも興味津々です何でもクンクン嗅ぐのは猫の習性ですね、タンニン鉄は自然や動物にも優しいので、これでクラピアが元気になってくれたら最高です。

※クラピア ® は、株式会社グリーンプロデュースの登録商標です。
※アーシング ®(Earthing)は、株式会社アーシングジャパンの登録商標です。






最終更新日  2020年09月11日 08時07分17秒
2020年08月12日

今までお世話になってきた「カナディアンフルボ鉄」でしたが、残りわずかになってしまいましたので再び購入しようかと思っていた矢先ある情報を耳にしました。


タンニン鉄がクラピアにも効くらしい、おっ!なんか名前からにして良さそう、さっそく調べてみると「月刊現代農業2020年1月号」と「月刊現代農業 2019年10月号」に効能や作り方が詳しく書かれていました。

----------------------------------------------------------------------------

お庭にクラピアを試して見ませんか ↓ 巷で話題の芝生に代わる地被植物です バイバイ



YouTubeにクラピアの様子をアップ 下矢印クラピアちゃんねる」をどうぞご覧になって下さい







今日のひと押し 下向き矢印 デメリット 病気に弱かったりもする

にほんブログ村 住まいブログ エクステリア・ガーデンへ

----------------------------------------------------------------------------

さっそくタンニン鉄を作ることにしました、すぐに使えるわけじゃないのであらかじめ仕込んでおく必要があります、詳しくは YouTubeチャンネルにアップしました。


「カナディアンフルボ鉄」より安く済むので、これであの天敵に効果があればクラピアのランニングコストも削減できます。

※クラピア ® は、株式会社グリーンプロデュースの登録商標です。
※アーシング ®(Earthing)は、株式会社アーシングジャパンの登録商標です。






最終更新日  2020年09月11日 08時07分30秒
このブログでよく読まれている記事

全4件 (4件中 1-4件目)

1

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.