000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ミノルロドリゴの一口馬主ブログ

全103件 (103件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 11 >

出資馬(サンディレクション)

2021.01.17
XML

本日中京12R、4コーナーに向かうサンディレクション号(中央の黄色帽)


本日中京・4歳上2勝クラス(芝1600m・混)に西村淳也騎手で臨んだサンディレクション号こと、サンちゃんは良い感じで2番手を追走できましたが、直線失速して11着に沈みました。残念★

キックバックを受けてかなり汚れて帰ってきたので、今週は見た目以上に馬場が悪かったですね。最近は馬がしっかりしてきましたが、跳びの綺麗な馬なので、こういう馬場はプラスにはならなかったと思います。ジョッキーは、『いい感じで2番手を追走できましたが、直線を向いた時にはもうあまり手応えが残っていませんでした』と話していました。今日は相手が強かったこともありますが、ここまで負けるとは思いませんでした。上がりは問題ありませんが、週明けの馬の状態を見て次の事を考えるつもりです。(公式ページより:千田輝彦調教師)


ここまで負けるとは思いませんでした。

確かにそうですね。最後の坂で力尽きたという感じでした。でも前回中京で好走(4着)した時のレースと比較すると今日はなかなか厳しいレースだったかと思います。

●昨年9月:3歳以上1勝クラス(勝ち時計:1分34秒6)
12.8-11.3-11.5-12.2-11.8-11.6-11.4-12.0 (1000m通過59秒6、上り3F 35秒0)

●今日のレース:3歳以上2勝クラス(勝ち時計:1分33秒3)
12.7-11.3-11.5-11.5-11.5-11.3-11.4-12.1 (1000m通過58秒5、上り3F 34秒8


今日はテンから速くて1000m通過が58秒5でさらに上がり3Fも34秒8、勝ちタイムが1分33秒3ですから現在のサンちゃんには少々荷が重かったかもしれません。しかも馬場状態も悪かったとの由。今日はレースが向かなかったとすっぱり諦めましょう。でも前回接戦を演じたチュウワノキセキが差のない3着に突っ込んできていますので全く悲観する必要はありません。またチャンスはあります。

加えて流石に昨年の8月から連戦。10月2戦して12月も2戦では少し目に見えない疲れがあったのかもしれません。調教師さんには馬の状態をよくご確認いただいて春を待つという事で一息入れて上げられればと思います。4月の新潟あたりで平坦の良馬場でやらしてあげたいですね。

今週のノルマンディー馬券は、サンちゃんに合計1万円を投じたためまたまた大幅マイナスとなりましたが、ホーリーラインの単勝を3,000円ゲットして今年のノルマンディー馬券の初的中となりました☻。
ということで今日時点のノルマンディー馬券2021の収支は以下の通りです:

累計投入額:34,800円 累計回収額:13,800円 回収率:39.6%

ま、回収率0%を脱して良かったスマイル。皆、来週も頑張ってくれよ☆彡






Last updated  2021.01.17 22:26:51
コメント(0) | コメントを書く


2021.01.15

サンディレクション号の前走、惜しかった!!


前走3着に入って優先出走権を取得してさて中京か小倉のどちらに向かうのかを注目しておりましたサンディレクション号、ことサンちゃんのレースは、17日の中京・4歳上2勝クラス(芝1600m・混)に西村淳也騎手で臨むこととなりました。がんばれ星

先週が3日間開催だったこともあり、月曜日に本追い切りをおこない、態勢を整えてあります。日曜日がレースなので今日は坂路コースで息を整える程度にとどめていますが、元気良く駆け上がってきて、引き続きいい状態で送り出せそう。ギリギリまで相手関係などを見ながら中京か小倉で悩みましたが、ここのところマイルでいい競馬をしていますし、コンスタントに出走させているので小倉に輸送するよりは中京の方が負担が少ないことも考慮して、こちらの番組に投票しています。前走の2、5着馬を含めて、まずまずメンバーが揃ったと思いますが、ここ最近の充実度を考えればサンディレクションも再度好勝負が期待できるはず。先週の競馬を見ると内枠の先行馬が残っている馬場なので、なるべく内目の枠を引いて、いい位置で競馬をしたいですね。(公式ページより 千田輝彦調教師)


中京12R・4歳上2勝クラス(芝1600m・混)出走馬リスト©netkeiba

調教の方は、11日(月)にCWコースで4ハロン56.6-41.6-12.6を単走で馬ナリに追われ、14日(木)には坂路コースで4ハロン55.9-40.7-26.6-13.0を単走で馬ナリに追い切られています。14日の追切には馬三郎の評価で「Ⓑ素軽い」との好評価が得られていますので、今回も調子落ちはなく期待できるのではないでしょうか?

メンバー的にも想定オッズで前回ハナ差の接戦を演じたチュウワノキセキが1番人気で、なんでサンちゃんが遠く離れた8番人気なの怒ってる!?といった状況ではありますが、netkeibaの想定オッズは全くあてになりません。まあたぶん最終的には単勝10倍は切るでしょう。でも走っても人気にならないサンちゃんは、ある意味必ず馬券を買う馬主にとっては大変な孝行息子です。今回もこのままの人気でお願いします(笑)。

残念ながら酒井学騎手は乗れませんが、西村淳也騎手も昨年、一昨年とリーディングの上位20位まで入っている有能な騎手ですから全く問題がないでしょう。中京のコースでは過去、最高位は3歳秋の逃げて粘った時の4着以外はさっぱりですが今の充実度なら過去の中京コースの相性は完全に度返し。なんなら思い切って逃げてみる価値はあると思います。成長した姿を見せてほしい赤ハート

調教師さんが仰られるようにできるだけ内枠を引いていい形でレースを進めていただきたいなと思います。
レースは日曜日の夕方だ。

日曜日の夜はカンパーイと行きたいねビール。がんばれ、サンちゃん☆彡






Last updated  2021.01.15 00:10:34
コメント(0) | コメントを書く
2020.12.30

サンちゃん、1年間お疲れさまでした©前走時のパドック、馬友様ご提供☆彡

2020年ももうすぐ終わる。この1年は本当に想定外の連続で大変な1年だったと思う。シンガポールに居て出張できないことなんて想像など全くしていなかった。3月初めからシンガポールの外に一歩も出られない日々が続いている。ここに居る意味はないかな、と夜一人マンションの部屋で思うこともあったが、なんとか話のネタを見つけてお客さんとの会話をリモートで繋げてきた。

この状況下で分かったことは自宅で一人の世界で仕事してどのように成果を出すか、最短距離にて結果を出すにはどうすればよいか。案外仕事ってもっとシンプルにやればいいのかなということだ。意外に会社にいると仕事したような気分になってしまうから。私は昭和の人間で「ごちゃごちゃ考えずに客に会って聞いてこい。」というタイプですが、これから仕事のスタイルはこれまでのように行かないでしょう。リモートはリモートなりに良いことはある。何よりも体力的に楽だからこの年(御年60歳★)にはいいかも(笑)。

本当に今年は競馬が続いてよかったと思う。もし騎手に感染者が出ていれば中止に追い込まれざるを得なかったと思うので、騎手の皆さまのご努力には敬意を表したいなと思います。もし競馬まで中止されてしまっていたらこのシンガポールの地で何も楽しみがなくなり発狂していたかもしれません(笑)。それは大げさでも毎週の週末に私を和ませてくれた競馬にありがとうと言いたいです。

出資馬たちは頑張りました。サンディレクション号の2勝目にはこんなことが本当にあるのだと信じられなかった。何よりも3歳時はまだ体力がなく間隔をあけないとだめで、調子よく逃げないと好走できなかったサンちゃんが今や中1週でも問題なく、しっかり番手で折り合って直線でも脚を伸ばせるまで成長してきました。馬友さんからは「稼げる孝行息子になって来ましたね。」とお褒めの言葉も頂いていますぺろり。ほんと怪我なく来年も頑張ってほしいなと思います。

ニーニャ号はデビュー戦の3着が若干仇になったような気がします。それと松下厩舎との相性もどうだったんですかね。ノーザンファームは天栄のように自社に巨大なコースと設備を有し走れるレベルに仕上げて入厩させるのが基本でノルマンディーとは根本的に違う、だから入厩させてすぐノーザンファームの馬たちのようにレースに使うのはオカシイ!と同じ馬友さんが松下調教師さんに怒っていました。ただニーニャ号は入厩前から良くなるのはもっと先、と栗田元調教師(現ノルマンディーOC顧問)さんが言われていたようですので、来年期待したいと思います。

今年デビューを果たすことができた2歳馬の2頭(アンカシャムローグ、アレッサンドロ)には一安心です。
まだまだこれから成長して学んで頂かなくてはなりませんが、とにかく元気で怪我の無いことを祈ります。

さあ来年、皆、2021年はもっと厳しいレベルに向かっていかなければなりません。
私も皆の活躍を見守りつつ、日々流されることなく生きていければと思います。
いつも一生懸命走る馬たちに負けてしまっては申し訳ないよ。なーんてね。



皆さま、今年1年お疲れさまでした。どうぞ良いお年を☆彡






Last updated  2020.12.31 01:03:05
コメント(0) | コメントを書く
2020.12.27

本日の阪神競馬場パドックでのサンディレクション号©馬友様ご提供


本日、27(日)阪神第9R・春待月賞(芝1600m・混)に出走したサンディレクション号は好位から競馬を進めて直線もあわや!!という場面を作りましたが結果は3着。惜しかったです目

今日の馬体重が488㎏と中1週前の前走時より更に+4㎏。デビューのころは450㎏近辺ですから、随分と成長してくれたものです。華奢な馬体だったのが今や詰めて使っても馬体重が増えており、本当に逞しくなったなと思いました。パドックでも落ち着いていて、Gチャンネルの解説者からも推奨馬の2番手に挙げられたほどでした。人気も午前中は単勝20倍以上と後ろから数えて何番目という感じでしたが、レースを前に人気も上昇。結局6番人気(単勝14倍)まで押し上げられました。

レースはサンちゃんが今日は絶好のスタート。ハナを奪う勢いでしたが、やはり同クラブのブラックジェイドが内枠を利して絡んできたので、私も思わず「やりあったらいかん!!」と叫びましたよ。そこは酒井騎手。少し押さえるとサンちゃんもさっと引いて絶好の3番手をキープ。こうやって控えるレースができるようになったのが最近の収穫ですね。

そして直線、前を行く2頭を追いかけて先頭を伺おうと仕掛けたのですが、さすがはブラックジェイド、粘る粘るいなずま。肝を冷やしましたがサンちゃん、最後の最後に捕らえにかかったのですが後ろから来た馬にも怒涛の如く詰め寄られてゴール、いやー2着か?3着か?どっちだ!!


迫力のゴール前、頑張れーーー©馬友様ご提供

写真判定の結果、惜しい3着でした☆彡うーーーん、ちょっと残念しょんぼり

今回はある程度前で競馬をさせようと思っていましたが、ジョッキーには同じような脚質のブラックジェイドとはやり合わないようにと伝えていました。レース後は、『スタートからスムーズでしたし、クラスが上がった分、引っ掛かることもなくなりました。前が残るかと思ったので、結果的にちょっと踏むのが早かったかもしれませんが、このクラスでも走れる力は見せてくれました』と、話していました。今回も見どころのあるレースをしてくれましたし、権利を取ってきてくれたのは収穫。週明けの状態を見て次を考えるつもりです。(公式ページより:千田輝彦調教師)

昇級初戦が直線最後伸びきれなくての6着、そして中1週の今回が3着と着実に前進をしています。2勝クラスは優先出走権は「3着まで」しか与えられませんので、調教師さんがおっしゃられるように今回優先権が得られたのは大きい☆彡気の早い話かもしれませんが、2勝クラスは突破の見通しが得られたと言えるのではないでしょうか!?何よりもここ最近の戦績の安定感が凄い、今や充実期に入ったと言って良いでしょう。来年さらに期待できますね。

次走は小倉の1800m戦か?まずは脚元の無事を確認いただいて次走のプランを練って頂ければと思います。

サンちゃん、お疲れ様。来年さらなる飛躍を祈っております☆彡


追って、今回もお世話になりました(笑)






Last updated  2020.12.27 19:05:48
コメント(4) | コメントを書く
2020.12.25

2019年6月、3歳1勝クラス時のサンディレクション号@東京競馬場


一昨日、名古屋競馬場のレースに惜しくも2着となりJRA復帰の条件を満たすことができなかったニーニャちゃん。今日の近況更新によれば、いったん小野町のトレーニングセンターに出されることが決まったとの由。

川西調教師さんによれば、翌週の笠松のラストチャンスに賭けることも選択肢としてあったようですが、さすがに脚元に疲労が出ていてこのまま続戦すると後々に影響が出てしまう恐れもあるとのことで「急がば回れ下向き矢印」と判断されたようです。調教師さんの立場からは年内のJRA復帰を決めて自分のミッションを完遂させたいという思いがあったと思いますが、馬本位で考えていただいている良い調教師さんだと思います。焦っても良いことがないので、ここは一息を入れてリフレッシュしていただければと思います。ニーニャ号、お疲れさまでした。待っていますよ!ダブルハート

さて、ミノルロドリゴの出資馬のラインナップから今年のトリを飾るのはサンディレクション号、ことサンちゃん。今一番頼りになる馬になった。12/27(日)阪神9R春待月賞(芝1600m・混)におなじみの酒井学騎手で臨みます。23日(水)にCWコースで4ハロン57.2-42.1-12.6を単走で馬ナリに追い切られて馬三郎の調教評価も「©平行線」と叩いた上積みはさほど感じられないようですが、普通に中1週で使えるようになったことは褒めてあげたいですね。

今週使うことも考えて、一応先週末からある程度のところで動かしています。昨日もいつも通りコースで4ハロンから追い切っていて、今週もしくは年明けでも対応できるような調整をおこないました。特別登録の段階では15頭の登録があり、その頭数であればやはり年明けでも良いかなと考えていたのですが、想定では13頭に減っていましたし、メンバー構成を見ても前走で戦った相手を含めてそこまで抜けた相手がいなそうだったので、今週出走させることにしました。状態面に関しても、いい意味で前走と変わりはありませんよ。間隔が詰まっていますが2走前に勝利した際も中1週でしたし、馬がしっかりしてきたことで対応できるようになってきたのかなと思います。今回は昇級2戦目となりますし、前回も見せ場のあるレースはできたので、更なる前進を期待したいところ。ライバルの脚質を見ると今回はある程度前に行けそうなので、あとは乗り慣れた酒井騎手に任せるつもりです。(公式ページより:千田輝彦調教師)

なによりもサンちゃんは今年これがなななんと、11戦目ですよいなずま
本当に脚元の問題もなく1年間無事で走り抜けてくれました。感謝しかないです。
日曜日もとにかく無事に走り抜けてほしいと思います。

今回、確かに2勝クラスで掲示板を連発している馬もいて簡単な相手ではないです。しかも同じノルマンディークラブのブラックジェイド号も今回出てきてびっくりですびっくり。こちらも前に行く馬で、結構気性が荒いというイメージがあるのでどうかなと思いますが、2頭で喧嘩せずにうまく先団を形成して展開を味方につけてまた2走前のようにあっと言わせてほしいですね。

サンちゃん、今年1年ありがとう。ぜひ無事に走り抜けてください☆彡






Last updated  2020.12.25 23:29:56
コメント(0) | コメントを書く
2020.12.13

行け~、サンディレクション号☆彡(右から3頭目)


本日、阪神8Rの3歳上2勝クラス(芝1600m・混)に酒井学騎手で臨んだ出資馬、サンディレクション号、ことサンちゃんは昇級初戦ながら2勝クラスのメンバーの中、健闘して6着に入りました。

良いレースだったと思います。前走の久しぶりの勝利の後、外厩で一息入れて今日の馬体重が484㎏と+6㎏。デビュー当時と比べて本当にたくましくなりました。今日はスタートが今一つタイミングが合いませんでしたし、結構前に行く馬も多くて中団からのレースとなりました。行きたがっていたサンちゃんを酒井騎手が何とかなだめて3コーナーから進出、直線外を回して後300mの地点では前をとらえようかとの勢い☆彡。
これは前走の再現かね!!とマジで興奮しました。

何頭か入り混じっての大激戦となりましたが最後100mで少し遅れを取って6着でゴールイン。
さすがに2勝クラスのメンバーは強い。
サンちゃんも止まってはいないのですが最後の伸び脚で若干劣りました。
でも昇級初戦で差のない6着なら上々でしょう。

昇級戦と考えるといい競馬をしてくれたと思います。今日は前に行きそうな馬が多かったので、ああいう形の競馬も考えていましたが、ジョッキーは、『小回りの1800m戦ならスッと前につけられそうな雰囲気なので、そういう形であればもっと頑張ってくれそうな感じがします』と話していました。得意の形に持ち込めなくても崩れなかったのは収穫でしたね。(公式ページより:千田輝彦調教師)

日ごろ厳しいコメントが並んでいたこの馬の掲示板にも。「見せ場は作った。」「夢を見たよ。」「文句ない。」などの健闘を称える言葉が並んでいます。ちょっと調教師さんのコメントからは、もう少し最後の伸びがあれば、といったニュアンスも感じられますが、今回+6㎏ですから次走、絞れれば期待できますね。小回りの1800mと言えば年明けの小倉開催がターゲットになりますか。レース後順調にいってほしいですね!

サンちゃん、お疲れ様。2勝クラスでも行けそうですね。これからも期待しています☆彡






Last updated  2020.12.13 23:20:02
コメント(0) | コメントを書く
2020.12.12

ノルマンディーOCは早くも第2次募集に突入☆彡©公式ページより


ノルマンディーOCの2019年産の1次募集が大盛況でほとんどの馬たちが完売。その余韻も冷めやらなぬうちに公式ページでは早くも2次募集の告知がされた。「鉄は熱いうちに打て!!」ですかね苦笑。まだ詳細の情報はアップされていませんので、募集馬についてまだ何とも言いようがありませんが、今回も人気を集めることは間違いないでしょう。

私としては興味はあるもすでに出資馬を4頭抱えており、今年は様子見かなと思っております。4頭のうちの2歳馬2頭は今年無事にデビューできたものの現在は外厩先で休養中。来年初めからリスタートになります。この両頭とも昨日近況更新がされました:

アンカシャムローグ号(ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:461kg
現在は馬場2周と坂路1本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。飼い葉に関しては、朝飼いだけはあまりガツガツと食べてくれないものの、徐々に調教ペースを上げながらも昼と夜は安定して食べることが出来ています。だんだんと落ち着きも出てきて、調教でもリラックスした状態を保てていますが、毛ヅヤや馬体の張りなどはまだ良化の余地を残している現状です。そのため、今後も体調面の上昇を促しながら進めていきます。

アレッサンドロ号(ケイツーステーブル)
馬体重:472kg
現在は屋外ダートコースと坂路を併用して、ダクとキャンター3000~4000m(17~18秒ペース、週1回は15秒ペース)のメニューで調整中です。水曜日に15-15を消化してみましたが、以前は速いところをおこなうと背腰に張りがでることがありましたが、今のところ反動はありません。見た目こそさほど変わりはありませんが、少しずつしっかりしてきているんだと思います。問題なければ週末にも速いところを消化する予定です。(担当者)

次走予定については公式ページにおいて、アンカシャムローグ号は2021年1回小倉開催(1/16~)、アレッサンドロ号は2021年1回中山開催(1/05~)がターゲットになっていますから年末から年明けにかけて厩舎に移動となるのでしょうね。アレッサンドロの方はまだ外厩先でも乗り込まれていますが、アンシャムちゃんの方は馬体回復に重点が置かれており、体力強化とはまだまだ行きそうにありません。できるだけ小野町でベースを作っていただきたいなと思いますね。

さあ、明日はいよいよサンディレクション号、ことサンちゃんが昇級初戦に臨みます。現在の前売り単勝オッズは13.9倍。おいおい、予想以上に人気になっている。前走の勝ち方が鮮やかでしたからね。多少人気になるのはしょうがないと思っていましたが、これはちょっと誤算だ苦笑ぽっ

でも人気になろうがなるまいが、そんなことは余り関係ない。彼が彼らしいレースをしてくれたら充分。

がんばって、サンちゃん☆彡応援しています!!






Last updated  2020.12.12 22:19:31
コメント(0) | コメントを書く
2020.12.10

サンディレクション号の前走のパッドク、馬っぷりが良いと高評価だったよ★


我らがサンディレクション号、ことサンちゃんが13(日)阪神8R・3歳上2勝クラス(芝1600m・混)に酒井学騎手で臨みます。昇級初戦、厳しい戦いにはなると思いますが、前走勝った勢いで頑張って欲しい。

公式ページによりますと6日(日)に坂路コースで4ハロン55.8-40.1-26.2-13.1を単走で馬ナリに追われ、9日(水)にCWコースで4ハロン54.1-39.7-12.4を単走で馬ナリに追い切られたとの由。
CWコースで4ハロン50秒台前半、最後の1ハロン12秒台前半はこれまでも何回も出していますが、馬三郎の評価も「🅱キビキビ」との良い感じ。調教のパターンも前走と全く同じで千田調教師さんも完全に手のうちに入れられていると思われます:

先週末に坂路で少し速めのところをおこない、水曜日にはCWコースで4ハロン追いと、いつも通りの当該週の調整を消化できています。先週よりも負荷を強めて時計も短縮していますし、この追い切りで態勢が整ったと思います。引き続き落ち着きを保っていますし、精神的にも少しずつ大人になってきているような感じがしますね。あとはこのクラスでの力関係が鍵となりますが、前走はまずまずのメンバーが揃っていた中での勝利なだけに、昇級しても楽しみはあるところ。フルゲートに満たない頭数で競馬ができますし、引き続き酒井学騎手が乗れるのも心強いので、いつも通りマイペースで運んでもらいたいと思っています。まずはここで目処の立つ走りを見せてほしいですね。(公式ページより:千田輝彦調教師)

今回のメンバー、確かに1勝クラスとは一味違うメンバーが集まっている:


©netkeiba

セリで1億円以上で落札された馬や、ルメール騎手が騎乗する3歳牡馬は前走同クラスの特別で2着、また武豊騎手騎乗の馬は2勝クラスでここ2戦連続3着と中々手ごわそうだ。サンちゃんを相手に1勝クラスを勝ち上がった馬たちも、2勝クラスとなれば中々勝ち上がれずに苦戦しているのが実情です。

こういった現実は直視してもいくらなんでもこの単勝想定倍率、145.6倍はないんではないか!?
この想定倍率は変わりますのでレース当日に確認しますが、これはまた何かが起こると胸騒ぎがどきどきハート
今日、わが社の冬のボーナスが無事に出てホッと致しましたが、またひょっとしてサンちゃんから特大の臨時ボーナスがいただけるような・・なーんてねぺろり

まあ、人間欲をかいたらロクなことがありません。どうか良い新年が迎えられるように無事に頑張って頂ければなと思います。

明日は先輩の所有馬、ルッキングフライ号が出走する。先輩によれば現在の評価は5,6番手との由。この馬も実力の割には評価が低いな。日曜日のサンちゃんのレースの前の阪神7Rにはディバインコード号の弟、岡田スタッド期待のザスリーサーティ号が出走する、そろそろ勝つ頃かもしれないね。

そしていまとても心配のニーニャちゃんは15日(火)の笠松のレースに登録された。
この馬は今回は勝たねばならぬいなずま
いやいや中々忙しい師走になってきた☆彡

みんな頑張ってください、とにかく無事にね☆彡






Last updated  2020.12.11 09:40:32
コメント(0) | コメントを書く
2020.12.05

ノルマンディーの来年の卓上カレンダー、申し込みました。サンちゃんも入っている☆彡


今日の中山6R新馬戦でノルマンディーOCの所属馬、アステルカーラ号がデビュー戦優勝を飾りました。アステルカーラ号は、2歳 牝 美浦・岩戸孝樹厩舎 父:カレンブラックヒル、母:サニーヘイロー、母の父:キングヘイロー。スタードダッシュよく先頭に立ってそのまま押し切りました。やっぱり競馬は先行できる馬が強い。調教師さんのコメントでスタードダッシュが素晴らしいとあったので単勝を少し買ってました:


©ヤッホー☆彡

たかが1,500円と侮るなかれ、単勝34倍つきましたからこれで5万円超☆彡。馬友さんがこの馬に出資されていて、たぶん今日は回ってくるだけ、と100円の単勝馬券しか買っておられずに私の当たり馬券を見て「ミノルバイセン、ぼろ儲けやん☆彡」と驚かれていました。ラッキーだったねぽっ

さて、我が出資馬といえば、2歳馬のアレッサンドロ号とアンカシャムローグ号は休養中。ようやくアンカシャムローグことアンシャムちゃんは乗り込みが再開されたもののまだ飼い葉食いが戻らず、やはりデビューからの3戦で相当お疲れの様子。じっくり立て直してほしいと思います。一方のアレッサアンドロ号も来週から15-15の調教を開始するとの由。この馬も次走は来年。両馬とも無事に年を越してくださいね。

ニーニャ号は名古屋で勝てないもののようやく前走の笠松でJRA所属馬らしいところを見せました。中1週で再度笠松のレースに臨むとの由。初勝利、今度こそ期待しています。

そして出資馬の最年長、サンディレクション号ことサンちゃんは来週13日の阪神の2勝クラスのレースに挑みます。ミノル号出資馬の現在の稼ぎ頭。待ってました:

帰厩後も順調で、先週末は坂路で15-15を切るようなところ、そして今週はいつも通りCWコースで4ハロンからの追い切りを消化しています。目立ったタイムこそ出していませんが、気合いが乗って、外目を周って上々の走りでしたよ。このクラスでも頑張れるように仕上げていくつもりです。毎回帰ってくるたびに、落ち着きが出ていて精神面で成長が感じられますし、良い雰囲気をキープしていますよ。体重も前走時から+10kgの488kgと、いい感じできています。予定通り、来週12/13(日)阪神・3歳上2勝クラス(芝1600m・混)に酒井学騎手で向かいます。(千田輝彦調教師)

この馬は本当に転厩して流れが変わりました。今年最後のレースになりますが今年の内に昇級できて本当に良かった。今回はボーナスのつもりで頑張ってくれればと思います。私も今回は気楽に見ることができそうです。もちろん良いレースができることを期待していますよ。この馬はこんなもんじゃない。まだまだ成長していくと思っています、奥手のジャスタウェイだからね。

そのジャスタウェイ、なんと社台ファームの種付馬から追い出されてしまった(ブリーダーズスタリオンステーションへ移動)との由。ヴェロックスという活躍馬を出しながらこの扱い。さぞかし悔しいかと思います。

サンちゃんも父の無念に応えるべくこれから頑張れ星☆彡






Last updated  2020.12.06 09:15:00
コメント(2) | コメントを書く
2020.10.25

レース後のサンちゃん、本当におめでとう☆彡ⒸGチャンネルの映像より

本日、京都6R・3歳上1勝クラス(芝1600m・混)に出走したサンディレクションが2勝目を挙げました。
やったね☆彡サンちゃん。見事でした号泣

昨日のブログにも書きましたが人気が上位馬に集中してなんとサンちゃんは15頭中、11番人気。これは何かの間違いでは!?と言いたくなりそうな低評価でした。前走(5着)も悪いレースだった訳ではなくこういうのが人気の盲点とでも言うのでしょうか?私もちょっと反発して今回は単勝5000円のみ買うつもりでしたが単複両方5000円ずつ投入することに変更したよ。

グリーンチャンネルのパドック解説者も「馬っぷりの良さが目立つ。」と高評価。調教も良かったしひょっとするとひょっとするかも!?と期待していました。

レースは外から逃げる馬がサンちゃんの機先を制したもののサンちゃんも離れての楽な2番手。良い感じだなあと思ってみていました。直線向いて前とはずいぶん差がありましたし、後ろからも人気の軽斤量の3歳馬達が迫ってきていたので、どうかなあという感じでした。

ところがあと300mを切ってから先頭を伺う勢いに。そして200mあたりで完全に前を射程にとらえた!!あとは差されないように☆彡

行け、行け、行けーー☆彡

酒井学騎手の鞭に合わせて私も右手で自分の太ももをビシバシ乱打。
最後ゴール前、なんとか凌いだかなあ!!凌いだよ★


凌ぎ切った!!Ⓒグリーンチャンネルの映像より

サンちゃん、本当におめでとう。2年間良く辛抱しました。
今日は番手で折り合って、直線もしっかり脚を伸ばして良いレースでした。

転厩が良い方向に行きましたね。この馬の特徴をつかんで2年ぶりの勝利に導いてくれた千田調教師さんと酒井学騎手、そしてノルマンディーの関係者の皆様に心よりお礼申し上げます。

そしてこの馬の出資者の皆さん、おめでとうございました☆彡

追って、馬券もありがとーねぺろり






Last updated  2020.10.25 17:31:33
コメント(2) | コメントを書く

全103件 (103件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 11 >


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.