000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

みつみつの台所~いとおしくおいしい毎日~  . 

みつみつの台所~いとおしくおいしい毎日~  . 

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x
2009.10.25
XML
カテゴリ:食べる

海老こめコン餅

海老と、米粉と、蓮根で作った、点心風おつまみ。
海老は「ミンチ状」と「ぶつ切り状」で、食感ダブル。
蓮根も「すりおろし」と「角切り」で、食感ダブル。

*海老こめコン餅*

               むき海老・・・100g
               蓮根・・・100g
               卵白・・・1個分
               米粉(リ・ブラン)・・・50g
               白玉粉・・・30g
               塩・・・小さじ1/8
               水・・・カップ1/2
               ごま油・・・小さじ2
               生姜すりおろし・・・小さじ1
               醤油・酢・・・各適量

海老のダブル使い 蓮根もダブル使い 混ぜてこねたら

  1)海老は半量を粘りが出るまで包丁でたたく。
    半量は1cm程度のぶつ切りにする。
  2)蓮根は皮をむいて半量をすりおろし、半量を5mm角に切る。
  3)ボウルにたたいた海老、すりおろした蓮根、
    白玉粉、米粉、塩を入れてこねる。

ビニール手袋使用中♪ 両面に焼き色を薄くつけて~ 蒸し焼き!

  4)中火で熱したフライパンにごま油をうすくひき、
    目分量で12等分した生地を大さじなどですくって落としていく。
    上を指で平らにして焦げ目がつくまで蓋をして5分ほど焼く。
  5)裏返して更に5分ほど焼く。
    仕上げに水を注ぎ入れて蓋をし、蒸し焼きにする。
   ※生姜をきかせた酢醤油で食べるのがおすすめです。

米粉と白玉粉を合わせて使うことで、
しこっとした歯ごたえともちっとした食感の両方が楽しめるように。
・・・したつもりなんだけど、どうかしら~。

オット餅菓子好きなので、各種米粉を常備しているんだけど、
今回「リ・ブラン」が50gしかなかったのよね。
実は、そういうわけで白玉粉をブレンドしたの~。
どんぐらい入れるといいかわからなかったので、
10gずつ入れながら様子を見ました。
蓮根の水分とかでも変わってくると思うので、
こういうのは「カン」で調節するしかないですよね・・・。



リ・ブランじゃなくって、普通の上新粉でもいいと思う。
団子粉でもいけるんじゃないか・・・?
いっそ、小麦粉でも・・・。


上矢印
お料理ブログチェックサイト「レシピブログ」に登録しています。
只今、ランキング参加中です。
クリックしていただくと、このブログに投票いただいたことになります。
(クリック後、別ウィンドウで「レシピブログ」が表示されます)
いつも応援、ありがとうございます。


レシピブログOH!みつみつのマイページはコチラ

**************************

今、9時を過ぎたところ。
実は、愛車の引取りの業者さんを待っているの。
そう、12年乗った「みつみつ号」、本日でお別れ。

ツマは、昨日のうちに感謝の気持ちをこめた掃除(2回目)を済ませ。
オットは朝からデジイチで写真を撮りまくり。

来年4月の車検を機に、廃車にするつもりでいた車。
思いがけず、乗ってくださる方が見つかりそう!
ものを捨てられない私、車を廃車にするのも、なんか切なくてさぁ。
買い取ってくださった車屋さんは、
「この車なら近所ですぐ、買主が見つかりますよ!」
と言ってくれました~(嬉)

・・・と、ここで、車屋さん到着・・・

「みつみつ号」、トラックの荷台にのって、去る!
手を振ってお見送りしました~。
オット、涙目(笑)
グッバイ「みつみつ号」、次のオーナーさんに可愛がってもらってね!





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2009.10.25 09:44:48
コメント(19) | コメントを書く


PR

Freepage List

Free Space


●ランキング参加中●




にほんブログ村 料理ブログ 二人暮らし料理へ
にほんブログ村


●レシピUP中●

Cpicon みつぞうのキッチン


オレンジページnet


レタスクラブネット投稿レシピ

献立に困ったら 楽天レシピ

Archives

2024.04
2024.03
2024.02
2024.01
2023.12
2023.11
2023.10
2023.09
2023.08
2023.07

Category

Keyword Search

▼キーワード検索


© Rakuten Group, Inc.