2889246 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

みつみつの台所~いとおしくおいしい毎日~  . 

みつみつの台所~いとおしくおいしい毎日~  . 

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x
2011.01.21
XML
カテゴリ:食べる

温めなおしてもおいしい

朝ごはんの写真です~。
玄米ご飯、きんぴらごぼう、野沢菜漬け(通称:漬け菜)。
そして、その漬け菜を刻んで粕汁にした「漬け菜汁」。

実家は新潟県の中でも長野県寄りにあるので、
野沢菜を栽培して塩漬けにし、冬場に食べる習慣があります。
(今年もそうですが)かつては冬場の畑には1m~の雪が積もったので、
雪があるうちは野菜を収穫して食べることができません。
野沢菜の塩漬けはスーパーのない時代、貴重な保存食だったわけですね。
もちろん買い物が便利になった今でも、野沢菜はそのおいしさで、愛され。
実家でも父が栽培・収穫をし、母が漬けています。
そして、その一部を宅配便で送ってくれるのです。

野沢菜漬け、白花豆煮、はりはり漬け

今年も、ありがたく受け取りました(写真右奥)。あー、おいしそっ!

鮎正宗の酒粕

鮎正宗の板粕を使いまして、2食4杯分(2人×2杯)を作ります。

ちぎって放置しておく 野沢菜は刻む 味噌も溶いた後で加えます~

酒粕はちぎって、半日くらい湯(または出汁)に浸してゆるめます。
野沢菜は蕪の部分を除き、細かく刻み、水気を絞ります。
温めた酒粕入りのだし汁に味噌を溶き、刻んだ野沢菜を入れて完成。
できたてもおいしいんですが、温めなおしもまた旨い!
ってことで、この写真は昨夜作った漬け菜汁を今朝、温めたもの。

超シンプル、具は野沢菜だけ

具が野沢菜だけのシンプルさですが、たまらんですね~♪

もちろん、漬物としても食べます

もちろん、漬物としても食べます(汁に使わなかった蕪はこっちへ)。
お年よりは、コレをお茶請けにして3時のおしゃべりを楽しみますね~。
塩分が心配ですが、甘いものがない時代は重宝なお茶請けだったんだろうな。

Cpicon 野沢菜の粕汁 漬け菜汁・漬け菜のおっちょ by みつぞう
(おっちょ=おつゆ・味噌汁のこと。祖父母世代はそう言ってた)

ブログには練り粕バージョンを載せてますが。
板粕バージョンを、クックパッドにUPしておきました。
これで、オットでも作れるかな~(期待)。

 
上矢印
お料理ブログチェックサイト「レシピブログ」に登録中。
只今、ランキング参加中です。
クリックしていただくと、このブログに投票いただいたことになります。
(クリック後、別ウィンドウで「レシピブログmypage」が開きます)
いつも応援、ありがとうございます。
(ブログ村、実験的にお休み中)


pochi.JPG
バナークリック後に出てくる足跡マークを押して頂けると、
こちらからご訪問する手がかりになり、助かります

***************************

実家に、泡立てビーター付きスティックミキサーを送っちゃったので。
楽天で、シンプルなハンドミキサーを探して↓コチラを購入しました。



送料525円を加えて、1804円で買えました。
お菓子作りグッズではお世話になっている貝印の製品なんで、
安く手に入れられてラッキー♪って気分です。
このタイプのハンドミキサー、最近「生産終了」が増えています。
(たぶん、スティック式やスタンド式が主流になったんだろうなぁ)
でもスティック式はバーミックスがあるし、
スタンド式は置き場所がない我が家には、従来のこの形がぴったり。

貝印製。 スピードは5段階。 先端に不安はないことも、ない。

ビーターの先端に、小さいけれど突起があるのが、
不安といえば不安ではありますけれども。
動作確認をしたら音もそれほど大きくはなく、ビーターの着脱もスムーズ。
早速メレンゲを作ってシフォンを焼きたいのですが、
ダイエット中(あと1kg。できれば4kg)なので迷う・・・。
使い終わったらレビューを書こうと思います。






お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2011.01.21 13:37:48
コメント(21) | コメントを書く


PR

Freepage List

Free Space


●ランキング参加中●




にほんブログ村 料理ブログ 二人暮らし料理へ
にほんブログ村


●レシピUP中●

Cpicon みつぞうのキッチン


オレンジページnet


レタスクラブネット投稿レシピ

献立に困ったら 楽天レシピ

Archives

2024.05
2024.04
2024.03
2024.02
2024.01
2023.12
2023.11
2023.10
2023.09
2023.08

Category

Keyword Search

▼キーワード検索


© Rakuten Group, Inc.