000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

笹本敦史のブログ

笹本敦史のブログ

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

カテゴリ

ニューストピックス

プロフィール

ももたろうサブライ

ももたろうサブライ

フリーページ

コメント新着

笹本敦史@ Re[1]:「ハンチバック」市川沙央(第169回芥川賞受賞作)(08/20) 深井泰議さんへ 他人がどう読むのかは興味…
深井泰議@ Re:「ハンチバック」市川沙央(第169回芥川賞受賞作)(08/20) 来月、私の民主文学東京東部支部で合評を…
石崎 徹@ Re:党首公選が必要だとは思わないが(04/24)  いちばん最後の項目がいちばん大事です…
石崎 徹@ Re:核共有(ニュークリア・シェアリング)にあきれる(03/05)  そのとおりです。核による抑止力という…
坂東太郎G@ 小泉武夫 今回こちらのtitleです。 もしよろしかっ…

お気に入りブログ

再出発日記 KUMA0504さん
masalaの辛口… マサラ0517さん
ビール片手に 五右衛門802さん
たーくん'sシネマカ… たーくん.さん
巴里雀のつぶやき 巴里雀さん
2008.06.29
XML
カテゴリ:読書

生き地獄天国雨宮処凛

書籍としては雨宮処凛のデビュー作となる自叙伝。

 子ども時代はアトピーが原因でいじめられた。14歳からビジュアル系バンドの追っかけを始め、その後バンドメンバーとのセックスを目的にした「ファック隊」に加わる。
 自殺未遂の後、人形作りに魅かれて弟子入りするが、アトピーの悪化で断念。やがて右翼団体に参加。愛国バンドパンクを結成。そして北朝鮮訪問、右翼団体を脱会、イラク訪問・・・といった遍歴が描かれている。

この人の生き方に共感する、と言ったらウソになる。

でも・・・

 古くは中曽根、最近では小泉のような政治家に、自民党政治の被害者であるはずの若者が熱狂する、という傾向はよく理解できなかったのだけど、本書を読んで何となくわかるような気がしてきた。

 人は世の中に「生きにくさ」を感じた時に、自分を束縛する何かを求めてしまうのだろう。雨宮処凛にとってはそれが右翼団体などだったのだけど、しだいに疑問を持つようになる。それまでの入れ込み方が尋常ではなかったからこそ、その落差が激しい。しかも彼女はそれまでの行動を自己批判的に全否定しているわけではない。そこに不思議なくらいの説得力がある。解説で鈴木邦夫氏が「現代の聖書」とまで持ち上げているのも大げさではないと思う。

 彼女はいわゆるロストジェネレーションに含まれる。阪神大震災と地下鉄サリン事件が起き、そして日経連の「新時代の日本的経営」が発表された1995年に20歳になっている。まさにこの国の「生きにくさ」が露呈した年であるし、それは着実に悪化しながら現在まで続いている。

「曲がったことは許せない」という若者も年を経ると「曲がったことは直せない」とあきらめるようになってしまう。でも年取った若者もこの「聖書」を読めば、雨宮処凛のように生きてみようか、と思うに違いない。





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2008.06.30 21:09:46
コメント(3) | コメントを書く
[読書] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:「生き地獄天国」雨宮処凛のように生きてみようか(06/29)   KUMA0504 さん
先に書評を書かれてしまいました。
彼女が苛められて、小学生を殺そうとして公園に連れて行ったくだりにものすごい「真実」を感じましたし、やはり彼女が信じられているゆえんだと思います。
連合赤軍の元議長塩田とまで仲良くなる、才能は素晴らしい。

近々記事に起こします。 (2008.07.01 00:13:23)

Re[1]:「生き地獄天国」雨宮処凛のように生きてみようか(06/29)   ももたろうサブライ さん
KUMA0504さん
>先に書評を書かれてしまいました。
-----
雨宮処凛については、まだどう見たらよいのかわからないんです。なので、もう少し彼女の言動に注目してみたいと思っています。
(2008.07.01 20:04:15)

小泉武夫   坂東太郎G さん
今回こちらのtitleです。
もしよろしかったらaccessしてみてください。


(2021.10.30 10:50:27)


© Rakuten Group, Inc.