20021786 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


20年01月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

ニューアムステルダ… New! はまゆう315さん

【TBSショッピング最… New! クルマでEco!さん

ガンケル黄帝液 New! YOSHIYU機さん

​​綾の光時通信「ZoZ… New! 鹿児島UFOさん

『2019年10月期・ベ… New! くう☆☆さん

【スカーレット】第12週ネタハ… ショコラ425さん

コーヒーカップ>『… ひじゅにさん

劇場鑑賞「ジュマン… BROOKさん

久々の5分でアップで… 俵のねずみさん

制作中です シュージローさん

2009年05月14日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『策略』
『失踪した人妻』

内容
雅子(室井滋)から、5000万を返済するよう迫られる佐山道夫(藤木直人)。
夫・波多野伍一郎(団時朗)が金が必要になったということだった。
道夫との関係がバレ、離婚を迫られ、
金を返さないと家から追い出されてしまうという。
そこで、店を担保にして借金をするという道夫は、保証人にと実印を預かる。
だが、雅子は実印を渡したときの佐山の視線に恐怖を覚えていた。。。。

そのころ、桑山(小林稔侍)丸岡(余貴美子)は、
佐山の友人だという江頭善造(伊東孝明)のタクシーに乗り合わせていた。
妙な因縁を感じるふたり。


翌日、福岡から東京に帰った枝村幸子(木村佳乃)は、
親友の福地フジ子(夏川結衣)に、会社を辞めることを告げた上で、
天拝山で検事と出会ったことを話していた。
だが、そんなとき、フジ子は、昔話を。。。。

そして、実印を持った道夫の行動は早く、弓子(南野陽子)の料亭で
弁護士の横田(升毅)と接触し、店の権利書を自分に名義変更していた。


後日、そのことを、夫から伝え聞いた雅子は、道夫を訪ね、
“汚いヤツ”と言い放ち、警察に行くと言い残し立ち去るのだった。

数日後、波多野が道夫の店を訪れる。
妻・正子が行方不明になったという。。。。。自殺かもと。


敬称略



今回も、激しい時間経過で、
『間』を感じにくい流れなのですが、
まぁ、、それはいいかなぁ。。と。


というのも、

物語が、大きく動きだした感じだから!!


ですね。


やはりポイントは、

自分の『夢』のために、階段を上り続ける佐山道夫。
疑惑を感じ、分かっていながらも、道夫と同じ道を歩む決断をした枝村幸子。

そして、あきらかに『事件のニオイ』を感じ取る桑山検事

という、大きな流れの中で、
妙なことが。。。。

福地フジ子の“過去”

意外と、一番怖いのはこの人だったのか!!

ってことだ。


2回ほど前までの、
どう動いているのか、分からない状態では、リタイア寸前でしたが(笑)
前回アタリから、明らかに物語が動き始め、

多少、、、細かい疑惑のようなモノも含めて、疑問も少しありますが、
少し盛り上がって来ていますすよね。


おかしな言い方ですが。

“松本清張ドラマ”

を感じつつある状態です。

本当に次回が楽しみになってきました


とはいえ、
もう一つの本当もあります。

物語の面白さとは別なのですが、かなり物語のテンポが“ゆるやか”です。
これがねぇ。。。ネックなんですよね。イマドキのドラマとして考えれば。


とりあえず、
次回が楽しみなのは、、、、ホント。

そういえば、、桑山検事って、、何もしませんでしたね。。
現在の状態じゃ、いる必要性が分かりませんが、
今回は、その“きっかけ”だってことかな。


これまでの感想

第3話 第2話 第1話







最終更新日  2009年05月14日 22時04分12秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.