19051055 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

日曜日>『なつぞら… New! ひじゅにさん

仮面同窓会  第6… New! はまゆう315さん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

ビーチや砂場で大活… New! クルマでEco!さん

夏ドラマ視聴率一覧… New! ショコラ425さん

料理研究家の程一彦… New! みやさとver.さん

日向坂46「ドレミソ… BROOKさん

小柳ルミ子さんなつ… 俵のねずみさん

お散歩 うさこ(^o^)さん

映画「新聞記者」い… 鹿児島UFOさん

2010年05月08日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『父母の秘密』

内容
結果的に、しほ(柳生みゆ)の仇を討った
政次(橘慶太)亮吉(中尾明慶)彦四郎(小柳友)の3人組

ある日のこと。しほが仕事を終え長屋に帰ったところ、妙な侍に襲撃される。
偶然、、政次がやってきたことで、なんとか無事だったしほ。
長屋のみんなの勧めもあり、
金座裏の宗五郎(松平健)親分とおみつ(南野陽子)の下で、世話になることに。
すると、宗五郎は、襲撃したのは川越の者たちだろうと告げる
かつて藩を出奔する時、しほの亡き父・文之進(堀部圭亮)に経緯があった。
城代家老の不正に絡む。。。。
そのために、襲撃された可能性があるという。

そんななか、亮吉たちの友人である染物屋『藍屋』の手代・太助(千代將太)が、
“荒稼ぎ”に襲われ、集金した金を奪われたしまった。
女・やえ(上良早紀)が気を惹いているウチに、
男・馬吉(増田修一朗)が背後から襲う荒稼ぎ。。。
そして、責任を感じた太助は、身投げしてしまった。。。。


金座裏の宗五郎親分らは、荒稼ぎの探索をはじめようとするが、
直後。。。常盤町の宣太郎親分(石倉三郎)が、
宗五郎へのライバル心むき出しで派手に動きだしたのだ。
そこで、宗五郎は、松阪屋松六(山本學)由左衛門(大浦龍宇一)に依頼し、
手代である政次に集金先回りをしてもらい、政次を囮にし
宗五郎は手先の下駄貫(前田健)常丸(嘉島典俊)に後をつけさせるのだった。

一方、しほのもとを北町同心・寺坂(山田純大)が訪ねてくる。
襲撃されたという話を伝え聞いたことで、
川越藩の田崎久郎太(真砂皓太)が
江戸勤番である若き侍・園村辰一郎(石黒英雄)とやってきたのだ。
城代家老の根島一派から、酷い扱いを受けている田崎たち。
連れてきた園村は、、、しほの“いとこ”だった。
園村家も根島から圧力を受けながら暮らしてきたという。
父・文之進が持ち出したであろう、根島の不正の証拠を探して欲しいと。。。
しほを襲ったのも、人相書きから根島一派の侍。。。光村金太郎(野呂拓哉)
初めての身内。。。しほは、探すことを伝えるのだった。

そのころ、囮作戦も4日目を迎えたが、、、荒稼ぎは引っかかっていなかった。
そこで、政次は。。。。。


敬称略



3人組の友人が、荒稼ぎに襲われ
その後、、、身投げ。。。

政次は、囮作戦で。。。。


というお話だ。


若干、、ゆるい感じかな。

お話自体は、言ってみれば『カタキ討ち』であり、
前回とよく似たお話である。

ただ、犠牲者との関わりの表現が薄く、
そのうえ、
メインのお話である、しほの物語を濃く描きすぎているため

どうも、あっちがやりたいのか、こっちがやりたいのか
少し微妙な感じである。

たしかに、分かるんですけどね!

今回で物語を作らなきゃならないし、
次の展開のためのネタフリもしなきゃならない。

なら、、、ネタフリは、初回の時で良かったんじゃ?

そう思ってしまうのが人情というモノだ。


やはり、、というか
予想通り、カタチが崩れてしまった気がします。

ネタ自体が、悪くない感じなだけに
バランス良く進めて欲しいモノである。

途中から、恋バナ?と言う感じにもなってしまって
荒稼ぎ事件が、宙に浮いていましたからね!


これまでの感想

第1回






最終更新日  2010年05月09日 07時16分40秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.