19654103 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

秋ドラマ視聴率一覧… New! ショコラ425さん

ドラマW イアリー … New! はまゆう315さん

ジオニック社公式MS… New! クルマでEco!さん

一人前になるまでは… New! ひじゅにさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

台風19号に想う 災害… 鹿児島UFOさん

劇場鑑賞「フッド:… BROOKさん

来年の鳴尾浜にワク… YOSHIYU機さん

いろいろの巻 俵のねずみさん

制作中です シュージローさん

2012年05月27日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想

『保元の乱』

内容
鳥羽法皇の死により始まった、
後白河帝(松田翔太)と崇徳上皇(井浦新)による権力争い。
帝の擁立を画策した信西(阿部サダヲ)を筆頭に、
忠通(堀部圭亮)義朝(玉木宏)は後白河帝へつき。
一方で、頼長(山本耕史)為義(小日向文世)為朝(橋本さとし)は、
崇徳上皇方についた。

清盛(松山ケンイチ)の平氏一門は後白河帝へつくことを決めるのだが、
そんな折、叔父・忠正(豊原功補)が、崇徳上皇方についたと知る。

やがてそれぞれに軍議が始まり、為義は夜討ちを最善の策と訴えていた。
しかし夜討ちは卑怯であると、頼長は却下。

同じ頃、夜討ちを最善の策という義朝の訴えは、信西に承諾されていた。
清盛は、忠正の離反はあったモノの、
義朝に負けじと、為義を討ち、功を上げると一門を鼓舞。

そしてついに後白河帝の軍勢は、闇夜に紛れ崇徳上皇の立てこもる白河殿へ。。

義朝は、弟・頼賢(永岡佑)と、
伊藤忠清(藤本隆宏)忠直(土平ドンペイ)兄弟は、為朝と対峙。。
そして清盛は、忠正と対峙しはじめる。

敬称略


気のせいか、、、主人公は、、、為朝なのでは???と思うほど。

それほど、橋本さとしさんが熱いですね。

最終的に金田明夫さん、小日向文世さんが、。。。。良い活躍で。


あえて、妙な言い方をするが。

この時代だからこそ、
戦いに“ドラマ”があっても、問題なく受け入れることが出来る感じですね。


そうなのだ。“この時代”であるからなのだ。

ただの戦闘三昧になるのは、後代の話なので、
臭すぎるように見えているドラマも、意外と良い感じで魅せていたと思います。

ま。。。そんな単純なことを知らなければ、

ダラダラしているだけにしか見えないんですけどね。

ここだよなぁ。。。。

今回が戦いの本編ではあるのだが、まだ2週ほど色々とある今作。


あまり、こう言うこと言いたくないが。

ホントは“公式HP”なんかで、あれこれと説明をするくらいならば
アバンとナレーションで補足すべきなんですよね。

今回にしても、もっと上手くアバンを使っていれば、
間違いなく、なんの違和感も無くドラマを楽しめたはずなのだが。。。。

そこまで考えずに、

ドラマだからこんなモノだろ言う。。。と素直に見れば良いだけかな。



個人的には、かなり面白かったと思います。

いや、ここで、今回くらい描かなければ、ホントに駄作だよね。



TBは以下のミラーへお願いします
http://blog.goo.ne.jp/maxexp99/e/2b2c06225cec8d24946f0c028d2cd790






最終更新日  2012年05月27日 18時45分31秒

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.