670831 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

白砂青松のブログ

PR

X

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

カテゴリ

お気に入りブログ

まだ登録されていません

コメント新着

ika@ Re:現代の価値観で断罪云々という詭弁(08/17) 植民地を持とうとする国も植民地になりた…
こわい~@ Re:日本の子供を劣化させようとする産経と東京都(04/10) マッカーサーの証言とされるもの 「largel…
名無し@ Re:「シーレーン防衛」幻想に囚われた人々(02/09) 白砂って誰か知らないけど、コメントが反…
http://buycialisky.com/@ Re:真・豪州安全保障事情2-減員? 増員?(02/20) cialis womangeneric cialis review ukcia…
http://cialisvipsale.com/@ Re:真・豪州安全保障事情2-減員? 増員?(02/20) generic cialis 90 pillscialis mit rezep…

ニューストピックス

2006年11月06日
XML
カテゴリ:海外の話

イラクの特別法廷は、シーア派住民虐殺の罪でフセイン元大統領に死刑判決を下しました。
まあ、事件の中身そのものについては、外野である私にはとやかく言うことはできません。
ただ、これでますますイラクの混乱は深まるでしょう。

宗派間の対立がこれだけ激しさを増している中、フセインを死刑にしたところで、もはやそれは過去の事件の責任を問うのではなく、現在の対立に起因する殺し合いの一例という意味にしかならない可能性が大。
よって、中にはフセインに反感を持っていた人もいたであろうスンニ派が、反シーア派、反クルド人で結集するネタになってしまうのではないでしょうか。

この状況でアメリカが何をやっても駄目。どんなに支援しても、結局南ベトナム政府の崩壊は防げなかったのと同じ。そして、イラクにとって不幸なのは、ベトナム戦争時の北ベトナムのような現状にとって替り得る主体が存在しないということ。よってイラクはバラバラとなり、下手をすれば誰も統治の正当性を主張できない、90年代以降のソマリアのような状態になる可能性があります。
その過程で命を落とすであろうイラクの人々はお気の毒だと思いますが、今の我々にできることは何もないでしょう。

そしてかつてアルカイーダがソマリアを拠点としたように、「旧」イラクがテロリストの巣窟となる日も遠くないかもしれません。

それにしても何でこのタイミングなんでしょう。
やはりアメリカの中間選挙で共和党勝利のためなんでしょうね。








最終更新日  2006年11月07日 00時03分12秒
コメント(0) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。



© Rakuten Group, Inc.