623047 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

今を大事に!

PR

Calendar

Profile


リコハウス

Comments

http://buycialisonla.com/@ Re:高知 北寺(05/16) generic cialis pills erectionprescripti…
リコハウス@ Re[1]:年齢を重ねるとは(05/24) ゆうたろママさん コメント有難う御座い…
ゆうたろママ@ Re:年齢を重ねるとは(05/24) 大変勉強になりましたm(_ _)m 耳はいいけ…
ノンさん@ Re[2]:雪渓寺 高知(01/31) リコハウスさん >ノンさん  > >いらっ…
リコハウス@ Re[1]:雪渓寺 高知(01/31) ノンさん  いらっしゃい。 著作権等の詳…

Category

カテゴリ未分類

(0)

独り言

(40)

旅行

(129)

(42)

神社

(57)

仏閣

(459)

庭園

(65)

(147)

中年時代 リコ

(15)

展示

(8)

温泉

(5)

演劇や映画

(2)

全969件 (969件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 97 >

2019.06.09
XML
カテゴリ:旅行
思い立って、明石海峡大橋の橋脚の上に登るツアーに参加しました。
数年前までは、いくら予約しようとしても、いつも満員だったのですが、今は、少し余裕があり、2-3週間くらい前であれば、申し込み可能かもしれません。

平成10年(1998年)完成から21年間経過していますが、このツアーに参加した人は、私で124,544人目だったようです。(多いとみるか、まだ、こんな人数とみるか?)

既に、多くの人がブログで書いて居られますので、記事は、最小にして、出来れば、天気予報を調べて、視界の良い日に参加予約されることをお勧めします。(笑)
ツアーは約3時間、料金大人3000円、中学生1500円、制限は中学生以上の2km歩ける人。

黄色い線の明石側 橋の科学館で説明を受けて、プロムナード途中から整備用通路を通り、橋脚下部からエレベーターで橋脚上部に上がり、それから、戻るツアーです。


あの上に上がるんだと思うと、朝一番からテンションが上がります。(笑)


ツアーの最初に、説明会! 班分け(エレベーターに乗る順番)、案内用イヤホンや携帯ストラップ等


歩く前に、橋の科学館で明石海峡大橋の概要の説明があり、これで大体の耳学問を習得!




プロムナードから整備用通路へ降りてゆきます。


グレーチングというかキャットウォークというか  隙間から海面が見えるので、楽しく?なる。(笑)


淡路島側を見る  左の黒いパイプは淡路島への送水管、 右には、関西電力8万kwの電線があり、床下のパイプには、電話線やインターネット回線などのパイプが走っています。
頭上は、片側3車線の車道です。


橋脚から淡路島側をバックに記念撮影 


吊り橋の吊りメインケーブルの中を湿度40%以下に乾燥換気する装置 この橋に8台あるそうです。


上は車道 真ん中には、中央分離帯。 車が通るたびに、ガタンガタンと音がして、橋を吊っているというのが、実感できる。


橋脚を上がるエレベーター 一度に12-3名乗れる。 17階から98階まで約2分で上る。


エレベーターを降りて、階段から頂部へ


今回のツアー 48名満席でした。約4分の一が外国人。
スカイツリーもあべのハルカスも良いけど、天井の無い展望台?の解放感は最高です。


明石側


海面より289m


淡路島側






暗くなるとミッドナイトまでの正時に、ケーブルにイルミネーションが点灯する。
土日曜日や大晦日等には、変幻自在の色を出すランプです。(3個で1set)


橋の最重要箇所 橋脚の地盤


橋の内側からメンテナンスする作業台

橋の外側からメンテナンスする作業台(両横と下)


帰りは、外側の歩行用通路を通って


垂水のマリンピア


孫文記念館


前日の風雨が汚れを流れ落としてくれたように、視界良好(小豆島も見える)の一日でした。感謝!


以上






Last updated  2019.06.11 19:52:44
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:
紫陽花を楽しんでいます。
最近は、色々な色や花の形のものが出てきており、意外な出会いを発見することもあります。

昨年の冬から、大事にし過ぎて、肥料をやり過ぎたのか、葉っぱが成長著しく、花が少し寂しいかもしれません。(笑)

我が家の紫陽花を見てやって下さい。























昔ながらの「隅田川」 これを見ていると、座禅をやっているように、落ち着きます!


































バジルも順調に育っています。 もう、間引きしないといけません。

以上






Last updated  2019.06.09 11:51:27
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:仏閣
​​​​​​西本願寺前の龍谷ミュージアムで、因幡堂 平等寺(福聚山、真言宗 智山派)
関連の仏像を拝観することができました。

因幡(いなば)というから、因幡の白兎で知られる鳥取県の昔話。
​​大納言橘好古の孫である少将橘行平(ゆきひら)は、長徳3年(997年)、因幡国司としての任を終えてに帰ろうとしていたところ、重い病にかかった。

ある夜、行平の夢に貴い僧が現れ、「因幡国の賀露津(かろのつ)の浦(現在の
鳥取港)に貴い浮き木がある。それは仏の国(インド)から衆生を救うために流れついたものである。それを引き上げてみよ」と言う。

行平が賀露津の漁師に命じて、波間に光るものを引き上げてみると、それは等身
薬師如来の像であった。この薬師像を祀ったところ、行平の病は癒え、京に帰ることができた。

この薬師像は
天竺(インド)の祇園精舎の四十九院の1つ、東北療病院の本尊であった。行平は薬師像をいずれ京に迎えると約束して因幡を後にしたが、その後因幡を訪れる機会がないうちに長い歳月が過ぎた。

その後、
長保5年(1003年
)4月7日のこと、行平の屋敷の戸を叩く者がある。戸を開けてみると、それは因幡からはるばる虚空を飛んでやってきた薬師像であった。行平は高辻烏丸の屋敷に薬師像を祀った。これが因幡薬師平等寺の起源であるという​​​
​。 (ウィキペディアより)

現在の平等寺は、京都烏丸通り近くに「因幡薬師」としてある。

橘 行平 像



本尊の薬師如来立像




岐阜 延算寺の薬師如来立像


釈迦如来立像 清涼寺様式です





阿弥陀如来と観音様の三尊像   善光寺様式




阿弥陀如来坐像 平等寺の仏様はイケメンが揃っています


西念寺の阿弥陀如来坐像もイケメンですね!














大黒天立像   大きく、迫力あるものでした

増長天


多聞天



大黒天坐像  少し違ったイメージですが、本来の大黒天は、ヒンズー教のシバ神の化身で、暗黒の世界で、青黒い身体をし、憤怒の形相をしているが、法を護る善い神なのです。

毘沙門天





弘法大師像



西本願寺  親鸞聖人を祭る巨大寺院です。















以上






Last updated  2019.06.09 10:20:11
コメント(0) | コメントを書く
2019.06.08
カテゴリ:仏閣
​​正式名称は、祥山 正伝護国禅寺で​、臨済宗南禅寺派の寺院です。​

何度か訪れていますが、最近は、外国人も含め、観光客がどこでも現れるので、静かなところを探してきましたが、やはり、来る人は来るようです。(笑)

​​​本堂前の枯山水庭園小堀遠州作と伝えられている。白壁越しに比叡山を望む借景式庭園であり、岩を用いず、白砂とサツキの刈込みのみで構成されている。「獅子の児渡しの庭」と呼ばれる。
庭は、デビットボウイが日本に来た時に、見ることを楽しみにしていたようです。​

方丈内には、狩野山楽一派の襖絵もあります。














​​​​​​​​​​​​






















以上






Last updated  2019.06.08 21:03:19
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:仏閣
仁和寺観音堂の特別公開に行ってきました。
2017年3月頃に東京国立博物館であった「仁和寺と御室派の御仏―天平と真言密教の名宝」を見たかったのだが、見損ねてしまったので、今回訪問しました。

今回の旅行の目的の一つは、緑もみじの散策




五重塔を見て、観音堂へ


観音堂 紐を持てば、本尊の千手観音様と繋がります


観音堂を参拝したのち、金堂へ








五重塔の一層目の4隅を支える餓鬼




本尊の千手観音


東京国立博物館では写真撮影可能だったのですが、ここでは、撮影禁止です。 パンフレットより








壁画の如意輪観音 准蹄観音


本尊の後ろの1つの絵を含め 33の観音像が描かれています





















以上






Last updated  2019.06.08 20:20:42
コメント(0) | コメントを書く
2019.06.05
カテゴリ:
淡路島 国立明石海峡公園!
一回目に訪れて、子供も私達も満足したので、2回目は遊び場を主として、訪れました。

連休中や人手の多い時期には、淡路SAに入る車が、明石大橋まで並んでいるのですが、同じ通路で、淡路IC出口に分かれているので、注意してください。
(出口に行く車は、殆どなく、スムースに出られます。) 

明石海峡公園の淡路口駐車場まで、30分以内(笑)で到着しました。2回とも30分以内に到着!

初めて訪れましたが、芝生の広場と遊具に満足、2時間くらい必死で遊びました。(笑)





















その後は、バスに乗って、ウエスティンホテル前に


池のボート遊び












ネモフィラの花の前で記念撮影










その後、奇跡の星の植物園へ
























楽しい時間を過ごしました。


一日目が終わり、又、行きたいなー・・・・・って言っている。



2回目の海峡公園  最初は、芝生でフリスビーやサッカーで遊び


汗をかいたら、水遊び  パンツは、水着を持ってきました。








午前中だったので、水は冷たかったようですが、それでも、びっしょりになって遊んでいます。

水遊びの後、滑り台やジャングルジムで目一杯遊び、昼過ぎには帰宅!

あっという間に、5月5日 夜には帰る・・・・




菖蒲湯に入り、健康を祈願しました。




こちらは、晩飯もそこそこに、ユーチューブを見ながら、寝入ってしまいました。
このまま、車に乗り、眼が覚めた時には、横浜の自宅になっているのでしょう。(笑)


以上






Last updated  2019.06.07 09:17:15
コメント(0) | コメントを書く
2019.06.03
カテゴリ:
雨が降った日には、真っ先に、ポートアイランドにある バンドー神戸青少年科学館へ

開館時間前に並んでいて正解でした。 駐車場はないので注意!(道路の向こうにIKEAがあります?)

好奇心旺盛な子供、体力のあり余った子供も十分遊べます。

真っ先に来たのは、ジャンプして宇宙に飛び出すここへ  しばらく誰も次に来ませんでした!




兄は、とにかく、いつも飛び跳ねていました。


色々な展示や実験装置もあります。




こちらは、順番待ちでしたが、ハングライダーの体験ができるもの


プラネタリウム   入館時に、時間帯を予約しておくほうが良い。 星空に興味がないと、関係ないかな?






昼過ぎには、家に帰り、ビデオのディズニーやwii sportsで遊びました。
くまさんは、枕の代わりになってしまったかな??


続く






Last updated  2019.06.03 19:49:55
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:
その次の日は、須磨離宮公園!
広い敷地内には、梅や桜が終わり、バラは少し早い時期なのですが、孫達の目的は、遊び場!
特に、長男はアスレチック大好き人間なのです。

弟がママと園内を散策!






その間に、兄は真っ先に、ここに入って、既に、3回回っていたそうです。
1っ回目は、すべてをこなしながら回って、2回目以降は、混んでいる遊具は飛ばして、前に進んでいます。


兄の4回目は、(まだ1時間も経過していないが)弟と一緒に回ることになりました。





2歳7か月でも、結構遊具をこなしています。








兄は、自分の世界に入っています。(笑)




時々、弟をヘルプしています。












弟の1回終わりを見届けて、又、最後の5回目に出発してゆきました。
お化けのスタミナです!!!


自宅近くでは、自転車の練習! 上手くなるのも早い!


この日の夜は、小さな庭で、バーベキュー大会!








偶に、外で食べる食事は、美味しいのです。






外が、真っ暗になっても、年寄りは飲んでいます!(笑)
子供は寝る時間になったので、お風呂に入りました。(笑) こんな格好で失礼!


続く






Last updated  2019.06.03 18:34:01
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:
次の日には、淡路ワールドパーク(オノコロ)へ
もう何度も訪れていますが、朝一番に入場して、11時頃に昼食、14時頃には帰宅を始めるというパターンになっています。(どこも混む前で、ゆっくりと遊べます。例年より、今年は人出が多かったようです。)

自宅から30分で到着  開園前に、人が並んでいるのは初めて見ました。さすが、10連休!




今回は、恐竜の展示がありました。




迫力満点!






いつも一番に来るのが、このゴーカート!
一周回っても、並んでいる人が居ないので、もう一回入場。4回くらい体験!






人工芝の滑り台  子供より大人が喜んでいたりして・・・




ミニチュア








レストラン横の広場で、海を見ながら駆け足!


兄が走れば、弟も走る!


兄は何度でも走る




疲れた弟は足湯に入る(笑)   孫達は、温泉やプールが好きなのです。


真剣に、水鉄砲を使っています。










ついこの前まで、恐竜を見ると怖がっていたのに、最近は、平気になったみたい!




乳歯が抜けて、永久歯に抜け変わる年頃なのです。




続く






Last updated  2019.06.03 10:31:52
コメント(0) | コメントを書く
2019.06.02
カテゴリ:
今年は、平成から令和に元号が変わる事もあり、10連休となりました。
嬉しいことに、孫達が関西に来てくれたので、一緒に遊ぶことができ、満足したのですが、どこの家でも一緒だと思いますが、どこに遊びに行かれたのでしょうか?(笑)

来年も、10連休に近い休みがあるらしいので、今年の10連休に行った所をご紹介します。(笑)

関東から、夜中に走って、早朝には我が家に到着、午前中は休息し、午後にはメリケン波止場近辺を散策したようです。(私は、この日の夜に、帰宅!)

孫が居なかったら、こんな場所にはジージとばーばだけでは、来ないでしょうね!(笑)

メリケンパークとカワサキワールド




時間帯によっては、人も疎らでした。






バイク好きな人には最高でしょうね。




パパは4分間のシミュレーションレースを体験




消防車と救急車が大好きですが、バギーも好きになったかな?




ジェットスキーも










続く






Last updated  2019.06.03 06:58:05
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全969件 (969件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 97 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.