192793 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

SAE'S EASE

PR

Profile


tei gekka

Calendar

Freepage List

Category

Free Space

神社仏閣・京都⇒ 上京区 :光源院・相国寺
         西京区 :善峯寺
(日本)     下京区 :松明殿稲荷神社・渉成園・
              真宗本廟・不動堂明王院・
              道祖神社・本光寺・興正寺
         中京区 :染殿院・錦天満宮・善長寺
              安養寺・永福寺・西光寺・
              誠心院・誓願寺・本能寺・
              下御霊神社・行願寺・頂法
              寺・神泉苑
         南区  :伏見稲荷大社御旅所・六孫
              王神社・矢取地蔵尊・鎌達
              稲荷神社
         東区  :得浄明院・松風天満宮
         東山区 :勝林寺・来迎院・泉涌寺・
              建仁寺・今熊野観音寺・雲
              龍院・万寿寺・豊国神社・
              方広寺・新熊野神社・芬陀
              院・光明院・恵美須神社・
              禅居庵・六波羅蜜寺・六道
              珍皇寺・若宮八幡宮社・両
              足院・毘沙門堂・瀧尾神社
              法住寺・養源院・仲源寺・
              八坂神社・東福寺三門・即
              宗院・建仁寺開山堂・退耕
              庵・善慧院・同聚院・五社
              成就宮・蓮華王院・智積院
              新日吉神宮

         伏見区 :石峰寺・御香宮・城南宮・
              北向山不動院・源空寺・本
              教寺・大光寺・墨染寺・欣
              浄寺・大黒寺・金札宮・宝
              塔寺・藤森神社・瑞光寺・
              嘉祥寺・産場稲荷社・長建
              寺・西岸寺・龍雲寺・伏見
              稲荷大社・伏見稲荷神宝神
              社・東丸神社・本成寺・勝
              念寺・乃木神社・伏見稲荷
              本教間力教会・八霊社・大
              日本大道教・法教総神
              苑
         宇治市 :万福寺・恵心院・興聖寺・
              三室戸寺・放生院常光寺・
              宇治神社・宇治上神社・旦
              椋神社

         木津川市 : 法泉寺・西宮神社・相楽神
              社・蟹満寺 
         城陽市 :中天満神社・市辺天満神社  
         
         長岡京市:長岡天満宮・乙訓寺・光明
              寺
         八幡市 :石田神社(上津屋)・石清
              水八幡宮頓宮・高良神社・
              石清水社・石清水八幡宮・
              単伝庵
         相楽郡 :八大龍王神社・稲植神社   
         
         井手町 :西福寺
 
     奈良⇒ 奈良市 :伝香寺・不退寺・般若寺・
              法華寺・宇奈多理座高御魂
              神社・休ヶ岡八幡宮・孫太
              郎稲荷神社・薬師寺・春日
              大社・若宮神社・海龍王寺
              ・春日社・葛木神社・佐紀
              神社・釣殿神社・山上八幡
              神社・福松大神・山陵八幡
              神社・秋篠寺・八所御霊神
              社・西大寺・石落神社・喜
              光寺・菅原天満宮・手向山
              八幡宮・御嶽山大和本宮・
              新薬師寺・比売神社・南都
              鏡神社
               
         橿原市 :本薬師寺跡・高市御縣神社
              久米寺・久米御縣神社

         葛城市 :脇田神社 
         桜井市 :談山神社
         天理市 :長岳寺・伊射奈岐神社

         高市郡 :甘樫坐神社・向原寺         
         吉野郡 :立里荒神社
     
     大阪 ⇒ 北区  :大阪天満宮
         住吉区  :住吉大社
中央区  :坐摩神社・真宗大谷派難波
               別院 
        天王寺区 :堀越神社・一心寺・安居神
              社・四天王寺
          
         
 
         浪速区 :大国主神社・今宮戎神社・
              浪速寺
         東住吉区:山阪神社
         交野市 :磐船神社
         堺市  :美多弥神社

    和歌山⇒ 和歌山市 :淡嶋神社

有田郡 :施無畏寺

 伊都郡 :宝善院・熊谷寺・恵光院・
              密厳院(苅萱堂)・大圓
              院
日高郡  : 興国寺 


     滋賀⇒ 大津市 :大津別院・園城寺・長等神
              社・三尾神社・新羅善神堂
         長浜市 :與志漏神社・鶏足寺

兵庫⇒神戸市垂水区:高塚龍神社

長田区 :長田神社
           灘区 :敏馬神社
           西区 :太山寺

          東灘区 :中勝寺・弓弦羽神社  

          芦屋市 :打出天神社

 静岡⇒伊豆の国市:願成就院・
          三島市 :三嶋大社
駿東郡 :貴船神社

    

(大韓民国)
    ソウル⇒ 江南区 :奉恩寺



世界遺産・京都⇒ 南区  :東寺・元離宮二条城・観智
              院
(日本) 奈良⇒ 奈良市 :平城宮東院庭園・薬師寺・
              萬葉植物園・春日大社・東
              大寺
     
    和歌山⇒ 伊都郡 :慈尊院・丹生官省符神社・
              壇上伽藍・金剛峯寺・徳川
              家霊台・奥の院・弘法大師
              御廟・金剛三昧院
 

  静岡⇒伊豆の国市:韮山反射炉 

(大韓民国)
    ソウル⇒ 宣陵・靖陵・宗廟・昌徳宮・後苑
         

    水原市⇒ 水原華城

Archives

Favorite Blog

スポット探訪 京都… New! 茲愉有人さん

「道の駅 北浦街道 … mizumizu4329さん

「バウハウスへの応… Kenji07さん

Comments

Tei Gekka@ Re[1]:太山寺(兵庫・神戸市西区)(09/16) omachiさんへ 初めまして。熱いコメント…
omachi@ Re:太山寺(兵庫・神戸市西区)(09/16) キトラボックスをお読みなら、古代史もお…
tei gekka@ Re[1]:2つの佐紀神社・釣殿神社(08/12) らっきょさんへ コメント、ありがとうござ…
らっきょ@ Re:2つの佐紀神社・釣殿神社(08/12) またもや、私が以前、何度も歩いたところ…

Keyword Search

▼キーワード検索

2018.09.16
XML
カテゴリ:神社仏閣巡り
​​​神戸市内で唯一の国宝の建造物を持つ寺院があることを知り、神戸に来たついでに行ってみました。

第44代・元正(Gensho)天皇の勅願寺。716年、中臣鎌足(Nakatomi-no-Kamatari)の子・定恵(Jyoe)和尚の開山、孫である宇合(Umakai)の建立と伝わる古刹。
天台宗「太山寺(Taisan-ji)」です。

下矢印太山寺」停留所のすぐ横にある「仁王門」(重要文化財)
門の向こう側を覗くが、寺院らしいものが見えない。


下矢印新西国三十三箇所霊場・第二十五番札所を示す石標。
 神戸十三仏霊場・第四番札所。


下矢印年季の入った仁王像。皮膚の色が、辛うじて赤銅色なのがわかる。
 

下矢印門の裏側には、修理の際に発見された古材をもとに、当初の三手先の組物と軒まわりを復元した物が置かれてある。


下矢印参道に塔頭寺院がいくつか並んでいた。かつては、支院41坊・末寺8寺・末社6社を持つ大寺院だったらしい。
中門が見えてきた。


下矢印手水舎。屋根の高さに違和感がある。


下矢印これが例の国宝本堂だ。
仏の空間の内陣・その側面と背面の脇陣・人の空間である外陣とに格子戸で区切られていて、密教寺院の大衆化に伴う新しい本堂形式をよく表している。1300年頃の再建。
ご本尊:薬師如来像。
四天王像・十二神将像・絹本着色十一面観音(重要文化財)などが安置されている。




下矢印三重塔(兵庫県指定文化財)が見える。
ふと下を見ると、何故か石燈籠の傘の上に小石がいっぱい。


下矢印「息游軒(Sokuyuken)の遺跡」が本堂北側にある。
明治維新の理論的基盤を構築した陽明学者・熊沢蕃山(Kumazawa Banzan)の屋敷跡。
江戸幕府により一時幽閉された。


下矢印その先にあるのが「阿弥陀堂」。1688年に再建。
ご本尊:阿弥陀如来坐像(重要文化財)。丈六の大きな仏像だ。
 

下矢印渡廊の先にあるのは。
 

下矢印鐘楼。


下矢印宝形造りの「護摩堂」。
ご本尊:大黒天・不動明王・毘沙門天。




下矢印天井に美しい草花が描かれている「羅漢堂」。
四天王・十六羅漢像・釈迦の4大弟子像を安置。


 



下矢印その奥にあるのが「釈迦堂」。
釈迦・文殊・普賢の釈迦三尊仏を安置。


 






下矢印「兵庫稲荷社」。
 

下矢印手作り感満載の吉凶占い。


下矢印伝教大師を祀る「太子堂」。
えっと、最澄(Saityo)の事ですね。


下矢印1688年建立の三重塔
各層の屋根の大きさがほぼ同じで、ずんぐりした印象がある。
ご本尊:大日如来坐像。
四隅に四天王立像を安置。


下矢印各層の四隅に、邪鬼がいる。お~~~、尾垂木を肩に乗せ、持ち上げてるよ。
1階が白い邪鬼、2階が緑の邪鬼、3階が褐色の邪鬼。
 



下矢印この道の先に「奥の院」があるというので、行ってみる事にした。


下矢印太山寺川に架かるのは「閼伽井橋」。新緑に映えます。
 

下矢印橋を渡った先には、「奥の院」と呼ばれる場所。
まず「稲荷社」。
 

下矢印「地蔵堂」。
1つの願いに限ってお陰が頂ける「一願地蔵」なのだそうだ。
かつてはこの下から、仏に供える霊水(閼伽)が湧き出ていた。
 

下矢印あちこちにお地蔵様が、涼しそうなお顔で座っていらっしゃる。
 

下矢印この川は、結構大きな岩がゴロゴロしているな~。
頂いたパンフレットの地図を見ると、この川の上流に「磨崖仏」があるようだが行けそうにない。
一度、受付に戻って聞いてみるか。
 

下矢印拝観受付で早速聞いてみました。一度「太山寺」を出て仁王門まで戻り、​太山寺​トンネルの手前で川の方に道を折れるとあるとの事なので…。
おや?住宅街の先に金網がしてあり、通せんぼ。そういえば「以前、道に崩落があった。」とおっしゃっていたので、そのせいかも。どうしようかと迷っていると、近所の方が出て来られたので聞いてみた。どうやら脇の開いているところを抜けて行けるようだ。そのまま川に沿って遊歩道を進む。
ありました、ありました。

お~~~、どうやって、あの位置に刻んだんだろう。等身大の「不動明王」です。


下矢印兵庫県内最古の崖仏(神戸市指定文化財)なのだそうだ。今でも顔の表情がちゃんと見えるよ。









          
           下矢印キョウチクトウの白い花。
                                ​​​(2017年6月中旬現在)






Last updated  2018.12.25 19:32:30
コメント(2) | コメントを書く
[神社仏閣巡り] カテゴリの最新記事

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:太山寺(兵庫・神戸市西区)(09/16)   omachi さん
キトラボックスをお読みなら、古代史もお好きでしょうね。

歴史探偵の気分になれるウェブ小説を知ってますか。 グーグルやスマホで「北円堂の秘密」とネット検索するとヒットし、小一時間で読めます。北円堂は古都奈良・興福寺の八角円堂です。 その1からラストまで無料です。夢殿と同じ八角形の北円堂を知らない人が多いですね。順に読めば歴史の扉が開き感動に包まれます。重複、 既読ならご免なさい。お仕事のリフレッシュや脳トレにも最適です。物語が観光地に絡むと興味が倍増します。平城京遷都を主導した聖武天皇の外祖父が登場します。古代の政治家の小説です。気が向いたらお読み下さいませ。(奈良のはじまりの歴史は面白いです。日本史の要ですね。)

読み通すには一頑張りが必要かも。
読めば日本史の盲点に気付くでしょう。
ネット小説も面白いです。 (2018.09.17 00:49:33)

Re[1]:太山寺(兵庫・神戸市西区)(09/16)   Tei Gekka さん
omachiさんへ

初めまして。熱いコメントをありがとうございます。
おっしゃる通り、実際その地に立ち彼らの歩みを思い返してみる作業は、心が躍り楽しいものです。私は、専ら、図書館でそれらの関係史料を借りてきて知識を得ているのですが、ネット小説という分野に今まで足を踏み入れたことがありませんでした。
是非、一度読んでみたいと思います。貴重な情報をありがとうございました。
また、私の拙いブログを読んで下さり、重ねて御礼を申し上げます。 (2018.09.17 19:22:36)


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.