2349250 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

今が生死

全60件 (60件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2021.07.03
XML
カテゴリ:
明日婿さんだけ仕事の関係でアメリカに帰るので韮崎市のレストランに食事に行った。そこに大きなあざみのような花が咲いていた。調べたらアーチィチョークで和名は朝鮮アザミで若いつぼみは食用にするとのことだった。カルシウム、ビタミンC,ビタミンA、鉄分やポリフェノールが含まれていて栄養豊富とのことだ。地中海原産。
アーチィチョーク(チョウセンアザミ)

食用になるつぼみ






Last updated  2021.07.03 22:31:31
コメント(6) | コメントを書く


2021.05.28
テーマ:呼吸法(18)
カテゴリ:
我が家の庭のサツキなど
庭の草木風景は季節によって変わっていく。今はサツキが花ざかりである。やがて季節は変わり枯れ葉ばかりになる時もある。庭の景色は季節を映す鏡である。自然界の中で様々に変化していく。
人の心も季節の変化につれて変化するが、それ以外に周りの人間関係、体調、仕事や学習ががうまく行ったか失敗したか、応援している選手やチームが勝ったか負けたか等でも大きく変化する。
この頃毎日のように入院がある。昨日くも膜下出血後の水頭症のかなり重症の人が入院してきた。今日の入院は腰椎圧迫骨折の患者さんでそれほど重症ではないがいずれの入院院も最初は色々な検査や指示を出さなくてはならず入院を受け持つと神経を使う。前から入院している人の中でも二人は重症で自分が心のバランスを失いかけることがある。そんな時庭を眺めて深呼吸すると少し落ち着く。私がいくらあくせくしても重症の患者さんが良くなるわけではない。むしろこちらが平静で、 落ち着いていた方が患者さんも落ち着く。重症が多くても心を大きく持って真心の対応をして行こうと思う。






Last updated  2021.05.28 22:55:41
コメント(8) | コメントを書く
2021.03.24
カテゴリ:
本日の家の近くの武田通りの桜
世の中は今もコロナの恐怖に晒されているが、自然は季節に沿って粛々と推移している。気が付いてみたら甲府も桜が満開になっていた。病院に入院している患者さんが家族との面会が出来ない状態が1年以上続いている。面会によって気分が晴れ勇気づけられて元気になったであろう患者さんもそれも出来ずに寂しく病院のベッドで暮らしている。せめて窓際に出て桜をみて元気になって貰いたいと思う。自分で窓際に行けない人はリハビリの人に頼んで玄関を出て桜を見せてもらって少しでも元気になって貰いたいと思う。
今日は税務署に確定申告に行ってきた。今年はマイナンバーカードを使って自分でインターネットで申告しようと思っていたがマイナンバーカードを申請して3週間以上経つが音沙汰がなく、やむなく税務署に行って申告してきた。今年は予約制にしてくれたので例年より待つ時間が格段に少なくてよかった。税務署の周囲にも桜が咲いていたので撮影してきたがブログに載せる写真は家の近くの桜を採用した。国民の皆様が桜を見て元気になって下さるよう願っている。






Last updated  2021.03.24 19:02:46
コメント(4) | コメントを書く
2020.10.01
カテゴリ:
庭の彼岸花
夜空を眺めてみたら満月が輝いていた


今朝起きて庭を見たら真っ赤な彼岸花が目についたので撮影した。不思議な花である。植えた記憶はないのにお彼岸の頃になると必ず何もない地面から花茎がにょきっと出てきてその先に真っ赤な花を咲かせる。そして彼岸を過ぎる頃にはいつしか消えてなくなり、正月を迎える直前頃に何もない地面から野蒜のような細い葉が群生し、他の植物は枯れている中で雪や氷の中で寒さに耐えてその鮮やかな緑を保っている。やがて春、夏と温かくなるにつれてその葉は枯れて地面には何もなくなる。そして秋の彼岸頃何もない地面から花茎だけが芽吹いて真っ赤な花を咲かせる。葉っぱはない。生命の不思議を感ずる。畑の端の方なのでそこまで耕さないので球根が残っていて毎年咲くのだと思うが花は真っ赤で目を引くが私は青葉の方に心惹かれている。皆さんは花は気づくが、青葉はあまり気づいていないかもしれない。私は冬のゴミ出しで通る道すがら周りには枯草のみで何もない所に緑鮮やかな葉を出してじっと耐えている姿に感銘を受ける。そして暖かくなってくると枯れてなくなる。その頃には他の植物が緑鮮やかな葉を出して美しい花を咲かせている。他の花が寒さで枯れる時自分は緑を保ってじっと耐え、他の花が芽吹いてくると自分は消えてなくなる。何の意味があるのだろうかと考えてみたが、恐らく意味はないのだと思う。そういう花なのだと思う。でも他の花が枯れている時霜柱の中で自分だけ緑を保っている姿をみると、勇気づけられる。ゴミ出しの度に天涯孤独で周りは枯草ばかりのなかでどんなに寒くても時期がくるまでは自分は緑を保ち続ける姿に自分も負けてはならないと思う。
今夜は十五夜で夜空には満月が輝いていた。私達は自然の中で生かされている。不思議な花や十五夜の月、今日は奇しくも私の誕生日だった。月日につれて生死する花や月、自分も焦らず悔やまずイライラしないで自然に生きて行こうと思った。






Last updated  2020.10.01 21:14:08
コメント(10) | コメントを書く
2020.06.27
カテゴリ:
かろうじて生き残ったハクチョウソウ(白蝶草)
ある人の妻は人間にはとても優しい人だ。見知らぬ老人や子供にも優しく声をかけるし、気使いが半端ではない。気を使い過ぎだと夫がいつも言っているが性分で治すことは出来ない。所が草花には残酷だ。そういう言い方をしていいのか分からないが少なくとも夫にはそう映る。
今朝も紫陽花が最初白く咲いていて最近は紫色に変わってきて綺麗だなと思っていたら皆切ってくれという。「まだ綺麗に咲いているではないか」と言ったら「もう終わりなの、だんだん汚くなっている、来年に栄養を残すために切っていいの」と言い張る。泣く泣く切ったが、その隣の水仙の株も抜いてくれという。増えすぎたので一部残して抜いたが可哀そうだし、勿体ないと思った。
上に載せたハクチョウソウはかっては庭一面に咲いていた花である。「増えすぎて困るから抜いてくれ」と頼まれたが「まだ綺麗に咲いている花をこいでしまうなんて」と断っていたら、自分で全部抜いてしまった。もう生えてこないと思ったら今年一本だけ咲いていた。
花を切ったり抜いたりするのを残酷と言っていいのか知らないが人に対しては優しく思いやりがあり、あんなに気遣いするのに花に対しては残酷だなといつも思う。人には様々な性格が混在しているのだなと思った。






Last updated  2020.06.27 11:39:28
コメント(6) | コメントを書く
2019.11.08
カテゴリ:


千日紅が11月になってもまだ庭一面に鮮やかに咲いている。夏の暑い盛りにも咲いていて盆の墓参りの時も切り取って墓に飾ってきたことを思いだした。随分長く咲いている花だなと思った。名前が千日なのは千日位長く咲くのでつけられたのだと思う。庭のあちこちに咲いているのであれは自然に出てきて咲いているのか?と家内に聞いたら、「種がこぼれて自然に出てきたのもあるかもしれないが種を取っておいて5月の連休のころ私が撒いているのよ」と言われた。よく知らない人間は何でも自然に生えてきて自然に花を咲かせているのだと思うが、実際には種を撒いたり、球根を植えたりしているのだなと思った。種を撒かなければ実らないのである。
明日は地震災害が起きた時の救護活動のトリアージ訓練である。毎年しており、少しずつ慣れてきた。訓練なしでいきなり災害に襲われたら多くの人命が失われたり、負傷者が右往左往するかもしれない。私にとってはこの病院で最後のトリアージ訓練になるが、もしもの時に役立つように身に染みた訓練をしてこようと思う。この訓練が終わっても千日紅はいつまで咲いていてくれるのだろうか?






Last updated  2019.11.08 22:31:27
コメント(4) | コメントを書く
2019.09.29
カテゴリ:




地中から最初の花芽を出してから丁度1週間目に花が咲いた。庭の片隅で何度も掘り返されたり、除草剤を撒かれたりしながらも時期がくればこんなに沢山芽を出しこんな大きな真っ赤な花を咲かせるので不思議な花である。美しいというより奇妙な感じのする花だが子供の頃死者の霊とつながっている花と聞かされているので大事にしたいと思う。
昨日の新聞にはN国党首の立花さんのこと以外にれいわ新選組党首山本太郎さんのオピニオンも掲載されていた。「自分は16歳の時から芸能事務所に入り、同世代の中でも収入はずっと多くて生活に行き詰ったことは一度もなく、今でも自分の人生だけ考えるなら立派に生きていける自信がある。しかし原発事故があっていろんな人と会っていくうちに貧困問題があったり、労働問題があったり、数々の問題があふれており、自分はその地獄のような世の中を作った側の人間なのだと思い知らされてそれを直して行こうと心に感じて政治活動をするようになった」と述べていた。内閣総理大臣を目指すという。たのもしいと思った。小泉進次郎さんも生活的には恵まれた人である。山本さんも小泉さんも生活的には恵まれて坊ちゃん育ちの方々である。本当の苦労は知らない。浮かれてセクシー発言などをすることもあるが、坊ちゃんでも貧乏な人とか生活苦の人に感受性を持っている人はいるものである。二人ともまだ若く未知数だが総理大臣を目指す気概はあっぱれだ。今までそういう人が中々出現しなくて主として自民党内で順繰りに押し出されるような形で総理大臣が決まっていたが大きな志を持って我こそは総理大臣になるという人が多数出現してくることを期待している。彼岸花は国を治めることは出来ない。しかし国民に何かを示してくれているように感じている。国や地域が安らかで栄えるように願って毎年咲きに来てくれているのではないかと思っている。山本太郎さんのご健闘をも願ってくれているのかもしれない。






Last updated  2019.09.30 06:44:46
コメント(6) | コメントを書く
2019.09.26
テーマ:彼岸花(22)
カテゴリ:



彼岸花が9/22に地中から芽を出し、23日のブログにアップしたが、今日は芽を出してから4日目だが毎日5-6センチ伸びて今朝は蕾をつけていた。恐らく今日中に咲くのではないかと思われる。
人間の赤ちゃんの生育も早いが昨日より5センチも背が伸びたということはない。植物では朝顔など昨日は双葉だったのに今日はもう蔓を出していたなど早く成育するものは多いが、地中から芽を出したと思ったら4-5日で結構大きな花を咲かせる彼岸花ほど生育の早いものはないのではないかと思った。このようにあっという間に生育するものがある一方衰え枯れていくものもある。人間も生育して最盛期を過ぎるとやがて衰え死んでいく。彼岸花は花を咲かせたらそのまま枯れてなくなる。そしてしばらくしたら地中から葉が芽を出してきて繁茂し花は咲かせないで冬を越し、春になったら枯れてなくなる。そして9月に花芽をだしてくるのである。それゆえ花は死んでも別の形(葉)で生きており、生命輪廻に例えられることがある。花を生涯とするならその花の生涯は彼岸を過ぎると消えてなくなる。しかし本当は命は生きていてしばらくして別の形(葉)で生涯を送り、それも死滅し跡形もなくなり、終わりかと思っていたらまた花芽が出てくる。人間も同じで死んだと思っても実際は生きていて形を変えて生まれてきたり、時期がきたら前と同じ形で生まれてくるので人間生命のサイクルを示しているのだと説明している学者もいる。他にも同じような植物があるのかもしれないが彼岸花は身近なのでその一生を人間の一生と比べながら興味深く観察している。






Last updated  2019.09.26 13:54:49
コメント(6) | コメントを書く
2019.09.23
テーマ:彼岸花(22)
カテゴリ:


秋のお彼岸の時だけ真っ赤な花を咲かせる彼岸花が昨日小指の先ほどの小さな芽を出していたので今日見に行ったらもう人差し指位に伸びていてその隣に新たに小指の爪ほどの芽がのぞいていた。あと数日すると真っ赤な花を咲かせる。花が咲き終わって枯れると細くて肉厚のノビルのような葉っぱが生えてきて青々と茂って冬の寒さにも耐えて冬を越し春になると枯れてなくなる。そして9月のお彼岸の頃地中から突然にょきっと芽を出して葉はつけないで花だけ咲かせて枯れていく。不思議な花である。我が家の庭には誰も植えた人がいないのに毎年芽を出して花を咲かせていく。花が実を結んで種を作ることはないので種が飛んできて我が家の庭に生えてきたわけではない。亡くなった人の霊が彼岸の頃になると地上に現れて現世の人達と交流するとも言われている。我が家の庭はジャガイモを作ったりしてよく耕すし、草取りをしたりしているが球根がどこかに行くわけではなく毎年同じところで花を咲かせている。ご先祖さんや亡くなった方々の霊と思って数日お付き合いしようと思う。






Last updated  2019.09.23 14:19:39
コメント(6) | コメントを書く
2019.03.31
カテゴリ:
ひな祭りは3月3日だが当地方では1か月遅れの4月3日なので下駄箱の上にミニチュアのお雛さんが飾ってあって目を引いたので写真を撮った。庭をみたら枯れ木の間に白いチュウリップが咲いていた。庭先には芝桜がピンクの花を咲かせていた。武田通りには昨日から桜が咲き始め今日夕方暗くなりかけていたが写真を撮った。春を告げる4枚の写真を掲載させて頂く。








明日は新元号が発表される。いろいろな制約条件があるとのことで簡単に名前が浮かんでこないが、幸せで平和で世の中が明るくなってくれるような元号になってくれたらいいと願う。明日からは新年度だ。新しい元号で新しい年度に当たっての気持ちを書こうと思う。
テレビで「ボーと生きてんじゃねいよ」が人気がある。私は今回滋賀県から大学合格の報告に来てくれた孫に会い小学校入学時に入学式に参加したことを思い出した。つい昨日のことのように思われその子がもう大学生とはとても信じられない気持ちだった。孫の成長をみて自分もその間どんどん歳取ってきたのだなと思った。孫は輝くばかりに成長していたが自分は少しも成長しないで停滞、退歩をしてきたのではないかと思えた。当に「ボーと生きてきた」のではないかと思えた。若い芽がどんどん伸びていく同じ年月の間に老木は枯れていく。それは自然の流れかもしれないが、老木も生きている間は命がある。人生の終末がだんだん近づきつつあるが、その日を迎えるまでは成長と言わないまでも磨けるものなら磨いていきたいと思う。いままでボーと生きてきたが、今や新元号になるし、新年度も迎える。庭や道端の花々に命をもらいながら心身を鍛え、毅然とした気持ちで生活していこうと思う。






Last updated  2019.03.31 23:09:25
コメント(4) | コメントを書く

全60件 (60件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


© Rakuten Group, Inc.