1906839 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Cinema  Collection

Cinema Collection

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

カレンダー

プロフィール

ひろちゃん★510

ひろちゃん★510

サイド自由欄

br_decobanner_20100213011330.gif

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

ながまりのときどき… ナガマリさん
香るキッチン kuritan735さん
With you rikoriko31219さん
☆orange pe… ☆オレンジピール☆さん
あ!CINEMA 365 DAYs ラブ☆シネマさん

コメント新着

BROOK@ Re:★お休みいたします★(09/15) 思いもよらないコメント… たしかにありま…
rose_chocolat@ Re:★お休みいたします★(09/15) gooはコメ閉じてたんでこちらに書くね。返…
ひろちゃん★510@ Re:zebraさ~ん(*^_^*) こんばんは♪ いつもコメントありがとうご…
ひろちゃん★510@ Re:hoshiochiさん (^^♪ ご訪問、コメントありがとうございました…
ひろちゃん★510@ Re:リュウちゃん6796さん(^.^) ご訪問、コメントありがとうございます! …

ニューストピックス

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2006.06.17
XML
     恋愛至上主義
           100万もの恋か、ただひとつの愛か…


上映時間 112 分
製作国 アメリカ
公開情報 ブエナビスタ
初公開年月 2006/06/17
ジャンル ロマンス/コメディ/歴史劇

解説

「サイダーハウス・ルール」
「シッピング・ニュース」の名匠ラッセ・ハルストレム監督が、
史上最も有名なプレイボーイ“
カサノバ”を主人公に描く痛快恋愛コメディ。


主演は「ブロークバック・マウンテン」「ブラザーズ・グリム」の
ヒース・レジャー、共演に「アルフィー」のシエナ・ミラー。

18世紀のヴェネチア。巷はどんな女性も虜にしてしまう究極の
プレイボーイ、カサノバの噂で持ちきり。当のカサノバは、
修道女との戯れが役人に見つかり御用となってしまう。

結局、今回は総督の計らいでなんとか無罪放免となった
カサノバだったが、さらなる後ろ盾を得るため良家の子女と
結婚する必要に迫られる。さっそく富豪の娘ヴィクトリアを
口説き落とし婚約を取り付けるカサノバ。

ところが、そんな彼の前に、男勝りの剣の腕前と知性を
兼ね備える美貌の令嬢フランチェスカか現われる。
そして自らのプレイボーイぶりを舌鋒鋭く批判されたカサノバは、
逆に彼女に対する恋の炎をメラメラと燃え上がらせてしまう…。

感想
(どきどきハートどきどきハートどきどきハートどきどきハートどきどきハートどきどきハートどきどきハートどきどきハート)

本日公開の『デスノート』と『カサノバ』どっちを観よう・・・・
悩んだ末、両方とも観ちゃいましたあ(笑)
で今度は、どちらの映画からブログに書こうか迷った末しょんぼり
観た順だと『デスノート』ですが、面白かったと思ったのは
『カサノバ』なのでこちらから書く事にしましたスマイル

中世のラブコメと言う感じで、ラッセ監督にしては珍しく
前面に明るさを出している作品でした。
本当にクスクス、ニヤニヤ笑わせてもらいました。
またラッセ監督なのでラストの後味もいいですね~~オーケー

最初に『カサノバ』の予告編を見た時、
ジョニーにやって欲しいなあと思ったのですが目がハート
(今でも思ってますが^^)ヒースのカサノバ、キュートでかわいくて
母性本能刺激されてすごく良かったです。目がハート


また他の出演者も適役で、一人一人あげてたらキリがないので
私が好きな(私って好きな俳優多いなあ・笑)ジェレミーアイアンズ
とラッセ監督夫人のレナオリンについて感想を^^

ジェレミーアイアンズは、『ベニスの商人』では、紳士的な
やさ男でしたが、同じ舞台なのに今度は気難しくて意地悪な
司教を少しおマヌケな感じに演じてくれました。おかしかったです。

そしてレナオリン、相変わらず監督とは夫婦仲がいいんですねえ(笑)
シエナミラーの美しい母親役で、今回の彼女の役はある意味(笑)
重要人物です(爆)

もともと中世が大好きな私なので、
こういう舞台だけでもワクワクですが、美しいベネチア全編ロケ、
豪華絢爛な衣装、映像に映える音楽、素晴らしい役者陣、
そしてラッセ監督、もう言う事なしですねダブルハート


カサノバの名前は知っていても、また多くの映画になっていても
一度も見たことがないので、他のと比較はできないのですが、
ラッセ監督は単なるプレーボーイを描くのではなく、ひとつの恋に
命をささげるカサノバを描いています。

目ネタバレ的です

カサノバとフランチェスカを乗せた気球が
美しいベネチアに花火があがる中、夜空に
あがっていくシーンは本当に美しかったです。

それから一転カサノバが逮捕されて、裁判へ・・・
そしてフランチェスカともども処刑場へ・・・
縛り首の場面、どうしてもジャックを思い出す私σ(^◇^;)

もうだめか~~と思ったら枢機卿が出てきて、恩赦になり・・・
やった~~と思ったら、それはカサノバが小さい頃わかれた
(捨てられた?)母親とその夫で・・・(彼らが助けにきて)

うまくいったかと思ったら、それがニセものとバレて
大乱闘・・・

結局は、船で逃げのびるのですが・・・

二転三転のラストおもしろかったです! 
そして、カサノバには名前を譲った後継者がいた・・・


とにかくユーモアにあふれ、ウィットにとんだ会話で
軽妙なラブストーリーで、でも『ギルバートグレイプ』や
『サイダーハウスルール』に通じるものもあって。。。
見終わった後、すがすがしくて、明るい気持ちになりましたスマイル
こういうお洒落な映画大好きですちょき


ピンクハートカサノバピンクハート


ところで、映画館に行く前に入ったコンビニがサークルK、もしや・・・
と思って、「パイレーツの前売り券で・・・」と聞いた所、あと1つだけ
ありますとのことでまたまた前売り券を買ってしまいましたσ(^◇^;)
これで、6枚目です・・・あはは

↓ということでゲットしたコースターで~~す泣き笑い

ko-suta-





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2007.10.08 00:42:19
[2006年鑑賞映画] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.