1906107 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Cinema  Collection

Cinema Collection

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

カレンダー

プロフィール

ひろちゃん★510

ひろちゃん★510

サイド自由欄

br_decobanner_20100213011330.gif

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

ながまりのときどき… ナガマリさん
香るキッチン kuritan735さん
With you rikoriko31219さん
☆orange pe… ☆オレンジピール☆さん
あ!CINEMA 365 DAYs ラブ☆シネマさん

コメント新着

BROOK@ Re:★お休みいたします★(09/15) 思いもよらないコメント… たしかにありま…
rose_chocolat@ Re:★お休みいたします★(09/15) gooはコメ閉じてたんでこちらに書くね。返…
ひろちゃん★510@ Re:zebraさ~ん(*^_^*) こんばんは♪ いつもコメントありがとうご…
ひろちゃん★510@ Re:hoshiochiさん (^^♪ ご訪問、コメントありがとうございました…
ひろちゃん★510@ Re:リュウちゃん6796さん(^.^) ご訪問、コメントありがとうございます! …

ニューストピックス

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2006.11.21
XML
★ソウ (2004) SAW ★

上映時間 103分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開 (アスミック・エース)
初公開年月 2004/10/30
ジャンル ホラー/サスペンス/ミステリー
映倫 R-15

【解説】

オーストラリアの新鋭ジェームズ・ワンとリー・ワネルの
コンビが撮り上げ、2004年のサンダンス映画祭で大きな話題を
集めたサスペンス・ホラー。


理由も分からぬまま限界を超えた状況設定の中に放り込まれた
2人の男が追い詰められていく様と、それを背後で操る犯人の
動機をめぐる謎をゲーム的要素を織り込みショッキングに描く。

薄汚れた広いバスルームで目を覚ました2人の男、
ゴードンとアダム。
彼らはそれぞれ対角線上の壁に足首を鎖で繋がれた状態で
そこに閉じ込められていた。
2人の間には拳銃で頭を撃ち抜かれた自殺死体が。
ほかにはレコーダー、マイクロテープ、一発の銃弾、
タバコ2本、着信専用携帯電話、そして2本のノコギリ。
状況がまるで呑み込めず錯乱する2人に、「6時間以内に
目の前の男を殺すか、2人とも死ぬかだ」という
メッセージが告げられる…。
その頃タップ刑事は“ジグソウ”を追っていた。
ジグソウが仕掛ける残忍な“ゲーム”で次々と被害者が
出ていたのだった…。

★ソウ2 SAW II (2005) ★

上映時間 100分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開 (アスミック・エース)
初公開年月 2005/10/29
ジャンル サスペンス/ホラー
映倫 R-15

【解説】

低予算にもかかわらず、斬新なアイデアと巧みなストーリー展開が
評判を呼び、世界的に大ヒットしたサスペンス・スリラーの続編。
ある共通点をもとに出口のない家に監禁された者たちが、
凶悪犯“ジグソウ”の仕掛けた凄惨な“ゲーム”の数々に翻弄され、
逃げ場のない死の恐怖を体感していく。


前作で監督・脚本を担当したジェームズ・ワンとリー・ワネルの
コンビは製作総指揮に回り、新たに新鋭ダーレン・リン・バウズマンが
メガフォンをとる。

元々は荒くれ刑事で今は内勤に甘んじているエリック。
彼はある時、猟奇的連続殺人犯ジグソウを執拗に追う女刑事
ケリーに呼び出され、凄惨極まりない殺人現場に立ち会う。
その残忍な手口から、これもジグソウの仕業に違いないと思われた。
しかも死体はエリックが使っていた情報屋、マイケルだった。
犯人が現場に残したヒントから、エリックはアジトを推測、SWAT、
ケリーとともに急行する。案の定、そこにいたジグソウは、
思いがけずあっけなく捕まった。
だが、それはジグソウが仕掛けた新たなゲームの始まりに過ぎなかった。
その部屋に設置されたモニターには、どこかの部屋に監禁された
男女8人が写っており、その中にはエリックの息子ダニエルも
閉じこめられていたのだった…。

【感想】
どきどきハートどきどきハートどきどきハートどきどきハートどきどきハートどきどきハートどきどきハート
この手の映画はどちらかと言うと苦手で、面白いと評判でも、
TVCMなどからグロさ残酷さが伝わってきて、スプラッター映画の
イメージが強く、1も2も映画館へ行くことはできませんでしたほえー

が、先日(と言ってもかなり前ですが)WOWOWで、連続して放映があり、
思いきって、覚悟を決めて(笑)観ました。
TVでなら、観れなくなった時チャンネル変えられるし^^

2作続けて観ましたが、私的には1のほうが面白いと思いますスマイル
残酷と言えば残酷(残虐?)なシーンもグロイシーンもあるのですが、
自分が想像していたよりは、少なかったし、過激ではなかったと思います。
出演者にリーサルウェポンの黒人の刑事、ダニーグローバーがいて
ビックリびっくりしました。あまり有名な俳優は出ていないと思っていたので(^^ゞ

途中までは、そんなに面白いのかなあと思って見ていましたが
中盤から、ラストがやっぱりすごいですねショック・・・・
そうくるか~~という感じでした。
と言うことで、グロイシーンはあるものの、なかなか
良かったです。
ホラー色が強いイメージの作品ですが、サスペンス、ミステリーとしても
悪くはないと思います。
でも突っ込みどころとか矛盾点も感じますが(笑)

2作目もアッと思わせる展開もあって悪くはないのですが、
さすがに2作続けて観るとちょっと飽きてしまって(^^ゞ
実はちょっと寝てしまったみたいで(笑)
まともな感想がかけずすいませんしょんぼり

この映画の良さはりラストの犯人がわかり、「そうだったんだ」
「そうくるか~~」ってとこでしょうか・・・

2作ともそれなりに面白いと思いますが、
1回観たらもういいかなあって感じかなあ(笑)
今3が公開中ですが、やはり私はスクリーンでは観れないかな・・・
グロイシーンもスクリーンのような大画面ではなくて
TVの画面だから見れたのかも・・・と思います。
両方とも後味が良い作品とは言えないので好みもわかれると
思います。

と言うことで、今ソウ3が公開されていますが、
これは(これも?)WOWOWで放送したら
観ることにします(笑)

<クリックでソウ3公式サイトへ>
2006y11m21d_225140390.jpg





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2006.11.21 23:10:00
[2006年鑑賞映画] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.