1906065 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Cinema  Collection

Cinema Collection

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

カレンダー

プロフィール

ひろちゃん★510

ひろちゃん★510

サイド自由欄

br_decobanner_20100213011330.gif

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

ながまりのときどき… ナガマリさん
香るキッチン kuritan735さん
With you rikoriko31219さん
☆orange pe… ☆オレンジピール☆さん
あ!CINEMA 365 DAYs ラブ☆シネマさん

コメント新着

BROOK@ Re:★お休みいたします★(09/15) 思いもよらないコメント… たしかにありま…
rose_chocolat@ Re:★お休みいたします★(09/15) gooはコメ閉じてたんでこちらに書くね。返…
ひろちゃん★510@ Re:zebraさ~ん(*^_^*) こんばんは♪ いつもコメントありがとうご…
ひろちゃん★510@ Re:hoshiochiさん (^^♪ ご訪問、コメントありがとうございました…
ひろちゃん★510@ Re:リュウちゃん6796さん(^.^) ご訪問、コメントありがとうございます! …

ニューストピックス

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2007.07.27
XML
RATATOUILLE

料理が苦手な見習いシェフ リングイニと、
パリ一番のシェフになりたいネズミのレミー──


その出会いは“おいしい”奇跡の始まり…。

製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(ブエナビスタ)
初公開年月 2007/07/28
ジャンル コメディ/ファミリー/アドベンチャー

【解説】

「トイ・ストーリー」「ファインディング・ニモ」の
ディズニー/ピクサーが贈るコメディ・アニメ。
グルメの都パリを舞台に、シェフを夢見るドブネズミと
料理の苦手な見習いシェフが巻き起こす奇跡を
ハートウォーミングに描く。監督は「Mr.インクレディブル」
のブラッド・バード。

【ストーリー】

天才的な料理の才能を持ち、いつか一流レストランの
シェフになるという叶わぬ夢を持つドブネズミのレミー。
ある日、彼は嵐で家族とはぐれてしまい、パリの
とある一軒のレストランに辿り着く。
なんとそこは、レミーが尊敬する今は亡き名シェフ、
グストーの店だった。

一方その厨房内では、見習いシェフのリングイニがスープを
台無しにする失態を演じてしまう。
すると、レミーはこっそりとそのスープを作り直し、
最高の味に仕上げるのだった。
それを目撃していたリングイニは、自分に料理の才能が
ないことからレミーの力を借りることを提案。
こうして彼らは秘かにコンビを組み、パリ一番のシェフを
目指すことになるのだが…。

【感想】
どきどきハートどきどきハートどきどきハートどきどきハートどきどきハートどきどきハートどきどきハートどきどきハートダブルハート

動物はなんでも大好きな私に、ひとつだけ苦手な動物が
います。それがネズミショック

小さい頃、ねずみネズミとりにひっかかったネズミが
ねずみネズミとりごと川の水につけられているところを
見たことやみんなで夕食を食べている時に
飼っていた猫猫がネズミねずみを口にくわえて来て、
ネズミをもてあそんでたりしてたところを
見たりということがあって、ネズミねずみだけはどうしても
好きになれず(ミッキーマウスは大好きなんですが)
ドブネズミねずみがだめなだけでなく、はつかねずみ、ハムスターも
苦手な私になりましたほえー

とまたまた前置きが長くなってしまいましたうっしっし
で、そんな私がなぜ観に行ったかと言うと
予告編が良かったのとPIXARが作って
いたからですスマイル

天才的な味覚のドブネズミねずみが料理を作るわけで
実際は考えただけでもおぞましいことですが(笑)
そこはマンガ、アニメなので夢があると言うことで
ファンタジーと言うことで自分に納得させました。

レミーはドブネズミねずみなのに前足が汚れるからと
2本足で歩いたり、TVを観たり、本を読んだりと
かなり頭がいいです。そしてかわいいですピンクハート

全体的に台詞(会話)や動作に笑いがあふれている
コメディなのですが、そこはピクサー、いつものように
笑いだけではなく感動も味あわせてくれて
最後は奇跡のハッピーエンドへと言うことで
家族で安心して観にいける作品になって
います。また、私のような大人(おばちゃん/(^^ゞ)
一人で観に行っても結構感動できて楽しめる
映画になっているとも思いましたグッド


映像はとにかく綺麗きらきらで、レミーが屋上から
また、窓から見るエッフェル塔とパリの町並み(夜景)の
美しいこと、まるで宝石きらきらのようでしたきらきら

またニモの時もそうでしたが、レミーが飲み込まれる
下水道の水荒波やあわ雫も本当にリアルでした。

お料理も、もちろんおいしそうワイングラスでした。

そして映像がリアルなだけあって、ドブネズミねずみ
わ~~ねずみねずみねずみとあふれて出てくるところは、ちょっと
鳥肌もんでしたが泣き笑い(笑)

ラスト、体をちゃんと消毒したドブネズミねずみが厨房で
料理を作る姿は圧巻!
実際に厨房にドブネズミねずみがあふれたら、そりゃ~~
気持ち悪いですし、そんなところの料理は食べたくないですが
そこは映画と言うことで理解しましょう(笑)

六本木ヒルズのTOHOでは吹き替え版がなく
字幕で観たのですが、それでも十分に面白かったですウィンク

スキナー.jpg
<悪役・総料理長スキナー>

あとで声優を見たら、悪役の料理長スキナーの声が
イアンホルム(ロードオブザリング他)、死神と皆から
恐れられる料理評論家がピーターオトゥール
びっくりしましたびっくり彼のラストのほうの台詞に
感動涙ぽろりでした。

イゴール.jpg
<死神と呼ばれる料理評論家・イーゴ><
またリングイニの声は製作と中で仮に吹き込んでいた
スタッフがそいのままと言うことになったようですが
素人とは思えませんでした。

リングイニ.jpg
<料理が苦手な見習いシェフ・リングイニ>

レミーの声はコメディアンのパットンオズワルドと
いうかたが吹き替えしていますが、文句なく良かったです!

レミー.jpg
<シェフを夢見るネズミ・レミー>

とてもわかりやすいストーリーなので子どもにも
楽しめますし、大人が観たら、夢をあきらめないことや
新たなことをはじめるには勇気が必要だったりと言うような
メッセージ性も感じることができ、みんなで楽しめる作品だと
思います。
(ってさっきも書きましたが・笑)

原題のRATATOUILLE(ラタトゥーユ)は家庭料理の代表とも
言える野菜の炒め煮
だそうで、さまざまな作り方が
あるようです。

先行ロードショーの水曜日のお昼の
上映でしたが、カップルや家族連れが
多かったですわからん

レミーはかわいいダブルハートと思いましたが、だからと言って
やはり実物のドブネズミは好きにはなれない
私でした(笑)

グストー.jpg
<今は亡き天才シェフ・グストー>

四つ葉臆病者に料理は作れない

独創的に、失敗を恐れずに、何にでも挑みなさい

どこで生まれ育とうが、他人には限界を
決めさせてはいけない

あきらめなければ何でもできるのです

本当に誰でも名シェフ

でも、偉大な料理は、勇気から生まれる
四つ葉
ノートパンフより抜粋)

これはグストーの言葉ですが、これって料理だけではなく
名シェフだけではなくいろいろな仕事にも
言えることだと思います。

この映画アニメとしては私はかなり気にいったので
もう1度観に行くかもしれませんウィンク

2007y07m27d_210222218.jpg
<パンフレット¥600えんぴつクリックで公式サイトへ>

2007y07m27d_210354546.jpg
<パンフレットの中にはかわいいシールがいっぱい。
中身もお子様が喜びそうな映画の中のシーンがいっぱいで
親子で作るラタトゥーユの作り方もありました>

クラブ追記 

そうそう、映画が始まったと思ったら未知との遭遇?
を思わせるアニメで、これがネズミに、シェフにどう
つながるんだろう??と思ってみていたら、
オマケのアニメでした笑)
あ~あ、面白かった~~~スマイル





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2007.09.29 20:39:23



© Rakuten Group, Inc.