1906633 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Cinema  Collection

Cinema Collection

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

カレンダー

プロフィール

ひろちゃん★510

ひろちゃん★510

サイド自由欄

br_decobanner_20100213011330.gif

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

ながまりのときどき… ナガマリさん
香るキッチン kuritan735さん
With you rikoriko31219さん
☆orange pe… ☆オレンジピール☆さん
あ!CINEMA 365 DAYs ラブ☆シネマさん

コメント新着

BROOK@ Re:★お休みいたします★(09/15) 思いもよらないコメント… たしかにありま…
rose_chocolat@ Re:★お休みいたします★(09/15) gooはコメ閉じてたんでこちらに書くね。返…
ひろちゃん★510@ Re:zebraさ~ん(*^_^*) こんばんは♪ いつもコメントありがとうご…
ひろちゃん★510@ Re:hoshiochiさん (^^♪ ご訪問、コメントありがとうございました…
ひろちゃん★510@ Re:リュウちゃん6796さん(^.^) ご訪問、コメントありがとうございます! …

ニューストピックス

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2009.03.22
XML

VALKYRIE

ワルキューレ
それは。女神の名を冠した「作戦<ミッション>」

作戦は「10分」
一線を超えたミッションに
世界が委ねられた。


上映時間 120分
製作国 アメリカ/ドイツ
公開情報 劇場公開(東宝東和)
初公開年月 2009/03/20
ジャンル サスペンス/ドラマ

【解説】
 
トム・クルーズと「ユージュアル・サスペクツ」のブライアン・シンガー監督が
初タッグを組んだサスペンス・アクション。実話を基に、非人道的なナチス政権の
暴挙に疑問を抱き反乱分子となったドイツ将校が同志と手を組み、
ヒトラー暗殺計画に及んでいく過程とその顛末を緊迫感溢れる
タッチで描く。共演に「から騒ぎ」のケネス・ブラナー、
「ラブ・アクチュアリー」のビル・ナイ。


【ストーリー】

第二次大戦下、劣勢に立たされ始めたドイツ。アフリカ戦線で左目を失うなど
瀕死の重傷を負いながら奇跡の生還を果たしたシュタウフェンベルク大佐。
純粋に祖国を愛するが故にヒトラー独裁政権へ反感を抱いていた彼は、
やがて軍内部で秘密裏に活動しているレジスタンスメンバーたちの会合に参加する。

そんなある日、自宅でワーグナーの<ワルキューレの騎行>を耳にした
シュタウフェンベルクは、ある計画を思いつく。それは、国内の捕虜や奴隷が
クーデターを反乱を起こした際に予備軍によって鎮圧する<ワルキューレ作戦>
を利用し、ヒトラー暗殺後に政権及び国内を掌握する、という壮大なものだった。
同志たちと綿密に計画を練り、暗殺の実行も任されることになるシュタウフェンベルク。
こうして、過去40回以上に渡る暗殺の危機を回避してきた独裁者を
永遠に葬り去る運命の日がやって来るのだが…。


ワルキューレ.jpg

ワルキューレ=北欧神話に登場し
「戦死者を選ぶもの」との意味を持つ女神たち。

ドイツの作曲家リヒャルト・ワグナーの「ワルキューレ」は
この物語をモチーフにつくられた楽曲。ワグナーをこよなく愛する
ナチス・ドイツの総統アドルフ・ヒトラーは、国内のクーデターに
備えた危機管理オペレーションを、<ワルキューレ作戦>と
名付けていた。


【感想】
<どきどきハートどきどきハートどきどきハートどきどきハートどきどきハートどきどきハートどきどきハートどきどきハート>

今月は観たい作品が多く、この作品も絶対に観たい作品のひとつでした。
史実から、この作戦は失敗するとはわかっているのですが、もしかしたら
成功するんじゃないか(と思いたいだけですが)と、観ていました。

登場人物が多く、キャストも豪華なので、まずは登場人物を簡単に説明スマイル
<人物名の色分けに意味はありませんウィンク

ビル・ナイ(背が高いので制服姿もステキ)ケネス・ブラナー(太ったなあ(^^ゞ)、
テレンス・スタンプ(イエスマンで続けて観る事になるとは・笑)
トム・ウィルキンソン(アカデミー賞に2度ノミネート)
トム・ホランダー(またまた悪いほう側)、あれ?みんな英国俳優??

調べてみたら、実在の人物とキャストは結構似ていましたびっくり

トム.jpg

実際のシュタウフェンベルク大佐 もハンサムな人だったんですね。
シュタウフェンベルク大佐・wikipedia

下矢印以下ネタバレ感想です下矢印

ニーナ.jpg
<シュタウフェンベルク大佐 の妻ニーナ役はブラックブック
カリス・ハン・ファウンテン

妻のニーナと子供たちが、助かったことはせめてもの救いでした・・

長男のベルトルトは、戦後にドイツ連邦軍で陸軍大将になり、妻のニーナは
2006年4月2日、ドイツ南部のキルヒラウターで死去、92歳でした。。

《レジスタンス側》

image1-1.jpg

オルブリヒト将軍 ・・・<ワルキューレ>作戦の発動者。1944年7月21日銃殺

ヘニング・フォン・トレスコウ少将 ・・・画策者。7月21日、自決

ヴェルナー・フォン・ヘフテン中尉 ・・・誠実な副官。7月21日、処刑

メルツ・フォン・クヴィルンハイム大佐 ・・・実行者のサポート。7月21日、銃殺

1-2.jpg

ルートヴィヒ・ベック・・・クーデター成功後の国家元首。7月20日、自殺

フェルギーベル将軍・・・通信のエキスパート。9月4日、処刑

ヴィッツレーベン・・・クーデター成功後の国防軍最高司令官。8月8日処刑

ゲルデラー・・・クーデター成功後の首相。翌年2月に処刑

《ヒトラー側》

image1-3.jpg

ヒトラー・・・ナチス党党首。ワルキューレ作戦においての標的
       1945年4月に自殺

フロム将軍 ・・・日和見な男。1945年3月に処刑

オットー・エルンスト・レーマー少佐 ・・・ベルリン警護の責任者。
                    クーデターを鎮圧。
カイテル元帥・・・真相を伝えた男。戦犯として1946年10月、絞首刑

ヒムラー・・・忠実な部下。1945年5月、青酸カリで自殺

ゲッペルス大臣・・・ナチスの広報マン。1945年5月、自殺

ヒトラー.jpg

自分がその場にいるような緊迫感があったのが、このシーン。
ワルキューレ作戦の改ざん文書にヒトラーの署名をもらうシーンですが
ヒトラーの恐ろしさは歴史のお勉強や映画でイヤと言うほど
わかっているのでドキドキもんでした・・
ヒトラー役のデヴィッド・バンバー、猫背で威圧感のある
ヒトラーを演じていました。
<シェパードのワンちゃんがかわいかった目がハート

暗殺実行のシーンでは、レジスタンス側としては、予定外
<会議室が軍事シェルターから木兵舎に変更。鞄(バクダン)を
二つ用意したのに一つしか使えなくなった、鞄の置く位置が
変わってしまった等>のことも起こりドキドキ、また、作戦実行後、
シュタウフェンベルク大佐たちはベルリンに戻れるのかと
ハラハラでした。。。

その後、クーデターは成功したかに見え、一気に政権交代に
持ち込もうとするレジスタンス側とヒトラーの死亡を否定する
政府側の攻防、情報戦、命懸けの選択を迫られる男達の
ギリギリの心理描写は見ごたえありました。

5人.jpg

ワルキューレ作戦の成功を願いながらも、史実から
結果はわかっているので、この作戦がなぜ失敗したのかと
言うことを見せつけられた作品でもありました。
ヒトラーが40回以上も暗殺を回避してきたことも
(どれだけ悪運が強いんだか)、ドイツ国内の軍人や
政治家にも反ヒトラーがこんなにも多くいたことも
よくわかりました。

レジスタンスの人々、亡くなった時の年齢を調べると
シュタウフェンベルクの37歳をはじめとして、30代、40代の人が
多く(演じた俳優陣はやや上でしたが)、妻子があり、地位もありながら、
祖国のため、信念のため、ドイツ人すべてがヒトラーと同じ考え
ではないことを示すための命をかけた戦い、結果として、
その戦いに敗れましたが、彼らのような存在があったことが
後世に伝えられただけでも彼らの思いや、行動は無駄では
なかったと思いたいです涙ぽろり

ラスト、シュタウフェンベルク大佐 を庇って銃殺されるヘフテン中尉
「ドイツ万歳!」<最後の台詞は、彼が本当に言ったんだよと
トムが言ってました>と叫んで撃たれたシュタウフェンベルク大佐 の
処刑のシーンは、事実なだけに、余計にウルッとしてしまいました涙ぽろり・・・

戦争のものすごい悲惨さが描かれているとか登場人物の
掘り下げ(心理描写・苦悩)などはあまりないので、作品としての
奥深さみたいなものは、残念ながら感じられなかったのですが、
トムクルーズ主演のハリウッド映画と考えて観に行ったので、
サスペンススリラーとしてエンタメ作品として私は楽しめましたグッド

星3月20日(金)から公開

パンフ.jpg
<パンフレット¥600えんぴつクリックで公式サイトへ>

ウィンク余談

ジョニーファンなら、DMC赤ハートワールドエンドパイレーツファンなら
お気づきのことと思いますが、ビル・ナイ、ケヴィン・R・マクナリー、
トム・ホランダー、デヴィッド・スコフィールドなどが出演していて、
タコだ~、ギブスさんだあなどと余計なこともちょっと考えて
しまいましたあっかんべー






お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2009.03.22 15:20:10
[2009年鑑賞映画] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.