1908660 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Cinema  Collection

Cinema Collection

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

カレンダー

プロフィール

ひろちゃん★510

ひろちゃん★510

サイド自由欄

br_decobanner_20100213011330.gif

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

ながまりのときどき… ナガマリさん
香るキッチン kuritan735さん
With you rikoriko31219さん
☆orange pe… ☆オレンジピール☆さん
あ!CINEMA 365 DAYs ラブ☆シネマさん

コメント新着

BROOK@ Re:★お休みいたします★(09/15) 思いもよらないコメント… たしかにありま…
rose_chocolat@ Re:★お休みいたします★(09/15) gooはコメ閉じてたんでこちらに書くね。返…
ひろちゃん★510@ Re:zebraさ~ん(*^_^*) こんばんは♪ いつもコメントありがとうご…
ひろちゃん★510@ Re:hoshiochiさん (^^♪ ご訪問、コメントありがとうございました…
ひろちゃん★510@ Re:リュウちゃん6796さん(^.^) ご訪問、コメントありがとうございます! …

ニューストピックス

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2009.09.05
XML

THE TAKING OF PELHAM 1 2 3

123号車、応答せよ──
要求は何だ?

この車両ひとつで、
NYはハイジャックできる。


メディア 映画
上映時間 105分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)
初公開年月 2009/09/04
ジャンル サスペンス
映倫 G

【解説】

デンゼル・ワシントンとジョン・トラヴォルタの豪華2大スターを
主演に迎えたクライム・サスペンス。ジョン・ゴーディの
ベストセラー小説を原作に、1974年の「サブウェイ・パニック」に
続いて再映画化。ニューヨークの地下鉄を白昼堂々ハイジャックした
凶悪犯と、その交渉相手に指名された地下鉄職員との息詰まる駆け引きの
行方を緊迫感溢れるタッチで描く。
監督は「トップガン」「スパイ・ゲーム」のトニー・スコット。

【ストーリー】

ニューヨーク、午後2時。地下鉄運行指令室で勤務中のガーバーは、
緊急停車したペラム駅1時23分発の列車へ応答を促す。その列車は、
19名が乗車した1両目だけを切り離して停車している状態だった。
すると、無線で応答してきたライダーと名乗る男から、
“この1時間で市長に身代金1000万ドルを用意させ、
期限に遅れた場合は1分ごとに人質をひとりずつ殺していく”
との要求を告げられる。さらに、ライダーは交渉相手に
何故かガーバーを指名。

ところが、警察が指令室にやって来ると、ガーバーはある理由で
退席させられてしまう。しかし、ガーバーが席を離れたことを知った
ライダーは激怒、運転士を射殺し、ガーバーを強制的に交渉役へ戻させる。
こうしてガーバーは警察のサポートのもと粘り強く交渉を続けながら
人質解放と事件解決への糸口を探っていくのだが・・・

人気ブログランキングへ

ポスター.jpg

【感想】
どきどきハートどきどきハートどきどきハートどきどきハートどきどきハートどきどきハートどきどきハートどきどきハートダブルハート

いやあ、予想以上に面白かったですグッド

原題にはない邦題の「激突」って・・・なんか古臭いと思いましたが、
なんで余計なことつけるんだろうと思ったのですが、この映画の内容は、
ガーバー(デンゼル・ワシントン)とライダー(ジョン・トラボルタ)の
ガチンコ対決!まさに激突でありました!(だからって、やはり「激突」は
ダサイような・笑・スピルバーグの「激突」思い出しちゃうし)

冒頭からのスタイリッシュな映像きらきらと現代的なラップ音楽音符にワクワク、
これは期待出来るぞと言う予感的中(笑)続く、地下鉄ハイジャックシーン
からは、ハラハラの連続で、キレてるライダーと冷静なガーバーの交渉シーンも
ドキドキもんで、最後まで手に汗握って、からだ硬直して(笑)
最後まで観いってましたウィンク

下矢印以下ネタバレ含んでいます下矢印

2.jpg

人質を撃ち殺すまで、あと何分と、「24」のように、時間が画面に
出てきたり、ライダーが大きな声でカウントダウンしたりするので、
いやがうえにも緊迫感が高まり、また、私は勝手にジョン・トラボルタは
人質を殺さないだろう(笑)と思っていたので、何の罪もない運転士を
いきなり射殺した時に、『身代金が間に合わなかったら、こいつ、
本当に1分ごとに一人づつ撃ち殺していくかも』と刷り込まれたので(笑)
それからは、さらにすごい緊張感に包まれましたショック

ストーリーは、ガーバーとライダーの交渉シーンが主ですが、
ところどころで、カーアクションが入ったり、地下鉄の暴走シーンなどが
あったりと動の部分もあるので、飽きさせませんグッド

脚本が上手いなあと思ったら、私が大好きな「LAコンフィデンシャル」
を書いたかた(ブライアン・ヘルゲランド)の脚本でした。
道理で面白いわけだ~~グッドグッド

二人.jpg

サスペンスアクションですから、二人の過去が描かれているとか
言うことはないので、物語に深さはないので、感動するとか心に
残ったとか言うことはないのですが(^^;演技の上手い二人の俳優
(トラボルタ・55歳、デンゼル12月で55歳・おない年なんですよね~)
の演技バトルは楽しめましたうっしっし

ジョン・トラボルタのキレテル役って好きだわ~~(笑)
デンゼルは、この役柄(警官ではなくて、普通の職員)のために
太ったと言うことですが、やはり好きだわ~ダブルハート(笑)
確かに若い時は、スリムでもっとハンサムだったけど目がハート
ライダーがガーバーに逢って「思っていたより背が高くてハンサムだな」って
言う台詞に「うん、うん」とうなづいて私です(笑)
アハハ(^^;話がそれましたσ(^◇^;)

夫婦.jpg
<夫婦の会話《携帯で》のシーンはベタだけど、デンゼルは死なないと
思っていてもウルウル涙ぽろりしちゃいましたσ(^◇^;)>

デンゼル出ているからと鑑賞したので、さほど期待していなかった分
楽しめたようですオーケー
強いて言えば、拳銃も持ったことのないような一般市民のガーバーが、
いくら責任感がある人間だと言っても、1人で犯人を追ったり、
銃を撃ったりするのは、どうなんだろうと思いましたがしょんぼり
犯人を追って行くところは、有能な警官のように見えてしまいました(^^ゞ

まあ、それをさしひいても、デンゼルだからOK!(笑)
テンポもあって面白かったですグッドグッド

脇も、ジョン・タトゥーロジェームズ・ガンドルフィーニ
固めていますウィンク

ジョンタトゥーロ.jpg
<ジョン・タトゥーロ・・・トランスフォーマー1でのドジでいやな奴(役)の
イメージがあったので、最初は、また、やな奴(役)かと思ったら、
そうでもありませんでした^^>


市長.jpg
<ジェームズ・ガンドルフィーニ・・・どこかで見たことあると思ったら、
ザ・ソプラノズ/哀愁のマフィアに出てました^^>


そうそう、この作品ってカップル向けなんでしょうか???
8割、いえ9割がカップル(30,40代の夫婦も含めて)、オバチャン
1人で見に行って、なんか居心地悪かったです(笑)
席は、ほとんど埋まっていたと思います。

星9月4日(金)から公開

パンフ.jpg
<パンフレット¥600えんぴつクリックで公式サイトへ>

デンゼル・ワシントン、9年ぶり4度目の来日だったんですよね・・・
大江戸線の署長をするのはわかっていたのですが、どこの駅か
わからなかったσ(^◇^;)
後で知りましたが、国立競技場駅だったようですね。
逢いたかったし、アナウンスも聞きたかったなあ泣き笑い

大江戸線.jpg

<TOHOシネマズ・六本木ヒルズにて鑑賞・
ポストカード頂きましたが微妙σ(^◇^;)↓>
カード.jpg

ショック本日のオマケ

いつも端に座る私の前をカップルが
通ったのですが、女の子は、シラーっと通って、後から
通った男の子が「すみません」と言いました。
やっぱり、男の子はかわいいなあ(笑)
こういうこと最近多いんですよ~しょんぼり

人気ブログランキングへクリックお願いしますウィンク






お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2009.09.08 22:36:44
[2009年鑑賞映画] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.