1272316 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

Cinema Collection

PR

カレンダー

楽天プロフィール

設定されていません

サイド自由欄

br_decobanner_20100213011330.gif

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

今日の収穫 (9月… New! BROOKさん

my 松葉杖 New! エビマヨ丼さん

『WANDA金の微糖』ミ… 美齢(めいりん)さん

ながまりのときどき… ナガマリさん
香るキッチン kuritan735さん

コメント新着

BROOK@ Re:★お休みいたします★(09/15) 思いもよらないコメント… たしかにありま…
rose_chocolat@ Re:★お休みいたします★(09/15) gooはコメ閉じてたんでこちらに書くね。返…
ひろちゃん★510@ Re:zebraさ~ん(*^_^*) こんばんは♪ いつもコメントありがとうご…
ひろちゃん★510@ Re:hoshiochiさん (^^♪ ご訪問、コメントありがとうございました…
ひろちゃん★510@ Re:リュウちゃん6796さん(^.^) ご訪問、コメントありがとうございます! …

占い

ニューストピックス

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2009.11.04
XML

人気ブログランキングへ

THIS IS IT

誰も見たことのない彼に逢える。

メディア 映画
上映時間 111分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)
初公開年月 2009/10/28
ジャンル ドキュメンタリー/音楽
映倫 G

【解説】

2009年6月25日、世界中に衝撃が走ったマイケル・ジャクソンの
突然の死により、幻となったロンドン公演“THIS IS IT”。
本作は、死の直前まで行われていた長時間に及ぶリハーサルを記録した
映像を基に、今回のステージでクリエイティブ・パートナーを務めていた
ケニー・オルテガ自ら監督として幻の公演を再現する音楽ドキュメンタリー。

THIS.jpg

【感想】

実は1日の日曜日に映画を観まして、夜に感想の下書きをしていたら、
なんか調子が変?って思ったら、熱が出てました(^^ゞ
で感想のアップが遅れてしまいましたショック

マイケル観て熱出すって言うとマイケル熱(笑)みたいで、カッコイイ?ですが
実は咽頭炎、風邪でした。人ごみに出たのでインフルエンザかなとあせりましたが
インフルでなくて良かったあスマイル

と前置きが長くなりましたが、以下が映画を鑑賞した日に書いた感想ですウィンク



どきどきハートをつけたら満点、いやそれ以上ですが、点数はつけられないですぅ~泣き笑い

28日の公開から行きたくてウズウズしていましたが、普段あまり
映画に行きなれない(笑)高校の同級生の友人たち<3人>を誘って
あげたので、今日(1日)までじっと我慢の子でした。

より大きなスクリーンでマイケルを観たかったので、600人以上入る
六本木ヒルズで鑑賞しました!もちろん、完売だったと思います!
観客層は、実に幅広かったです!マイケルの格好していた小さなお子ちゃも
いました。上映が終わった後は、全員とまでは行きませんでしたが(^^;、
拍手も起こっていました!

ステージ2.jpg

もうね~~サイコー!!!!素晴らしい!!!マイケルありがとう!!!
今も感動をありがとう以外、何をどう書いていいかわからない感じです(^^;

私はマイケルのダンスや歌は好きですが、熱狂的ファンと言うわけではありません
でした。そんな私ですが、冒頭、彼の姿を見たら涙がポロポロとこぼれてきて
しまいました涙ぽろり
涙が出てしまったのは、これがマイケルの最後の姿なんだと思って
しまったからかなあ・・・
そして、ダンサーたちが興奮気味にマイケルのことを語るところ
(マイケルとト一緒にステージに立つことが夢だったとか、
一緒にステージに立てるのがどんなに素晴らしいことなのか)を観て、
マイケルは、こんなにもたくさんの人に尊敬され、愛されていたんだ
と思ったからかな・・・

最後も、マイケルが、リハーサル終了後に円陣を組んで挨拶しているところ
からラストにかけて、マイケルはこの公演をやりたかったんだろうなあって
思ったら、またまた涙がボロボロとこぼれてきてしまいました涙ぽろり

観終った後、明るくなってから、友人たちに「すごい!」
「あんなにカッコイイ50歳はいない」「素晴らしい」「本当に感動した」
「映画に誘ってくれてありがとう」と口々に言われたら、
なんかわからないけれど((T.T)『なんでマイケル亡くなって
しまったんだろう』と今更に思ってしまい、またまたウルッと
してしまった私でした涙ぽろり

映画は決してお涙頂戴ドキュメンタリーになっているわけではないのですが、
マイケルのステージにワクワクドキドキ興奮する一方で、マイケルの素顔に
触れて、なんか切なくなってしまって涙も出てしまったようです。。。

ロンドン公演の記者会見があった時に、スキャンダルなニュースが多かった
昨今のマイケルでしたので、ブランクもあり、50歳と言う年齢で、歌やダンスは
大丈夫なのだろうか?と思ってしまった自分が恥ずかしい失敗
マイケル(そしてファンのかた)ごめんなさいしょんぼり

歌もダンスも往年のマイケルを彷彿とさせるもので、本当に素晴らしいものでした!
マイケルの生歌が聴けるなんて思ってもなかったし・・・澄んだ声で綺麗だった・・・
完璧主義の彼だから、一生懸命トレーニングしていたのかな・・・
なんて考えてたら、またウルウルしてきてしまった涙ぽろり

もちろん、ウルウルばかりでもなかったんですよスマイル
「スリラー」「BAD」「ビート・イット」「Black Or White」当たりは、
私が1番聞いていた曲のなのでウズウズして、踊りたかったし~(笑)
「ビリー・ジーン」もカッコよかったなあ~~ダブルハート

エレキ.jpg
<この時も「ここは君の見せ場だから、もっと高音で弾いて・・・
僕がそばにいるから」
みたいなことを言っていたと思うのですが、
そんなところにもマイケルの優しさを感じました。
この女性ギタリストの演奏もすごかったなあ・・・>


ステージ上での彼の歌声やダンスに興奮しながら、
一方で、スタッフと一緒に、いいステージを作り上げて行こうとする
マイケルとスタッフとのやりとり(人を不快にさせない話し方や聞き方、
あれだけのスターなのだから多少傲慢であってもいいと思うのに本当に謙虚で)
の真摯な姿に感動してました。。。

マイケルって愛に溢れていて、本当に純粋でやさしい人だったんだ。。。
「お客さんは、日常を忘れるためにステージを観に来るんだから、
自分たちは、そういう世界を作り上げなければいけない」
みたいなことも
言っていましたが、根っからの正真正銘のエンタティナーでもあったんですね。

CG.jpg
<後ろの人がどんどん増えて100万人?くらいになるCGも圧巻!>

3Dの「スリラー」も観たかった・・・
「Beat It」を電飾の衣装で踊るマイケルも観たかった・・・
そして、何よりもマイケルのパフォーマンスが、ロンドン公演が観たかった・・・
もし公演が行われていたら、大絶賛、大成功、のニュースが世界を
席巻していたことでしょうね・・・だって、このリハーサルの映像だけでも
スケールの大きさがわかりますもん・・・
公演が幻に終わってしまって本当に残念です涙ぽろり

マイケルと同じ時代に生まれて、彼の歌を聴けてダンスを見る事ができて
良かったと思いながら、一方で、彼のステージを生で1度も見る事が
できなかったことが悔やまれまてなりませんしょんぼり

ステージ.jpg

コピーに「誰も見たことのない彼に逢える。」とありますが、
本当にその通りでした!マイケルファンのかたは、すでにご覧になっている
と思いますが、ファンでない人もそして、マイケルのことをもしかしたら、
ゴシップでしか知らないような若い世代の人たちにも是非観てほしい!

上映も2週間延長になりましたので、まだご覧になっていないかたは、
ミュージシャンやダンサーから、最高の尊敬を受け、コンサート以上に
近距離で観れる、歌も踊りもサイコーの、唯一無二のスーパースターの
マイケルを是非是非スクリーンでご覧になってください!

今まで走り続けたマイケル天国で安らかに・・・

星10月28日(水)から公開

ポスター.jpg
<画像クリックで公式サイトへ>
<残念ながら、パンフは作られていませんでしたわからん


グッドマイケル関連ニュースグッド

いなずまマイケル・ジャクソン、22年ぶり1位獲得&エルヴィスを抜く偉業
詳しいニュースはこちら

いなずま『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』、異例の2週間の上映延長を決定
詳しいニュースはこちら

いなずま今週スマスマを観ていたのですが、次回(11月9日・月)のスマスマはマイケルの特集をやるらしいです。<「THIS IS IT」(10月28日公開)のワールドプレミア
(27日、米・ロサンゼルスで開催)に日本からただ1人映画の
プレミアに招待されたのが中居君だったからでしょうか?>

マイケル・オルテガ.jpg
<マイケルとオルテガ監督>

期間が延長になったので、私はもう1度観に行きます!
さて、IMAXにするかヒルズにするか?(笑)

<TOHOシネマズ・六本木ヒルズにて鑑賞>人気ブログランキングへ








最終更新日  2009.11.04 21:41:07
[2009年鑑賞映画] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.