000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Cinema  Collection

Cinema Collection

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

カレンダー

プロフィール

ひろちゃん★510

ひろちゃん★510

サイド自由欄

br_decobanner_20100213011330.gif

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

ながまりのときどき… ナガマリさん
香るキッチン kuritan735さん
With you rikoriko31219さん
☆orange pe… ☆オレンジピール☆さん
あ!CINEMA 365 DAYs ラブ☆シネマさん

コメント新着

BROOK@ Re:★お休みいたします★(09/15) 思いもよらないコメント… たしかにありま…
rose_chocolat@ Re:★お休みいたします★(09/15) gooはコメ閉じてたんでこちらに書くね。返…
ひろちゃん★510@ Re:zebraさ~ん(*^_^*) こんばんは♪ いつもコメントありがとうご…
ひろちゃん★510@ Re:hoshiochiさん (^^♪ ご訪問、コメントありがとうございました…
ひろちゃん★510@ Re:リュウちゃん6796さん(^.^) ご訪問、コメントありがとうございます! …

ニューストピックス

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2010.07.06
XML
カテゴリ:2010年鑑賞映画

CRAZY HEART

傷ついた者にしか、歌えない愛がある

上映時間 111分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(FOX)
初公開年月 2010/06/12
ジャンル ドラマ/音楽
映倫 G

【解説】

「フィッシャー・キング」「ビッグ・リボウスキ」のジェフ・ブリッジスが、
落ちぶれたカントリー・シンガーを熱演し絶賛された音楽人生ドラマ。
酒に溺れ、結婚にも失敗し、才能がありながら成功とはほど遠い音楽人生を
歩んできた初老ミュージシャンが、彼に興味を抱いた女性ジャーナリストとの
出会いをきっかけに再起を図る姿を、ユーモアとペーソスを織り交ぜ感動的に綴る。
共演に「ダークナイト」のマギー・ギレンホール。
俳優としても活躍するスコット・クーパーの監督デビュー作。
また、T=ボーン・バーネットとライアン・ビンガムの共作による
主題歌『The Weary Kind』はみごとアカデミー歌曲賞
に輝いた。

【ストーリー】

57歳のカントリー・シンガー、バッド・ブレイクは、かつては一世を
風靡したこともあるものの、すっかり落ちぶれた今では場末のバー
などのドサ回りで食いつなぐしがない日々。
新曲がまったく書けなくなり、かつての弟子トミー・スウィートの
活躍にも心穏やかではいられず、酒の量ばかりが増えていく。
そんなある日、地方紙の女性記者、ジーン・クラドックの
取材を受けることに。親子ほども年の離れた2人だったが、
思いがけず一夜を共にしてしまう。しかし、離婚の痛手を抱え、4歳の息子と
2人暮らしのジーンは、関係を深めることに躊躇いをみせる。
そんな中、巨大スタジアムで公演を行う弟子のトミーから共演の依頼が
舞い込むバッドだったが…。

【感想】
赤ハート赤ハート赤ハート赤ハート

ヴィゴの重い(笑)映画かちんこザ・ロードを観た後、2本目に、この作品を鑑賞しました。
2本目がこの作品で良かった(笑)
ジェフ・ブリッジスがアカデミー賞の主演男優賞に輝いたこの作品、
公開してすぐに観たかったのですが、今頃の鑑賞になってしまいました(^_^;)
映画の日に行ったのですが、午後の1回目は満員でした(^^;

かつては一世を風靡した男の再生物語・・・今は落ちぶれて、
ボーリング場や小さなバーなどでドサ回り(って今言わないか・(^^;巡業?)
の日々、家族を捨て(家族に捨てられ?)、ひとり息子とも音信不通、
生活もボロボロ、でも自分の仕事にこだわり続けている・・・
そうです!ミッキー・ロークのかちんこレスラーのミュージシャン版だ~~~って思いました。

となると、ショーン・ペンがいなかったら、ミッキー・ロークが主演男優賞
獲れたのになあ・・・なんてこともフッと考えちゃいました^^

とまあ、そんなことはさておき、全体的な印象は、きらきら美しい背景と音楽音符を含めて、
綺麗で上品な作品だったと思います。悪く言えば、思っていたより、
アッサリ?した作品でしたスマイルでも、好きですダブルハート
<1本目があまりにも重かったから、アッサリに見えたのかも?ほえー

1.jpg

ジェフ・ブリッジスが体重を増やして、かつては、大スターだったのに、
今は落ちぶれてちょっと汚らしい中年(壮年?笑)男を演じていますが、
マギー・ギレンホール演じるジーンが恋に落ちてしまうほど、
私も恋に落ちてしまいそうなくらい(笑)彼は魅力的で、かつては
大スターだったと言うきらきらオーラも感じられますし、とってもチャーミング!
キュート!また歌が上手いだわ、これが!(笑)
5度目のノミネートにしてアカデミー賞主演男優賞受賞おめでとうって
思いましたスマイル

教え子で今はカントリー界の大スター、トミー・スィートを演じる
コリン・ファレルも歌が上手くて、2人のステージは、ちょっと鳥肌もの!目がハート
生であのステージが観たい!なんて思ちゃいました。
(コリンって顔は好みじゃないのですが、演技も歌も上手いわあ・笑)
実は私、音符カントリーウェスタンより音符ロックが好きなんですが(笑)
この映画観て、カントリーも悪くないなって思いましたし、亡くなった母が
カントリーが大好きだった気持ちも、ちょっとわかったような気がしました涙ぽろり

2.jpg

ミッキー・ローク演じたレスラーの
ランディに比べると、アルコール依存症でも、息子に見放されても、
彼女に振られても、バッドにそれほど悲壮感が感じられないのは、ミッキーに
比べるとジェフが上品だからと言うこともあるかもしれませんが
(ミッキーが上品じゃないってことじゃあないですよ(^^;私、ミッキー
好きですから)バッドには、軽口を叩きながら彼を心配してくれる
マネージャーのジャック、いつも親身になってくれる親友のバーの経営者ウェイン、
そして大スターになった今でも恩を忘れない弟子のトミーの存在があって、
バッドがレスラーほど孤独ではなかったからなのかもしれませんグッド
最後の恋とも思える相手のジーンにめぐり合えたことが、彼の再生に
つながったのかもしれませんが、温かい友人たちの存在もあったから
こその再生とも感じましたウィンク

2人.jpg
<マギーはこの役で、アカデミー賞の助演女優賞にノミネート。
こういう男に惚れちゃいけないと思いながら、バッドとの恋に
踏み出して行く恋する女の顔と、一人息子命と言う息子を思う母親の顔を
見せてくれてお見事!私は母親で息子がいるから、子どもが行方不明に
なった時のジーンの気持ち(半狂乱)が痛いほどわかったし、
いくら更生してもバッドとやりなおさない(やりなおせない)
ジーンの気持ちにも納得できました>

デュバル.jpg
<ザ・ロードにも彼が出るって知りませんでしたが、この作品もそうで、
彼が出てきたのは、私にはサプライズでありましたスマイル
もう80歳くらいですか?老いてますますって感じです。
このかたが出てくるだけでなんか嬉しくなる私ですダブルハート

とびきりのハッピー・エンドではないけれど、ちょっと切なさを
感じるハッピーエンドも好きでしたグッド
マル秘(あんなにも好きだった人と別れて、1年ちょっとで彼ができる
(結婚する?)~って、ジーンにちょっとツッコミたくもなりましたが・笑)マル秘

この作品は、かちんこザ・ロードと違って(笑)何度でも観たい、リピートできる
作品じゃないかなと思いましたウィンク

星6月12日(土)から公開
パンフ.jpg 
<パンフレット¥700えんぴつクリックで公式サイトへ>

THE HARDER THE LIFE,
      THE SWEETER THE SONG


<TOHOシネマズ日比谷シャンテにて鑑賞>

人気ブログランキングへクリックよろしくお願いしますウィンク






お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2010.07.06 21:29:39
[2010年鑑賞映画] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.