1435608 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Cinema Collection

PR

カレンダー

プロフィール


ひろちゃん★510

サイド自由欄

br_decobanner_20100213011330.gif

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

今日の収穫 (6月… BROOKさん

ながまりのときどき… ナガマリさん
香るキッチン kuritan735さん
With you rikoriko31219さん
☆orange pe… ☆オレンジピール☆さん

コメント新着

BROOK@ Re:★お休みいたします★(09/15) 思いもよらないコメント… たしかにありま…
rose_chocolat@ Re:★お休みいたします★(09/15) gooはコメ閉じてたんでこちらに書くね。返…
ひろちゃん★510@ Re:zebraさ~ん(*^_^*) こんばんは♪ いつもコメントありがとうご…
ひろちゃん★510@ Re:hoshiochiさん (^^♪ ご訪問、コメントありがとうございました…
ひろちゃん★510@ Re:リュウちゃん6796さん(^.^) ご訪問、コメントありがとうございます! …

ニューストピックス

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2010.10.30
XML
カテゴリ:2010年鑑賞映画
星人気ブログランキングへ

衝突する二つの運命。

上映時間 98分
製作国 日本
公開情報 劇場公開(東宝)
初公開年月 2010/10/30
ジャンル サスペンス/アクション
映倫 G

【解説】

要人警護に当たるSPたちの活躍をV6の岡田准一主演で描き評判を
呼んだTVシリーズ「SP 警視庁警備部警護課第四係」の劇場版。
本作は2部作の前編。上司である尾形に対して芽生えた疑念を
抱えながらも、国家規模の陰謀に立ち向かっていく主人公・井上薫と
第四係メンバーたちの奮闘を、スケールアップしたアクション・シーン
とともに描き出す。監督はTVシリーズに引き続き波多野貴文。

【ストーリー】

警視庁警備部警護課第四係の隊員・井上薫は、類い希な身体能力と
常人離れした危険察知能力を持つ要人警護のスペシャリスト。
そんな彼は、信頼していた上司・尾形総一郎の何か陰謀を巡らしている
かのような言動に不信感が募っていく。
また公安が尾形の内偵を進める一方、キャリア官僚たちが不穏な動きを
見せ始める。そんな中、与党幹事長・伊達の警護に当たる井上ら第四係の
メンバーたちだったが…。

サウンド.jpg
<サウンドもカッコ良くて好みでした音符

【簡易感想】
赤ハート赤ハート赤ハート赤ハート岡田君、スキ目がハート

台風が来ている雨の中、映画館に行ってきました(笑)
何しろ、フリーパスの期限が11月1日まで!
とにかく観ないととラストスパートです(笑)
今月は邦画を4本鑑賞!1ヶ月で邦画4本は初めてかも~

SPのTV版は全ては観ていなので、一見さんに等しい私ですが、
それでも楽しめました!
「岡田くん、カッコエエ~」ってのが、まず第一の感想ですかね(笑)

冒頭から20分息つく間もないアクションの連続!大都市東京を舞台に
逃げるテロリストを追いかける、迫力満点の追跡劇!
(人ゴミあり、歩道橋あり、大型トラックの荷台あり、地下鉄構内あり)
必死で犯人を追う岡田くん演じる井上の姿に、一気に映画の世界に
惹き込まれていきました!
<舞台になった六本木ヒルズの撮影って、いつあったのかな?
知っていたら、かけつけたのに~笑>

1.jpg

その後の展開は、割りあい地味でしたが下向き矢印、後半、内閣官房長官を
官邸まで警護する展開で、第一波、第二波、第三波・・・とまたまた
アクションシーン(肉弾戦)が続きます。

下矢印ネタバレアリ下矢印



長官が官邸まで行くのに、真夜中に徒歩で移動???、
いったん家に戻ってハイヤーとか呼んだほうがいいのでは?
東京の大通りで、真夜中だからって、タクシーが、車が1台も通らない???
こんなに大騒ぎになっているのに、なぜパトカーが来ない???etcと
言うツッコミは多々あるのですが、リアリティ云々を言い始めたら、
興ざめして観れなくなるので(笑)、これはアクション映画であって
その辺は目をつぶることにしましたオーケー



上矢印ここまでネタバレ上矢印

ストーリーもあっても無いようなもんですが、アクション映画は
そんなものだと思いますので、(エクスペンダブルズだってそうでしたし~)
その辺も気になりませんでしたオーケー
<堤さん演じる尾形の過去が出てきたり、胡散臭い幹事長役の
香川さんの企みなども出てはきますが・・・>

主なキャストは・・・と言うかSPメンバーは・・・

第四係.jpg

井上 薫(岡田 准一)・・・6歳の時、テロの巻き添えにより、両親を亡くし
                   警察の官僚に引き取られて育つ。
                   シンクロ、フォトグラフィック・メモリーなどの能力を持つ。

尾形 総一郎(堤 真一)・・・東大法学部卒。キャリアとしての道よりも
                   現場主義を貫き昇進試験も受けずにいる。
                   警察組織の改革論者。常に影を帯びた雰囲気を持つ。

笹本 絵里(真木 よう子)・・・射撃の元オリンピック選手の経歴を持つ。
                    容姿端麗で情熱家。

山本 隆文(松尾 諭)・・・元は総合格闘家を目指していた変り種。
                 井上をライバル視している。

石田 光男(神尾 佑)・・・寡黙で意思が強い不言実行タイプ。
                 警護家の誰からも好かれている。

えっ?もう終わり?と思ったら、アッと言う間に感じるほど
面白かったんだと思ったら、98分だったんですね(^^;
時間自体が短かったんだ(^_^;)これって、2本にする必要があったのかな?
野望編がこのくらいの時間なら、3時間ちょっとにして1本にしたほうが
お話としても面白かったのではないかとも思いました。

とは言え、私はアクションシーンにドキドキハラハラびっくり、スクリーンに
映し出される岡田くんの大きなお顔に「綺麗だ~~!整ってる~」と
ウットリ目がハートしていましたので(笑)最後まで飽きる事はありませんでしたグッド
(堤さんも大好きだし~~ダブルハート

VFXもサウンドも良かったです!

野望編とありますが、前編、序章なわけで、後編の革命編が
エンドロール中に流れるのですが、そちらのほうがもっと面白そうです!

エンドロールで聞こえた「本物の尾形総一郎は別にいます」って何?

『SP 革命編』の舞台は、国会議事堂ー。

井上と尾形が対峙するその時、驚愕の真相が明らかになる。


うわ~~気になる~~~ウィンク

ですが、公開は2011年春です・・・な、ながいショック・・・

星10月30日(土)公開
パンフ.jpg
<パンフレット¥600えんぴつクリックで公式サイトへ>

<TOHOシネマズ川崎にて鑑賞>



人気ブログランキングへクリックよろしくお願いしますスマイル






最終更新日  2010.10.31 03:06:17
[2010年鑑賞映画] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.