867699 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x
2005.05.01
XML
カテゴリ:洋書紹介
留学するんだったらTIMEとかNewsweekくらい読めないと…っていう人多いよね。

私は、大学留学する一年前、在学中、卒業後英会話教師してた時と、こっち(メキシコ)来て一年目、かなり長い時期にわたってTIME読んできました。

でも。

今年はなぜかNational Geographic。

読んでみて、英語学習者にはこっちのがいいような気がしてきた。

これから、英語の雑誌で勉強しようと思っている人のために、独断と偏見のTIME vs. National Geographic(略してNG。失礼だって)の比較をしてみよ~。

<<両方に通じるところ>>
   
   語彙のレベルが適当 (大学生程度)
   定期購読すると、継続して英語が学べる
   英文を読むだけでなく、知恵がつく。

<<TIMEのいいとこ>>
 
   最新のニュースを扱っているので、時事関係の語彙に強くなる
   量が多めで多読、速読の練習になる。
   芸能ニュースが一件は入ってる。芸能コラムもある。
     (↑個人的には、非常に大事)

   (…不満なトコ)
   読むのめんどくさい。すぐ読んでない号がたまってしまう
      (それは私だけでしょー)

<<NGのいいとこ>>

   月間なので、精読する時間がある。
   地理、科学(医学)、歴史、動物(生物)と、専門の話題を扱うので、特殊な単語が覚えられる。
   写真がきれい。英語のほうぜんぜん読まなくても、写真だけで買う価値はあったような気になる。(笑)
   
   (…不満なトコ)
   これだけじゃ、留学目指して勉強している人には、量が少なすぎるかなあ。

こんなトコですね。ありふれてますが。

自分が読んだ感想としては、読んだ年代と、当時の英語のレベルがぜんぜん違っているからあまり参考にはならないかもしれないけど、NG、お勧めだなあ。

確かに、ちょっとむずかしめだけど、写真が多いので、語彙がイメージと結びつきやすい。新しい単語を覚える、というのだったら、こっちじゃないかな。
(もっとも、日常生活でほとんど使われないようなオタク語も多いけど)

一番いいのは、両方読むことだね。ジャンルがぜんぜん違うから、知識を高めるにはどっちも読むのが必須。

どっちもとっつきにくいイメージがあるけど、誰かからこういうことを聞いて納得。

「TIMEとか、NGとか、新聞もそうだけど、一般のアメリカ市民向けに発行されてるんだよね。ってことは、ふつーのアメリカ人が読んで分かるような語彙を使うように、書く側も気を使っている訳で、これが読めるってことは、一般のアメリカ人並みの英語が身についてるってことだよ。」

TIMEを毎週読んでるふつーのアメリカの会社員のおじさんは、多分TOEFLで600点は取れないだろうなあ。留学生に求められる英語力は、TIMEレベル以上ってことなんですかね??

あ、で、TIMEのほうは、年間購読の宣伝とか、あらゆるところでやってる(オンラインがベスト)ので、ここではNGの情報を。

年間購読はhttp://www.nationalgeographic.comからできるようです。

アメリカ、カナダ在住の人は、12冊(一年ぶん)なんと19ドルで購読できてしまう!!

日本からの購読だと、6375円。なんだこの差は。(ここメキシコでは40ドル。カナダより距離は短いんだが…)

てわけで、日本からだと、ちょっと痛いですが、それでも月500円ちょっとで英語が勉強できて、きれいな写真が見られて、数年経ったらたぶんオークションでかなり高い値で売れることを思えば…ね。






お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2005.05.01 21:03:50
コメント(0) | コメントを書く
[洋書紹介] カテゴリの最新記事


PR

Profile

junquito55

junquito55

Recent Posts

Freepage List

Category

Archives

2024.02
2024.01
2023.12
2023.11
2023.10

Comments

DC在住@ Re:留学先の大学選択とネームバリュー(12/02) 貴殿はネームバリューにこだわる日本人の…
www.bfdff.com@ ディーゼルダウン偽物が登場、広告モデルの水原希子らが着た服   ディーゼルダウン偽物が登場、広告モ…
ぷりん@ はじめまして こんにちは。 私は今アメリカに高校正規…

Keyword Search

▼キーワード検索


© Rakuten Group, Inc.