6387913 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

壁紙自然派

2011/08/28
XML
カテゴリ:創作
 真昼岳山頂から望む大曲の花火です。

 昨夜、恒例の全国大曲花火競技大会が開かれました。

 100年の歴史を誇る伝統行事です。

 花火大会へ訪れる人は、例年60万人とも70万人とも言われています。

 この日は全国から民族が大移動して、この小都市にやってくるのです。

 「大曲の花火に行かずに死ねるかっ」というほど熱心な人達が、わんさと押しかけるのです。


 昨年は桟敷席で鑑賞しましたが、今年は趣向を変えて、標高1,060mの真昼岳山頂から鑑賞することにしました。

 真昼岳山頂は眺望に優れ、花火打ち上げ会場からは真西に位置しています。

 しょんぼり一人での鑑賞かと思いきや、昨夜、山頂に集結した人は15人ほどいました。

 焼き肉でビールというパーティーもいて、山頂は賑やかそのもの。

 近在ばかりでなく、遠く八戸や関東周辺からも来ていましたね。

 随分熱心な人もいるものです。

 私もそのうちの一人か。


 さて、肝心の花火ですが、現地で見るような迫力はありませんでした。

 音は響かず、ちょぼちょぼ打ち上がる、といった感じです。

 大曲の花火会場から直線距離で18キロもありますから、無理もありません。

 下の写真は、100-400mmの望遠ズームレンズを目一杯伸ばして撮影しています。

 それで、この程度です。


 しかし、花火の打ち上げが始まるまでの夕景が美しく、水平線に沈む太陽が望まれました。

 横手盆地、仙北平野を俯瞰しながらの夕景色と花火の同時鑑賞、贅沢なひとときではありました。


真昼岳山頂から望む大曲の花火

壁紙をDLする  カレンダー入りの壁紙をDLする

この写真入りで印刷用のカレンダーを作成する 2Lサイズ A4サイズ








真昼岳山頂から大曲の花火鑑賞

壁紙をDLする  カレンダー入りの壁紙をDLする

この写真入りで印刷用のカレンダーを作成する 2Lサイズ A4サイズ


撮影地地図










壁紙村←もっと壁紙を探すなら







Last updated  2011/08/28 07:41:42 AM
コメント(6) | コメントを書く


PR

Calendar

Comments

koba0333@ Re[1]:編み目ほおずき(10/13) *粋蓮一凜**さんへ 提灯に見立てた感覚…
*粋蓮一凜**@ Re:編み目ほおずき(10/13) 今晩は (*^_^*) てりてりの 朱赤 編み…
*粋蓮一凜**@ Re[2]:蜘蛛の巣の芸術性(10/08) koba0333さんへ おいしそう・・・の前に危…
koba0333@ Re[1]:蜘蛛の巣の芸術性(10/08) *粋蓮一凜**さんへ ご無沙汰しておりま…
*粋蓮一凜**@ Re:蜘蛛の巣の芸術性(10/08) こんにちは お久しぶりです 台風はそれた…

Archives

2020/05
2020/04
2020/03
2020/02
2020/01

Favorite Blog

まだ登録されていません

Keyword Search

▼キーワード検索

Category

Freepage List


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.