1716108 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

九州出身者がつくる九州情報館。

PR

プロフィール


mo_rich

フリーページ

カレンダー

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

お気に入りブログ

梅雨入り:4行日記… New! zeketype32さん

「県中総体」、延期… mingohさん

石の上にも3分 hawksyuさん
Hosson's Diary 【20… ☆Hosson☆さん
食べ歩き紀 ByeByeさん

コメント新着

 zeketype32@ すごいホームラン!! ペーニャの二発目は一発目にも増して凄ま…
 mo_rich@ Re[1]:第84回選抜高校野球大会出場校決定に思うこと(01/27) mingohさん、コメントありがとうございま…
 mingoh@ Re:第84回選抜高校野球大会出場校決定に思うこと(01/27) 選抜の選考 自分も「おかしい」と思いま…
 mo_rich@ Re:そんな弱気でどうします?(01/05) shiburoさん、早速のコメントありがとうご…
 mo_rich@ Re:コメントのこと(01/01) shiburoさん、少し遅くなりましたがあけま…

ニューストピックス

2009年03月24日
XML
第2回WBC(World Baseball Classic)もいよいよ決勝戦となり
日本vs韓国5度目の決戦が繰り広げられました。

日本は3回表に日本は1死1・3塁のチャンスを作ると
小笠原(巨人)のタイムリーで先制しました!

日本の先発は予定通り岩隈(楽天)でしたが、
3回まではパーフェクト、4回にヒット打たれますがそれでも後続を断ちました。
しかし5回裏に秋信守に同点ソロを打たれてしまい、
試合は振り出しに戻ってしまいました。

7回表、日本は先頭の片岡(西武)がヒットで出塁し、
イチローがセーフティバントでチャンスを作ると、
続く中島(西武)が勝ち越しタイムリーを放ちます。
さらに8回には岩村(レイズ)の犠牲フライでさらに点差を広げますが、
8回裏には韓国の代打・李大浩も犠牲フライを放ち、点差を縮めてきました。
原監督はここまで97球をなげた岩隈に代えて杉内(ソフトバンク)を
マウンドに送り、韓国の追撃をかわしました。

そして1点差のまま迎えた9回裏、一度は杉内がマウンドに上がりましたが、
右打者を代打に送った事からダルビッシュ(日本ハム)に交代しました。
ダルビッシュは2つの四球を出しながらも2アウトまでこぎつけ、
世界一まであと1人・・・というところで、
痛恨の同点タイムリーを喰らってしまいました。

試合は延長戦に突入しました。
10回表、韓国はマウンドに林昌勇(ヤクルト)を送りました。
日本は先頭の内川がヒットで出塁し、
稲葉(日本ハム)が送りバントでランナーを2塁に進めます。
続く岩村がヒットでつなげてチャンスを作ると原監督は、
昨日スタメンで大活躍した川崎(ソフトバンク)を代打に送ります。
しかし川崎はあえなく内野フライに倒れて2死1・3塁、
日本は続くイチロー(マリナーズ)のバットに望みを託します。
岩村が盗塁を決めて2死2・3塁となりますが、イチローはファウルで何度も粘ります、

そして、林の投げた8球目・・・
イチローがセンター前タイムリーを放ち、
日本は2点勝ち越しに成功しました!

2点のリードをもらったダルビッシュは10回裏、先頭打者を四球で出しましたが、
続く2人をセンターフライと三振でアウトにします。
今度こそ世界一まであと1人・・・最後の打者に対してダルビッシュは、
渾身のスライダーで空振り三振を奪いました!!

この時こそ日本が5-3で韓国を降し、
2大会連続の世界一に輝いた瞬間でした!!
スマイル旗
Team12345678910
日本00100011025
韓国00001001103

キャッチャーの城島(マリナーズ)はその瞬間マスクを脱ぎ捨て、
両手を広げてマウンドまで駆け寄り、ダルビッシュと抱き合って喜びを分かち合いました。
さらにマウンドには『Japan』のユニフォームに身を包んだ『侍』達が集まりました。
イチローは青木(ヤクルト)、内川の外野2人と抱き合い、マウンドへ駆け寄りました。

そして原監督がマウンドへ来ると、選手達は原監督を胴上げし、
原監督は3度宙に舞いました!!!

表彰式で日本代表の選手・監督・スタッフ達は金メダルを掛けられ、
原監督には優勝トロフィーが授与されました。
そして侍ジャパンのメンバーはどこかのしょぼいお子様ランチとは比べ物にならないほどの
大きな日の丸の旗旗とともにドジャー・スタジアムを一周し、
全員で記念撮影を行いました。
その後内川は背番号『25』のユニフォームをかぶせました。
右太もも裏の筋肉を痛めて途中帰国してしまったチームメイトの
村田(横浜)のユニフォームでした。
今は帰国してしまった29人目の侍にもこの想いは伝わっていることでしょう。

なお、今大会のMVPは前回に続き松坂(レッドソックス)が選ばれました。
松坂は3勝負け無しでしたので、選ばれて当然だとは思いますが、
「侍ジャパン全員にMVPをあげたい。」
と思うのは私だけではないと思います。

他にも色々書きたいことはありますが、明日付けで書こうと思います。
最後に一言・・・
侍ジャパンのみなさん、
2大会連続世界一、本当におめでとうございます!!





人気blogランキング04にほんブログ村 野球ブログへ






最終更新日  2009年03月24日 22時10分42秒
[野球全般(プロアマ問わず)] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.