3262849 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

あくびサンの、今日も本を読もう♪

2008/12/16
XML
カテゴリ:コミックス
物怪が視える姉・静流と、憑かれやすい妹・瑞生。
2人は親元を離れ、祓う事のできる祖父と暮らしていた。
広報委員になった瑞生は、祖父のカメラを借り撮影中、
迷惑な風にまとわりつかれる。
その時、瑞生は1本の棒を踏んづけ・・・。


今回のカバー裏表紙には、イタチっぽいのが2匹。
ダンナもそれがかわいかったと言うので、
期待しつつ読書スタート(笑)

最初の話は、「ツエザクラ」。
瑞生が踏んだ棒には布が巻き付けてあり、
彼女はそれを厄除けの杖として使い始めます。
けど、やっぱり学校に持っていくのは別の意味で危険だよね。
瑞生が手放そうと決めた時、祖父の言う言葉は重みを感じます。
そうだよ、親はいずれ死ぬんだよ・・・。

「ヒヨリモウシ」は、静流のクラスメイトの話。
雨を願う野球部の高梨と、晴れを主張する静流の友達・芙美。
芙美ちゃんって子は、マイペースで結構ハチャメチャなんだけど、
人の心を踏みにじって・・・って訳じゃないのがいいですね。
最初は「何、この子?」って思ったけど、今は割と好きかも。

「ロクサン」は、進路を迷う静流と旧家の跡取り娘の話。
今どき跡取りなんてって思うけど、親との同居って意味では、
私もできれば将来独りにはなりたくないと思う。
「家」守る必要はないけどね。
ただ、こんな守り神(屋敷神)はイヤだな(--;)

「ヤマウバ」は、修学旅行に来た瑞生の話。
憑かれやすくて普段遠出をしない瑞生、
カメラ片手にはしゃいでいると、おっかねぇ婆さんが現れて!
婆さん、良い人のようでそうでもないようで、
不思議な存在ですね。瑞生はまだまだ子供、
これからもっと色んな事を学んでいくのでしょう。

「カマイタチ」は、どんなに切ろうとしても切る事のできない
瑞生を相手に、カマイタチが鎌を振り回す話。
あぁ、確かにかわいいよ、カマイタチ///
兄貴分の性格悪そうな奴と呑気そうな奴の2匹出てきますが、
私ゃやっぱり兄貴分の方が好きだな。目つき悪くてw
これを懐かせるのは難しそうだけど、「ロクサン」に比べれば
遥かにコッチの方が身近に欲しいです。

・・・って、ペット扱いは失礼だな☆

もっけ 著者:熊倉隆敏
講談社 アフタヌーンKC 5巻は2006年1月発行


ブログランキングバナー






Last updated  2008/12/16 03:46:26 PM
コメント(0) | コメントを書く


PR

Profile


あくびネコ

Calendar

Category

Favorite Blog

^-^◆ 高齢の恩師が… New! 和活喜さん

☆ せせらぎ (28) … New! 神風スズキさん

蘆花恒春園(前編)… New! 悠々愛々さん

めっちゃ雪降ってる~ New! ∂ネコの手∂さん

別冊少年マガジン「… らいち♪♪さん

光景 sight1117~si… Hiroki Naraさん

Comments

 ただのデブ0208@ Re:今朝の特撮感想(03/29) New!  おはようございます。京都では大学でク…
 Hiroki Nara@ Re:今朝の特撮感想(03/29) New! おはようございます。 光景sight #22 …
 ∂ネコの手∂@ Re:今朝の特撮感想(03/29) New! 娘ちゃん 猫たちに逃げられてるの~?(笑…
 Grs MaMariKo@ Re:今朝の特撮感想(03/29) New! こんにちは。 昨日は訪問できずに(。-人-。)…
 神風スズキ@ Re:今朝の特撮感想(03/29) New! G'afternoon. How's it hangin…

Freepage List


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.