4955530 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

話飲徒然草(旧 S's Wine)

2009年から2014年までヨミウリオンライン上でワインコラムを書いていました。「話飲徒然草」はその時に編集部(山本昭彦氏)がつけてくれたタイトルです。リアルワインガイド誌で2002年創刊号より2019年までコラム・レビューを執筆。ワインエキスパート1999年、シニアワインエキスパート2007年取得。全国通訳案内士2021年取得。最近はめっきりアルコールに弱くなってしまって、食べ歩きやハイキング、語学、金魚など他のネタが多くなっていますが、ワインの感想やセール情報など定期的にアップしていきたいと思っています。
「S'sWine」 過去のアーカイブはこちら↓
http://www.asahi-net.or.jp/~mh4k-sri/
http://sswine.blog17.fc2.com/
2021年04月09日
XML
テーマ:通訳ガイド試験
カテゴリ:語学関連
2019年度の2次試験直前セミナーは、9月中旬から11月中旬まで、9週間の短期集中コースでした。
ESDICさんのサイトを見ても、今の時期はまだ募集していませんね。募集を開始したのは8月の後半だったと聞いています。
私の場合、前述のとおり講座の空きが平日コースしかなくて、木曜日と金曜日の夜、職場の新橋から会場のある高円寺まで通わざるをえませんでした。講座は19時開始でしたので、新橋を18時過ぎに出てもかなりギリギリ。しかも東京駅からの中央線下りは結構混雑していて、なかなかハードな生活でした。
2
高円寺の駅前。近隣の方にとってはなんということのない景色かもしれませんが、個人的にとても懐かしいです・・

受講生は9人。ほぼ全員、40~50代ぐらいの印象でした。
前の週にプレゼンおよび和文英訳のテーマと模範解答が配布されて、それを予習します。模範解答をそのまま暗記するのではなく、それをベースに自分なりの言葉や説明にアレンジしていきます。これが結構手間でしたが、勉強になりました。
この講座に通って非常によかったのは、私に決定的に足りていないネイティブとのコミュニケーションができたことだけでなく、周りの受験生のレベルを肌で知れたことでした。9人の受講生の中では、私のスピーキングの能力は、下から2番目かよく言って3番目ぐらいでしたが、といって、まったく合格に手が届かないレベルでないということを知ってかなり励みになりました(まあプレゼンや会話に自信のある人はそもそもこのような講座を受講しないのでしょう)。

受講していた2ヶ月間は翌週の予習で手一杯で、復習まであまり手が回りませんでしたが、全9回の講座が終了してから2次試験本番までは約1か月の期間があるので、そこでじっくり復習することができます。また、この期間には、別途直前2次面接模擬セミナーが開催される(別料金)ので、そちらも結局数回受講しました。

そんな感じで、わりと手ごたえもつかみかけたのですが、気になったのは、9回目の最終回のセミナー終了後の講師の雑談でのひとことでした。

「何年か前には、クラス全員が合格したこともあったんですよ。」
「最近は、合格基準が高くなってしまったので、なかなかそうはいきませんけどね。」

私が以前通っていたワインスクールでは、受験対策の講座に通って、真面目にカリキュラムをこなしていれば、9割以上、認定試験に合格することができました。この二次講座もそのぐらいのイメージでとらえていたのですが、全員合格できないとなると、クラスで下から2番目ぐらいの私は必然的にボーダーということになります。

あらためて、英語2次試験合格率を調べてみると、
87.3% (2012年度)
73.7% (2013年度) 「通訳・プレゼンテーション(Q&A含む)」導入
76.5% (2014年度)
69.1% (2015年度)
67.6% (2016年度)
61.5% (2017年度)
43.1% (2018年度) 「実務関連質疑」導入+合格基準が6割→7割にアップ
47.4% (2019年度)
48.9% (2020年度)

ということで、2018年の法改正以降、合格率がかなり下がったようです。といっても、半分近くは合格するのですが、それも母集団が1次試験合格者という話になります。会話力に劣る私はやはり厳しいのではなかろうか。
どうも、試験の直前になって、気持ちで負けてしまっていた感があったことは否定できません。

DSC_0035_3
模擬面接は土日の昼間に行われた回をとれたので、早めに高円寺に行って、ルノワールで予習復習をしたりしていました。

1
この写真は、直前の模擬面接の帰りに駅のホームから撮ったもの。(合格して)この風景を翌年長めずに済めばいいなと思ったものですが、別の理由で翌年拝むことはできませんでした。






Last updated  2021年04月09日 21時50分13秒
コメント(0) | コメントを書く


PR

X

Comments

shuz1127@ Re[1]:北沢川緑道の桜2021(03/30) Sugar7さんへ 同じような写真ばかりにな…
Sugar7@ Re:北沢川緑道の桜2021(03/30) いや〜ホント見事な桜並木ですね!
shuz1127@ Re[1]:羽根木公園の梅2021/02/23(03/02) Sugar7さんへ そういえば、この日の羽根…
Sugar7@ Re:羽根木公園の梅2021/02/23(03/02) 梅!美しいですね。2年前4月に長野新幹線…
shuz1127@ Re[1]:「びっくりするほど貧乏になった日本人」(02/23) Henryさんへ コメントありがとうございま…
Henry@ Re:「びっくりするほど貧乏になった日本人」(02/23) 情報共有ありがとうございます。Sugar7さ…
katz@ Re:【超長文注意】ワインの保存2(RWGコラム拾遺集)(02/15) なつかしいですねぇ・・ もうそんなに前に…

Category

カテゴリ未分類

(1)

お知らせ

(6)

ワイン新着情報

(278)

ワインコラム

(325)

ワインコラム2(話飲徒然草拾遺集)

(72)

ワインコラム3(RWGコラム拾遺集)

(4)

エッセイ

(60)

ひとりごと・備忘録

(486)

語学関連

(19)

都内近郊散策

(133)

山歩き・ハイキング

(119)

金魚・ガーデニング

(320)

健康

(162)

育児・教育

(88)

PCネット時計カメラ

(80)

音楽・オーディオ

(60)

リフォーム引越し

(48)

B級グルメ・カフェ

(175)

こんな店に行った

(221)

こんなワイン買った

(127)

ボルドー

(77)

ブルゴーニュ・ジュブレシャンベルタン

(83)

ブルゴーニュ・モレサンドニ

(40)

ブルゴーニュ・シャンボールミュジニー

(44)

ブルゴーニュ・ヴォーヌロマネ・ヴジョ

(55)

ブルゴーニュ・NSG

(56)

ブルゴーニュ・その他コートドニュイ

(62)

ブルゴーニュ・コルトン・ポマール・ヴォルネイ

(28)

ブルゴーニュ・ボーヌ周辺

(53)

ブル・ピュリニー・シャサーニュ・ムルソー

(20)

ブルゴーニュ・その他コートドボーヌ

(25)

ブルゴーニュ・裾モノイッキ飲み!

(212)

ブルゴーニュ・その他地域

(30)

ボジョレー再発見プロジェクト

(31)

シャンパーニュ

(186)

ロワール・アルザス・ローヌ

(47)

その他フランス

(12)

イタリア

(61)

スペイン・ポルトガル

(25)

ニュージーランド・オーストラリア

(42)

USA

(34)

安泡道場(シャンパーニュ以外)

(24)

その他地域・甘口など

(24)

日本ワイン

(54)

ワイン会・有料試飲

(173)

Favorite Blog

EF65-1135 配7993レ… New! musigny0209さん

Micro Bio Wines (Ni… New! ミユウミリウさん

エマニュエル・ルジ… New! hirozeauxさん

ミッシェル・ニーロ… New! mache2007さん

三田にある「香家 三… New! ささだあきらさん

ニコラ・テスタール yonemuさん

【森保ジャパン】A… Echezeaux14さん

バランタインのオー… うまいーちさん

ワインセラー(サイ… busuka-sanさん

ワイン&ジョギング … Char@diaryさん

Keyword Search

▼キーワード検索

Archives

Calendar


© Rakuten Group, Inc.