21663449 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


20年01月期


20年04月期


20年07月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


NHKドラマ2020年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


SPドラマなど2020


映画感想


お気に入りブログ

MIU404 第8話 New! はまゆう315さん

渡哲也さん 涙っす New! クルマでEco!さん

綾の光時通信♪ 白峰… New! 鹿児島UFOさん

渡哲也さん、肺炎で… New! ショコラ425さん

40+1>『エール』(… ひじゅにさん

今日の収穫 (コミ… BROOKさん

ノーデータ野球 虎党団塊ジュニアさん

明日は8/8で思い出し… 俵のねずみさん

制作中です シュージローさん

無題 やめたい人さん
2008年01月05日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
内容
コンクールで優勝した千秋。
そんな千秋は、オリバー、エリーゼに連れ去られる。
シュトレーゼマンの『砂漠のプロメテウス作戦』が決行されたためだった。
そして、、、、強引に、シュトレーゼマンの事務所と契約させられ、
演奏旅行へ同行するように命じられるのだった。
初めは拒んでいた千秋だったが、シュトレーゼマンの魅力は絶大。
3ヶ月に及ぶ世界ツアーに同行する。

一方、コンセルバトワールの授業が始まったが、
フランクを含む、学生たちの知識の高さに付いていけずにいた。
そのうえ、ミルヒーから来た手紙には、
千秋が女と遊ぶ写真ばかり。。。。
大ショックののだめ。
そんなとき、ゆうこから電話が入る。
『千秋がデビューし大成功だった』という事だった。
東京で急病となったシュトレーゼマンの代役で、指揮をした千秋様。
調べてみると、天才女性ピアニスト・孫Ruiとの共演。

のだめは、フランクの持っているRuiのビデオを見て、
対抗意識を燃やし、猛練習を始める!!
そして、シャルル・オクレール先生の前で弾いてみたモノの、
『ダメ』だと言われ、絶望のどん底へ突き落とされる。
授業もダメ、ピアノもダメ。
先生にリサイタルで弾いて見ろと言われても、
もう、何をやって良いか分からない状態ののだめ。
そんなある日。
のだめ作曲の『もじゃもじゃ組曲』が、オクレール先生の目にとまり。。。。






お話自体は、
『第一夜』よりも、のだめの話を中心に描かれている感じ。



ドラマとして、序盤のテンポが気になるところですが、
喜び勇んで、授業に参加
そして、公私ともに絶望へとおとされる『のだめ』。
先生のひと言から、『千秋のレッスン』を思い出し、
目覚めはじめる『のだめ』へと、進んでいく。

最終的に初リサイタル成功!!
千秋にもほめられ。。。。ついに、、、、って感じ。

そこそこ、良い感じでお話の上げ下げがあり、
面白かったと思います。

まぁ、最後が、千秋様だったので
結局のところ『のだめ』が、ネタフリのようですがね(^_^;





さて。気になった事。
序盤から、中盤にかけて、
千秋の話を盛り込むのは良いのだが、
それ以外の必要の無いような小ネタを入れているモノだから、
若干テンポが悪い。

特に残念なのは、
東京での千秋の出来事を詳細に描いているわりに、
のだめの、パリでの出来事が、物足りない感じがすること。

千秋は、『作戦』後は、演奏旅行だけ。
このアタリのテンポが明らかに。。。。。。。

いや、、、、千秋を表現しすぎている感じがします。

もちろん、
千秋、のだめ 2つの話が並行しているのは理解できる。
だからこそ、もう一方の主役である
『のだめの苦しみ』は、もう少し描いた方が良かった。

きっと、こういうことなんだ。
音楽を理解し、分析する事は、
映像表現として、ドラマとして分かり難くなる。

そのため、
のだめが『秘密特訓』と言っていた『そう言った部分』が
抜け落ちているため、
ドラマの連続性の欠如が見受けられる。
いや、
だからこその『千秋の解説』により、
簡単に済ませているともいえますがね(^_^)b


でもそういう音楽表現の難しさはさておき、
ドラマとして千秋の事も考えれば
のだめの事をもう少し描いて欲しかった感じですね。

結局、のだめパートは、あいまいさが残った感じがする。
理解できる事は、出来ますがね。


このドラマ、今回のSPでハッキリした事は、
『もじゃもじゃ』からの、のだめの復帰が、
最も分かり易い部分だろう。
このアタリから、ドラマは楽しくなっていくのだ。

のだめが暗いときは、暗いドラマの前半
のだめが明るいときは、明るいドラマの後半


ってことですね。
今回、その部分が足を引っ張っていたのは言うまでもない

ドラマとして、良い感じだったけどね。
面白くなかったワケじゃないけど

それは、オモシロさ、楽しさとは別物だと思います。

第一夜が、良すぎたのかな。。。。

まぁ、こんなところなのかな。。。


千秋『ヨーロッパデビューと同時に、変態の森へ

ってことで(^_^)b



コレまでの感想など

のだめカンタービレinヨーロッパ第一夜(2008.01.04放送)
感想 

のだめカンタービレ
第11話(最終回)
第10話 第9話 第8話 第7話 第6話
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話






最終更新日  2008年01月06日 00時21分18秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事


カレンダー

バックナンバー

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.