000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天プロフィール

設定されていません

日記/記事の投稿

カテゴリ

お気に入りブログ

春ドラマ視聴率一覧(… New! ショコラ425さん

細木カズノコ天井 … New! 鹿児島UFOさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

普通の女の子>『ひ… New! ひじゅにさん

Wドラマ コールド… New! はまゆう315さん

天才中学生もお好き? YOSHIYU機さん

ワールドレモネード … クルマでEco!さん

週刊少年ジャンプ 2… みやさとver.さん

今日の収穫 (6月… BROOKさん

本を買いました!と… 俵のねずみさん

ニューストピックス

2009年08月01日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『恋する韓流スター』

内容
アンヌ(平手舞)から声をかけられ、京介(長瀬智也)は呼び出される。
いつも通りに本部にやってくると。発生した事件を知らされる。
ミスター匠(柄本明)のスパイが外務省に忍び込み、
日韓合作ドラマ“夏のクレッシェンド”の台本が、盗まれだのだという。

警視庁の警備局の情報で政府関係者が撮影現場に表敬訪問するという。
その人物というのが、吉澤総理(渡哲也)の夫人・はる(高林由紀子)だった。
霧山部長(寺島進)は、京介とともに吉澤の説得を試みるが、ダメだという。

仕方がなく、出演者オーディションに出席する
京介、来栖(世界のナベアツ)オサム(藤原一裕(ライセンス)たち。
天才詐欺師の本領発揮で、京介が出演を勝ち取る!
ヒロイン韓流スター、シン・ユナ(Ara)付き人のチェ・スヒョン(ヘリョン)
ボディガードのハン(アンドレ)を紹介される京介。

一方、すでに、匠のスパイ“キング・ジョー”が入国済みという情報が入る。
相手は、韓国人の凄腕のスナイパーだった。

そんななか、エリス(友近)から、“ルージュバズーカ”を買わされ
撮影現場に潜入する京介達。
ドロシー(深田恭子)から、ユナとスヒョンもスナイパーの可能性があると知り、
探りを入れるために、二人と食事に誘い出す京介。

その後、二人の監視を続けるが、動きがないまま。。。
スパイが見つからないまま、、表敬訪問の日が訪れる。
ユナの取材に来ていた三九(杏)に見つかっていたため、
なぜだか、三九の父・源一(高田純次)母・泉(伊藤かずえ)まで見学に!
そしてついに、首相夫人・はるが、やって来てしまうのだった。
すると、、ユナが姿をくらます。
再調査の結果、怪しい過去があると判明。
探し始めるのだが、見つからず。。。。。。。。
見つかったと思ったときには、すでに、ユナと夫人が握手をしようとしていた!!

次の瞬間、銃声が鳴り響く!


敬称略



内容になんの関係もないのですが、
ドロシーの出演シーンが少ないのが、妙に気になった今回。


それはさておき。
今回は、撮影現場に潜入しているスパイを捜せ!
ターゲットは首相夫人!!

そんなお話だ。


恋することも出来ない女優。
恋することも出来ないスパイ

そんなところで、物語を重ね、
自分の過去。。そして、工作員の過去を絡める。


事件がどうとか言うよりも、京介の苦しみの一部が表現された物語。

と言う感じですね。

だから、わずかですが京介の過去を表現した。

ドロシー『あなたの武器私も欲しいわ
  人の心を打ち砕く最強の武器
京介『持たない方が良い。人でいたいなら


とか、、、

『情を武器に使う工作員は情にもろい』

など、これから関わってきそうなことを表現しているのは良いし、
明らかに、工作員がバレバレであったりするのも別に良いのだ。
それに人情で攻め落とすという行動は、意味があるから良いと思うのだが


そんなことよりも気になってしまったのは、

結局。韓流というところにこだわっているため、
イマイチ、説得力が見えにくくなっているように感じるんですよね。


ドラマというのは、基本的にフィクションであり、それがドラマなのだ。
が、フィクションを楽しむには、ある程度のリアリティが必要。
それは、ホンモノのように描くということではない。
胡散臭く描いてはいけないと言う事なのだ。
たとえ、ベタな展開であっても、先が見えていても、
極端なコメディと言う事ではない限り、中途半端な胡散臭さは足を引っ張ります
前回の妙な関西弁にしてもそうだし、今回の妙な日本語にしてもそう。
例え設定だとしても、最も説得力が必要な部分で、
そういうことをされてしまうと、説得が説得に見えないんですよね。
胡散臭いなら、そういう感じでコメディとしてまとめてしまっていれば
何の問題もないのですけどね。
無駄にリアリティを出そうとしているために、妙な感じを受けてしまっています。

なんかねぇ。。。
一番締めるところで、締まらないもんなぁ。。。このドラマ。

もしも、これ、韓流じゃなく、イケメンや、美少女と言うだけなら、
もちろんその場合、日本人!
きっと、説得力が生まれたでしょうに。。。。

あくまでも、雰囲気なんですけどね。。。雰囲気。

でもね、コメディならコメディらしくすれば良いだけであり、
中途半端に目を惹くドラマ作りは、
視聴者をバカにしているような印象を受けてしまいます。



これまでの感想
第2話 第1話






最終更新日  2009年08月01日 22時40分29秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


映画感想


コメント新着

どら平@ Re:BS時代劇『神谷玄次郎捕物控2』第七回(05/15) 福田麻由子は演技うまい 運動嫌いを克服し…
むつき@ Re:まっしろ EPISODE10(LAST、最終回)(03/17) 「白い大奥」のキャッチコピーはいったい…
ところどころ@ Re:セカンド・ラブ 第6話(03/13) もういいや ・・・という感じです
おすぎ@ Re:連続ドラマW『硝子の葦~garasu no ashi~』第三話(03/07) はじめまして。私も硝子の葦にがっつりハ…
三連星@ 懸命とは セリフでは「けんめい」とありましたが、…

ランキング市場

楽天カード

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.