734086 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

白砂青松のブログ

白砂青松のブログ

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

カテゴリ

お気に入りブログ

まだ登録されていません

コメント新着

ika@ Re:現代の価値観で断罪云々という詭弁(08/17) 植民地を持とうとする国も植民地になりた…
こわい~@ Re:日本の子供を劣化させようとする産経と東京都(04/10) マッカーサーの証言とされるもの 「largel…
名無し@ Re:「シーレーン防衛」幻想に囚われた人々(02/09) 白砂って誰か知らないけど、コメントが反…
http://buycialisky.com/@ Re:真・豪州安全保障事情2-減員? 増員?(02/20) cialis womangeneric cialis review ukcia…
http://cialisvipsale.com/@ Re:真・豪州安全保障事情2-減員? 増員?(02/20) generic cialis 90 pillscialis mit rezep…

ニューストピックス

2010年01月28日
XML
テーマ:戦争反対(1187)
カテゴリ:安全保障

昨年12月11日付のエントリに対して、みっともない粘着を繰り返している人がいますが、最近のやり取りで、この人、普天間のヘリ部隊が基地から直接、台湾有事に作戦行動をすると思い込んでみたいで、こちらはビックリ。

http://plaza.rakuten.co.jp/whitesand72/diary/200912110000/

常識で考えたってそんなことできるわけないじゃありませんか。

普天間に配備されているヘリで最も足の長いのはCH-53。宜野湾市のサイトでは航続距離417kmと書かれていますけど、もしこれがCH-53Eなら、航続距離は空輸時で2000km、戦闘行動時で1000km程度でしょう。となると、現状で普天間に発着しながら作戦行動ができるのは半径500kmの範囲までってことになる。

台湾はどう少なく見積もったって普天間から600kmは離れてますよ。

まして、ヘリ部隊で運べるのは所詮は軽装備の歩兵集団だけ。そんな部隊を中国が台湾に攻め込もうとしているって時に送り込んで何の役に立つって言うんでしょう。
在日米軍で台湾有事に対処するというなら、投入すべきは中国の爆撃機や輸送機を撃墜出来る戦闘機や、輸送船を沈められる爆撃機や艦艇であって、海兵隊のヘリ部隊なんかじゃないの明らかです。

海兵隊というのは、そもそもは「殴り込み部隊」なのであって、攻め込まれた時の防衛なんてのは本務じゃない。よって、たとえ分散配置されていようが、必要な時間をかけて部隊を編成して機能させればよいのであり、現にこれまでそういう運用がなされている。普天間のヘリ部隊も、強襲揚陸艦などと組み合わせてイラクにまで派遣されている。
仮に、普天間のヘリ部隊が普天間基地から直接戦闘行動をとることが目的の部隊なら、あの部隊はこの50年間、ただ訓練していただけってことになる。そんな税金の無駄遣いをアメリカがやるわけがありません。

にもかかわらず、こんな出鱈目がまかり通るのは、何としても海兵隊ヘリ部隊を沖縄に押し付けたいという結論が先にあって、それに合わせるためのこじつけの理由を一生懸命探しているから。

ま、誰が言い出したのか知りませんけど、こんな妄想にひっかかる人が結構居るらしいというのが、何とも不思議です。







お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2010年01月29日 02時44分33秒
コメント(16) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


普天間-台北-下地島   捨てハン. さん
普天間-台北-下地島でおおよそ1000km。
単純にCH-53Eでの海兵隊の降下作戦なら給油無しで作戦可能。

というか、県外移設ではCH-53Eでの作戦すら不可能なことに気付かないのかね?


私の言っていることが正しいことを証明してくれてご苦労さん。 (2010年01月31日 22時15分23秒)

ツッコミ多数 訪問者向け(1)   魔王と天主 さん
>台湾はどう少なく見積もったって普天間から600kmは離れてますよ。

CH-53Eなら行きは直行、帰りは下地島で補給を受けるか、空中給油を受けて楽々帰還できる距離です
ね。
道中のエアカバーは嘉手納のF15とAWACSにお任せ。

>ヘリ部隊で運べるのは所詮は軽装備の歩兵集団だけ。そんな部隊を中国が台湾に攻め込もうとしているって時に送り込んで何の役に立つって言うんでしょう。

こういう風に役に立ちます。

沖縄海兵隊の戦闘部隊、米「移転困難」 (2005年6月30日 読売新聞)
米側の説明は今春、日米の外務・防衛当局の審議官級協議などで伝えられた。それによると、中台有事のシナリオとして、中国軍が特殊部隊だけを派遣して台湾の政権中枢を制圧し、親中政権を樹立して台湾を支配下に収めることを想定。親中政権が台湾全土を完全に掌握するまでの数日間に、在沖縄海兵隊を台湾に急派し、中国による支配の既成事実化を防ぐ必要があるとしている。

>在日米軍で台湾有事に対処するというなら、投入すべきは中国の爆撃機や輸送機を撃墜出来る戦闘機や、輸送船を沈められる爆撃機や艦艇であって、海兵隊のヘリ部隊なんかじゃないの明らかです。

台湾の与野党トップはこんな事言ってます。

【土・日曜日に書く】論説委員・鳥海美朗 日本へ、台湾からの言づて
http://sankei.jp.msn.com/world/china/091219/chn0912190248000-n1.htm

台湾:民進党主席、普天間問題で日米関係悪化を懸念
http://mainichi.jp/select/world/news/20091216k0000m030051000c.html?inb=yt
(2010年02月01日 14時59分34秒)

下地島?   白砂青松0715 さん
捨てハン.さん

>普天間-台北-下地島でおおよそ1000km。
>単純にCH-53Eでの海兵隊の降下作戦なら給油無しで作戦可能。

あなた正気ですか?
何で台湾有事に下地島を米軍が使えるんですか。
あそこは民間空港であって米軍基地じゃありませんよ。

どこに「基地」があるかも知らない人が「作戦」なんて言っていることにはホント笑わせていただきました。

>というか、県外移設ではCH-53Eでの作戦すら不可能なことに気付かないのかね?

県外移設どころか、先島諸島以外の県内移設や現行の普天間でさえ不可能じゃありませんか。
即ち、「辺野古がベスト」と言っているアメリカでは、誰もそんな基地から直接作戦行動をとることなんて考えていないってことに気付かないんですかね?

結局、そんな「作戦」は自分に酔いたい一部日本人の脳内にしか存在しないんですよ。

>私の言っていることが正しいことを証明してくれてご苦労さん。

あなたが下地島が民間空港であるという単純な事実さえ理解できない、いかに自分の脳内妄想に凝り固まっているかってことが、見事に証明されましたね。

(2010年02月02日 02時10分05秒)

ヤレヤレ、こちらもですか   白砂青松0715 さん
魔王と天主さん

>CH-53Eなら行きは直行、帰りは下地島で補給を受けるか、空中給油を受けて楽々帰還できる距離ですね。

オヤオヤ、こんな非現実的な妄想を鵜呑みにされている方が他にもいたとは。
日本が法治国家である限り、台湾有事にアメリカ海兵隊は下地島で補給を受けることはできません。

そして、空中給油ですって?
そんなことするなら、沖縄である必要すら全くないことにも気付けないんですね。


>こういう風に役に立ちます。

台湾有事に沖縄の海兵隊ヘリ部隊が役に立つんだという結論を導きたい人が描いた、自分や読者を楽しませることだけが目的の「仮想戦記」のシナリオですね。

『中国軍が特殊部隊だけを派遣して台湾の政権中枢を制圧』することに、陸軍20万人、憲兵1万5千人の中華民国軍が何も対処できないのに、軽武装の海兵隊数百名を投入したくらいでそれがひっくり返せるなんて、あまりにも台湾の人々を馬鹿にし過ぎですよ。

それこそアメリカの海兵隊ヘリ部隊は特殊部隊でも何でもない。そんな「軽武装のただの兵士数百名」なんて送り込まれたって足手まといになるだけ。
それよりも、中華民国軍の中に、そういう特殊部隊への対応に特化した要員数百名を養成する方がよほど効果があるってことです。

>台湾の与野党トップはこんな事言ってます。

ハイ、どこに海兵隊ヘリ部隊が台湾有事に沖縄から軽武装で突っ込んで欲しいなんて書いてますか?

そんなこと、現実世界では誰も期待しちゃいない。ただ日本の一部の人がそういうシナリオを作って楽しんでいるだけですよ。

ちなみに、民進党の方はリンク切れてますよ。貼付ける前に確認しましょ。

(2010年02月02日 02時12分26秒)

ツッコミ多数 訪問者向け(2)   魔王と天主 さん
>>こういう風に役に立ちます。
>台湾有事に沖縄の海兵隊ヘリ部隊が役に立つんだという結論を導きたい人が描いた、自分や読者を楽しませることだけが目的の「仮想戦記」のシナリオですね。

「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」
~オットー・フォン・ビスマルク~

冬戦争~フィンランド民主共和国
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%AC%E6%88%A6%E4%BA%

アフガニスタン紛争~Operation Storm-333
89http://en.wikipedia.org/wiki/Operation_Storm-333

クウェート侵攻~クウェート共和国
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%83%88%E4%BE%B5%E6%94%BB

米国想定のシナリオに話しは戻って、

>そして、空中給油ですって?
そんなことするなら、沖縄である必要すら全くないことにも気付けないんですね。

台湾、具体的には台北への「急派」が目的なので、沖縄から台北までCH-53Eで直行するのと、グァム他から台北までCH-53Eで直行のどちらが早く到着するか、考えるまでもありません。
沖縄である必要性は存在します。
空中給油は作戦に柔軟性を与える一要素に過ぎません。
(復路の燃料を削り浮いたペイロードで装備を運ぶ、現地での滞空時間を延ばす等)

>軽武装の海兵隊数百名を投入したくらいでそれがひっくり返せるなんて、あまりにも台湾の人々を馬鹿にし過ぎですよ。

ひっくり返せるかもしれないし、無理かもしれない。
沖縄に海兵隊が居る限り、中国はその可能性を考慮せねばならない。

アメリカの指は常に台湾にかかっている。
それ即ち、「抑止力」と言います。

※リンク切れに関してはこちらのミスでした。どうかキャッシュを探して頂きたい。 (2010年02月02日 03時53分28秒)

で、下地島の話はどこに行ったんです?   白砂青松0715 さん
魔王と天主さん

>「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」

はあ?
ひょっとして、アフガニスタン侵攻の一場面を切り取って、そんなことが可能だと思っているんですか?

だとしたら、それは「歴史に」ではなく、あなたがそういう情報を見たという「経験に」学んでいるんですね。

だってその「歴史」を台湾に当てはめたら、台湾で二派がクーデターを繰り返し、政権を握った統一派の総統が反対派を抑えるために(ここが重要)人民解放軍の派遣を中国に要請し、それに応えて人民解放軍がやって来たと思ったら、実はその総統は既に中国に見限られていて、味方と思った中国の特殊部隊に殺害されてしまい、別の統一派の傀儡総統が擁立されたって状況ですよ。

さて、そんなところに軽装備の海兵隊数百人が突っ込んで何ができますか。前政権のトップも統一派なんですから、建前上、その時点で中華民国軍も海兵隊にとっては「敵」のようなものでしょ。

まさに自殺行為です。

>米国想定のシナリオ

あなた方のシナリオでしょ。

>グァム他から台北までCH-53Eで直行のどちらが早く到着するか、考えるまでもありません。

それが重要なら、なんで辺野古なんて中途半端なところがベストなのか説明がつきません。先島諸島の方がずっと早く到着できます。

>空中給油は作戦に柔軟性を与える一要素に過ぎません。

そう。沖縄である必要もないという「柔軟性」を与えるのです。

>沖縄に海兵隊が居る限り、中国はその可能性を考慮せねばならない。

あなた方が心地よくなるためのシナリオに過ぎませんね。
中国が可能性を考慮するとしたら、それははるかにインパクトが大きい嘉手納の空軍、第七艦隊、そして海兵隊なら岩国の航空機と佐世保のエセックスがやってくること。

>それ即ち、「抑止力」と言います。

海兵隊ヘリ部隊が沖縄本島に居ても、単独ではほとんどそれに寄与しません。
(2010年02月02日 22時45分09秒)

有事法等で接収可能   捨てハン. さん
白砂青松0715さん
>何で台湾有事に下地島を米軍が使えるんですか。

台湾有事は周辺有事。有事法で日本政府が接収可能。米国に引き渡せば問題無し。

>県外移設どころか、先島諸島以外の県内移設や現行の普天間でさえ不可能じゃありませんか。

上述通り、下地島接収で沖縄本島からヘリが届く。
県外では無理。

私の言っていることが正しいことを証明してくれてご苦労さん。


ちなみに、指揮系統の麻痺は組織的抵抗を困難にする。海兵隊投入は初期の麻痺回復のための手段。
(2010年02月05日 02時26分26秒)

どうせ有事法を読んだこともないんでしょ   白砂青松0715 さん
捨てハン.さん

>台湾有事は周辺有事。有事法で日本政府が接収可能。米国に引き渡せば問題無し。

ホント、おバカさんですね。
既に新しいエントリでも書いてますけど、「周辺有事(周辺事態法)」では接収なんてできないんですよ。できるのは、武力攻撃事態法の方。

その違いもわからない、というかどこで仕入れたか知りませんけど、自分に心地良い場所で誰かが書いた与太話をそのまま鵜呑みにして、現実の周辺事態法も武力攻撃事態法も、あなたは全く読んでいないんでしょ。


>私の言っていることが正しいことを証明してくれてご苦労さん。

だから、こんなお間抜けなことが平気で書けるんでしょうね(呆)。
またまた、あなたが脳内妄想に浸っているだけなのを自ら証明して下さってご苦労様。

>ちなみに、指揮系統の麻痺は組織的抵抗を困難にする。海兵隊投入は初期の麻痺回復のための手段。

海兵隊をスーパーマンかなにかと、そして中華民国軍を完全な役立たずかなにかと思い込んでいるようですね。

20万人の中華民国軍が対処できないなら、たかだか数百人の軽武装の海兵隊を送り込んだって、何もできませんよ。

(2010年02月05日 04時22分50秒)

ところで   ??? さん
アメリカ政府の見解はご存知ですか? (2010年02月05日 14時36分37秒)

一行質問ではなく、おっしゃりたいことをお書き下さい   白砂青松0715 さん
???さん

>アメリカ政府の見解はご存知ですか?

私は、アメリカ政府が具体的に本件に関して何か「見解」を示した事実はないと認識しております。

あなたはいかがですか?


(2010年02月06日 01時15分36秒)

頭使ったこと無いのかね?   捨てハン. さん
白砂青松0715さん
>既に新しいエントリでも書いてますけど

そちらでアンタの妄想が叩かれてるね。
それと、台湾が中国の手に落ちるとシーレーンが押さえられる。日本に台湾を見捨てる選択は存在しない。
また、米国が台湾救援のための軍事行動起こした時点で日本は米国、台湾側につく。中立成立のためには『沖縄の基地使用を認めず、場合によっては実力で米軍を排除する』必要がある。

それとね、アンタが莫迦なのは「嘉手納を攻める」としていること。下地を潰せばヘリ部隊の行動に制限を与えられるのだから、日本の領土を叩くのであれば防御力の低い下地を叩く。
また、アンタの言うとおり中国が嘉手納を叩いたとして、そこを使用不能に追い込まれた場合、県内に飛行場が無いと米軍はその時点で詰む。那覇を使うにしても許可のために時間を浪費することに変わりは無い。

つまり
・下地を使われた場合、中国は台湾占領に失敗するリスクが上がる。
・そのリスク排除のためには下地を叩かなければならない。
・その時点で「日本は巻き込まれている」
・米軍からすれば、嘉手納を叩いても普天間が残っていれば時間のロスは最小限で抑えられる。

>20万人の中華民国軍が対処できないなら、たかだか数百人の軽武装の海兵隊を送り込んだって、何もできませんよ。

80名にも満たないドイツ兵によって600名以上の立て篭もる要塞が無力化された例を知らんのかね?
そもそも、私は「本隊到着までのつなぎ」という旨も書いたが。何故それを無視するのかね?
(2010年02月07日 00時08分56秒)

何のために「日本の領土を叩く」んです? 頭使いなさい   白砂青松0715 さん
捨てハン.さん

>それと、台湾が中国の手に落ちるとシーレーンが押さえられる。日本に台湾を見捨てる選択は存在しない。

シーレーン云々なんて、あなた方が心地よくなるためのシナリオに過ぎません。

>また、米国が台湾救援のための軍事行動起こした時点で日本は米国、台湾側につく。

おそらく、中国の見方はそうでしょうね。
でも、現に日本が狙われるまでは、下地島で米軍に補給するのは違法です。

>下地を潰せばヘリ部隊の行動に制限を与えられるのだから、日本の領土を叩くのであれば防御力の低い下地を叩く。

だからあなたはおバカだって言うんですよ。完全に目的と手段が逆転しているじゃありませんか。「日本の領土を叩くのであれば」って、何のために中国はそんなことをするって言うんです。あなた方の願望に過ぎませんね。
どうせ、日本に自衛権行使の大義名分を与えるなら、戦略的価値の高いところを狙うに決まっているでしょ。下地島なんて潰したって第五空軍にも第七艦隊にも、海空自衛隊にも、何のダメージも与えられない。
山本五十六が何でいきなり真珠湾を狙ったと思っているんです?

>つまり

どうせ日本を攻撃するなら、日米の反撃力を一番削げる場所を最初に狙うのが当然でしょ。最初に下地島を攻撃するなんて、わざわざ負けるためにやるようなものです。
つまり、あなた方にとってはそれが一番心地よいってことだけでしょ。

>80名にも満たないドイツ兵によって600名以上の立て篭もる要塞が無力化された例を知らんのかね?

全然参考にならないでしょ。

「要塞」なんかと違って、もし中国の特殊部隊云々なん想定しているなら、どこに派遣すれば良いかもわからない。政権が転覆しているなら中華民国軍30万人が海兵隊を攻撃する可能性だってある。
そんなところに軽武装の海兵隊を数百名を闇雲に突っ込ませるなんて自殺行為ですよ。


(2010年02月07日 11時17分14秒)

Re:何のために「日本の領土を叩く」んです? 頭使いなさい(01/28)   捨てハン. さん
白砂青松0715さん
>シーレーン云々なんて

日本の視点で見るなら絶対に外せない。この時点でアンタは論外。

>でも、現に日本が狙われるまでは

台湾陥落で日本に悪影響が出る。理由として十分。

>何のために中国はそんなことをするって言うんです。

戦略目標(台湾吸収)達成のため。

>戦略的価値の高いところを狙うに決まっているでしょ。

それこそ「中国側の片道特攻」になる。700km以上飛んで、日米の部隊を潜り抜けて嘉手納攻撃後、また700km以上飛ばなければならない。
それと、米軍基地攻撃では完全に米国を敵に回すが。

>山本五十六が何でいきなり真珠湾を狙ったと思っているんです?

日本の体力が「長期間持たない」から博打に打って出たわけだがね。

>どうせ日本を攻撃するなら、日米の反撃力を一番削げる場所を最初に狙うのが当然でしょ。最初に下地島を攻撃するなんて、わざわざ負けるためにやるようなものです。

戦略目標が「台湾吸収」で、何で「米国を完全に敵に回す」行動を取る必要がある。逆にリスクが跳ね上がっているだろうが。

>全然参考にならないでしょ。

と、思い込みたいだけ、と。

>政権が転覆しているなら中華民国軍30万人が海兵隊を攻撃する可能性だってある。

そうなる前に投入するのが目的。何故それを無視する?
(2010年02月14日 22時19分56秒)

米軍は「そうなる前に投入」されるのに、中国は米軍を敵に回したくないなどと妄想するおバカちゃん   白砂青松0715 さん
捨てハン.さん

>日本の視点で見るなら絶対に外せない。この時点でアンタは論外

あなた方の脳内が外せないだけですよ。そうしないと自分が心地よくなれないってね。
ちょっとは地図ぐらい見なさい。

>台湾陥落で日本に悪影響が出る。理由として十分。

不可能。日本は法治国家です。

>戦略目標(台湾吸収)達成のため

だからおバカだと言うんですよ。
下地島だけなんて攻撃しても、第五空軍にも第七艦隊にも海兵隊にも海空自衛隊にも何一つダメージを与えられずに、ただ、日米の軍事介入の口実だけを与えるだけ。即ち、その目標達成にはネガティブな意味しかないじゃありませんか。

そんなわざわざ自分が負けるための手段を中国が採るなど、あなた方が「これなら中国に勝てる」と自分を酔わせるためのシナリオに過ぎませんよ。

>それこそ「中国側の片道特攻」になる

アホですか。中国は爆撃機を持っていない、巡航ミサイルも持っていない、それがあなたの認識なんですね。

>それと、米軍基地攻撃では完全に米国を敵に回すが。

>戦略目標が「台湾吸収」で、何で「米国を完全に敵に回す」行動を取る必要がある。

即時にアメリカが海兵隊を突っ込ませるんでしょ。
そして、下地島に基地があったら中国はそれを攻撃するんでしょ。

だったらそんなの折り込み済みじゃありませんか。
何をビビっているんです。

>日本の体力が「長期間持たない」から博打に打って出たわけだがね。

へー。じゃあ体力があったら、相手にただ自衛権行使の口実を与える形で開戦したって言うんですか。
それに何のメリットがあります?

>と、思い込みたいだけ、と。

じゃ、その海兵隊の突入場所も、相手の兵力も現時点でわかっているんですね。
それを書いて下さいな。

>そうなる前に投入するのが目的。何故それを無視する?

なぜ中華民国軍20万人を無視する、ですね。

(2010年02月15日 08時26分36秒)

海兵隊日本から動くな、むしろ増員してくれ   くにゃ さん
色々阿呆なことをブログまで出して書いている白砂青松こそ日本にはいらない。親の心子知らずと似た馬鹿者だ。
親とは日本政府、正常な日本国民だよ
白砂は幼稚なんだろうな
医学的に言えば前頭葉の冬野郎だ

(2012年02月21日 22時40分34秒)

親は政府という国、そらがあなたの理想郷ですか   白砂青松0715 さん
くにゃさん

随分、昔のエントリにコメントをいただいたようですが、どのような感想を持とうと、それはあなたの勝手です。

ただ、他人を「阿呆」呼ばわりするなら、その根拠をちゃんと書かないと、あなたが「阿呆」にしか見えませんよ。

>親とは日本政府、正常な日本国民だよ

で、このような認識を持たれているようでは、残念ながら「親の心子知らず」はあなたのこと。
日本では主権者は国民であって、政府は単にその意を受けて国の舵取りにあたる雇われ人に過ぎません。それが憲法に定められた日本の国の在り方です。

ちなみに、あなたの言うような国が直ぐ側にありますよね。独裁者を「お父様」などと呼び、まさに「親は政府」を実践している国が。
あなたは、日本をああいう国にしたい、そしてあの国に攻め込んでもらって日本を変えてもらいたいと思って、こういう主張をされているんですか? だったらますます海兵隊には出ていっていただかないと(笑)。

>白砂は幼稚なんだろうな

申し訳ありませんが、あなたのコメントが「幼稚」にしか見えません。
私の意見に反対なら、海兵隊が沖縄に居るべき理由をきちんと書いて下さいな。


(2012年02月22日 07時03分36秒)


© Rakuten Group, Inc.