12308469 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

もう…何がなんだか日記

PR

Free Space

Hee Jun flash-2

Hee Jun flash-1

hee jun flash

お尻ダンス


Category

Freepage List

Recent Posts

Calendar

Favorite Blog

刑事7人(5) 第… New! レベル999さん

夏ドラマ視聴率一覧… New! ショコラ425さん

今日の収穫 (9月… New! BROOKさん

先日から話題になっ… New! らぶりーたわ子さん

ジャンプSQ.2019年10… みやさとver.さん

Keyword Search

▼キーワード検索

全2件 (2件中 1-2件目)

1

その他の映画

2016.01.10
XML
カテゴリ:その他の映画
耳が聞こえず口もきけない青年バルフィ
彼と裕福&イケメン婚約者の間で揺れる、お嬢様シュルティ
自閉症で親に疎んじられている少女ジルミル
…の物語。


物語においてハンディキャップを持つ人=純粋無垢
という図式は多いけれど、これは違う。

確かにバルフィもジルミルも純粋ではあるけれど
バルフィは父親の手術料のためとはいえ誘拐を企てるし
ジルミルはシュルティに嫉妬して家出するし…
普通に弱さを持ち合わせている。

つまり、とても人間的。

でも、明るくて前向きでユーモアを忘れなくて
自分の心に忠実で一生懸命で…


だから、あの純粋さは
持って生まれた特別なものとか
純粋培養されたものとかではなくて
誰もが持ちうるものなのだと思う。

とはいえ勿論
持つのはとても難しい。
とてもとても難しい。


まずはコミカルなアクションシーンで始まる。

自転車で路地を逃げる様子は
ジャッキー・チェンを思い出させる>『プロジェクトA』あたり

ジャッキーはあの作品で
バスター・キートンやチャールズ・チャップリンへのオマージュを捧げた
と聞いた。

その後続くバルフィの軽やかな動きは
まさにサイレント映画のそれだと気付いた。

耳と口が不自由なバルフィが
サイレント映画そのままに動きや表情で心を表現する。
言葉を超えて言葉以上に豊かに。

これは凄く楽しいし非常に感動的。

ハンディがハンディではなくなる。
寧ろ彼の様に心を表せない私達の方にハンディがある。
ハンディに囚われている。



目に見えるものに惑わされてしまったシュルティは
そんな私達を代表していると思う。

まあ、彼女は後に目覚めるんだけどね。

彼女の母親は
言葉に表さなければ愛も枯れる
…という様な意味の主張をしていたけど

言葉がどんなに多くても
愛がなければ何も伝わってこない
…ということをシュルティは身をもって知ることとなったし

言葉なんてなくても
愛が溢れていれば心は伝わる
…と、バルフィの生き方が証明している。

これは深いテーマだと思うし
それを口のきけないバルフィと
上手く言葉を出せないジルミルの姿で
明るく楽しく感動的に描いている。



最終的に夫を捨て安楽な生活を捨てて
自分の心に忠実に生きることを決意したシュルティが
ハッピーエンドにはならず
ずっと憧れていた祖父母の様な生き方を果たすのはジルミルの方で
自分はそれを第三者として見つめることしかできない
…という結末が切なかった。

それでも彼女は自立した女性として生きてきたので
それもまた幸福だったと思うし
より良い相手と結婚するのが女性の最高の人生…みたいな
古い考え方へのアンチテーゼになっていて興味深い。


映像も音楽もとても美しかった。
所々で姿を現す演奏家達がファンタジー世界を形作っていた。
バルフィだけでなく
全体的に言葉に頼らない表現が多用されていて素晴らしかった。




『Barfee』2012年/インド

監督/原作/脚本:アヌラーグ・バス
音楽:プリータム・チャクラボルティー

出演:
ランビール・カプール(バルフィ )
プリヤンカー・チョプラ(ジルミル )
イリアナ・デクルーズ(シュルティ)







☆トラックバックは何がなんだか…ひじゅに館へお願いします☆
http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/2059-a65cdd5d


☆応援クリック、よろしくお願い致します☆
               blogram投票ボタン
にほんブログ村    人気ブログランキングへ   blogramランキング参加中!

ブルーレイ


DVD


ASIAN POPS MAGAZINE 111号








Last updated  2016.01.10 17:44:51
コメント(0) | コメントを書く
2010.09.12
カテゴリ:その他の映画
いきなり、阿部寛が日本語で喋りだしてビックリした(笑)

前知識としては、
チョコレート好きの知的障害がある女の子がカンフーで戦う…
ということしか仕入れてなかったので。

その女の子@ゼンはなかなか登場しない。
意外にもトーンは暗い。

こうした前振りの部分が長過ぎるとは言えるかもしれない。
個人的に好きな雰囲気なので気にならなかったけど。

ゼンが戦うことになる必然性や正当性のための物語上の工夫だろうし。
(親から始まる因縁)
か弱い女の子がメチャクチャ強いことに説得力を持たせるためでもある。
(知的障害の設定も、他にひとつ飛び抜けた才能を持つことの根拠になっている)


そして、いよいよ覚醒。
ここは本当に素晴らしいぞ。

まあ、ツッコミを入れるなら、
ゼンが立ち上がる前の暗転は何なんだ!? 
とは思う(笑)

勿論、暗転自体はゼンの内面の切り替えを表しているんだろうけどさ、
前は仰向けだったのに、後はうつ伏せってのは変だろう!

一瞬、暗転は時間経過を示していて、その間に何事かあったんじゃ…と
卑猥な想像をしてしまったじゃないかっ>私だけですねそうですね

その後のアクション・シーンは最高!

製氷工場を舞台に快鳥音を発しながら戦う姿は『ドラゴン危機一発』を彷彿とさせる。
まさしくブルース・リーへのオマージュ。

こういう精神は大好きだ。

その後は立て続けにアクション・シーンが登場するんだけど、
二番目のところで既に快鳥音はなく、ロッカーのドアを利用したりして、
コジツケるならジャッキー・チェン風。
三番目では棒術が登場。

阿部寛が銃と日本刀で魅せてくれた後では、
ゼンは刀の鞘を使うし、
やはり障害を持っているらしいメガネ男が予測不能な攻撃を仕掛けてくれば
目に入る技を即座にコピーするという特技を繰り出す。

最後は横だけでなく縦の動きも披露。
ビルの各階の窓際を行きつ戻りつするところはゲーム画面っぽい面白さがある。
ワイヤーアクションも入っている。

つまりアクションがどんどん進化していく。


女の子なのにファッション面が難だな…と思ってたら
ラストでイキナリ可愛い格好になるので、ここも確信犯。

ただ、年齢に合ってないし、あまり似合ってもいないけど(笑)

でも、それも含めて、
チャップリン映画の様な哀愁の漂う終わり方だった。


明るい“おバカ映画”かと思ってたら全然違ったよ。

それに、CG全盛の時代にあって、全て生身のアクションだってところが凄い。
エンディングのNG集はマジで怪我人続出の悲痛なドキュメンタリー。

ゼン役のジージャーはテコンドーの元選手で、
映画のために撮影に入る4年くらい前から特別な訓練を受けたらしい。
まさしく本物。
でもってメチャ可愛い!

ムンがどうなったのかが、ちょっと気になるけどね。




『チョコレート・ファイター』
2008年 / タイ
監督:ブラッチャヤー・ピンゲーオ
出演:ジージャー・ヤーニン(ゼン)、阿部寛(マサシ)、アマラー・シリポン(ジン)
    ポンパット・ワチラバンジョン(ナンバー8)、タポン・ポップワンディー(ムン)





クリックしてね♪(3つも多過ぎ?)
下矢印                  下矢印               下矢印

にほんブログ村 映画ブログへ         人気ブログランキングへ       人気BLOGRANK
にほんブログ村 映画ブログ     人気ブログランキングへ      人気BLOGRANK

ドラマ&映画感想は「REVIEWの部屋」に色々置いてあります
下矢印
やっくんち
やっくんち

[DVDソフト] チョコレート・ファイター

[DVDソフト] チョコレート・ファイター

価格:3,072円(税込、送料別)



チョコレート・ファイター

チョコレート・ファイター

価格:600円(税込、送料別)









Last updated  2010.09.12 17:15:36
コメント(0) | コメントを書く

全2件 (2件中 1-2件目)

1


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.