3487248 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

kororin日記

全26件 (26件中 1-10件目)

1 2 3 >

編図つき

2021.03.29
XML
カテゴリ:編図つき
​これからどんどん日差しが強くなってくると、帽子だけではカバーできない首筋を守るものが必要になってきます。
少し暑いかもしれないけれど、ミニストールを編んでみました。糸はコットン。
気軽に何度も洗濯できるように、100均の糸と手持ちの糸の二本取りにしています。

一つ目は、こんなかぎ針編みのミニストール。






こういう模様編みの編み図は、自分の作りたいカープにあわせての減らし目を考えるのに、とても役に立ちます。
今回は、4×5+1で21目で作りました。



もう一つは、輪針で。


これは、二段ごとに入れ替わる鹿の子編みです。

これは、もう少しで完成です。

庭仕事で使うのにはタオルの方がいいかもしれませんね。汗が拭けるし。


それでは、庭の花の写真です。



























今日は、コーラスの日でした。新しい楽譜(本)が届いたので、とても嬉しい。
初見でハモリを楽しみました。
練習した曲は、これ。

「はるるる」
っとしたよ​
​とびらをあけると るだから​
​​​がしげり ながさくる​​​
​​​ねをのばして ばたいていくる​​​

​かけだし みしめ​
​​だかになりたいるだから​​
​​きもちくらむるだから​​

​るるる る るるるる​

どきどきしたよ
​あの子とあったら るだから​
​​​ずかしいけど なしたくなるる​​​
​​​だしになり しりたくなる​は​る​​​

いきをすい せのびして
​​ととあいたいるだから​​
​​​にかみ ほえむるだから​​​

​るるる る るるるる​


もともとこの歌詞はひらがなで書かれています。「あの子」の子だけ漢字ね。
「は行」とくに「は」の音が多い曲でした。

女声合唱団が歌った動画がありました。

 ​​youtubeより「はるるる」

前回コピーを見ながら練習したのは「夏のうみ」
これも動画がありました。

 ​​youtubeより「夏のうみ」


​​全部で7曲あるので、これからの練習が楽しみです。






Last updated  2021.03.29 18:07:39
コメント(4) | コメントを書く


2017.02.08
カテゴリ:編図つき
買い置きしていたアクリル毛糸を消費するために、最近編んでいたエコたわしですが、ネットで見たら表紙の作品が可愛くて、つい注文してしまっていました。(もちろん、中古です。)

   

この表紙についている、5枚花びらのたわしを編んでみたかったのよねー。

というわけで、
   
色を変えて、4枚編んでみました。

それで、編んだエコたわしが、23個で、今部屋には21個あります。(2個はもう使っているからね)
   

   
こうして、斜めから見ると、少し立体的になっているのがわかります。

これは、自分で描いた編み図なので、のせておきますね。
   

   

四つ葉のたわしは、完成品の写真を見て、真似して編んだもの。編み図なしで編んだので、少しずつ変えています。
さっき見たら、買った本の中に、四つ葉の編み図がのっていましたから、今度はそれを見て編んでみようと思います。

他に、これは、今年向き。
   
指を入れて使うのだったら、小さな物や、狭いところを磨いたり洗ったりするのに向いているのかもしれません。
   
こちらも、同じ物を二枚編み、背中のところを開けておくもの。

あと気に入ったのがこれ。
   

ちょっとしたプレゼントとかお礼のお菓子とかを入れてあげるといいかもね。中身を出したらすぐにたわしとしても使えるから、楽しんでもらえそう。
バレンタインの友チョコとかをあげるときにこのミニバッグに入れてあげると、喜ばれそうです。

(といっても、チョコをあげる予定はないのですが…) (゚∇^*) テヘ♪

これは、編み図はなくても大丈夫でしょう。本には、鎖16目で作り目して、くさりの両側から目をひろい、32目で細編みの輪編みをしていくと書いてありました。
入れる物によって、大きさは変えられるし・・・

たわしとして使うときには、ミトンのように手にはめると、力が入ってお掃除にも最適だそうです。ということは、手が入るくらいの大きさに編んだ方が良いのかも。
編んでみようかな?

   

   

今夜はもう、おしまい。






Last updated  2017.02.08 22:11:30
コメント(12) | コメントを書く
2017.01.19
カテゴリ:編図つき
一昨日、オカリナサークルに行ったとき、編み物教室にも通っているお友達が、
「これ、編んでみたいって、言いよんしゃったけん、編み図もってきた。もしいるなら、コピーしたら?」
と言って、編み図を貸してくれました。
それで、教室のある建物の事務所に行って、すぐにコピー。

このお友達は、まだ80歳前ですが、車の運転はもうやめて、ご主人の車の送り迎えでサークルに通ってこられています。

あの花びら編みのペットボトルカバーの編み図を下さったのもこの方でした。

で、帰ってきてからすぐに家にある物を使って編み始めました。
そして、昨日のお昼頃に出来上がり。
   
こんなのです。

実は、編み図をもらってから知ったのですが、これはクンスト編みという編み方で、私は今回初めてのチャレンジ。

   
「クンスト編みって書いてあるけど、どげんして編んだか、もう忘れてしもーたっちゃが。よかったら、パソコンで調べてみて!!」
とおっしゃっていたので、youtubeで見てみました。

作り目の方法の動画です。  かぎ針での作り目

なんだ、いつも輪編みしていたのが、平たくなっただけなのね。

   

最初のうちは、一本に2目とか3目とか、少ししかないので、棒が邪魔な感じでしたけど、編み進むにつれて、楽になっていきます。





では、写真で順を追ってご紹介しますね。

   
このように、かぎ針に編み目を残しながら8目作ります。

それを、4本の針に2目ずつ通して準備完了。
   
編み図によると、8号の5本棒針を使うようになっているけれど、私は持っていないので、6号で緩めに編むことにしました。
それから、かけ目で目を増やしながら、全体が80目(1本の棒に20目)になるまで編んだら、模様編みになります。

   
〇が書いてあるところが、かけ目で増やすところ、斜めになっているところは2つ、または3つの目を一緒に編んで目を減らすところ。
黒のベレーと重ねてみたら、模様がはっきりしますね。
   

このベレー帽は、編み図の一番上に書いてあるように、本当は夏糸で編む夏ベレーなんですね。
だから、寒い冬には、このように二枚重ねにすると、暖かいようです。

今回使った糸は、昨年、サンタの衣装を編む時に買っていた100均の糸の残り。
帯を見たら、棒針12号用だと書いてあるけど、6号の針で編むから、ちょうど良いサイズにできあがるかも・・・と期待して使いました。
   
1玉が、35g、約55mと書いてありましたよ。1玉では模様編みが終わるところくらいまで。だから、たぶん50gくらいででき上がったのではないでしょうか。
右側のが、1玉から使った残りです。

かぎ針でこのように中心から編んでいくのはよくあることですけれど、棒針を使うと、今どのくらいの大きさになっているのか試すのがむずかしかったです。
1本の針にかかっている分の編地を測って、4倍すると今どれくらいになっているのかわかるのですが、伸び具合とか、ゆとりがどれくらいかが、わかりにくいですね。

次のオカリナサークルの時にはかぶっていって、編み図を貸してくれたお友達に見せようと思います。

   
   


では、前々回の間違い探しの答えの発表をします。

元画像はこれ
   
5か所変えた物はこれ
   
答えは、これ。
   
大きさが変わっているもの、長さが縮んでいるもの、消えたもの、増えたものなどでした。


もう一つの問題 元はこれ
   
5か所変わった物がこれ
   
で、答えは、これです。
   
花が変わった、茎が消えた、花が増えた、模様が消えた、葉っぱが縮んだなど。

いかがでしたか? 左上の黄色い花が赤のチューリップになったのなんかは、すぐにわかったことと思いますが、その下の椅子のクッションの花柄のバラが消えたのはわかりにくかったのではないでしょうか。

目をつかれさせてすみませんでした。

ま、たまにはね。






Last updated  2017.01.19 10:18:32
コメント(6) | コメントを書く
2016.12.27
カテゴリ:編図つき
年末のお片付けの合間に、
動画を見ながら編んでいるモチーフ編みは、
これくらいになりました。
 
27-1.jpg
 
少しずつ残っている糸を組み合わせているので、
以前にも増して、色とりどりになっていますね。
 
で、決心しました。
 
27-2.jpg 
 
この間は、チュニック型のベストにしたので、
今回は雰囲気を変えることにしました。
 
昔懐かしいモチーフなので、素直にちゃんちゃんこにします。 
 
だから、派手派手でも大丈夫ですね。
 
今、モチーフを44枚つないだところなので、半分は過ぎています。
お正月に着ることができるかしら?
 
 
周りを縁編みし、ひもはスレッドコードにします。
スレッドコードは、簡単なのにしっかりした物になるんですよ。
 
編み方は、この動画でどうぞ。
 
 
 
 
 
attachment1
 
さて、明日は娘が帰省してきます。
朝の飛行機で帰ってくるので、旦那が迎えに行くことになっています。
 
大阪に戻るのは、5日だから、ちょっとのんびりできそうですね。
 
 
明日の夜には、娘の好物のマカロニサラダを作ろうかな。
 
できたての、生暖かいのが大好きなんですよ。 
変ですね。
 
 
 






Last updated  2016.12.27 21:02:49
コメント(8) | コメントを書く
2016.12.18
カテゴリ:編図つき
パソコンが無事元通りに使えるようになったので、ちょっと安心。
というわけで、この間編んで楽しかったモチーフ編みをまた始めました。
もちろん、模様は違います。本で調べて見つけたものを、少し手直ししたデザインです。

   

使う毛糸も、家にある毛糸の在庫から選んだので、今度はこんなの。この間の毛糸は、もう残り少なくなったので、しょうがありません。


ところどころ、オレンジ色が続くところがあるので、同じ糸を使っていてもこんな風になってしまいます。あまりに強烈なので、前の残りを少しだけまぜてみることにしました。
これでいうと、下の段の真ん中と左が、前の残り。あとの三つは、今度の糸です。

   

本にのっていたのとは、変えたので、編み図を書いてみました。
   

いつものことながら、かぎ針編みの編み図は面倒ですね。書いているうちに、だんだん大きくなってしまって、紙が足りなくなり、継ぎ足しています。

このモチーフをどんな風につないでいくかは、まだ考え中です。

それが楽しいですね。

今回わかったモチーフ編みの良さ。
1. はっきり形を決めてなくても、編むことができる。
  横幅とか丈とか、体にあてて決めることができます。
2. 一つ編んではつなぐ、という方法なので、いつも編む時小さなモチーフ一個しか持っていないので軽い。これが他の編み方だと、編み進むにつれ、次第に大きく重くなっていく。
3. 周りをネット状にしておくと、自由がきくし、つなぐのも楽。出来上がりが軟らか。
4. 昔懐かしい雰囲気になる。

しばらく、飽きるまでモチーフ編みを楽しみましょう。


   

さて今日は、パソコンがめでたく直ったので、思い立って、池に行ってみました。今日はお天気も良いし、オシドリが見えるところにいるかも・・・


そしたら、狙い通り、いたんです。
   
今度は、色もよくわかりました。

オスもメスもたくさんいて、私は大興奮。
なんと、183枚も写真を撮っていたんです。

詳しい事は、明日の日記にのせますね。








Last updated  2016.12.18 21:45:02
コメント(4) | コメントを書く
2016.11.21
カテゴリ:編図つき
今日はなんか、ふと思いついて、こんなの作ってみました。
冬用の、髪飾りです。
   


   

   

全部の編み図ではありませんが、お花のコサージュの分を描きましたから、のせますね。(全部できあがった後で描いたのです)
   
くさりをもっと長くすれば、大きな花になります。



さて、今日は久しぶりに漢字パズルを解いていました。なんか最近は、家でおけいこしておかないといけないことがいっぱいあったし、編み物もやっていたので、自宅ではほとんど解いてなかったの。
川端に行くバスの中とかでは解いていましたけど・・・

   

   

   


   

今やっているのは、「難問漢字館」という雑誌で、締め切りが1月5日。まだまだ締め切りは先だと思って、放置していたの。
今日からまた、家でも少しずつ解いていくことにしました。

「深夜食堂」シリーズ3を見て涙を流しているうちに、日付が変わってしまいました。
今から寝ます。






Last updated  2016.11.21 01:12:40
コメント(8) | コメントを書く
2016.11.11
カテゴリ:編図つき
今日、けっこう集中して編んだので、身頃は全部あみ終わり、あとは前立てだけとなりました。   

   
これは、私が着やすいサイズにしてあるので、自分で編まれる方は、調整してくださいね。


減らし目のところは、図に描くのが面倒なので、写真を載せました。
   

棒針編みなら、かけ目をして目を減らすだけですが、かぎ針編みの一段には高さがあるので、減らし目を工夫しないといけません。段の終わりなら二目一度をする、段の初めなら、立ち上がりが斜めになるように、細編みを入れたり、くさり編みの数を減らしたり。

   

   

全部の身頃が編み終わったら、綴じたりはいだりする前に、だいたいの形をアイロンで整えます。
編み物用の待ち針をいつも使っていますよ。
   

きちんとした形になりました。
   

後ろ身頃も、綺麗に段がそろいました。
   

これは方眼編みなので、細編みと鎖編みではいでも良いのですが、すっきり仕上げたいので、私はとじ針を使います。
   

   


   

そでぐりの細編みは、だらっとならないように、きつめに編んでいます。
   

こんな感じにできました。
   

そでぐりが両方とも終わり、前立てを編もうとしたときに、電話がかかってきました。


実は、今度福岡と熊本との合同作品展があるのですけれど、その作品を提出する期限が、月曜日の朝までなんです。私は先週の土曜日に、もう提出してきたのですが、そのお友達は、家でもうひとがんばりしていたようです。
それで、作品展用の落款印を押そうとしたら、あらら、どこにも見当たらなくて、しょうがないので、ハンコ屋さんに行ったら、月曜日の夕方にしか出来上がらないといわれたらしい。
   
それで、いつも私がゴム印で落款を作っているのを思い出し、ハンコ用のゴムと彫刻刀を買ってきたけど、どうしても彫れないから・・・と、「HELP」の電話がかかってきたのでした。
最初から当てにされていたわけではなくて、いろいろ頑張ったあげくのヘルプ電話だったので、快くOKしました。それで作ったのが、この落款印二個。

   

私には、実体顕微鏡という強い味方があるので、細かいところも、ばっちり彫れますからね。
明日にでも、待ち合わせてお渡しできると思います。
まあ、見つかったらそちらを押してもらって、このゴム印は、普段用にしてもらえばいいですからね。
この方は名前がひらがななので、落款印も、ひらがな。
わたしの「ゆ」一文字はお風呂屋さんみたいになるけど、「き」だったらだいじょうぶですね。


あ、もう一つうれしいこと。

   

今回二つのジャンルで昇級したのですが、そのうち「かな規定」の方が写真を掲載されたのです。嬉しい!!。
これで、硬筆3級、かな規定4級、漢字かな交じり5級です。

上手になって、習字教室を開こうなんていう気持ちは全くありませんが、こうして級があがっていくのは、とても楽しいです。

さて、では今から前立てを編みましょう。明日には完成するかも。






Last updated  2016.11.11 22:29:07
コメント(8) | コメントを書く
2016.11.04
カテゴリ:編図つき
ひょっとして、私のこのブログを見ながら「花びら編みのベスト」を編んでみようとされている方があるかもしれませんので、部分の写真をのせます。編み図よりもわかりやすいかもしれません。

まずは、前の打ち合わせのところ。

   
この花びら編みはとてもしっかりとした編地なので、ボタンはつけず、そのまま羽織る形にしました。
それで、前後の身頃を綴じ合わせたあとで、前立ては、細編み7段を編み、8段目は細編みと鎖編みを交互に編み、一番外側には、長編み6目を一つの目に入れる「松編み」をして、フリルのような形にしました。
言葉で書くとややこしいので、ここは、編み図をつけます。
   

別に、8段目もすべて細編みで構わないのだけど、松編みをつけるときに数えるのが楽なように、8段目を一つ飛ばしにしました。


   

うしろ身頃は、一番下だけ、前身ごろと同じように、花びら一つ分だけつけて、あとは花びらなしの長編み2目、鎖編み2目の方眼編みにしています。
   


そでぐりは、こんな感じ。
   
段染の糸なので、編み始めのところで、色がずれていますが、ま、構わないでしょう。

で、細編みをぐるっと5段編んで出来上がりです。
   
 
身頃の裾は、花びら編みでしっかりしているので、そのままで大丈夫です。

   

というわけで、この花びら編みベストの、部分の説明でした。

   

実は、今日はこの花びら編みのベストを、長袖ブラウスの上に羽織ってサークルに行ってきました。ねらい通り(?)サークルの皆から、ほめて頂きましたよ。
「よく、こういうの編む時間があるわねー。素晴らしい!!」とか言われるので、
「仕事している時でも、夜にがががーって編んでましたから。今は退職してるから、お昼『ひま』だし・・・」
と答えると、
「やっぱり、お仕事してらしたから、時間の使い方がお上手なのでしょうねー。」
と言われました。 

そうですね、自分の時間を何とかして作り、短時間にいろいろなことをこなしてしまうことを、ずっとやっていた、ということなのでしょう。
それで、「ながら族」なんです。


とにかく、じーーーっとテレビだけを見ている、なんてもったいなくてできません。必ず何か同時進行でやってます。






Last updated  2016.11.04 19:59:42
コメント(8) | コメントを書く
2016.10.24
カテゴリ:編図つき

昨日から編んでいたハンドウォーマーが、さっき、両手ぶん出来上がりました。

 

それで、もう片方を編んでいる過程を写真でご紹介しますね。

これは、9目かぶせて、次の段で巻目で目を作り編み進めているところ。 

    24-7.jpg 

指先まできちんと作るのなら、そのまま目を休ませておくのですが、今回は指無し手袋ですからね。 

   24-8.jpg

模様の出方が同じになるように、少し調整しました。

親指に、細編みを4段つけたのだけど、ちょっと可愛い色になったので、うれしいです。 

   24-9.jpg 

二つ並べて記念撮影です。

   24-10.jpg 

 

 では、最初から、もう一度。

まずは編み図

   24-1.jpg

そして、

   23-25.jpg

   23-26.jpg

   24-2.jpg

これをもう一つ編んで、出来上がりでした。

 

では、今日のお昼ご飯

   23-23.jpg 

ちょっと端っこが焦げ気味ですが、カリカリに焼けて美味しかったですよー。

そして、夜のみんなのご飯は、

〇白いご飯
〇大豆・昆布・高野豆腐の煮物(母作)
〇ほうれん草とかまぼこ、鰹節のポン酢和え
〇イワシバーグ1個
〇マカロニサラダ少し
〇キャベツ・玉ねぎ・人参・牛肉の、タジン鍋煮込み

でした。時間が遅いので、私はほうれん草のポン酢和えだけ食べました。他のおかずは、私だけ明日の朝食べます。夜に一番たくさん作るので、私はそれを次の朝ごはんにしている、というわけです。

ま、味見くらいはしますけどね。ご飯も、夜には食べません。うちの晩御飯は毎日8時10分くらいなので、私だけは軽く食べるようにしています。

というわけで、今日の日記はおしまい。

 







Last updated  2016.10.25 00:25:52
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:編図つき
昨日の夜から編み始めていたものは、結局ハンドウォーマーにしました。

   
こんなのです。
手にはめていないときは、ちょっと、鯉のぼりみたいな感じですね。
   

寒い夜に、いつまでもパソコンを扱っている私には、便利な物になると思います。
   

では、編み図をのせますね。
   
この段数とか目数は、私の手のサイズに合わせたものですから、もし編まれる方がありましたら、実際に自分の手にはめて、長さを合わせながら段数を決めてくださいね。

あ、それから、これは編み物をする時に必ず使う小物入れ。
とじ針は、特に最後の糸始末に欠かせないもので、これは、もう買ってから40年くらいたつのではいかと思います。
待ち針は毛糸用で、アイロンかけをする時に、端を止めるときや、袖つけをするときに、見ごろと袖を合わせるのに使います。
大きな安全ピンは、目をかぶせ止めにせず、そのまま休める時に使うもの。
緑と白の?マークのような物は、縄編みするときに、2目とか3目ちょっと休めて、また針に戻すときにつかう道具です。
〇上の方の、穴のあいた定規のようなものは、号数を調べる道具で、数字が消えてしまった針を調べるとき用。
   
小さな安全ピンは、服とかマフラーとか、長い物を編む時に、段数の目印として使うもの。いろいろ試して、これが一番便利でした。

毛糸を切るための、よく切れる手芸鋏は、鉛筆立てにいつも立ててあります。


というわけで、今から、もう片方を編みますね。






Last updated  2016.10.24 15:03:27
コメント(8) | コメントを書く

全26件 (26件中 1-10件目)

1 2 3 >

PR

X

© Rakuten Group, Inc.