9326329 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

音楽日記 ~ロックやジャズの名盤・名曲の紹介とその他の独り言~

音楽日記 ~ロックやジャズの名盤・名曲の紹介とその他の独り言~

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x
2024年04月12日
XML
テーマ:洋楽(3304)
新メンバーで臨んだ盤


 ジェフ・ベックが主導したバンドであるジェフ・ベック・グループ(The Jeff Beck Group)は、一般に“第1期”と“第2期”に分けて語られる。前者は1967~69年の期間で、ロッド・スチュワートやロン・ウッドが在籍したのがこちらの時期。いったんバンドの解散を経て、1970年から形成され、1971~72年に実質的に活動した時期が、第2期ということになる。いずれも活動期間は長くなかったが、それぞれの時期に2枚ずつのアルバムを残している。

 本盤『ラフ・アンド・レディ(Rough and Ready)』は、第2期ジェフ・ベック・グループの最初のアルバムである。ジェフ・ベック本人に加え、新たなメンバーは、ボビー・テンチ(ヴォーカル、ギター)、クライヴ・チャーマン(ベース)、コージー・パウエル(ドラム)、マックス・ミドルトン(キーボード)という面々であった。

 全体として、本盤についてはブラック・ミュージックへの傾倒がよく指摘される(実際、この指向がテンチ、チャーマンというアフリカ系の出自を持つメンバーに反映されたとも言われる)。1.「ガット・ザ・フィーリング」、3.「ショート・ビジネス」、6.「ニュー・ウェイズ/トレイン・トレイン」といったような楽曲には、そうしたノリが端的に表れている。

 個人的にお気に入りのナンバーとしては、4.「マックス・チューン」。余談ながら、この曲は、オリジナルのUS盤では「レイネス・パーク・ブルース(Raynes Park Blues)」という別タイトルになっていた。8分半近い長尺のこのナンバーは、後のジェフ・ベックのインスト作品を彷彿とさせるもので、彼自身のギター演奏だけでなく、バンド演奏としての精緻さも注目点だと言える。さらにもう1曲挙げると、6分というやはり長めの尺の7.「ジョディ」。ヴォーカルを聴かせるナンバーでありながら、4.で堪能できるインスト演奏の魅力が随所ににじみ出ている好曲だと感じる。


[収録曲]

1. Got The Feeling
2. Situation
3. Short Business
4. Max's Tune
5. I've Been Used
6. New Ways / Train Train
7. Jody

1971年リリース。




 ​
ラフ・アンド・レディ(Blu-spec CD2) [ ジェフ・ベック・グループ ]




   次のブログのランキングサイトに参加しています。
   お時間の許す方は、クリックで応援をよろしくお願いします!
        ↓           ↓ 

   にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ      ブログランキング・にほんブログ村へ   









お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2024年04月12日 06時25分29秒
コメント(0) | コメントを書く
[洋ロック・ポップス] カテゴリの最新記事


PR

Freepage List

Category

Free Space

  ブログランキング・にほんブログ村へ
     にほんブログ村

   にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

   にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ

   にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ
      ↑        ↑
ランキングサイトに参加しています。よろしければクリックで応援お願いします!
      ↓        ↓
  人気ブログランキングへ



↓相互リンク↓

ちょっと寄り道 [音楽の旅]




Calendar

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

Comments

Headline News


© Rakuten Group, Inc.